FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

AKB48チーム8 自己紹介MC「立仙愛理について」(2019/6/23)

2019年6月23日 AKB48劇場 チーム8・湯浅順司「その雫は、未来へと 繋がる虹になる。」公演 (立仙愛理 生誕祭) 17時開演

お題:立仙愛理ちゃんについて

(1列目)

奥原妃奈子「立仙は入った頃からちょっとおかしな人だなーと」客笑
立仙愛理「そんなことないです」
奥原妃奈子「なんか変な人だなって思ってたんですけど、でも本当にそうで」客笑
立仙愛理「ひどい」
奥原妃奈子「でも考え方が、二十歳だから凄い考え方が上達してて、凄いなんか相談とかね、乗ってくださるのでね、これからもよろしくお願いします」
立仙愛理「こちらこそ。ありがとうございます」


髙橋彩香「愛理は凄い先輩と仲良くなるのとか人と仲良くなるのが凄い上手で、私は凄い苦手だったので、愛理のように話しかけたらいいんだと思って凄い一時期観察してた時期があって。先輩と話す時も「愛理だったらどういう受け答えをするかなー」って考えて言ってみたりとかしたら凄い仲良くなれたので、凄い愛理の研究をして良かったなって思ってます」
立仙愛理「ありがとうございます」
髙橋彩香「なのでこれからも愛理をいっぱい観察してどんどん皆と仲良くなっていきたいです」


吉田華恋立仙愛理ちゃんはいっつも会うたびにお尻を触ってくるんですよ。そう。今日も3回ぐらい触られたんですけど」
立仙愛理「だっていい感じなんですよ、かれんちゃんのお尻」
吉田華恋「こんな一面もあるんです」
立仙愛理「一面?」
吉田華恋「いっつも出してるか、全面。でも立仙ちゃんはとてもいい子で」
立仙愛理「思ってますか?」
吉田華恋「はい。だからこれからもお尻の仲ということで、仲良くしていきたいなと思います」


下尾みう立仙愛理ちゃんは、えっとね、いつも中国四国で地方一緒なんですけど凄いまとめてくれる感じは凄くあります。いっつも仕切ってくれて、凄くいつも頼りにしてる、後輩なんですけど凄くしっかりしてていい子だなって思って、大好きです」


宮里莉羅「そうですね、立仙は意外と私からしたら同い年感覚なんですけど、4つぐらい歳が上なんですよ、意外にも。それで立仙って色んなアイドルさんとかアーティストさんとか好きなイメージあるんですけど、一つだけ立仙と同じアーティストさんが好きなかもしれないと思ってるんですよ。だからそれについてちょっと楽屋でこれから色々話せたらなと」
立仙愛理「えー、楽しみです」
宮里莉羅「思ってます」


(2列目)

行天優莉奈「立仙はですね、凄い私と同い年なんですけど、私のことを凄い好きだと。多分皆にも言ってると思うんですけど」
立仙愛理「言ってないですよ、私ほんと」
行天優莉奈「私のことをね、凄い好きだって言ってくれて、しかも同じエリアで、凄いね、入った当初に舞台があって、そっからけっこう仲良く、私は凄い仲良くなったと思ってるんですけど」
立仙愛理「やったー」
行天優莉奈「そう、なのでこれからもっとね、同じエリアとしてまた仲良くなりましょう」


濵咲友菜「私はですね、立仙とは後輩の中で多分一番初めに一番仲良くなったメンバーだと思ってるんですけども、多分まぁ同じ匂いがするんですよ(客笑) 私と一緒の、まぁ私のキャラは知ってる方はわかる通り変態という同じキャラがするのでもっともっと掘って掘って掘って掘ってもっと変態のところを知りたいなと思います」


永野芹佳「私は立仙愛理ちゃんのことを「りっせんちゃん」とか「りっちゃん」とか「りっせん」とか呼んだりするんですけど、凄い名字が特徴的で、でもよく下の名前を見たら「あいりちゃん」って名前めっちゃ可愛いやんと思って。だからこれから名字じゃなくて「あいりちゃん」って呼んでいけるようになりたいなと思います」


佐藤七海「そうですね、私はまだ立仙は私に気を使ってる感というか、たぶんまだね、距離があるほうだと思うんですよ。だからもうどんどん私もがっついて。がっついてって言ったらおかしいんですけど、私も仲良くなれるようにがっついて、そしてがっついてもらえるように、もうなんか素で色んなことを話せるような関係になりたいと思います」


橋本陽菜「私の大好きあいりたんについてなんですけど。なんか私のファンの方が「私、凄い立仙愛理ちゃんが好きなんですよ」って凄い愛理が入ってきた初期の頃に言ったらどんどんそっちに流れちゃって」客笑
立仙愛理「多いですよね、ほんとに」
橋本陽菜「たまにSHOWROOM見たら、なんか壇上にめっちゃ私のファンの人いるみたいな(客笑) そう、だから、でもこれからもエイトのこと皆のこと推してください。私は今日は立仙愛理のファンの皆さんは一本釣りじゃなくて大量に釣っていきたいと思います」


佐藤朱「私、立仙との好きなこと、共通のことが見つかったなって。あの、26時のマスカレイドさんというアイドルさんがね、大好きっていうのが先ほど知って。ちょっと遅くなっちゃったんですけど。でも私も好きになったのが今年の冬ぐらい、1月とかぐらいだったんで、ちょっとやっぱり先輩の立仙先輩に」
立仙愛理「そうですね、私、古参ですからね」
佐藤朱「古参のね、立仙先輩に色々ご指導いただけるように一緒に応援していきたいなって思います」


(3列目)

藤園麗「立仙さんとの思い出は、山梨コンサートの時に、終わった後に家族と遊園地に行ったんですよ。そしたら、なんか見たことあるTシャツだなぁと思ったら、なんか立仙Tシャツって言うんでしたっけ?」
立仙愛理「生誕Tシャツですね」
藤園麗「生誕Tシャツを着た方が2人仲良しで歩いてて、で、「あっ、立仙さんのファンだ」と思って。で、それを後日立仙さんに言ったら「えっ?私のファンが!?」って言って、もうなんか凄い喜んでて、本当になんかファン思いだし、なんか後輩思いだし、本当にいい先輩です」拍手
立仙愛理「まぁ~ありがとうございます。照れちゃうわ」


太田奈緒「私はですね、立仙はやっぱり初めから入ってるメンバーよりまだ全然本性を出してないと思ってて。でもなんかいっつももう「いやいやいや」みたいな感じでやってるんで。でもインスタとかではけっこうね、「ドゥ~ン」みたいな感じでしてるので、そういう一面を私たちにも出してもらえるように奈緒も頑張りたいと思います」


歌田初夏「私はですね、立仙歌田っていうコンビ名があるほど立仙ちゃんとは仲がいいんですけど、もう何て言うんですかね、考えること考えることが全部同じで」
立仙愛理「確かにそうですね」
歌田初夏「もう本当に仲がいいんですけど、これからもね、立仙歌田で何か出来たら嬉しいなと思います」
立仙愛理「そうですね、たくさんね」
歌田初夏「よろしくお願いします」


寺田美咲「愛理とは、なんかこの雫公演でも楽屋が隣だったり、あとホテルの部屋も同じ部屋になったこともあって、あと年齢も一個しか変わらないから割と話も合うし、同じこと思ってるし、だから凄い話してて楽なんですね。だからこれからも私の話し相手になってください」
立仙愛理「もちろんです」
寺田美咲「願いします」


立仙愛理「この日のためにどちゃくそキャッチフレーズを考えたんですけど、全然思いつかなかったです」
客「えー」
立仙愛理「某お笑い芸人さんのリズムネタがあるじゃないですか。あれしか思いつかなくて、で、インスタのDMで「使っていいですか?」って送ったんですけど、返事はもちろんもらえなかったので、また考えて出直してきます。もうちょっと待ってください。立仙愛理です。今日は本当にありがとうございます。楽しみましょう! よろしくお願いします」

AKB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND