FC2ブログ

SKE48チームE 自己紹介MC(2019/6/29) ※斉藤真木子 生誕祭公演

2019年6月29日 SKE48劇場 チームE「SKEフェスティバル」公演 18時開演

お題:

6月29日2回目

(1列目)

倉島杏実「私、お昼に私の生誕祭をやらせていただいてたんですけど、凄い緊張してて。けど生誕祭が終わって凄い落ち着いたんですよ、私。なので今日は落ち着いて真木子さんの生誕祭を祝おうと思うんですけど、曲中の立ち位置が凄い真木子さんと近いので、今日は一番近くで盛り上げたいと思います」


斉藤真木子「あのですね、今日は、杏実ちゃんも言ってたんですけど、お昼に杏実ちゃんの生誕祭がありまして、さっき公演が始まる前に一緒に洗面台で歯磨きをしてたんですよ、杏実ちゃんと。で、「始まるね」って、「杏実さっき凄い緊張したんです」みたいな話をして、「やっぱ緊張するよね」ってこうやってやってて。別に汚い話じゃなくて、私はその後ろの個室にそのあと入ったんですよ。用を足そうと思って。それぐらいするから、人間だから。やろうと思って個室に入ったんです。でも話は続いてたの。でも本番前だから時間がないからとりあえずもう入りながら杏実ちゃんとしゃべろうと思って「緊張するよね」って言って終わって出たら、杏実ちゃんいなくて(客笑) 私1人で。すぐどっか行ったでしょ?」
倉島杏実「はい、出てきました」
斉藤真木子「もうなんか私は1人で「やっぱ生誕祭ってさ」みたいな」客笑
メンバー「恥ずかしい」
斉藤真木子「本当に恥ずかしいなと思ったんですけど」
倉島杏実「ごめんなさい」
斉藤真木子「今日は杏実ちゃんが一番近くで盛り上げてくれるということなので、それはもう忘れようと思います。皆さんのお力添えもありますが、今日の公演を今年一番の思い出に出来るように皆さんと一緒に盛り上がっていきたいと思います。楽しんでいきましょう」


後藤楽々「あのですね、私、真木子さんの生誕祭っていうといつも一番最初のチームEのアンダーを思い出すんですよ。斉藤真木子さんの生誕祭で初めてチームEのアンダーをやるっていうのでそれが凄い記憶に残っているんですけど、今もう私も真木子さんもやっぱ歳重ねたなと思って(客笑) でも真木子さんに「お誕生日めでとうございます」って、「これからも可愛がってください」ってLINEをしたら、そしたら「いつまでも可愛い楽々でいてね」って言われたので、これからも、今日も凄い可愛い楽々でいようと思います」


福士奈央「私は本当に真木子さんにたくさんお世話になっていて。それはご飯とかに連れてってくださったりとか、お洋服お下がりの服をくださったりとか本当にたくさんお世話になってるんですけど、私も真木子さんは最近凄いお世話してるんですよ。なんか月に3回ぐらいおんぶさせられるんですよ。その理由は、なんか靴を忘れたからっていう理由で、普通にけっこうな距離をこうおんぶして真木子さんを運んでるんですけど、なんか真木子さんもそんなお世話される側になったんだなって思うと」客笑
斉藤真木子「介護みたいになってる。まだまだ」
福士奈央「でも、やっぱ真木子さんに今までおごってもらったりした分は真木子さんの老後まで私が保証するっていうあれで食べてる、なんかそういうね、そういうお返しをしようと思ってたくさん色んなとこに連れてってもらってるので、今日もその介護…介護じゃないですけど」客笑
斉藤真木子「自分で言った、今」
福士奈央「今日もたくさん真木子さんをお世話していきたいなと思いますので、皆さんも一緒に盛り上がっていきましょう」


佐藤佳穂「真木子さんは昇格した時も特に怖いとか思うことはなくて、けっこう無駄絡みをしちゃってたんですけど、生誕祭でお手紙を書いてくださってからなんか変に意識しちゃって、なんか凄い今日も「何でそんなに笑ってるの?」って聞かれてもヘラヘラするだけしかできなかったんですけど、さっきおっしゃってた歯磨きして1人で喋ってるところに偶然居合わせて、私が(客笑) で、なんか1人で喋ってるなーって思いつつもちょっと何て声をかけたらいいか解決できなくて、「真木子さんですか?」とだけしか話しかけれなかったんですけど、今日は真木子さんが1人で喋ってても頑張って答えれるように気をつけてお願いします」


(2列目)

鎌田菜月「私、先日初めて最近ちょっと流行りのリッチな食パンというものを手に入れまして。おー!と思って、ちょっといいものなんで美味しく食べたいじゃないですか、やっぱり。だからTwitterでどうやって食べたら美味しく食べれるかなって聞いたら「1日目まずはそのまま生を味わえ、2日目トースト、3日目おかずと食べると美味しいって真木子が言ってたよ」ってめっちゃリプライが来て。私の知らない間になんか真木子さんは食パン職人みたいになってたというのを最近知りまして、まだまだ奥が深い先輩だなと思いました。今日の公演では真木子さんからパフォーマンスも盗みつつ皆さんと楽しんでいけたらなと思います」


熊崎晴香「この前ですね、ゼロポジ公演というライブをさせていただいたんですけれど、その時に真木子さんが審査員として見に来てくださったんですよ。その時に真木子さんが「信じられるのは熊だけ」って言ってくれたんですよ。そう、そうめっちゃくちゃ嬉しくて、けど逆にそれがちょっとプレッシャーになってきちゃったんですけれど、今日はですね、真木子さんにこれからもずっと信じられるのは熊だけだって思ってもらえるようなパフォーマンスをしていきたいと思います」


西満里奈「私はカメラロールを見返してたら去年の真木子さんの生誕祭の時にSKEカフェのラッキークラクションに真木子さんと私としぃちゃんで一緒に行ってて、なんか凄い懐かしいなと思って、西もめっちゃ顔緊張してこわばってるし、凄い肩上がってるし、髪の毛も短いしで、なんか1年経ったんだなーって凄い思って、で、今ラッキークラクションなくなっちゃったんですけど、ちょっと真木子さんにそのとき呼んでもらえて嬉しかったなーっていうのを思い出したので、今日はそんな真木子さんの生誕祭を肩の力を抜いて盛り上げていけるように頑張りたいと思います」


井田玲音名「あのですね、昨日は斉藤真木子さんが青春ガールズ公演に9期生と一緒に出演していたじゃないですか。で、お仕事のほんと始まる5分前ぐらいに思い出して、「あっ、見よう」と思って携帯をパって開いてDMMの画面にして、ほんと10秒ぐらいだけパって見たんですけど、でもその10秒でも本当にかっこよくて、真木子さんが。もう凄く画面越しでも圧倒されたので、真木子さんのことを見習いつつ今日はパフォーマンスしていけたらいいなと思います」


相川暖花「真木子さんは凄い私にちょっかいをかけてくるんですよ。さっき楽屋でも凄い後ろから抱きついてきたりして。いつもはね、嫌がってるんですけど、今日は、今日の公演限定で真木子さんに今日はたくさん優しくしていこうと思います」


深井ねがい「今日朝起きて、レッスン着を、レッスン着の上のTシャツを決めようと思った時に「あっ、今日真木子さんと杏実の生誕祭だ」と思ってわざわざサイリウムをプロフィールみたいなやつで調べて、どっちも黄色があるから黄色のTシャツを着てきたんですよ。で、これ、ここまでしたら真木子さんも「あー、ねがいありがとう」って言ってくれるかなと思って、さっきの夜公演前に言ったら、ちょっと私が思ってたちょっとリアクションと違うくて、「おーぅ」と思っちゃったんですけど、私の愛はまだまだこんな感じじゃないので、たくさん真木子さんが喜ぶことを頑張ってして、「あー、ねがいありがとう」っていう笑顔を見たいと思います」


(3列目)

髙畑結希「あのですね、真木子さんと私と言えば、「ほんま髙畑無理」っていうセリフがあるんですけども、私が本当に公演中とかお仕事中にちょっと色々やらかしちゃったり、ポンコツな部分が出るたびに「ほんま髙畑無理」っていう言葉をね、真木子さんに言われ続けてきたんですけども、もうそろそろちょっと成長した姿は真木子さんに見せたいなと思ったので、ちょっとね、今日の公演こそは完璧にというか、完璧にするのはもちろんなんですけど、もう真木子さんに「ほんま髙畑最高」って言ってもらえるような公演に今日はしていきたいと思うので、皆さん、ほんま…ほんま」
メンバー「そういうとこだよ、たぶん」
髙畑結希「ほんま最高の生誕祭にしましょう」


浅井裕華「私は真木子さんの昔のキャッチフレーズが凄い好きでして。バナナですべりまーすってやつが凄い好きなんですけど、なんかいつの間にかやらなくなってしまっていて、私は凄い寂しいので、そのバナナですべりまーすっていうのを今日は見れるように期待したいなと思います」


平田詩奈「私はよく真木子さんと仲良くなりたいって言うんですよ。なんですけどすぐなんかファンの人とかに「本当に?」とか「ビジネスでしょ?」とか言われちゃうんですよ。だけど詩奈は本当に真木子さんと距離を縮めたいなーってずっと思ってるんですけど、なかなか自分からは話しかけにいけないので、今日の生誕祭で真木子さんに近づけるようにいっぱい盛り上げていきたいと思います」


谷真理佳「今日は親愛なる真木子さんの生誕祭ということで、真木子さんは移籍当初からすっごいお世話になってて、しかも刀使ノ巫女っていうね、その舞台で一緒させていただいたりとか、あとこの劇場公演でなんと今日のシンメというものをね、やらせていただいたりしてるんですけども、本当にね、バキバキに踊る真木子さんといっしょにシンメできてるのすっごい光栄ですので、今日パフォーマンスで恩返ししつつ、いつか焼肉おごってもらいたいなって思います(客笑) 真木子さん大好きです! よろしくお願いします」


野々垣美希「私はですね、先日レッスン場で練習をしていたら、ちょうど真木子さんも全然違う公演なんですけど練習してて、それで真木子さんは先に帰られたんですけど、私が帰ろうと思ってバッグを取ろうと思って机を見たら、机に「遅くまでお疲れ様。よかったら食べてね」って置き手紙と共にお菓子が置いてあったんですよ」
メンバー「めっちゃ優しい」
野々垣美希「それで、たぶんお互いイヤホンして練習してたから気を使ってか置き手紙にしてくださって、「めっちゃ優しいじゃん」と思って。もう凄いキュンキュンしちゃって。私けっこうちょろいんですぐ好きになっちゃうんですよ。なのでもっともっと真木子さんのことを大好きになっていきたいと思います」

SKE48 LIVE!! ON DEMAND