FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】後藤萌咲 卒業公演レポート

2019年8月13日 AKB48劇場 チームA「目撃者」公演 18時15分開演

※セットリスト後

◆Ex01.ひと夏の出来事 (後藤萌咲)

EB2J-rUXYAEi9r2.jpg


◆Ex02.思い出のほとんど (後藤萌咲北澤早紀)

EB2LO7NW4AA5bpB.jpg


北澤早紀「もえきゅんは実はね、仲良くて、今日もね、出演させていただいたんですけど、一緒のチームになったことがね、実はなくて。だから多分私たちのそれぞれのファンの方しかあんまりこの交友関係知らなくって。前、生誕祭のお手紙を書かせていただいたんですけど、「仲良かったんだね」っていう言葉を割とたくさんいただきまして。何がきっかけで仲良くなったかもお互い思い出せなくて、ふと懐に入ってきた感じがして…」

後藤萌咲「一番初期の思い出で言うと、AKB48「あんた、誰?」っていう番組あったじゃないですか。その時に舞浜のコンサートがあったと思うんですけど、その時に一緒にユニットをやったのが初思い出?」
北澤早紀「初めてひとつのこと、同じことできたなっていうのがそこで」


北澤早紀より花束贈呈

EB2MBrvXkAAzj73.jpg


◆集合写真撮影

EB2MZK0XUAAZiCK.jpg

EB2MZGmX4AMuhzm.jpg


仕切り役の下尾さんが…

段取りを忘れてしまう

下尾みう「…はい、すみません、思い出した。では続いては「前しか向かねえ」をね、披露するんですよね」
後藤萌咲「ごめん、それ台本に書いてないんだわ」
下尾みう「ごめんなさい、すみません」
後藤萌咲「バレちゃった」


※曲の準備中に下尾、涙

後藤萌咲「別の意味で泣かれてもちょっと私も困るんだけど。私が卒業する寂しさで泣いてくれてると思うんですけど…」
下尾みう「…寂しいです!(涙)」


◆Ex03.前しか向かねえ

EB2NhuWX4AE-J8U.jpg


岡部麟「もえきゅんさんは何で「前しか向かねえ」を選んだんですか?最後に」
後藤萌咲「そうですね、なんかほんとはいつもSHOWROOMだったりとかでカラオケ配信をする時に「あなたがいてくれたから」を一番最後に絶対歌うって決めてるんですけど、涙ぐみながら終わるのって私らしくないなって思って、やっぱりキャッチフレーズのようにベストスマイルで最後は終わりたいなって、皆で笑顔で終わりたいなと思ったので、「前しか向かねえ」しかも優子さんの卒業ソングでもあるので、優子魂を受け継ぐ、私としては「前しか向かねえ」を歌いたいなと思って歌わせていただきました。ありがとうございます」拍手


ファンの皆さんにメッセージ
後藤萌咲「えーと、そうですね、約、AKB48に入ってから6年間。最初から応援してくれた方だったりとか途中から応援してくれた方だったりとか本当に皆さんに支えられてるなと私はいつも実感しています。

そうですね、先日もセレモニーの時は本当に自分の知ってる顔の方ばかりで、自分の知ってるファンの皆さんってこんなにもたくさんいたんだとか、凄い、推しメンがね、変わってしまっても戻ってきてくれたりとか。笑いごとじゃないけど、戻ってきてくれたりとか、まぁ仕事の都合でなかなか来れないけど、でも遠くから応援してるよっていう方だったりとか、あとPRODUCE48をきっかけに日本だけじゃなくて世界の方も応援してくれるようになって、こう街中で歩いてると「もえきゅんですか?」って声をかけてくれたりとか、凄いそういう機会が凄く増えるようになって、で、本当にファンの皆さんがいなかったら私はここまで成長できてないと思うし、3ヶ月前に卒業発表させていただいてから凄くあっという間に時が過ぎていったなっていう感じがするんですけれども、本当にファンの皆さんには感謝してもしきれないので、これからも、イベントだったりとかを絶対必ずやると決めるので、ファンの皆さんにはずっと後藤萌咲推しで、個人として応援してくれたら嬉しいなと思います。これからもよろしくお願いします」拍手

「はい、あと、ファンの皆さんだけじゃなくてスタッフさんだったりとかメンバーだったりとかにもちょっとお話ししたいなと思うんですけど。

スタッフさんは本当に私のわがままを聞いてくれたりとか私のこう、何て言うんだろう、やりたいことだったりとかを凄いわがまま言っちゃったと思うんですよ。

でもそれを叶えてくれたり、私をセンターの場所に立たせてくださったりとか凄く色んな、ゲーム部ももちろんですし、色んなことを好きなことをやらせていただいたなっていう思いがあるので、これからもメンバーの近くで支えてあげてくれたら嬉しいなと思います。

そしてメンバーの皆には、そうですね、私がつらい時にいつもそばにいてくれて、後輩の子だったり気がつけば本当に後輩の子いっぱいいて。でも昔は、時には厳しく優しく教えてくださった先輩だったりとか本当に感謝してもしきれない、唯一切磋琢磨できるメンバーだなって思うので、これからもAKB48を引っ張ってくれたら嬉しいなと思いますし、ツアーだったりとか舞台が始まったりとかすると思うし、大変な時期もあると思うんですけど、これからも私は一ファンとして応援したいなと思ってるので、これからも、私が卒業しても頑張ってください。

そして改めてファンの皆さん。そうですね…ちょっと待って(涙) 泣かないって決めてたのに。

本当にファンの皆さんには感謝してもしきれないですし、自分の家族だったりとか、あとは遠くから応援してくれてるファンの皆さんだったりとか、今日もね、ロビーで見てくれてる方だったりとかオンデマンドで見てくれてる方だったりとかもいると思うんですけど、本当に本当にたくさんのファンの方に応援していただいて、私のセンター曲を2作連続でいただいたり、レギュラーモデルをやらせていただいたり、舞台をやらせていただいたり、色んな経験をさせていただきました。それは本当にファンの皆さんが応援してくれたから私はここまで成長することができました。

身長が高くてコンプレックスだった私を堂々とパフォーマンスできるようにしてくれたのはファンの皆さんだし、こうやって素敵な衣装を作ってくださった衣装さんもファンの皆さんがいるから綺麗にしてあげたいなって、もえきゅんがいるから綺麗にしてあげたいなって凄い言ってくださったりとか、本当になんだろう、言葉が凄い詰まっちゃうんですけど、もう本当にこれから新しい一歩を踏み出せそうな気がしてます。

なので、その一歩目はまた、今後の活動についてはまたTwitterだったりInstagramだったりで告知していくので是非応援してくれてたら嬉しいなと思います。

まだね、ここで発表できないのが凄いもどかしいんですけど、でもこれから凄く凄くやりたいことがたっくさんあるので皆さんにいいお知らせがたくさんできるように頑張っていきたいと思います。

本当に約6年間応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします」拍手

EB2OlyUWwAACkN-.jpg

※5分25秒

岡部麟「もう言い残したことはないですか?」
後藤萌咲「言い残したこと? ないです、多分」
岡部麟「大丈夫ですか? 曲振りから「前しか向かねえ」やらなくて大丈夫ですか?」客笑
後藤萌咲「下尾の傷を、塩塗っちゃうから」
岡部麟「そういうことじゃないです」
下尾みう「大丈夫。卒業おめでとう」
後藤萌咲「ありがとう」























本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより



AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND