FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

NGT48研究生 自己紹介MC「自分が女の子として自信があるところ」(2019/3/3)

2019年3月3日 研究生「PARTYが始まるよ」~研究生の息吹を感じて!~公演 12時30分開演

お題:自分が女の子として自信があるところ

(1列目)

小見山沙空「私が女の子として自信があるところは、女子力はあんまりないので、女の子としてというか小見山として自信があるところは運動神経がけっこう自信があって。やっぱこのメンバーを見る限りね、ひょろっちょい子が多いので」
真下華穂「それはどうなんだろうね。けっこう美里衣とか強そうだけど」
山崎美里衣「美里衣たぶん一番筋力あるからね」
小見山沙空「筋力でしょ? 筋力だから。だから、ちょっと美里衣もひょろっちょいので」
山崎美里衣「むしろありがとうございます」
小見山沙空「なので、今日は運動神経を活かしてダイナミックな動きで皆さんに見てもらえるように頑張ります」


對馬優菜子「私の女の子として自信のあるところを考えてみたんですけど、ちょっと思いつかなくて。ちょっと周りのね、メンバーに聞いてみたりもしたんですけど、ちょっと参考になる答えをもらえなくて、ちょっとここではとても話せないような内容ばかりで。なので私は日頃ちょっとおじさんとか呼ばれ始めてきてるので、今日はその女の子としての魅力を皆さんに見つけていただいて、ちょっとおじさん返上できるように頑張ります」


諸橋姫向「私は女の子として自信があるところはあんまりないんですけど、ファッションが好きで、けっこう個性的なファッションが、あまり可愛らしい女の子のとかはあんまり着ないんですけど、編み編みとか穴があいてたりとかそういう派手な色とか派手なものが好きで、あんまり女子としては着ないようなものとかだったり着るんですけど、握手会で是非見てほしいので、今日は握手会に来たいと思えるような感じに頑張りたいと思います」


藤崎未夢「私の女の子としての自信のあるところはこの声なんですけど。と言ってもその小学生とかの時は「作ってるんじゃないか」とか「ぶりっ子してる」とか散々言われたんですけど、アイドルになってからはチャームポイントとして自分の自信もつくようになったので、今日は皆さんのことをこの声でメロメロにします」

小越春花「私の女の子として自信があるところは、女の子としての世界観が、見え方が違うことです。やっぱり男の子と女の子って見え方が違うと思うんですけど、例えば男の子だったらお空とか土が見えると思うんですけど、私はその中間の空気のいっぱいのところを見てるので、色んな物が見えるんです」
真下華穂「例えばどういうのが見えるの?」
小越春花「皆見えるから大丈夫だよ。やっぱりあの真ん中が見えるっていいことだと思うので、だから是非ね、色んな方に真ん中の世界をよく見てもらえるように」
三村妃乃「センターが好きってこと?」
小越春花「違う。なんか上と下と。すみません。ということで今日も真ん中の世界が魅力的になるよう頑張ります」


(2列目)

山崎美里衣「声も無事に戻ってきて、皆さんに大好きを届けられます。嬉しいです。私の女の子として自信があるところは家事全般得意なところです。なんかその普通にできるだけじゃなくて時短とかでできちゃうから、なんか将来いいんじゃないかなと思ってます。今日は皆さんに「美里衣お嫁に欲しいな」と思ってもらえるように頑張ります」


大塚七海「私が女の子として自信のあるところは、私すっごい髪の毛がめっちゃくちゃストレートなんですよ。今はね、巻いたり、ちょっと前髪巻いてるからわかりづらいんですけど、朝とかね、本当になんかまっすぐすぎて、刺さっちゃうんじゃないかってぐらい、痛いんじゃない?ってぐらい真っ直ぐなんですよ。なんで、探したらそのぐらいしかなくて。だから今日はこの劇場にいる皆さんに私の良いところをたくさん見つけてもらえたらなと思います」


高沢朋花「私の女の子として自信があるところは綺麗好きなところです。潔癖症なのかもしれないんですけど、ある程度は綺麗にしてます。あとひとつあって。垂れ目なところです。でも自分的にはちょっと嫌なんですけど、ファンの皆さんがね、垂れ目可愛いよって言ってくれるのでちょっと自信がつきました。ありがとうございます」


古舘葵「あおの自信あるところは、よく考えてみたらあんまりないんですけど、強いて人並みよりちょっと優れてるなって思うところは、でもなんか皆もそうなんだけど、まつ毛が長いところって言われたから今言ったんですけど、今日はこの、んーわかんないけど、ちょっと長いのかもしれないけど、このまつ毛でシュワーってやれるように」
誰か「もしかしたらまつ毛が飛んでくかもしれないっていうね」
古舘葵「そう、まつ毛がよく抜けちゃうので、そのまつ毛を拾って帰っていただけるように、今日はそれぐらい頑張ります」


安藤千伽奈「私の女の子として魅力のあるところってなんか、でも皆さんに多分言ったことないと思うんですけど、私料理できるって言ったじゃないですか。他にも裁縫ができるんですよ。女子力発揮しちゃいました。だけど、やっぱり一番可愛いなって思うところは勉強ができないところかな」
真下華穂「それはね、やっぱ裁縫とかのほうがいいよ」
佐藤海里「今のは言わなくても」
安藤千伽奈「待って、勇気振り絞ってさ、自分の悪いとこ、こうプラスにしようと思ってたさ、言ったのに」
三村妃乃「でもさ、高校卒業できたから」
メンバー「おめでとう」拍手
安藤千伽奈「ありがとう。なんか刺さる、ありがとう」客笑


三村妃乃「私の女の子としての自信のあるところは、髪が長いところ。やっぱ後ろからメンバーについてこられた時に「髪ながっ」って前なんかね、何度も言われるんですよ。その髪が長いと何ができるかって、色んなアレンジができるんですよね。ツインテールだったりハーフアップだったりポニーテールだったり。でも私、不器用で面倒くさがり屋なので、髪の毛無駄にしてるんですよ。なんか結ぶとしてもハーフアップかもしくはポニーテールと呼べるかわかんな程度、1つ結び?みたいな感じなんですよ。だから髪の毛ね、ほんとはアレンジもっと色々したいな、なんて思ってるんですけど、まぁめんどくさいので。今日はね、でもメイクさんが綺麗にハーフアップしてくださったので、今日はこの綺麗なハーフアップで皆さんのことを全力で楽しませようと思います」


(3列目)

曽我部優芽「優芽はですね、このメンバーを前にして言うのはちょっとあれなんですけど。そんなことないよって言わないでくださいね。私はメンバーによく言われるのが胴体が短いって言われるんですよ。待って、ここ笑うところだから笑ってください」
真下華穂「でもたしかに本当に脚長いよね」
佐藤海里「思う思う思う」
曽我部優芽「ありがとう。脚が長いんじゃなくて、胴体が短いって言われるんですよ、いっつも」
真下華穂「脚が長いって言ってほしいんでしょ?」
曽我部優芽「そう、脚長いって言って」
メンバー「脚長い」
曽我部優芽「ありがとう。皆さんも言ってください」
客「脚長い」
曽我部優芽「ありがとうございます。今日はこの短い胴体に注目して…」
メンバー「脚じゃなくて?」
曽我部優芽「今日はこの長い脚に注目して見つけてほしいです」


川越紗彩「私がですね、女の子として自信があるところはですね、なんだろう、女の子って感じじゃないんだけど、そのね、性格がね、けっこうさっぱりしてるんだよね。なんだろう、忘れやすいっていうか、物事をさっぱりと捉えるところが」
佐藤海里「切り替えが早いし」
川越紗彩「だから逆にそこが女の子として逆にいいところなんじゃないかなって思います。ないよね?他に女の子らしいところ」
メンバー「顔」
川越紗彩「でもよく「目が大きい」って言われます。女の子らしいですかね?ここ。ありがとうございます。今日はこの目力で皆さんを釘付けにしたいと思うのでよかったら注目して見てください」


真下華穂 → キャッチフレーズ
客「まっしー推しまっしー」
真下華穂「ありがとうございます。まっしー推しまっしー、いぇい、よろしくお願いします。私が女の子としてちょっと自信があるところは、あんまり思いつかなかったんですけど、けっこう掃除とかが好きだったりとか、あと食べるのが凄く好きなので、やっぱりいっぱい食べる女の子好きっていう方いらっしゃいますか?」
客「はーい」
真下華穂「いっぱいいる、良かった。なんかいっぱい食べるところとか何でも美味しいって思うことがけっこうあるので、なので、はい、食べ物が大好きです。で、掃除はけっこう毎日トイレ掃除とかしたりとかしてるので、なんかもし皆さんが日常的な凄く嫌なこととかあって、ここの劇場に来たのならば、その心を掃除して帰っていけるようなパフォーマンスができるように頑張ります。今日も頑張ります!」


佐藤海里「私の女性的な魅力は、最近わかったんですけど男性心理がわかる。最近けっこうメールけっこう送るんですけど、質問系にすると大体誰がどんな返信してくるかがわかるようになってきて。例えば「何してる?」とか聞いたりすると、この人は多分こうだなと思ってみると「あっ、本当にそうだ」とか、怖いんですけどわかってきたし、あと誰に推し変しようとしてるかもわかってきたんですよ。一番多いのはまっしーなんですよ。皆推し変しようと…皆って言い方はあれなんですけど。なので今日は海里が一番で、その美里衣じゃないけど海里をお嫁にしたいんだって皆さん思っていただけるように頑張りたいと思います」


高橋七実「自分の女の子として自信のあるところなんですけど、なかなか思いつかなくて。メイクさんに聞いたら「小顔なところじゃない?」って言ってもらえたので、遠くにいたら見えにくい、そんな小さくないか。なんですけど、表情とか注目して見ていただけたら嬉しいです。ここでひとこと言いたいことがあります。あー、女の子に生まれて」
皆で「良かった」
高橋七実「はい、ありがとうございます。今日も1日頑張ります」


NGT48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND