FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

NGT48研究生 自己紹介MC「自分の好きな調味料」(2019/3/5)

2019年3月5日 研究生「PARTYが始まるよ」~研究生の息吹を感じて!~公演 18時30分開演

お題:自分の好きな調味料

(1列目)

小見山沙空「私の好きな調味料は味噌です。理由があってですね。味噌ってなんかバケツみたいな所に入れとくみたいで、それをちっちゃい頃につまみ食いをめちゃくちゃしてて。手にバって取って、ばあちゃんとかから隠れて何個も食べてて、なんか「血圧上がるよ」とか(客笑) 言われてたんですけど、今もクセで食べちゃうんですよ。なんか普通に無意識で家に帰って冷蔵庫開けて、もう味噌みたいな。だから怖いなーと思って、無意識。だから味噌が大好きです。今日は皆さんに無意識に見てもらえるように素敵なパフォーマンスで頑張ります」


對馬優菜子「私の好きな調味料はですね、砂糖でーす。定番だよね。甘党で、凄い甘い物っていうか甘ったるいものが好きで、何か甘いものが大好きなんで砂糖があればいいかなって感じです。今日は皆さんに砂糖みたいに甘くメロメロになってもらっちゃおうかなと思うので、よろしくお願いします」


諸橋姫向「私の好きな調味料はコショウです。私、辛い物が好きで、いつも辛いものばっかり食べてて。でも辛い物が足りないとコショウをこう絶対に真っ黒になるまでかけます。今日は本番前に對馬に「ひなのこと好き?」って聞いたら「大好き」って答えてくれたので、今日の公演も頑張れそうです」


藤崎未夢「私の好きな調味料はお砂糖なんですけど。やっぱりお砂糖ってまず誰でも知ってるじゃないですか。誰でも知ってて、しかもお料理にもお菓子にも使える、凄く万能なもので、そこがいいなって思っていて。あと個人的に凄く甘いものが好きで、ちょっと今は控えてるんですけど、甘いものを食べると幸せな気持ちになれるので、今日はお砂糖みたいに皆さんのことを幸せな気持ちにできるように頑張ります」


小越春花「私が好きな調味料は、前にも話したんですけど、わさびが大好きです。大人っぽいでしょ? そうなんです。やっぱりわさびを食べてると、そのわさびと私が出会うまでの過程が凄く感じれて、わさびさんも頑張って生えてきて、雨さんと一緒に頑張って成長して、でももぎ取られて、そしておろされて私の所に来て…。そうなんです。ということで、私もわさびみたいに一生懸命育つ気持ちで今日も大人っぽく頑張りたいと思います」


(2列目)

山崎美里衣「私の好きな調味料は、嫌いな方はごめんなさい、マヨネーズです。好き? 良かった。嫌いな人は嫌いだからさ」
川越紗彩「嫌い」
山崎美里衣「ほら、そうやっているんだよ。ちょっとマヨネーズ話聞きたくねえよって方、ちょっとだけ時間ください。マヨネーズは私の中で万能な調味料だと思っていて。パンにつけてもよしだし」
メンバー「パン?」
大塚七海「つけますよ」
山崎美里衣「そう、つかみよ仲間なんです、皆さん」
真下華穂「ご飯にマヨネーズは聞いたことあるけど」
安藤千伽奈「パンにつけるよ。パンにつけて焼くと美味しいよ」
山崎美里衣「ほら。そうそうそう、私たち火起こし組は知ってるんですけど」客笑
真下華穂「この間の公演でね」
山崎美里衣「そう、火起こし引っ張っちゃいました。はい、そんな感じでですね、私はご飯とかそういう次元じゃなく、パンにでもつけるし、まだやったことないのはそうめんにはつけたことないんですけど」
メンバー「えー?」
真下華穂「もうどれが麺かわかんないじゃん」
山崎美里衣「確かに。もうね、嫌いな方はごめんなさいだけど、でもマヨラーの方は多分この話凄い理解してくれると思うんです。わかる? ありがとうございます。なので、今日の公演はマヨラーならぬ皆さんがみりらーになってもらいたいなって思います。皆さん、よろしくお願いします」


