FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

HKT48チームH 自己紹介MC「夏の思い出」(2019/8/13)

2019年8月13日 HKT48劇場 チームH「RESET」公演 18時30分開演

お題:夏の思い出


(1列目)

秋吉優花「私の夏の思い出は地元の夏祭りに行った時の話なんですけど。地元のお祭りにめっちゃ久しぶりに、去年かな、行ったんですよ。で、本当に久々で、地元の人たちがいっぱい来てるんですけど私なんか顔わかるかわかんないか名前わかるかわかんないかぐらいの人がけっこういっぱいいて、で、なんか普通に友達と夏祭り行ってたら、ふとすれ違った人が「絶対知ってる人だ」と思って、パって振り返ったら相手もパって振り返ってて、なんか映画のワンシーンみたいになっちゃってたんですけど(客笑) 君の名はかな?って思ったんですけど。凄いなんか偶然だったなと思います」


上野遥「私はですね、今年の話なんですけど、8月の頭に百道浜で花火大会があったのでは、偶然予定も合ったので親友と2人で行ったんですけど、その花火大会はチケットを買うとより見やすくなるので、まぁチケットかーと思ったんですけどせっかく行けるということでチケットを買って、あとプライベートで浴衣も着たいなと思ったので自分で浴衣を初めて着付けして、なんとかできて、その日行ったんですけど、花火そろそろかなって時になんか凄く空が光ってたんですよ。で、「もう花火かな? でも音しないな」と思ったら雷が凄くて、花火より先に私、落雷の方が見てるような状況だったんですけど、それでも花火大会って浮かれてるじゃないですか。だから正直気にならなかったし、まぁちっちゃい頃、花火と雷同時に見れたらなっていう夢も見てたので全然楽しみにしてたんですけど、まぁ天候が悪化していく一方で先にグランドフィナーレを見せてくださったんですよ、最初に。凄いって思ったら雨がバーって降り始めてきて、でもそれでもなんか、やっぱ浮かれてるからもっと見たかったんですよ。なので私は天候がほんとに悪くなる限りは続けますってアナウンスで言ってたので、私は見上げながら、雨水飲みながら花火見てたんですけど、それより自分で頑張って着付けした浴衣がビショビショになってしまったのはちょっと寂しかったんですけど、この間握手会で浴衣をまた着れたので良かったなと思います」


田中美久「私の夏の思い出は、お仕事だとバーベキューしたり海行ったり色々できたんですけど、プライベートで何かした?って言われると何もあんまりなくって。て考えてたら今日なんと、なっちゃんとなつみかんさんと理子ちゃんと芽瑠ちゃんともかちゃんと梨央ちゃんと美久の7人でかき氷を食べに行ったんですよ。そう、けっこう謎なメンバーでかき氷食べに行ったんですけど(客笑) したらその先輩の理子ちゃんとなつみかんさんと芽瑠ちゃんとなっちゃんがおごってくださって、もう凄い優しくて」
田中菜津美 → ガッツポーズ
田島芽瑠「ねぇ、ちょっと待ってストップストップストップ聞いてください。ボスがなんかおごった後に「これMCで言っていいからね」みたいな圧かけてたから」客笑
田中菜津美「言ってません」
田島芽瑠「だから今日言ってるんだと思います」
坂口理子「そん時のみかんちゃんの真似できるよ。みんなわかっとるやろね?MCでわかっとるやろね?」客笑
田島芽瑠「巻き込まれた私たちちょっと恥ずかしくない?」
田中菜津美「優しいね、みくりん、大好き」
田中美久「そう、これをずっと言ってて。でも梨央ちゃんが全然食べてなくって、大丈夫かなって思ったら、なんかそのかき氷を色んな味を頼んで皆でシェアするみたいな感じだったんですけど、梨央ちゃんってそういうシェアするのができない人なんですよ。で、梨央ちゃんどうしようってなったらなっちゃんがすぐさま梨央ちゃん分の1人分のかき氷買いに…」
田中菜津美「そのエピソード話さんほうがよくない?」
松岡菜摘 → 照れる (ひゅ~)
田中美久「同じ先輩のなつみとなつみでも違うところはあるんだなと思いました」客笑
坂口理子「気前が違うわ」


松岡菜摘「今年の夏なんですけど、私のお誕生日12時ぴったりに理子ちゃんがサプライズで家に来てくれるっていう、なんかあおいとインスタライブやってる時にピンポンって鳴って、理子ちゃんが来てくれるっていう、なんか汗だくの(客笑) なんか私のケーキの冷やしてたアイスを当てながら」
坂口理子「直に当てながら」
松岡菜摘「おばあちゃんが1人夜中にやってきたんですけど(客笑) そうですね、ケーキ持ってきてお祝いしてくれて、なんかタスキをね、ここに「なつみちゃん23歳おめでとう」みたいなのを書いてあったんですけど、うちのマンションのエントランスで書いたらしくて(客笑) どうか近所の人が見てなかったらいいなって、通報されなくて良かったなと思って。床で書いたんでしょ?」
坂口理子「床で書いた。汗だくになりながら。からのアイスの」
松岡菜摘「12時ピッタリにほんとに来てくれたので、汗だくになりながら。嬉しいなと思います」


武田智加「私はですね、そのさっきのお出かけなんですけども。途中からそのかき氷を食べた後に、みかんさんと美久さんと梨央ちゃんと4人でゲームセンターに行ったんですよ。一番最初に、なんかけっこうみかんさんがノリノリで「ゲームセンター行く?」みたいな感じで言ってくださって、で、行ったんだけど、でもなんか途中からあんまりこうなんですか、ワイワイするってよりも私たちを見守るみたいな感じでなってきて、「あれ?本当は行きたくなかったのについてきて来てくれたのかな?」って思ってたんですけど、最後の最後に、多分きっとどうしてもやりたかったんだと思うんですけどめちゃめちゃあのゴーカートのゲームに「あれ絶対行こう」みたいな感じで何回も、なんですか、車のレースゲームを行きたいってずっと言ってて、誰よりも早く座って、ずっと順番が空くの待ってて、それが凄い愛おしかったので、3歳年上なんですけどちょっと可愛いなと思いました」
田中菜津美「もかちゃんにどうしても勝ちたかった」客笑
松岡菜摘「誰が勝ったの?」
武田智加「そう、聞いてほしいんです。ギリギリに、ほんとにあとちょっとでゴールテープってところで赤い甲羅バーンってぶつけられて」
田中菜津美「シャー。そうそうそう、わざと1位にさせといて」
武田智加「そう、めちゃめちゃずるい手を先輩に使われました」


(2列目)

伊藤優絵瑠「私の夏休みじゃなくて夏の思い出は学校のプールの時のことなんですけど、1日目に帽子を忘れちゃって、2日目になんか体温計を書くカードみたいなのが、あったよね? それ忘れちゃって、それでプール見学になったんですよね。そしたら学校の先生に怒られたっていう凄い悪い思い出なんですけど、高校はあんまりプールがないので安心です」


清水梨央「そうですね、私も今日のお出かけの話なんですけど、本当に先輩方が奢ってくださって、その後になつみかんさんとゲームセンター行った時にお金を出してくれたんですよ、そこでも」
田島芽瑠「これも言えって言ったんですか?」
田中菜津美 → ポーズ決める(客笑) 「ありがとうございます」
清水梨央「なのでこれからちょっと誕生日があったら高めのプレゼントをプレゼントしたいなと思います」


渡部愛加里「私の夏の思い出はツアーなんですけど、ツアーで全県(九州7県)まわらせていただくんですけど、その中にある寸劇で村重さんの軍団に入ったんですよ。なんか夏に私っぽくないキャラの寸劇をできて、なんかこれはいい思い出になりそうなんですけど、ファンが減らないように(客笑) 減らない程度に頑張りたいなと思います」


豊永阿紀「私もう今年なくなった大濠の花火大会の話なんですけど。3年前の花火大会なんですけど、どうしても4期生で行きたいねってなって、でも大人数の中でこんなに大人数の4期生皆で行ったら絶対バレてパニックになっちゃうと思ったんですよ。で、それでマネージャーさんに確認を取ってわざわざLINEで長文で「大濠の花火大会に行きたいんですけれども本当に目立たない行動を気をつけるので行ってもいいですか?」っていうふうに言ったんですけど、その時の私たちまだお披露目して1ヶ月も経ってなくて(客笑) 尾崎さんのぐぐたすくらいにしか顔がちゃんと載ってなかったので絶対にバレなかったんですけど、今でもその大濠の花火大会のことを思い出すとその時のこと思い出すので、もう一度あったらいいなと思います」


神志那結衣「ワッショイ! (ワッショイ!) ワッショイ! (ワッショイ!) ありがとうございます。影アナでね、ワッショイコールをしたの私なんですけど、そのおかげでなんか今日皆さんの声が凄い出てるなと思うのでやって良かったなと内心思ってます。私の夏の思い出は、さっき前座で出てた石橋颯ちゃんのことなんですけど。石橋颯ちゃんとは家が近くて、ちっちゃな頃から知り合いなんですよ。それでいぶきちゃんから聞いたのは、なんかいぶきちゃんが色んな先輩とかスタッフさんに言ってるのが、多分いぶきちゃんが3歳ぐらいの頃で私が小学5年生11歳ぐらいの時に、なんか2人で手を繋いで地元のお祭りに行きましたっていうのをなんか色んな人にね、なんか自慢して言ってるらしいんですよ。「そうなんだ、嬉しいな」と思ったけど私一切覚えてなくて(客笑) 全く覚えてなくて。それをなんか色んな所で嬉しそうに話してくれてるらしいんですよ。だから可愛いなと思うんですけどほんっとに覚えてなくて(客笑) なのでまた、大きくなってから行ってないので一緒にまた手つないで行けたらいいなと思ってます。今日は皆さん、ワッショイで頑張りましょう! 盛り上がりましょう」


上島楓「私の夏の思い出はこの間「制服の芽」公演に出させていただいたんですけど、その「制服の芽」公演に出させていただく前の日ぐらいになつみかんさんに「凄い緊張してるんです」みたいなこと言ったら上島楓応援歌を作ってくださって(客笑) それを歌ってくださったのを動画に撮ってたんですよ。それをLINEで送ったんですね。そしたらハーゲン…あっ。アイスを」客笑
田島芽瑠「大丈夫だと思う」
田中菜津美「あとダッツしか」
上島楓「お高いアイスをちょっとおごってくださったんですよ」
田島芽瑠「今日はそういう日なんですか?」
田中菜津美「今日生誕祭じゃないよね?」客笑
上島楓「それをきっかけにけっこう仲良くなれたので、これからも、はい、たくさんおごってもらいたいと思います」


(3列目)

馬場彩華「私の夏の思い出は、思い出というか夏と言えばお祭りで、けっこう屋台が好きで行ってる…あんまり行ってはないんですけど、今年は地元の所に行ったんですけどふと思ったのが福岡ってけっこう広いんじゃないですか。で、屋台見回すと大好きなイチゴ飴が至る所にあるんですけど、佐賀ってなくて。この間行ったんですけどイチゴ飴がなかったので今度自分で屋台を出したいと思います。そしてなつみかんさんに買ってもらいたいと思います」客笑


田島芽瑠「私はですね、プライベートだと1期と2期でバーベキューしてたじゃないですか。私それ参加できなくって、なんかちょっとまだ夏らしいこと全然してないなと思うんですけど、なんか夏休みの宿題を弟がやってて、私もそうだったんですけど私、夏休みの宿題本当にめちゃめちゃ早く終わらせるタイプで、なんか小学校の時とか7月中には絶対終わらせるっていう目標で、中学の時ももう8月後半は絶対に宿題がないようにしてたりとかしてて、弟ももう、ちょっと年離れてるんですけど弟ももう宿題終わらせてて。最後に作文が残ったらしくて。私、本当に読書感想文を自ら望んでやるぐらい作文が凄い好きだったんですよね。で、弟がその清書する前の下書きの作文が終わったみたいな話してて、私、弟と喧嘩をしたことがないんですよ、今までの人生の中で。すっごい仲良しなんですけど、私、勝手にこう作文を見せてもらって、ちょっとダメ出しをめちゃめちゃしたんですよ。「なんか最初の文がこれだと先生の心はつかめない」みたいな言って、「もっとここのこれをしてる時」、なんか自由研究がテーマの作文で、なんか「この自由研究をしてる時は何でこの気持ちを書かなかったの?」とか「何で材料を用意してる過程はそんなにいらないから自由研究してる時の自分の不安だった気持ちとか成功した時の喜びとかをもっと書いたら」みたいなけっこうガチのダメ出ししたんですよ。やっぱうざいじゃないですか。で、弟が「うんうん」って言って、弟も真面目だから赤ペンで私が修正したところ全部下書きのところに書いてたんですけど、ちょっとだけ嫌そうな顔されて、私初めて弟に嫌そうな顔されたので記念日だなって思いました」
田中菜津美「キモイ」
田島芽瑠「最低。キモイって言われた。悲しい。違う、ほんとに姉バカなんですよ。弟が大好きなので。でも真剣にダメ出しはこれからもしていこうかなと思うので、作文に関しては譲らないでいこうかなと思います」


田中菜津美「私はですね、8月10日に19歳の誕生日を迎えたんですけど」
メンバー「おめでとう」「おめでとうございます」
田島芽瑠「今日生誕祭だもんね」
田中菜津美「今日生誕祭やね、たぶんね。で、私、3連続で東京で握手会の時だったのでメンバーの皆が12時ぴったしにお部屋に来てくれたんですけど、みくりんがね、毎年恒例のパンツを当日に関東まで持ってきてくれてて、で、私見て「可愛い」みたいなやってたら、私よりも真っ先に村重が頭に被って(客笑) 1曲踊りだしたんですよ。私、村重が被ったあと穿かなきゃいけないんだと思いながら生誕祭でね、穿くっていう約束をしたので、みくりんパワーで当日頑張りたいなと思います」


水上凜巳花「私は今年の夏と去年の夏でガラッと変わったなって思うことがあったんですけど。去年の今頃はまだHKTに入ってなくて。そうなんです、セレクション中なんですよ。だから今こうやって先輩方と一緒に立ててるのが凄いな、去年の自分じゃ考えられなかっただろうなーって思ってます」


坂口理子「私の夏の思い出は、阿紀ちゃんがその4期生で花火大会に行きたかったって話をしてたじゃないですか。行ったって話をしてて思い出したことがあって。私たち2期生の時も花火大会じゃなくてサイゼリヤなんですけど」
田島芽瑠「私も思い出した」
坂口理子「そう、なんかそれもレッスンしてて、レッスン終わりに何か食べたいってなって、皆でバーって降りて、大人数でサイゼリヤに行きたいってなったんですよ。サイゼリヤですよ。大人数でサイゼリヤで。でもちょっと待ってと。うちらはやっぱりアイドルだぞと。アイドルになったんだからって言って、ここは別れようって言って2店舗のサイゼリヤに行ったんですよ(客笑) しかもそれがまだお披露目前なんですよ(客笑) だから阿紀ちゃんはまだデビューして間もないって言ってたけど、うちらお披露目してないのに」
田島芽瑠「私だけ新聞に出てて顔がバレてたじゃないですか。それでなんか「芽瑠は絶対バレるから来ないで」みたいな言われてて」
坂口理子「芽瑠はヤバイ、こいつはヤバイみたいな言ってて。あの時から恋は始まっていたんだというね、思って。でも2期生はやっぱり個性が強いなって思ったので、私もね、残ってる身としてね、一緒に頑張っていきましょう」
田島芽瑠「ねぇ、りこぴがこんなに残るなんて素晴らしいよ」
坂口理子「ありがとう。はい、最近は浴衣を着るとですね、どこの宿ですか?って言われるんですけど(客笑) はい、今日も頑張っていきたいと思います」

HKT48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND