FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

NGT48研究生 自己紹介MC「自分の地元について」(2019/3/9)

2019年3月9日 研究生「PARTYが始まるよ」~研究生の息吹を感じて!~公演 17時30分開演

お題:自分の地元について

(1列目)

小見山沙空「私の地元はキャッチフレーズにも入ってる通り小千谷市出身なんですけど、皆さんどこかわかりますか? まぁわかる人もいるだろう。で、ついてっていうか私が好きなところがあるんですけど。私はテニス部で、外で練習をしてて、コートに行くまでの、山だったんですね、コートが。山って登らなきゃいけないじゃないですか。でもね、地下道があるんです。そこを多分先輩たちが色々と出てきた道だと思うので。けっこう危ない道なんですね。けもの道っていうところで、ほんとはそういう名前じゃないんですけど、本当になんか雑草とか、木とか倒れてたり、けっこう危なくて、で、その更に近道みたいなところ。近道の近道みたいなところがあって、もう90度ってぐらい。ほんとにウソじゃないの。80度ぐらい? それぐらいの階段があって、1回お友達がそこから落ちちゃったことがあって。そう、でもね、生きてるんだけど。凄いスリリングで楽しいんですよ、そこ。慣れれば転ばないから、だからそこが大好きなんですけど、皆さん探して是非登ってください」


對馬優菜子「私は青森県出身なんですけど、私、でも青森って言ったらなんか皆りんごって言うじゃないですか。りんごしかないのかなって言われるじゃないですか。そんなことないです。青森はなんか、青森って新潟と一緒で海も山もあるので、ねぇ、海も山もあってオールマイティーなんですけど、その魚とか貝とかも凄い美味しいので、大間のマグロとかあるじゃないですか。なので凄い何でも美味しいし、何でも良いし、なんかおじいちゃんとかおばあちゃんも凄い訛ってて可愛いし。凄い可愛いので凄くいい所です。皆さん、青森に行きましょう。今日は、じゃあ青森の魅力を伝えられるように頑張ります」


諸橋姫向「私はその名の通り弥彦村に住んでいるんですけれども、弥彦村は弥彦神社があったり、弥彦山があったり、あと田んぼもいっぱいあります。けっこう自然豊かで本当に息が吸いたくなったら弥彦村に是非来てもらいたいです、本当に。弥彦公園とか凄いお散歩にいい場所なので、是非行ってみてください」


藤崎未夢「私は新潟県新潟市出身なんですけど、皆さん新潟のいいところはもちろんたくさん知っていると思いますよ、もうNGT48たくさん大好きでいてくださると思ってるので、新潟の良いところと言えばお米とか雪とか色んなものが出てくると思うんですけど、今日は新潟にNGTがあって良かった、劇場公演見に来てよかったって思ってもらえるように頑張ります」


小越春花「はるか村では…」
メンバー「えっ?」
真下華穂「地元、はるか村出身ですか? まぁいいや、どうぞ」
小越春花「大丈夫、ウソだから」
メンバー「えー?」
真下華穂「ちょっと、そんなこと言わないでよ」
小越春花「さっき、そう言うと面白いよってゆめたんが提案してくれたんです」
メンバー「ゆめたん」
曽我部優芽「ごめん」
小越春花「はい、じゃー気を取り直して、私は新潟市出身なんですけど、新潟は私、平の所…やすらぎ堤が大好きで、あそこに歩いてると本当にもう心が凄い速やかになって。違う違う違う、せせらかになって。違う。それで、よし。それで本当に広くて、川が流れてて、もう本当に気持ちいい場所なんです。なので、やっぱりNGT48の歌詞にも入るぐらい素晴らしいところなので、何て言ったらいいんだろう、今日はやすらぎ堤を胸に入れ、頑張りたいと思います」


(2列目)

山崎美里衣「私の地元は北海道です。あのですね、ただ一つだけ誤解しないで欲しいのは、コンビニとの距離は50キロもそんなにあるわけじゃないです。50キロあるって皆から言われるんですけど、そこまであるのは本当にごく一部なんです。そこだけまず前提に教えたくて。そう、で、あのですね、私はNGTに入ってから北海道のいいところを一つまた見つけまして。それが北海道出身っていうこと自体が武器になるんですよ。それは北海道出身って言うだけで皆が驚いてくれたり、なんか覚えてくれやすくなるんですよ、なぜか。だから私はそんな北海道になんか凄い感謝しています。今日は道民の皆さんの誇りになれるように、そしての皆さんの愛着度ランキング1位になれるように頑張ります」


大塚七海「ちょっと皆さんお気づきの通り、さっき1列目にいた5人の中の4人が新潟出身なんですよ。で、優菜子だけ青森出身なんですけど。そんな優菜子がさっき「オールマイティー」って言ったじゃないですか。あれについてなんですけど。あの私、NGT2期生のオーディションの最終審査で、審査員の方に「新潟の良いところを教えてください」と質問されたんですよ。そこで「新潟は海もあり山もありオールマイティーなところがいいです」って言ったら、もうなんか永遠にそれを2期生にいじられるんですよ」客笑
真下華穂「凄い印象深いんだもん」
メンバー「オールマイティーっていうフレーズがね」
大塚七海「本当に新潟はオールマイティーなんですよ。でも新潟、一番いいところはやっぱりNGT48があるところだと思うので、今日はそんなNGT48そして研究生の良さをたくさん知ってもらえるように全力で頑張ります」


富永夢有「私は新潟県長岡市出身なんですけど、長岡市のいいところと言えば、何でしょう。はい、そう花火。正解、花火です。長岡花火、ね、本当に綺麗ですよね。今年もあります。なので皆さん来てください。あとラーメンが美味しいでーす」拍手

「本当に皆さんに食べて欲しいです。それで長岡のこと好きだなーって思って欲しいので、私のことも好きだなーって思ってもらえるように今日は一生懸命頑張ります」


古舘葵「あおは東京出身なんですよ。でも研究生の中では1人だけで。そうなんですけど、あのですね、中学生で新潟で東京から来たのがあおだけなので、なんか凄い新潟出身って思われやすくて、あと見た目もこんなんだから新潟出身って思われやすいんですけど。あのー本題に移ります。東京のいいところはあんまりあおよくわからないんですけど、でも唯一いいところは電車を乗ればどこにでも行けるところです」拍手

「握手とかで東京に行った時とかメンバーを引き連れて、よく電車乗って、この方(メンバー)とかもこうやって連れてってどっか行くんですけど、今日はあおが東京出身ってことを覚えてもらえるように今日も一日元気に頑張ります」


安藤千伽奈「長野県のいいところ。なんか私、住んでた時あまり外に出なかったんですよ。そう、だから安いスーパーがあることぐらいしか、本当に安いスーパーに行くぐらいだったのであんまりわからないんですけど、地元というか私の家のいいところになってしまうんですけど、家の裏に竹が生えてるんですよ。そう、だから春になるとたけのこを掘るという。でもね、竹の根は凄いんだわ、本当に。もうね、本当に切っても切っても生えてるから…。だけどいつもそのたけのこでお母さんは料理してくれるので、そう、美味しくいただいています。で、長野のいいところは、まぁ私がいるところって思っていただけるように、そして新潟に来てくれてありがとうって思っていただけるように頑張りたいと思います」


三村妃乃「私の出身というか実家があるのは埼玉県なんですよ。いま埼玉県空前の埼玉ブームどやって。映画もバッチリ見てきたんですよ。で、まぁ埼玉のいいところなんだろうなって、海ないし観光名所なんか凄いいいのがあるかって言われたら「んー」って感じだし。でもその代わり住みやすいんですよ、めちゃめちゃ。東京に近いし、なんなら大宮駅から新潟にね、Maxときで来れますから。だから凄く住みやすくていい街なんです、何もないけど」
佐藤海里「そんなことないよ」
三村妃乃「私ね、生まれは東京なんですけど埼玉のことも大好きだし、昔住んでた新潟のね、この街も凄く大好きなので、でも今日はダ埼玉って言われないように精一杯頑張ります」


(3列目)

曽我部優芽「私は自己紹介でも言った通り、お蕎麦の国、まぁすなわち長野県出身なんですけど。長野県は日本一長い千曲川が流れていて、千曲川は新潟県に入って信濃川っていう名前を変えて流れていって」
メンバー「名前変わるんだ。初めて知った」
真下華穂「多分あれじゃない? 長野県までは千曲川で」
佐藤海里「新潟に入ったらあがの川になる?」
メンバー「千曲川」
佐藤海里「すみません、ごめんなさい」
曽我部優芽「だいぶ取られちゃったんですけど」
佐藤海里「ごめん」
曽我部優芽「あとお蕎麦が美味しかったり、あと美里衣に聞いたんですけど、長野県は歩行者優先ランキングが1位みたいで、本当に皆さん優しいお人柄で。だから今日は長野県民のあったかさを出せるように頑張ります」


川越紗彩「私は茨城県出身で、ちょっと6年間連続魅力度ランキングはちょっと最下位、ちょっと悲しいんですけど、でも凄いいいところたくさんあって。私、キャッチフレーズにしてるんですけど、海もあります、山もあります、川もあります。川越です」拍手
メンバー「フー」
川越紗彩「それでですね、あれですね、やっぱりメロンとか納豆とかが凄い有名でして。そうだから茨城県出身の人は納豆をたくさん食べるのでお肌が綺麗な人が多いんです。私、けっこうニキビとかも全然できないんですよ。できなくて。だからそこもいいところなんですけど、今日はね、第二の地元新潟でのここのNGT48の劇場でたっくさん汗かいていいパフォーマンスをしたいと思いますので、応援よろしくお願いします」


真下華穂「先ほどのこの動作はですね、お昼の時にはピンポンっていう感じでお邪魔しますだったので、今日は靴を揃えてお邪魔しますと言うことです」
佐藤海里「なるほど。礼儀正しいね、凄く」
真下華穂「はい、そういう形だったんですけれども、私の地元は静岡県ということで、まず日本一大きな富士山があることなんですけど、本当に富士山を見て毎日生活しておりまして、水道水を上げればほんと富士山の雪解け水が流れてきて、本当にそのまま飲めるぐらい凄く美味しくって。そう、あとやっぱり田んぼとかもありますし、熱海って皆さんご存知ですか? 凄く観光スポットで有名な所なんですけど、とか浜名湖とか凄く、名古屋にも東京にも行きやすい良い所です。私はそんな静岡県が大好きです。そして今住まさせていただいてる新潟市も凄く大好きなので、私の地元は新潟と静岡ですって言えるぐらい楽しく生活していきたいと思います」


佐藤海里「新潟県の良いところは本当にたくさんあるんですけども、私が生活していて思うのは家族の仲がいいんじゃないかなって思って。私の家は三世代で、ひいおばあちゃん、おじいちゃん、お父さん、お母さんっていう感じで」
高橋七実「四世代じゃない? ひいおばあちゃんに海里ちゃんも入れたら四じゃない?」
佐藤海里「私入れるの?」
高橋七実「入れないの?」客笑
佐藤海里「入れないかと思いました。四ですか。四世代で、あとおじいちゃんと一緒に山に行って山菜採りに行ったり、こごめとかうどとかふきのとうとか採ったり、あとキノコ採ったりして、ご飯で食べてたりして、けっこう自然も豊かで、田んぼも凄いお米も有名ですし、美味しいものいっぱいあるんですけれども、なんと言ってもここ新潟県にはNGT48がいるので、この最大のいいところを今日活かして皆さんに新潟いいなって思っていただけるように頑張りたいと思います」


高橋七実「宮城県のいいところはですね、まずはずんだがあること、牛タンがあること、本当に食べ物、萩の月とか色んなものがおいしいのがあったり、鳴子温泉、秋保温泉、あと蔵王のスキー場もあったり、光のページェントも、いっぱいあるんですけど、何よりも、何よりも、なんかゼビオアリーナとか(ざわ) ちょっとちっちゃくなった?規模。でも私はそこでちょっとNGTでツアーをしたいなと思ってるので(拍手) 是非。そう、宮城に来たら高橋家に全員受け入れることはできないんですけども、是非是非宮城に皆さん一緒に行きたいなと思うので、今日も皆で一緒に頑張りましょう」


NGT48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND