FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

HKT48研究生 自己紹介MC「坂本りのちゃんってこういう子なんです」(2019/6/10)

2019年6月10日 HKT48劇場 研究生「脳内パラダイス」公演 18時30分開演

お題:坂本りのちゃんってこういう子なんです

(1列目)

竹本くるみ「私は坂本りのちゃんが、昨日ホテルに皆で6人ぐらいで泊まってて、坂本りのちゃんがちょうど…」
坂本りの → 笑
竹本くるみ「それでちょっと早いんですけど、10時ぐらいにりのがお風呂入ってて、それで上がってくるタイミングで皆でサプライズをして「うぉー!」ってしようっていうのを」
村上和叶「壮大な計画だったんだよね、凄い」
竹本くるみ「したんですけど、それで皆で急いで集まって。皆好きなドラマがあったので「皆早く」って」客笑
坂本りの「ヤバイ、りのよりもドラマが優先だって」
竹本くるみ「早くしようってなって、それで「よし、もうりの上がったかな」って思って電気を消したんですよ。それで、そしたらりのが「えっ?えっ?」って言って、そしたらすっぽんぽんで出てきちゃって」ひゅ~
メンバー「フーじゃないよ」
坂本りの「しかもみんな動画撮ってたじゃん(客笑) もう恥ずかしい」
市村愛里「それLINEのグループで送ってほしいんだけど」
坂本りの「ダメ、誰も見たくないよ、そんなもん」
竹本くるみ「そんなこと想像してないから、もうりのがいるだけでいつも面白いっていう子です(客笑) だから今日は一緒にりのを皆でお祝いしましょう」


石橋颯「りのちゃんはですね、いつもなんかちよちよしてるんですよ、いつも。5期生だと通じると思うんですけど、ふわふわしてるんですよ」
坂本りの「通じてないみたいだよ、全然」
石橋颯「あのなんか、「えへ~」みたいな感じで。でもたまにちょっとしっかりしてるところもあって。たまにです。たまにしっかりしてるところもあって、なんかそれを見ると「あっ、りのってこういうこともするんだな」って思うんですけど、いつも颯が「りの!りの!」っていっつもりのの所ばっか行っちゃうんですよ。だからなんかいつも「ねぇ、りのりのりの」みたいに行っちゃうから、ちょっと嫌われそうで心配です」
坂本りの「そういうこと言いながらも意外と「りの!りの!」って来る時は「うん」って感じで返す時もあるけど、昨日だって動画を作ってくれたんですよ。だったりしてもうめっちゃ優しいからやっぱりちょっと好き。ちょっと」
石橋颯「まぁりののおもちゃだからね、颯」


上島楓「りのちゃんとはですね…考えたんだけどな、ごめんなさい。えっとね、りのちゃんは意外とゲラなんですよ、めちゃめちゃ。ゲラっていうのは何でもすぐに笑う子のことを言うんですけど、けっこうゲラなんですよ。それで私の顔を見ただけで笑ってきたりとか、なんかけっこうしょっちゅう私見ただけでけっこう笑ってくるんですね。それがなんかまぁ、それはそれでいいんですけど、私は。それで1回、りのの口癖で「ガビ~ン」っていうことがけっこうあるんですよ、りのちゃんは。それで私が1回LINEで絶対これはりのが面白いから笑ってくれるだろうと思って「ガビョー」って送ったんですよ。そしたらりのが「えっ?何それ?おもんな」みたいな送ってきて」客笑
メンバー → 笑
上島楓「多分めちゃめちゃ面白くなかったみたいで意外と辛口の時もあるんだなと思うので、これからりのにですね、何を言っても笑ってもらえるように私もちょっと頑張っていきたいと思います」
坂本りの「頑張ってー」
上島楓「はい、頑張ります」


(2列目)

後藤陽菜乃「えっと、私はりのと東京に、んっんー、すみません、矯正中です、今。矯正中ですみません。東京に行った時に原宿と渋谷に連れて行ってもらえたんですよ。連れて行ってもらった時に、楽しかったです」客笑
市村愛里「いやいや、それぐらい言えるでしょ」
坂本りの「幼稚園生の作文みたい。しかもさ、めっちゃ噛んでるから何言ってるのかさっぱりわかんない」客笑
後藤陽菜乃「すみません、楽しかったです。また連れて行ってもらいます」