大塚七海「私の好きな調味料は、さっきの話にもあった通りマヨネーズなんですよ」
山崎美里衣「大好きだよ!」
大塚七海「でも待ってください。私は美里衣よりマヨネーズが好きな自信があります。例えば、ちょっとあおちゃんに申し訳ないんですけど、ブロッコリーあるじゃないですか」
古舘葵「やだやだやだ」
山崎美里衣「私だってブロッコリー、マヨネーズだよ」
大塚七海「わかります、わかります。でも私、ブロッコリーの緑の部分が見えなくなるまでかけます」
真下華穂「1回つけてんの?味噌カツみたいに」
大塚七海「つけたりもするし、そのまま乗せたり。ソフトクリームみたいな。それぐらいマヨネーズが好きなので、今日は私がこのマヨネーズを好きな気持ちのように皆さんも私のことを好きになってくれるように頑張ります」


寺田陽菜「私の好きな調味料は、食べるラー油なんですけど。でもね、なんか食べるラー油ってニンニクが入ってるから臭いんですよ、凄い。だから私はいつも臭くなんないママに、乙女のラー油みたいな、ニンニク入ってないよって書いてあるラー油があって、それをチャーハンにかけるのが一番美味しいんですよ。で、もうチャーハンってなんか黄色っぽいじゃないですか。でもそれが真っ赤になるまでかけて食べるのが凄い美味しいんですよ」
安藤千伽奈「普通にキムチチャーハンにすればいいじゃん」
寺田陽菜「でもキムチは食べたことないの。けっこう食べたことないのよね。で、なんか辛いの食べると凄い汗っかきになるみたいな、そんな感じですけど、今日もたくさん汗をかいて頑張りたいと思います」


古舘葵「あおの好きな調味料は、塩です。なんか凄い熱狂的なマヨネーズファンが凄い並んでたんですけど、あおは凄くブロッコリーが好きなんですけど、ブロッコリーにマヨネーズはないと思っていて。なんかマヨネーズ自体がそこまで好きじゃないんですよ」
川越紗彩「それなー」
古舘葵「一緒だね。で、何で塩が好きかと言うと、素材本来のおいしさがわかる!」拍手
山崎美里衣「そういう気持ちでつけてないし」
古舘葵「そういうことなんですけど、あの、そうですね、ブロッコリー嫌いな方多いと思うんですけど、塩で食べたら絶対美味しいので皆食べてみてください。そんな感じで今日はあおの素材本来のあおを皆に見ていただけるように今日も頑張ります」


安藤千伽奈「私の好きな調味料なんですけど、知ってるかわかんないんですけど、干し貝柱のスープの素っていう。知ってるよって方いらっしゃいますか? 良かった、いた。なんか知らない方が多くて。でもなんかお母さんがよくお鍋とか作る時にそれを入れるんですよ。それが凄くおいしくて好きなんです。だから多分このスープの素を知らないと思って言ったんですけど、まさかこんなにいるとは思わなくて」
真下華穂「貝なの?」
安藤千伽奈「ううん、粉になってるの。ホタテの貝柱がスープの粉みたいに」
真下華穂「ホタテをすり潰したってこと?」
安藤千伽奈「違う。はい、あとで説明します。今日はいっぱい汗をかいて干からびちゃうぐらい頑張りたいと思います」


三村妃乃「私の好きな調味料は藻塩です。海藻を塩にしたって言ったらいいのかな? 日本には年越しそばがあるじゃないですか。私もね、年越しする時は蕎麦を食べるんですよ。で、蕎麦に天ぷらとかつけるじゃないですかね。昔っから毎年年越しの時はその天ぷらと蕎麦食べたんですけど、子供っていうかちっちゃい妹と弟がいて、その子達が蕎麦よりも天ぷらが好きだと。だんだんだんだん蕎麦よりも天ぷらがメインになっちゃって、で、皆その天ぷらに藻塩をつけて食べるのが三村家の年越しなんですよ。ということで今日は天ぷらにメインの座を奪われないように皆さんの目には私であるように頑張りたいと思います」


(3列目)

曽我部優芽「私が好きな調味料は七味唐辛子です。うどんに、かける量は人並みなんですけど、うどんに七味をかけて食べるのが大好きで。長野県には七味唐辛子が有名なお店があるんですよ。だからそういう理由もあって好きなんですけど、今日はパフォーマンスに長野を感じられる要素はないんですけど、皆さんに楽しんでいただけるように頑張ります」


川越紗彩「私が好きな調味料はですね、あおちゃんとかぶっちゃったんですけど、塩が好きです、一番。今日は劇場に来る前も家でね、塩おむすび作ってきて、来る前にちょっとシャシャシャってかけて、食べてきたんですけど、そう、塩はね、食べるだけじゃなくてうがい? 風邪予防にもいいらしくて。調べてきたの、ちゃんと。塩豆知識って。調べてきたらそう、風邪予防にもいいみたいなので、皆さんもこの季節ね、風邪ひきやすいと思うので、良かったらやってみてください。私もやります。今日は、でも塩じゃなくて砂糖みたいに皆さんをメロメロにして帰っていただきたいので、今日はメロメロにさせちゃうぞ!」


真下華穂「私の好きな調味料は、醤油です。醤油が好きで。被るかなって思ってたんですけど、出てこなくって。この2人がもしかしたら醤油がいるかもしれない。でも醤油はけっこう万能じゃないですか。お刺身にも合うし、ご飯にしらすかけて食べてもいいし。私、しらすとご飯と醤油のあれが凄く好きで、よく毎朝食べたりしてるんですけど、そういう万能な人間になれるように今日も一生懸命頑張ります。醤油の豆知識とかないのでちょっとあれなんですけど」
川越紗彩「ちゃんと調べてこないとダメだよ」
真下華穂「友達が「学校休みたいから醤油飲もうかな」って言っていたことを思い出したんです。だから醤油を飲むと熱が出るみたいなので、皆さん飲み過ぎには注意です」
川越紗彩「そうなの?」
真下華穂「ほんとかどうかわからないんですけど」
曽我部優芽「しないから大丈夫」
真下華穂「私もしたことないのでわかんないんですけど、今日も元気に頑張ります」


佐藤海里「ねぇー。今まで思い浮かばなくて。でも最近醤油ご飯には嵌ってるから醤油にしようと思ったら、まっしーに言われちゃったから、じゃあ変えて、ハチミチにします」
真下華穂「いいんだよ、醤油でも」
佐藤海里「いや、申し訳ないから」
真下華穂「申し訳なくない」
佐藤海里「まっしーの完璧な自己紹介にちょっと申し訳ないから。まぁハチミチなんですけど、理由はですね、私のひいおばあちゃんがハチミチを作っていて、けっこう大きいツボというかあれで作ってるんですけど、手入れてよくなめるっていう。さっきもいたよね?」
真下華穂「味噌がいた」
佐藤海里「沙空と一緒で味見っていうか、するのが凄く大好きで。で、ハチミチはパンにも合うし、隠し味とかにもよく入れるので、私もそんなハチミチのようにとろける、皆さんをとろけさせられるぐらい頑張りたいと思います」


高橋七実「私、言われちゃったんですけど、七味唐辛子が凄い好きで。(優芽と)仲間」
真下華穂「ななみじゃん」
高橋七実「そうなの。なんかSHOWROOMとかやってた時も「しちみちゃん」とか呼ばれることもあったりとか。そうですけど、最近こうなんかラーメンとかに入れてみたら凄い味が引き締まって美味しい、みたいなことに気づいたので、ちょっとちょくちょく…。じゃあそんな感じで色んな物に最近かけてます。じゃあ今日は七味ではなくななみんを見ていただけるように今日も一日頑張りたいと思います」


NGT48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND