FC2ブログ

【速報版】左伴彩佳 21歳の生誕祭レポート

2019年8月3日 AKB48劇場 チーム8・湯浅順司「その雫は、未来へと 繋がる虹になる。」公演 17時開演

190803 0816


◆仕切り:髙橋彩音

左伴彩佳「私忘れちゃうからちょっと紙に箇条書きで書いた。ごめんね、ちょっとカンペがあるの。しかも急いで書いたから」
髙橋彩音「赤ペンで」
左伴彩佳「そうそうそう」

20歳の1年はどんな1年でしたか?
左伴彩佳「20歳の年は、やっぱり地元の仕事が増えまして、地元のテレビ局でアナウンサーみたいなお仕事をさせていただいたりして凄いいい経験ができたし、ラジオもできたりして凄いいい経験ができたなと思いました。あとは地上波のドラマにほんと2カットぐらい出るよって言ったら、皆そうそう…」拍手

「ありがとうございます。そう、2カットだったんですけどね、そうやって地上波のテレビ局の方に呼んでもらって、そういう仕事ができたことを凄く嬉しく思うし、また違う環境でお仕事ができたのも凄い自分にとってプラスになったなって思いました。

あとはですね、AKBの成人式があって、その後にチーム8のコンサートがあったんですけど私、体調を崩してしまって休演したんですよ。そしたらなんとそこで山梨コンサートの発表があって」客笑

「もうついてない奴だなって皆に言われたんですけど、でも山梨コンサートはやっぱり20歳で一番思い出に残ったコンサートで、やっぱり皆もレッスン中に支えてくれたりとかファンの方も凄い楽しみにして4公演見に来てくれたりして、あとは家族とかも見に来てくれたりしたので凄く思い出に残りました。

そうですね、20歳はそうですね、はい、こんな感じで一番思い出に残ったことがその5周年だったなっていう感じです。はい」拍手

※1分30秒


21歳はどんな1年にしたいですか?
左伴彩佳「チームKに兼任させていただいてるので、パフォーマンスを磨くことももちろんなんですけど、やっぱり新しいことにも挑戦したいし、あと一番はやっぱり人に感謝することを忘れないで21歳過ごしていきたいと思います。

あとは、チーム8も新メンバーとか入ったりしてちょっと新しい、何て言うんだろうな、メンバーも変わってきたりしてるので、馴染めるようになんか私もけっこうさいねん…最年長ではないんですけど。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんね」

太田奈緒 → 目を見開く

左伴彩佳「違う違う。年上のメンバーになってきたので、下の子達を支えられるようなメンバーに、私は頼りないかもしれないけどなっていきたいなって20歳は思います」拍手

※51秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
左伴彩佳「まずはこんなね、素敵な生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」拍手

「そうですね、ファンの方には凄い悔しい思いとかもさせちゃったりしてるのかなって思ってて。学業との両立でなかなかそのK公演に出られなかったり、そのチーム8の活動にも出られなかったりしていたので、凄いファンの方が「ひだあや見れないな」って思って悲しい気持ちをさせてしまったりもしたことあると思うんですけど、でもそうですね、頑張って出れる時は皆と楽しく活動していきたいと思うので、はい、皆さん今まで通り温かい目線で一緒に楽しんでいきましょう。

はい、ちょっと待ってね…(紙を見る)

ごめんね、こんなメンバーあんまりいないよね。

そう、そうですね、はい、あっ、言い切ったかな? あとはやっぱファンの方に凄いSNSとかで励まされたり、SHOWROOMとかでもコメントいただいてるので、メールとかでもね。なのでそういうとこで色んなことを発信して、皆とまた21歳は私らしく明るくマイペースに皆と一緒に楽しんでいけたらなと思います。皆さん、本当にありがとうございました」拍手

※1分19秒 (合計3分40秒)

髙橋彩音「言い残したことはないですか?」
左伴彩佳「ないない。全部箇条書きにして、いつも忘れちゃうからさ」
髙橋彩音「全部言えた?」
左伴彩佳「そうそう、ファンの皆にね、「箇条書きにすれば?」ってアドバイスもらった」客笑

「あと今日は前回の生誕祭で「47の素敵な街へ」の時、県名言えなくて、今年はちゃんと間違えずに言えたので、それがけっこう良かったなって思ってます」客笑










本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

Twitter