FC2ブログ

HKT48研究生 自己紹介MC「小川紗奈とのエピソード」(2019/7/3)

2019年7月3日 HKT48劇場 研究生「脳内パラダイス」公演 18時30分開演

お題:紗奈とのエピソード

(1列目)

竹本くるみ「紗奈のエピソードなんですけど。紗奈とこの前、りのん家でお泊まりしたんですよね。そしたら紗奈が座って寝て、しかもさぞく(?)みたいにこういう、髪の毛が下りてて、しかもスマホの充電のライトが紗奈の顔にこうやって(当たって)、めっちゃ怖かったんですよね。「紗奈、大丈夫?」って頬をこうやって触ってみたらめっちゃ冷たくて、「えっ?」って思ったら「ママ」って言うから、可愛いけど、なんか凄いホラーゲームみたいで怖かったなーって思いました」


石橋颯「HKTに新しい風を吹かせます。紗奈のことを殴りたい!」
小川紗奈「怖い怖い怖い」
メンバー「よくないよ」
上島楓「リハ済み?これ」
石橋颯「違いまーす。私が紗奈とのエピソードはですね、なんか紗奈は本当にめっちゃ優しくて、なんか怒ってるところを、たまには5期生もちょっと喧嘩したりとかたまにはあるじゃないですか」
客「えー」
石橋颯「めっちゃたまにです。ケンカってほどでもないけどな。めっちゃたまに。「えっ、でもこここうだよ」みたいなことがあるんですけど、その時に紗奈は「うん、うん、うん」ってずっと「うん」って言ってて本当に優しいなーと思いながら、で、ちょっと颯は考えたんですけど、紗奈が怒ったのを想像してみてください。想像つきませんよね。それほど本当に優しくて優しくて。でもちょっとまだ颯、誕生日プレゼントあげたないので、誕生日プレゼントは滑舌が良くなる何かあげたいと思います」


上島楓「私はですね、紗奈の女子力の高さをリスペクトしてるんですけど。紗奈は本当に何でも持ってるんですよ。4期生が「ねぇ何々持ってない?」って言ったら「持ってるよ」みたいな感じですぐ言うんですけど、でもそれでも私はビックリしちゃうんですよ。「えっ?それまで持ってんの?」みたいな感じでビックリしちゃうんですけど、もっとリスペクトしてるのが荷物の小ささなんですよ。なんか持ってるものも可愛くて、着てくる服も可愛くて。米粒みたいな荷物のバッグを持ってくるんですよ」
小川紗奈「リュック持ち歩いてる」
上島楓「私は荷物がマジでとんかつレベルのでかさで、しかも全部詰め詰めなので、ちょっと女子力の高さをこれから見習いたいと思います」


(2列目)

川平聖「私は紗奈とはけっこうは仲が良くて、よく、ね、連絡取ったりとかご飯行ったりとかなんか色んな話をしたりとか、あとはお洋服、お下がりをもらったり、グミをもらったり、パックをもらったりとかしてるんですよ。だから聖も紗奈に何かそういう恩返しって言うかな、なんかその聖が紗奈からいただいてるものの倍返しが出来るくらい何かいいものをいつかプレゼントしてあげたいなって思ってます」
小川紗奈「待ってまーす」


水上凜巳花「私は最近紗奈が可愛すぎてツライってやつなんですけど。なんかもう最近本当に紗奈が可愛くて、会う度に「可愛い」って言うんです。そしたら紗奈が「可愛いくない」って言うんですよ。似てるでしょ? なんか本当に凜巳花がもし男に生まれたら絶対に彼女にしたいランキングNo.1なぐらい可愛いんですよ」
小川紗奈「やったー」
水上凜巳花「だから、でもちょっと滑舌がね、悪いから」
小川紗奈「頑張ります」
村上和叶「滑舌が悪いところも可愛いところじゃん。すべてをくるめなきゃ」
水上凜巳花「そうよ。でもちょっとやっぱ聞き取りにくいよね。朝とかさ、マジで(滑舌悪く)「おはよー」みたいな、「凜巳花ちゃんおはよー」みたいな感じで言うんですよ」
小川紗奈「頑張ります」
水上凜巳花「さしすせそって言ってみて」
小川紗奈「さしすせそ」
メンバー「可愛い」
水上凜巳花「可愛いでしょ?」


後藤陽菜乃「私は紗奈と遊びに。また遊びの話かってなるんですけど、遊びに行ったことがないんですけど」
小川紗奈「行きたいよね」
後藤陽菜乃「行きたい」
小川紗奈「うん」
後藤陽菜乃「約束しました、今。はい、行きたいと思います」
小川紗奈「はい、行きます」
後藤陽菜乃「はい、行ってきます」
市村愛里「いつも内容浅すぎてるから」


村上和叶「紗奈ちゃんは可愛いじゃないですか、やっぱり」
小川紗奈「そんなことない」
村上和叶「なんて言うか、行動がもう可愛くて、凄い大好きなんですけど、この間紗奈ちゃんと、あと梨奈と3人でタピオカを飲みに行ったんですね。そしたらタピオカのお店の横にちょっと座れるスペースみたいのがあって、私が紗奈と梨奈のデートをちょっと邪魔した感じになったので「2人で座りなよ」みたいに言ったんですよ。そしたら紗奈が「紗奈座んなくていいよ、紗奈座んなくていいから座りなよ」みたいな感じで言ってくれて「可愛い」ってなったんですよ。可愛くないですか?」
小川紗奈「ありがとう」
村上和叶「そう、私がステーキに嵌ってる頃とか、今も嵌ってるんですけど紗奈がわざわざ「昨日ね、ステーキ食べに行ったんだよ」とか報告してくれるんですよ。もう可愛くてしょうがなくて。このままいくといつか紗奈の成長日記みたいなの作りそうで怖いので、それだけはしないように頑張りたいと思います」


(3列目)

市村愛里「紗奈は、なんかSHOWROOM審査の時からなんかちょっと変わってる子だなーと思ってて。なんか滑舌もちょっとあれですけど、絵がなんか凄いと思って、最初見た時に。何この気持ち悪いの描いてるの?と思って(客笑) それはちょっとヘタだなと思ってて。だけど嘘なんじゃないかなって思うぐらいおかしいじゃないですか、なんか」
客「そんなことないよ!」
小川紗奈「棒読み」
市村愛里「なんかウソっていうか、ちょっとヘタに描いてるのかなと思ったらけっこうガチだったんで、なんかちょっと引いたんですけど、私の絵はけっこうシャッシャ描くとけっこう上手く見えるっていう技法があるので、それを伝授したいと思います」
小川紗奈「お願いします」


長野雅「私の紗奈ちゃんとのエピソードは。紗奈って呼んでるんですけど、いつも。ホテルの部屋で一緒になることが多くて握手会とかで連泊になった時とか。一緒にならなくても紗奈の部屋に遊びに行ったりとかしてて。なんだろう、夜ね、一緒にコンビニに行ってお菓子買い込んで食べたりとかね、して、お話して、凄い楽しい時間を過ごしてるんですよ。羨ましいでしょ? 羨ましい? でしょ? こんなことができちゃうんですよ、メンバーになると。いいでしょ? あとね、エピソード以外なんですけど私が紗奈ちゃんの好きなところがあって。全部なんですけど、特にね、ちょっと教えてほしいところがあって。前髪がね、凄くね、好きなんですよ」
小川紗奈「凄い申し訳ないんですけど、これ全部メイクさんがやってくださってて」
長野雅「私もね、今日メイクさんに切ってもらったんだけど、どうしよう? これはちょっと長くなるから後で楽屋で話そうと思います。皆さんもね、これは楽屋では聞けないと思うから悔しいでしょ? あっ、これ何回も聞いちゃってる。本日はよろしくお願いします」


工藤陽香「さー何事も笑顔でいきましょう。はーるスマイルであなたを笑顔にするっちゃん♪ 福岡県からやってきました、はるちゃんこと工藤陽香です。よろしくお願いします」
小川紗奈「盗まれた」
市村愛里「紗奈、これは怒るべき」
小川紗奈「ダメだよ」
メンバー「可愛い」「怒ってない、絶対」
工藤陽香「紗奈ちゃんは最初本当に仲良くなる前から優しかったんですよ、本当に。裏表ありそうだなと思って。なんか優しい人って裏表あるイメージじゃないですか。ちょっとあるんじゃないかと思ってめちゃめちゃ話しかけたんですよ、いつか。そしたら本当に裏表なくて。なんかもう4、5ヶ月話してるんですけど、本当に怒らなくて、とっても優しいので、紗奈ちゃんのことを信頼しても大丈夫でーす」


小川紗奈「さー何事も笑顔でいきましょう。さーなスマイルであなたを笑顔にするばい。17歳になりました、高校2年生の小川紗奈です」

「紗奈は自分とのエピソードってないので紗奈ってどんな人だろうって思って自己紹介MCを聞いてたんですけど、なんか基本滑舌が悪いか絵が悪いって言われたので17歳はちょっとだけ改善して新しい自分になれたらいいなって思います」


田中伊桜莉「私の紗奈ちゃんとのエピソード、知ってる方は知ってると思うんですけど「きゅまが」っていうグループがあるんですよ。5期生の栗山梨奈ちゃんと紗奈ちゃんと私で、きゅうりとママと画伯っていうグループがあるんですよ。で、略して「きゅまが」って言うグループがあって、LINEグループもあるんですよ。でもそのLINEグループだいたいりなちと紗奈ちゃんがずっと喋って、たまーに私が「それな」とか言ったり、それとかだいたい返信が皆「それな、うん、十分よね」みたいな、そんな返信ばっかりで、ちょっと正直ある意味があるのかなと思うんですけど」
小川紗奈「あるあるある」
田中伊桜莉「これからたくさん話して価値があるグループにしていきたいと思います」

HKT48 LIVE!! ON DEMAND
dTVチャンネル