FC2ブログ

【速報版】上西怜 18歳の生誕祭レポート

2019年5月28日 NMB48劇場 チームBII「2番目のドア」公演 18時30分開演

D7pn7i6VUAAvcLi.jpg


◆仕切り:山田寿々

ある方からのお手紙 (代読:加藤夕夏)
怜ちゃんへ

18歳のお誕生日おめでとう。

後輩でこんなに私にグイグイ来てくれるのは怜ちゃんが初めてです笑笑

あっ、今年の誕生日のお手紙を任せていただき、ありがとうございます。村瀬紗英です。

上西怜「さえさーん! 大好き」

怜ちゃんは私と会う度に「今日も美しいです! 好きです!」と目を輝かせながらストレートに気持ちを表現してくれます。

そんなまっすぐな怜ちゃんはとっても心が広くて、人思いで、可愛いですよね。私も大好きです。

NMB加入当初は比べられることもあっただろうに、当時から向上心が強くて、時には涙を流して悔しい気持ちを素直に訴えていたり、公演でも当初から色んなポジションに挑戦していたり、「上に行ってやる」というやる気がとても伝わってきて頼もしかったのを覚えています。

そんな普段からの努力の積み重ねもあり、スタッフさんやメンバーからも信頼されていて、人望も厚い怜ちゃん。いつでも本当に面白くて、そんなに褒めてくれるかってぐらい私のことを褒めちぎってくれたり、ANDGEEBEEをこれでもかー!ってくらい可愛くたっくさん着てくれていたり、あとYNNでの可愛い子達に囲まれて顔がドロッドロにとろけてしまっている怜ちゃんも面白くって好きですよ。

そうだ、18歳になってグラビアも解禁される日が来て、ファンの皆様は気が気でない日々を過ごすことになるでしょう(客笑) うしししし。

怜ちゃんと会うと必ず笑顔になれます。可愛い後輩ができて嬉しいです。

怜ちゃんはこれからのNMB48に欠かせない存在です。いつまでもその闘争心と向上心を忘れずにNMB盛り上げていこうね。

改めてお誕生日おめでとう。これからもたくさん好きと言ってね。

村瀬紗英でした。

上西怜「さえさん大好きです」
加藤夕夏「凄い伝わってました、さえさんに」
上西怜「良かった」


ママからのお手紙 (代読:内木志)
怜へ

お誕生日おめでとう。

早いものでもう18歳になりましたね。

NMBで頑張っている姿を見ると、とてもたくましくて嬉しく思い、応援しています。

その反面、小さい頃の思い出も昨日のように思い出します。

怜はお母さんといる時間が一番少なかったね。小さい頃から保育園にいて、お母さんが昼も夜も働いていたからお姉ちゃんの恵がアイドルになってからは1人で泣きながら寝ていたこともありました。

悔しくて寂しくてどうしようもない時に書いたと思われる悲しい気持ちを殴り書きしたノートを見つけた時は申し訳なさでいっぱいになりました。小さいのにつらい思いさせてごめんね。

それでもある時、怜のお部屋を掃除していたら、お母さんへの思いが書かれた手紙を見つけました。お母さんはその手紙を見て嬉しくて涙が溢れて止まりませんでした。怜は本当に優しい子です。

子供の頃はお兄ちゃんの遊びについていくことが多かったよね。だから大人しめだったお姉ちゃんに比べて、わんぱくなやんちゃ娘でした。

あと、お母さんが怖がりで涙もろいのを知ってて怖い映画や感動する映画見せたりするところもあるね。

怜は本当に負けず嫌いで、なんでもできるまで諦めない。一輪車に竹馬に1人で傷だらけになりながら頑張って乗れるようになってました。その強さが今NMBでも活かされているんだなーと思います。

最近ではセンターでも歌わせてもらうことも増えてきたね。

お姉ちゃんに憧れてアイドルになって嬉しい反面、大人になってもなかなか一緒にいる時間ができないね。

その分会えた時は思う存分甘えてください。お母さんも寂しいけど遠くからずっと応援して見守っているよ。

お姉ちゃんもお兄ちゃんもお母さんもいつも怜の味方だからね。

Reysの皆さん、メンバースタッフの皆さん、本日は娘のために素敵な生誕祭を開いてくださり本当にありがとうございます。これからも怜のことをよろしくお願いします。

ママより


◆メンバーより色紙のプレゼント


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
上西怜「まずはDMM配信、モニター観覧をしてくださっている皆さん、今日こうして劇場に足を運んでくださった皆さん、スタッフさん、メンバーの皆さん、そして生誕委員皆さん、こんな素敵な生誕祭を開いてくださり本当にありがとうございます」拍手

「17歳の1年を振り返ったら凄く楽しいことばかりが浮かんできて。まず世界選抜総選挙でランクインさせていただいたこと、改めて応援してくださった皆さん、ありがとうございます。

17歳の目標の一つでもあったので、ランクインすることができて、NMB48メンバーの1人として名前を残すことができて本当に嬉しかったです。

SHOWROOM配信やブログ、モバイルメールなどであんなに自分の気持ちをお伝えさせていただいたのは初めてだったんですけど、そんなわがままな私の気持ちにも優しくファンの皆さん応えてくださり、総選挙を通してファンの皆さんとの距離が縮まって団結力がより強まった気がしました。

選挙が終わってすぐは次の仕事に繋げられなくて、何もできない自分が凄く悔しくて情けなかったんですけど、でも今日こうしてアンダーという形ですがステージに、大好きなステージにセンターで立たせていただけているのも、17歳でさせていただいた嬉しい報告一つ一つも、今日私がここにいれることも皆さんのおかげです。ありがとうございます」拍手

「幸せな1年だったんですけど、自分が目標にしていた場所に近づけば近づくほど気づくことがたくさんあって。今のチームBIIになってからは今まで接点がなかった身近なライバルとの大きな差だったり、劇場公演やライブなどでのコールの大きさだったり、どれだけ走っても追いつくことができないみんなの背中が見えてきて、どんどん自信がなくなっていったんですけど、でも握手会とかSNSで皆さんがくださる言葉一つ一つのおかげでここまでずっと、もっと頑張らなきゃって思ってやってくることができました。

私は今日で18歳になるんですけど、チームBIIでは実は上から数えた方が早いんですよ。そう、だからもうお姉さん組って言われても…」客笑

小嶋花梨「(小声)おばさんになる」
加藤夕夏「いーだ、こっちの世界へ」客笑

上西怜「まだそのお姉さんと子供の中間ぐらいなんですけど、私は(客笑) だけどこれからは、この1年は先輩方や同期に頼ってばかりじゃなくて、私自身も頼られるように、頼られるような存在になれるように、そして17歳の目標にしていた握手会をフル部数にするっていう目標を17歳のうちに叶えることができなかったので、18歳の今年はもっと皆さんに会う時間を増やして目標を達成できるように頑張りたいと思います。

そしてもう一つ新しい、この目標は今年中じゃなくていつか叶えることができたらいいなっていう目標なんですけど、美瑠さんや夢莉さんや、そしてお姉ちゃんの上西恵ちゃんのように私もいつか写真集を、自分の写真集を出せるようにこれから頑張っていきたいと思いますので、その時は皆さんいっぱい見つけれいちゃんしてください」客笑

客「はーい」拍手

上西怜「今日は本当にありがとうございました。これからも18歳の私のことも見守っていてくださると嬉しいです。よろしくお願いします」拍手

※4分31秒

山田寿々「写真集見たいですよね、これは」
客「見たい」
山田寿々「小嶋キャプテンが凄い興奮してるんですけど」
小嶋花梨「見たい!」客笑
山田寿々「まぁね、怜ちゃんは凄いご存知の通り凄い可愛らしくて、小動物のようで、愛嬌があって、寝起きが悪くて」客笑
上西怜「それ関係ないやん」
山田寿々「でも裏ではしっかり練習してて、自分のことも、そして周りのこともちゃんと見てくれてる、そんな凄い素直で優しい子なんですよ。知ってると思いますが。もうね、もうなんか大好き! もう大好きが溢れて言葉が出てこないんですよ」
上西怜「ありがとう」客笑
メンバー「温度差凄いよ」












NMB48 LIVE!! ON DEMAND