村上和叶坂本りのさんはですね…(笑) 坂本りのさんはとってもこう頭が特殊で。個性的って言うんですか?いい意味で。とっても色々抜けてるところとか多いんですよ(笑) めっちゃ面白い(笑)」客笑
坂本りの「何に面白いの?」
村上和叶「存在が」客笑
坂本りの「もうやだー」
村上和叶「りのちゃんは凄い面白い子で(笑)」
坂本りの「存在が面白いんだね」
村上和叶「それで、でもいい子なんですよ、凄い。で、なんかこの間一緒にお買い物に行った時に私がたくさんコスメを買ったんですけど、ついてったんですね。行く先々で、けっこう試供品をくれることがあるんですけど、それをりのちゃんは自分の分ももらって、ちゃっかり。別の、私が買ってる時に「りのはこれが気になってるんですー」とか言って、店員さんがそれでくれたりするんですよ。だから私によく「今度一緒に買い物行こうね」ってめちゃめちゃ言うんですよ。でも、それも可愛いからね、今度一緒に行こうと思います」
坂本りの「はい」
村上和叶「はい、終わりです」


水上凜巳花「私はもうほんとに初期の初期の初期からりのと仲良くなって。なんか、話した次の日には遊びに行ったぐらいに仲良しなんですよ。それで、りののお家によく遊びに行くんですけど、そしたら鳥とワンちゃんがいるんですね、お家に。それで、りのが話しだすんです。なんかもう動物と話せるみたいで、この子は。だから「どうしたの?」みたいな言ってて。だから「今何て言ってる?」ってりのに聞いたら「えっ?わかんない」って言うんです」客笑

「だから多分皆さんも動物とお話できるようになったらりのともっと仲良くなれると思います」


市村愛里「りのは、もう最初ほんとにセレクション中とか、あとオーディションの時に本当に怖くて。なんか凄いいかつかったんですよ、なんか」
村上和叶「怖かった。凜巳花と一緒にいたからもっと怖かった」
水上凜巳花「巻き添えせんでよ」
市村愛里「凜巳花とセットでなんかちょっと怖くて。だけどなんか、どんどんなんかアホっていうのに気づいて(客笑) なんか鳥とね、喋ってるとかさっきも言ってたけど、なんか本当にバカ…」
坂本りの「言ったね、今」
市村愛里「違う、いい意味で可愛いバカちゃんだなと思って。しかもお嬢様みたいなとこがあって。食べるハムを知らなくて。ハムを知らなかったの」
坂本りの「ううん」
市村愛里「りのの家では何を食べてる?」
坂本りの「違う。りののお家はベーコン派なんです」
市村愛里「そう、で、私が「ハム」って言ったらハムを知らなかったんで、なんか本当にお嬢様だなと思って」
坂本りの「でもりのね、あんまりハム好きじゃないの」
市村愛里「知ってたの?」
坂本りの「だけどなんか、ハムを好きじゃないんだけど、ハムカツは好きなの、りの」
市村愛里「ハムって言ったら知らなかったんですけど、ハムカツって言ったら「あっ、知ってる」って言ってたんで「えっ?」と思って。だからまぁハムカツをあげようと思います」


(3列目)

小川紗奈「私も、あいちーが言ってたんですけど、オーディションの時まではりののことずっと可愛いなって思ってたんですけどやっぱり怖くって、オーラが。なんかオーラ怖かったんですけど、レッスンで喋ってみたら、もうホワホワしてて、とっても可愛くて、5期生の中で一番最初に遊びに行ったっていうかタピオカ飲みに行ったのもりのちゃんで。でも最近あまり行けてないので、またりのとお出かけしたいなって思います」
坂本りの「おー、行けたら行きましょう」


坂本りの「ねむりのー、国のお姫様。みんなりののこと起こしてください」
客「りのちゃん!」※『おきて!』と書かれたペーパーを掲げる
坂本りの「起きました、起きました、めっちゃ起きました、もう。ありがとうございます。こんな「起きて、起きて」言われたの初めて(笑)」客笑

「もう毎朝こうやってやってほしいぐらいです。ありがとうございます。本当にありがとうございます。高校1年生 16…17歳になりました。高校2年生 17歳、坂本りのです。よろしくお願いします」

「本当にありがとうございます。もうビックリしました。何ですかね、DMMの方見てますか? いるのかな?ありがとうございます。そのりのさっき出てった瞬間に、本当に会場中が真っ赤になってて、もう本当にビックリして、もう涙が止まらなくなっちゃって。気づいた方いたかな? あっ、知ってますかね。そういうなんか、意外と見えてた。もう本当にそのぐらい感動して、でも今日楽しみにしてたんですね。でもなんか色々皆にMCで色々「バカ、アホ」とか(客笑) 「ふわふわ」とか言われて、でもなんかそういう一面も知っていただけたらいいなって思います。あと何言おうかな。んー。何かな。まぁ今日はとりあえず全員で一緒にたくさん盛り上がって素敵な1日にしましょう。本当に来てくれてありがとうございます。今日も1日よろしくお願いします」


工藤陽香「えっと、皆言ってたんですけど本当にふわふわしてて。ダンスレッスンの時に「シンデレラは騙されない」というやつの、こんなやつ(フラメンコ風の手拍子)があるんですよ。その時にめっちゃ強く足踏みしろって言われてるのにりのちゃんが…(ゆっくり足踏み)」客笑

「ってやるからめちゃめちゃ先生に怒られてて」
坂本りの「もう毎回怒られるんですよ。「りの違う!」って。ねぇ、凄いよね(客笑) でもダンス早く頑張って…」
工藤陽香「でもりのちゃん上手いよ、ダンス」
坂本りの「ありがとう(客笑) 恥ずかしいからやめて、はるちゃん」
工藤陽香「ハイ、じゃー今日も頑張っていきましょう」


長野雅「私の何だろう、私がちょっとりのにキュンとしたことがあるんですけど。私、番組にちょっと出演させていただいてたことがあるって言ったじゃないですか。その時にりのとね、会ったことがあるんですよ、なんと」
坂本りの「そう、あります、あります」
長野雅「それで、その時にりのが話しかけてくれて、なんか、ねぇ、私が着てた、私も番組に出てた時にちょっとなんか、なんちゃって制服みたいなのを着てたんですね。で、そこの制服の会社のなんか、同じね、ブランドの制服をなんか着てるんですよって話しかけてくれて。「えー!?可愛い」って思って」
坂本りの「でもその時は一応雅が先に入ったからりのはちびっちゃい後輩なんですね。だから「雅さーん…可愛いですね」って敬語で話してました」
長野雅「尊敬で「着てるんですよー」って話しかけてくれて、「えっ、可愛い」ってキュンってしちゃって」
坂本りの「今同期だもんね」
長野雅「今ね。全然その時も敬語じゃなくていいのにって思っちゃったけど、そんなね、キュンとしたエピソードがありました。そんなね、可愛いりのちゃんの生誕祭頑張るので、今日も1日よろしくお願いします」


田中伊桜莉「私が思う、昨日りのちゃんとホテルが同室だったんですよ。で、12時の3分前ぐらいまでちょっと色々あって、泣いてたんですよ」
坂本りの「もうマジの泣き」
田中伊桜莉「ちょっと色々あってほんとに泣いてて。12時にもう少しでなるよって言ったら「あっ、じゃージャンプするね」って言って、りのちゃんが。1分前からカウントを始めたんですよ。そしたらいきなりホテルの中を走り出して。ずっと走ってて。でも私、動画まわしてて、なんかその動画撮って、1分前に本当に飛んだんですよ。それで私から動画を送ったら、グループに「りのが送るね」って5期生グループに自分から送ったんですよ」客笑
坂本りの「皆に見せたかったの」
田中伊桜莉「本当に可愛いりのちゃんです」


HKT48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND