FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】朝長美桜 21歳の生誕祭レポート

2019年5月18日 西鉄ホール R24「博多リフレッシュ」公演 17時開演

◆仕切り:田島芽瑠

21歳を迎えてどうですか?
朝長美桜「そうですね、2年ぶりの生誕祭なので凄いなんか懐かしい感じがして凄い嬉しいです。ありがとうございます」

田島芽瑠「何してたの? 21歳を迎えた時」
朝長美桜「21歳を迎えた時は寝てました」
田島芽瑠「何でだよ、ウソでしょ?」
朝長美桜「ほんとにほんとに。その日めっちゃ動画編集したんですよ。前日かな、16に。だから疲れちゃって、またぐ前に寝てた」
田島芽瑠「うそー? おばあちゃんじゃない」
朝長美桜「めっちゃイジってくる」


集合写真撮影

190518 4773


質問コーナー


ある方からのお手紙 (代読:坂口理子)
美桜へ

21歳のお誕生日おめでとう。

2年ぶりの生誕祭だね。

今年こうしてステージでまた例年のようにお祝いできていること、とても嬉しく思います。

二十歳の1年は美桜にとってどんな1年になったかな? 私は何より美桜とこうして一緒に公演に出られていることがとても嬉しいです。

楽屋でも、握手会の裏のテーブルでもいつも当たり前に美桜がいたから、やっぱりどこか心にすっぽりと穴が開いていました。

でも私よりもっと美桜は不安な気持ちを抱えながらもリハビリを頑張ったり、自分にできることと、SNSでの発信を頑張ったりしている姿を見て「頑張らなきゃな」という気持ちにさせられました。本当に尊敬しています。

春のアリーナツアーの福岡で一緒に「僕らのStand By Me」を歌えたこと、7周年で公演のステージに久しぶりに一緒に立てて、そして今このR24の公演で公演復帰と美桜にとってもとても凄く進んだ年になったなと思います。

以前インスタやツイッターなどをみんなより少し(早く)始動した頃、どう使い分けたらいいかな~と相談されていた日が嘘かのように思えるくらい誰よりも使いこなして発信する姿はとてもかっこいいなと感じています。

そしてどんどん可愛く大人っぽくなる美桜を見ていると凄く生き生きと感じます。

これからも自分らしく、自分の大好きなことをいっぱい楽しんで、みんなを楽しませていってね。

いつも私のくだらない話を聞いてくれてありがとう。

「おばあちゃんになっても仲良くしてくれる」と言ってくれたのでこれからも末永くよろしくお願いします。

21歳、美桜にとって充実した1年になりますように。

大好きです。

渕上舞より

朝長美桜「ありがとうございます」客笑

「ありがとう。手紙を読んでもらってさ、こんなにね、笑いが起こることってないよね(客笑) 新鮮ですね。舞ちゃんありがとう」
渕上舞「はい、ありがとうございます。代わりに読んでもらったんですけど」

田島芽瑠「どうですか? 舞ちゃんからのお手紙でしたけど」
朝長美桜「凄い嬉しいですね。ずっと一緒にいるし、プライベートでも仲良くしてくれて、私のホテルの同室ずっと一緒にで、握手会場も裏でずっと一緒にで、仕事してて舞ちゃんがずっと隣にいる感じがするので凄く嬉しかったです、ありがとうございます。おばあちゃんになってもよろしく」
渕上舞「しわしわになってもよろしく」
朝長美桜「しわしわになってもよろしく」
田島芽瑠「ちゃんと直筆で書いてあってね」
朝長美桜「ねぇ、凄い。ありがとう。大事に持って帰るね」


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
朝長美桜「生誕祭を開いてくださって本当にありがとうございます」拍手

「最初のなんかYouTubeのこれ、額だったりとか、あとなんだろうな、ペンライト? 凄い、作ってくれたんですか? 凄いほんとビックリしました。ありがとうございます。あとアンコールのね、じゃーんって、20歳と21歳の、凄く嬉しかったです。皆さん本当にありがとうございます」拍手

「ここではえっと2年ぶりの生誕祭ということでちょっとだけお話をさせてください。

私は「制服の芽」公演の初日で半月板損傷という怪我をしました。

最初はちょっとよくわからなくて頭が追いつかなくて。HKT48に入ってずっと走り続けてきたのに急にドンって大きな壁が来て、暗闇に包まれて、一気に恐怖感に追われました。

でも指原さんやスタッフさんや家族とたくさん話し合って手術をすることに決めて、今自分にできることを頑張ろうと思って、はい、頑張ったつもりです。

私、なんだろうな、術後は思ったよりもきつくて痛くて、足あるのに動かないし、ただついてる物体みたい、肉体みたいな感じで凄く凄く痛い日々でした。

でもできることを頑張ろうって決めたから新しくビジネス書を読み始めたり、SNSを極めていきました。

ずっと病室で1人で泣いていた時にビジネス書を読んで、なんか知らない世界がたくさんあって、楽しくて、視野が広がったんじゃないかなと思います。

YouTubeは、やっと動けるようになって、車椅子に乗れるようになった時にお家でたくさん撮りだめていた動画をひたすら編集してYouTubeにアップして。そうするとみんながコメントをくれて、「よし頑張ろう」って凄く思いました。

リハビリはきつくて、痛くて。動かないし、足。全然足曲がらないし、なんか、どうしたらいいのかなとか、もう嫌だなとか、何で美桜ばっかりとか凄いつらかったけど、でも日々毎日リハビリをして、約1年ぶりにTDCのステージで復帰させていただきました。その時のみんなのペンライトだったり、「おかえり」って、「待ってたよ」って声をかけてくれた姿は凄く嬉しくて、リハビリ頑張って良かったなって凄く思いました。あの景色は一生忘れることはないと思います。

ステージが終わった後に裏で指原さんが「リハビリよく頑張ったね」って声かけてくれて、「感動したよ」ってY川マネージャーさんが伝えてくれて、自分のことのように喜んで泣いてくれたトレーナーさんがいて、この公演が始まる時に誰よりも大きな声でスタッフさんやダンスの先生に私のことを伝えてくれた、大きな声で芽瑠ちゃんがいて、あとは一緒に公演に出たいよって、「美桜がいないと寂しいよ」って伝えてくれた舞ちゃんがいて、ずっとさりげなく連絡をくれ続けるなっちゃんがいて、本当に本当にたくさんのみんなに支えられているなと改めて実感することができました。

そしてファンの皆さん、悲しい思いにたくさんたくさんさせてしまって本当にごめんなさい。

本当にこんなにたくさんの方が待っててくれるって思わなかったし、こうやって足を運んでくれて生誕祭に来てくれたりとか、DMMで見てくださってる方だったり、ロビ観、ねぇ、きっと来てくださってる皆さんがいて、本当にみんな本当に待っててくれてありがとうございます。私は皆さんのことが大好きです。

21歳はもっともっとSNSに極めて頑張っていきたいと思います。

SNSは私に居場所をくれて、たくさん助けてもらって、SNSがあって良かったなと強く思ったので、SNSをもっともっと頑張っていきたいと思います。

そしてこのSNSを通してHKT48のことを知ってくれたりとか、なんか新しい窓口じゃないですけど、そんな存在になれるように頑張っていきたいと思います。

今までみたいにもう戻れなくなってしまったけれど、でも私は私なりのアイドル人生をこれから歩んでいきたいなと、楽しんでいきたいなと強く思います。

21歳も可愛く生きていきます!

今日は本当にありがとうございました。21歳もよろしくお願いしまーす」拍手

※5分41秒

田島芽瑠「言えました?ちゃんと」
朝長美桜「言えました」
田島芽瑠「言い残すことはもうない?」
朝長美桜「はい。えっと、YouTubeとInstagramフォローしてください(客笑) SHOWROOMも見に来てください」
客「はーい」
朝長美桜「ありがとうございます」

田島芽瑠「本当に、なんかずーっと美桜が諦めずにリハビリとかね、頑張ってる姿は私たちも見てて、諦めずにこうSNSをいっぱい頑張ったり、そういう姿でファンの方はね、本当にもっと支えていきたいと思ったはずだから、「ごめんね」じゃなくて「ありがとう」って言ってほしいな」
朝長美桜「ありがとう」拍手
田島芽瑠「謝らないでほしい。ねぇ。だから私たちは皆さんと一緒にできる分たくさん支えるので一緒に頑張っていきましょう」
朝長美桜「はい、お願いします。ありがとうございました」拍手


◆客席をバックに記念撮影


手繋ぎ挨拶後、捌ける直前に
朝長美桜「みんなのことが大好きです。これからもよろしくお願いしま~す。一緒に可愛く生きていこうね」
田島芽瑠「みんなも?」
朝長美桜「みんなも」
田島芽瑠「みんなも可愛く? 頑張って」
朝長美桜「バイバーイ、ありがとう」









本日23時よりアーカイブ配信開始
HKT48 LIVE!! ON DEMAND















AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND