AKBグループリクアワ2020 ランクイン記念Tシャツ 再販中

順位別 Tシャツ一覧

【速報版】後藤萌咲 18歳の生誕祭レポート (卒業発表)

2019年5月21日 AKB48劇場 チームA「目撃者」公演 18時30分開演

190521 1928


◆仕切り:下尾みう


下尾みう「ケーキが来たのでケーキをフーしてください」
後藤萌咲「待って、お誕生日の…(歌) 毎年なんですけど、私の生誕祭やってくれる人絶対グダグダになるんですよ」
下尾みう「ごめんなさい」

※その後、バースデーソングを歌い、ケーキをフー


ある方からのお手紙 (代読:下尾みう)
もえきゅんへ

お誕生日おめでとう。

ガキンチョだったもえきゅんがもう18歳だなんて、本当に綺麗な素敵な女性になったなーとしみじみ思ってしまいます。

もえきゅんと出会った頃、仲良くなったきっかけは何だったっけ?と思い返しても思い出せないほどに一瞬にして子犬のように私の懐に入ってきました。

人懐っこくて、物怖じしなくて、うちに秘めている思いはすっごく熱くて、私にはないものをたくさん持っているもえきゅんに凄く惹かれました。

自分の感情に素直に生きているところ、素敵だと思っています。

でもその分凄く繊細で、傷つくことも人一倍多いんじゃないかな。煮え切らないものがあったり、本当に苦しんでる時に必ず連絡くれるのに、ゆっくり話す時間が取れないと押し潰されちゃうんじゃないかと心配になります。

お互いにお仕事でほぼ関わってきてないメンバーで、でも活動での悩みは理解し合える、プライベートの友達と仕事仲間の狭間のちょうどいい存在なんだと思います。

もっと頼ってもらえるように、もっと支えられるように私も頑張るから、これからもよろしくね。

もえきゅんに出会えて良かった。親友としてもえきゅんを全力で応援しています。

これからも頑張れ!

AKB48チームB 北澤早紀

下尾みう、最後の最後に「AKB48チームB 北澤さえ…さき」と読んでしまい、後藤萌咲ステージに倒れてしまう。

後藤萌咲「もうこうなんです、毎年。ほんとに。ありがとうございます」
下尾みう「おめでとう! 早紀さんからのお手紙だったんですけど、どうでしたか?」
向井地美音「何事もなかったかのように進めてますね」
後藤萌咲「そうですね、早紀さんからのお手紙。最初、本当にメンバーからの手紙ないパターン絶対あるんじゃないかと思って。里英さんとかみたいに毎年ないパターンがくるんじゃないかって思ってたんですけど、まさかの早紀さんからでビックリしました。ありがとうございます」拍手

「今日ね、舞台の初日なんですよね、早紀さん。そう、舞台の初日なのに忙しい中ありがとうございます」


これからの抱負とこれまでの思い出を語っていただきたいなと
後藤萌咲「17歳の1年は、そうですね、AKB48に入ってすっごく濃い時間を過ごさせていただいて。去年の今頃は本当にPRODUCE48でね、韓国で一緒にやっていたので凄くこう、何て言うんだろう、まず日本にいなかったこと自体が初めてだったので、それにも凄い「大丈夫かな?」とか「不安だな」っていうのは凄くあったんですけど、でもPRODUCE48をきっかけに韓国のファンの方だったりとか、こう色んな、日本だけじゃなくて海外のファンの方も凄くありがたいことに「もえきゅん大好きだよ」ってコメントをくれたりとか、本当にたくさんの方が後藤萌咲っていう存在を知っていただける機会が増えて、17歳は本当に、本当にAKB48人生の中で濃い1年だったなと思います」拍手

※57秒


18歳になったこれからはどうしていきたいですか?
後藤萌咲「そうですね、17歳の時に、皆さんもご存知の通りJELLYという雑誌にレギュラーモデルとしてやらせていただいて、この間も発売されたんですけど、3歳から実はキッズモデルを私はやっていたんですけど、モデルに向いてないなと思ってアイドルになったんですよ。

正直本当にモデル、このまま続けてもなと思って、「いや、アイドルになろう」と思って。歌うこと大好きだし、踊ること大好きだし、アイドルになろうと思ってAKB48に入って、で、活動の期間の6年間の中で、このPRODUCE48も含めて全部のその人生において最近将来について凄く考えることが増えてきて、卒業するメンバーが多かったりとかして。

私もそろそろ甘い、甘い考えを持ってはいけないなと思ったのでここで伝えさせてください。私、後藤萌咲はAKB48を卒業します」

客「えー」

後藤萌咲「突然のお知らせになって本当に申し訳ありません。そうですね、私は本当に12歳の頃にAKB48に入って、そこから約、本当に6年間、本当に濃い人生を歩ませていただいて、ファンの皆さんにも本当に心配かけちゃったこともあるし、迷惑かけちゃったこともあるし。

でもそれでも私よりも喜んでくれて、私よりも泣いてくれて、こんなにもの私を応援してくれてる方がいるんだなっていうことに凄くビックリしました。

そうですね、今後の活動については最後の握手会が8月11日の握手会になります。だからちょっと皆さんもSHOWROOMだったりとかTwitterとかで薄々感づいてる方もいらっしゃったかもしれないんですけど、最後の握手会も精一杯頑張りたいと思いますし、最終活動日もまだ詳細は決まっていないので、後日公式ブログなどでお知らせすると思います。今後の目標はモデルさんになることです」拍手

「口で言うのは簡単ですし、私は歌うことももちろん大好きなので歌うこともやっていきたいなと私は思っているんですけど、やっぱり身長が最初はコンプレックスで、でもそれを長所に変えてくれたのは本当にファンの皆さんなので、これを武器に一歩新しい自分と向き合ってAKB48を卒業したいなと思います。なので18歳の1年も応援よろしくお願いします」拍手

※3分

下尾みう「凄い寂しいです、卒業発表しちゃうのは」
後藤萌咲「下尾にはね、チラッと言ってたんですよ」
下尾みう「そう、チラッと聞いていて。でも今日と思ってなくて」
後藤萌咲「そうなの?」
下尾みう「今日と思ってなかったんです。教えてくれるのかなと思ってたので凄くビックリしました」

下尾みう「じゃあケーキをね」
後藤萌咲「いや、まだある。ファンの方にメッセージ」客笑

「今の涙返して」
下尾みう「ごめん、本当にに」


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
後藤萌咲「あの、私本当に言葉足らずが多すぎるので手紙に書いてきました。ちょっと日本語がね、おかしいってマネージャーさんに注意されちゃったんですよね。いきます。


萌咲推しのファンの皆さんへ

突然の発表で驚かせてしまって本当にごめんなさい。

17歳の1年は自分が変われた気がした1年で。センター曲を2作連続でいただけたり、JELLYのモデルをやらせていただけたり。皆さんは去年私が言ったことを覚えていますか?

「皆さんにいい景色を見せられるようになる」と言ったと思います。

私は皆さんに良い景色を見せられてましたか?

いま後輩のメンバーも凄く頑張っている中で、自分はその中についていけなかったり、ファンの皆さんに心配をかけてしまうことが多かったり、将来のことについてゆっくり考える時間もできて、その中で新たな目標ができました。

今の私は自分に甘い気がするし、このままいても自分はまだまだ成長できないなと感じました。

その中での目標はモデルさんになることです。

最初、身長がコンプレックスだった私を長所に変えて、胸を張ってパフォーマンスができるようになったのはファンの皆さんが背中を押してくれたからです。

ファンの皆さん、自分を変えてくれてありがとう。成長させてくれてありがとう。いつも全力で応援してくれてありがとう。本当にありがとう。

ファンの皆さんのおかげで新しい一歩目が踏み出せそうです。

これから会う機会は少なくなっちゃうかもしれないですけど、もちろん歌うことも大好きなのでイベントとかできるように精一杯頑張りたいと思います。

私は1人じゃない、そう信じて自分の夢に突っ走ります。

最後に、素敵な生誕祭を本当にありがとうございました。

ずっとみんなのことが大好きです!

後藤萌咲より

※2分4秒 (合計6分1秒)

後藤萌咲「緊張しました。伝わりましたか? これからも応援よろしくお願いします。本当に今日はありがとうございました」拍手

向井地美音「寂しいね、やっぱり。チームA全体にとってもAの雰囲気を明るくしたりしてくれて。楽屋でも多分もえきゅんが一番喋ってたから、もえきゅんがいなくなったら静かになっちゃうかもしれないけど、最後の日までみんなでまた頑張ろうね。思い出をいっぱい作っていきたいなと思います」


















本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

Twitterより














カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