FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

NGT48研究生 自己紹介MC「自分の好きなところ」(2019/2/23)

2019年2月23日 研究生「PARTYが始まるよ」~研究生の息吹を感じて!~公演 17時30分開演

お題:自分の好きなところ

(1列目)

小見山沙空「私の好きなところは、ちょっと直前まで決まらなかったのでスタッフさんに聞いて。そしたらこの(右足の)傷跡がいいって言われて。でもけっこう思い出がありまして。そうなんです。なんか傷跡って治ったからちょっとなんかボコってしなくなるじゃないですか。でもこの傷跡はボコってしてるんです。だから、なんかぼこってしてるから治ってないんだな、これから治るんだなと思って過ごしてたんですけど、治ってました。だから一生これ治らないのかなと思って。だからちょっと今悲しいんですけど、チャームポイントが一個増えました。だから是非私の傷跡も、私も見て楽しんでいってください」


對馬優菜子「私の好きなところは、名前ですかね、自分の。對馬優菜子って漢字で書くとけっこうな角数になって。なんかもうそうなんですよ。けっこう、前はちょっとやだなと思ってたんですけど、多くてめんどくさいなと思ってたんですけど、このグループに入ってから、アイドルになってから「名前が珍しくて覚えてるよ」とかけっこう言ってもらえることが多いので、それが嬉しくて好きになりました。なので皆さんには私の名前と私のことを、顔も覚えて、できれば好きになって帰っていただけたら嬉しいです」


諸橋姫向「私の好きなところはですね、髪の毛のこことここ(左右のこめかみ付近)が、この右と左の髪の毛をこうやって上に上げるとよくわかるんですけど、こことここだけ茶色いんです。昔は毛先が金髪だったんです」
真下華穂「それは染めてたんですか?」
諸橋姫向「染めてません。1回も染めたことない。ただ傷んでただけかもしれないんですけど、でもけっこう金髪とかたまーにここら辺とか凄い茶色いねって言われる、学校の先生とかによく言われたんですけど、こことここ、あんま見えないんですけど、そこが私の好きなところです」


藤崎未夢「私の好きなところはですね、ずっと考えてたんですけど出てこなくて。もう考えすぎて負のループに陥りそうなぐらい出てこないんですけど、きっと皆さんなら私のいいところをたくさん知ってると思うので、今日は私のいいところを1つでも見つけてもらえたらいいなって思います」


小越春花「私の好きなところはピンクが好きな気持ちです。さっき楽屋で話してたんですけど、みゆみゆって凄いピンクが、ロケ生写真とかでも多いんです」
藤崎未夢「ピンクの衣装を着ることが多くて」
小越春花「凄い嫉妬しちゃって。なので、でも本当に確かにみゆみゆは凄くピンクが似合ってるし、もうピンクっていう人間じゃないですか。だから、ここで宣言させていただきます。私、小越春花は来世みゆみゆとして生まれます!」
メンバー「そっち?」「えっ?」
真下華穂「凄い小越ワールドでした」
小越春花「ありがとうございます。ということで、今日はみゆみゆに近づけるくらいのピンクオーラを放って頑張りたいと思います」


(2列目)

山崎美里衣「はるちゃんの次で全然インパクトなくって申し訳ないんですけど、私の自分の好きなところはサバサバした性格かなって思います。別に対して得したこととかこの性格ではないんですけど、でもまあいいかなって思う程度で。すみません、ただ単に好きなところ思いつかなかっただけです」
真下華穂「絶対もっとあるはず。大丈夫だよ」
山崎美里衣「じゃあ、みんな探してください。お願いします」


大塚七海「私の好きなところは、やっぱり正統派なところかなー」
メンバー「えー?」
安藤千伽奈「全然正統派じゃないと思います」
真下華穂「皆さん、ご一緒に、いっせーのーで」
メンバー「そんなことないよ!」
大塚七海「ひどい。そんなことなくないよね? あるよじゃないよ。もうね、ちょっと2期生唯一の正統派になれるように頑張りたいんですけど」
真下華穂「みんな正統派じゃないとか言うのやめてくれますか?(客笑) ここにいっぱいいるじゃん、ねぇー」
大塚七海「そんなことないですよね。ほんと、すみません。今日は皆さんに私のいいところをたくさん見てもらえるように頑張るので、よろしくお願いします」


古澤愛「私の好きなところはですね、絞った結果、まつ毛となりまして」
メンバー「長い」
古澤愛「けっこう色んな人から褒めてもらえるので嬉しくてね、今言っちゃったんですけど、皆さん是非握手会なので見に来てください」


古舘葵「あおの好きなところは笑うと目がニコちゃんマークみたいになるところです」
真下華穂「三日月みたいで可愛い」
古舘葵「そうなんですけど、今日はあおのこのニコちゃんマークみたいな目をして、ここにいるみんなのこともニコちゃんマークにしたいと思います」


安藤千伽奈「私の好きなところですが、髪の毛の質が好きで」
真下華穂「サラサラなの?」
安藤千伽奈「なんか凄くサラサラで全然なんか傷まないんですよ。寝て、起きて前髪がこういう風になることはあるんですけど、全然アイロンをしなくても全然なんかストレートで、なんか朝溶かせば全然大丈夫なんですけど、ただ量が多いことがほんとに難点だなって思うんですが、今日はこの髪の毛を使ったダイナミックなパフォーマンスを目指して頑張りたいと思います」


三村妃乃「自分の好きなところは、人のことを嫌いにならないところです。そうなんですよ。何か嫌なことされたらって言い方も変だけど、どうしても苦手な人っているじゃないですか。性格的に合わないっていう。なんかそういう人がいたとしても絶対に嫌いにならないっていう自信があるんですよ。ほんとそうで。でもその代わり、私あんまり大好きとかも言わないんですよ。メンバーにもあんまり言わなくて。照れちゃうからなんだけど、でも今日は皆さんに大好きのパワーを届けられるように精一杯頑張ります」


(3列目)

曽我部優芽「私の好きなところはこの笑い声です」
真下華穂「せ~の」
メンバー「イィ~~~~」
高橋七実曽我部優芽大量発生」
川越紗彩「好きだよ」
曽我部優芽「ありがとう。加入前は笑い方変だねって言われたことなかったので気づかなかったんですけど、加入してから変だねって言われて」
真下華穂「ちょっと待って、言われたことなかったの?」
曽我部優芽「そんなに変?」
真下華穂「ユニークすぎない?」
川越紗彩「でもうちはそんな変って思わなかった」
真下華穂「ちょっとビックリしました、すみません」
曽我部優芽「そんな笑い声なんですけど、MCとかでよく、他のメンバーが喋ってるとこの変な笑い声で笑ってるのでよかったら見つけてください」


川越紗彩「自分の好きなところないんですよ」
高橋七実「あります、あります。さあやさんが公演前にやる謎のエクササイズが大好きです」
川越紗彩「チャッ! チャッ! (シー)」
真下華穂「何してるんですか?」
佐藤海里「見たい見たい」
真下華穂「これはやらなきゃ」
川越紗彩「実はovertureが流れてる時にちょっとね、不思議なね、ステップ踏んでるんですよ。Are you readyの前らへんのところでこうやったりとか、こうやったりとか、色んな奇妙な動きをしてるんですよ、実は。皆さんが「ワー!」ってやってくれてる時にその辺(上手袖付近)で実はやってるんですよ」
真下華穂「その反対側でコールしてるから」
川越紗彩「そうだよね。だからoverture流れてる時はけっこうみんな奇妙な動きをしたりとか」
高橋七実「みんな回ってるから(腕を回す)」
川越紗彩「私たちも盛り上がってて。でも嬉しい、それが好きって言ってもらえて。なんか初めて言われた」
高橋七実「毎公演の楽しみなんですけど、私の」
川越紗彩「じゃー毎回やります。今日はこんな変な私ですが、好きになって帰ってくれたら嬉しいです」


真下華穂「私の好きなところは、やっぱり凄く可愛くて、凄く笑顔とかも凄い可愛いし、なんだろう、もうこのオーラ? ピンクオーラが凄く出てるところとか、凄い可愛いなって、凄い自分のところがそういうところが大好きですね」
メンバー「せ~の、そんなことないよ!」
真下華穂「ちょっと待って。皆さんも一緒に?」
佐藤海里「ナルシストキャラになってない? 前回もこんな感じだったんだよね。どうしたの?」
真下華穂「いや、違うんだ。ないから、一周まわってこうなっちゃうっていう。ないな、ないな、ないな、あっ、こっちでいいかみたいな。本気で考えたら、みゆみゆが言ってた通り私もちょっと、私の好きなところなんてないってなるので、なので皆さんにたくさん見つけてもらって、自分でこんなところが自分の中でまだいいほうかもなっていうところとか発見できたらいいなって思います。この話はフィクションですのでよろしくお願いします」


佐藤海里「私の自分の好きなところ、自分で言うの凄い恥ずかしいんですけど、右太もものホクロなんですよ」
客「大好物」
佐藤海里「大好物?(客笑) 大好物はちょっと。加入する前、これずっと自分気になってたんですけど、なんかNGTに入ってからファンの方に「太ももの黒いほくろ凄い大好き」とか、あと公演でどこ行った時に足元のここのこれ見ると海里ちゃんってわかるからなんか凄いいいよ、みたいなことを」
真下華穂「太もも探してるんだ、その人は」
佐藤海里「本当にけっこう言われるの。十何人ぐらいに言われたことがあるから、もともと入る前はそんなに好きじゃなかったけど、ファンの皆さんに褒めていただくというか、褒めていただいて好きになった部分でもあるんですけれども、今日はその太もものホクロ以外にも表情やパフォーマンスで好きになっていただけるように頑張ります」


高橋七実「私の好きなところはですね、この声ですかね。なんだろう、歌の時とかもあまり無理せずに高い声が出るのが凄い利点かなって思います。あとだから劇場で歌聴いてる時になんかちょっと高い声するなと思ったら私だと思ってください。耳を澄まして聴いていただけたら嬉しいです」


NGT48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND