FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】樋渡結依 19歳の生誕祭レポート

2019年5月17日 AKB48劇場 「シアターの女神」公演 18時30分開演

D6xEdlvVsAER1Pj.jpg


◆仕切り:久保怜音

ある方からのお手紙 (代読:久保怜音)
ひーわたんへ

ひーわたんと友達になってから約3年経ったね。

可愛くて、親指姫みたいな先輩だから最初はちょっと話しかけづらかったけど、ひーわたんから話しかけてくれて、仲良くなってくれて、一緒にお出かけしてくれて、本当に嬉しかった。いつもそばにいてくれてありがとう。

たくさん他の人には言わない話をひーわたんだけに話した時、アドバイスをしてくれて、私たちは友達を越えて親友になったなと思います。

私にとってひーわたんは大切な大事な存在です。

去年の夏、突然の活動休止発表。凄くビックリしました。寂しかったけど直接私に教えてくれたのは嬉しかった。

8ヶ月間AKB48の活動の現場にいなかったけど連絡を取って、ひーわたんは違う形で頑張っているのを知っていたから、なかなか会えなかったけど心から応援していました。そしてもっともっとひーわたんのことを尊敬するようになりました。

学校が落ち着いて戻ってきて色々大変だっただろうけど、今までチームB公演に出ていなかった分1人で頑張って練習していましたね。

振り付けも立ち位置も絶対凄く難しかったと思うけど本当に頑張ってたね。お疲れ様。そしておかえりなさい。ずっと待ってたよ。

これから一緒に活動できるのは楽しみにしています。

19歳のひーわたんはもっともーっと輝けますように。


P.S.

来年のリクアワでは6人で「友達ができた」を歌おうね、言ってくれて涙がちょちょぎれそうになっちゃった(笑)

AKB48チーム4 親友の馬嘉伶より

樋渡結依「泣いちゃった」
久保怜音「ということで、まちゃりんからのお手紙でしたけど、どうですか?」
樋渡結依「まちゃりんは、もう本当に同期だと思ってて。私の一番AKBで仲が良くて、いつも私の相談にも乗ってくれたりとか、凄い2人でしゃべる時間も多くて、凄いまちゃりんが頑張り屋さんで、色々頑張ってるのを凄いそばで見てたので悔しいこととかも色々共有してきたんですけど、そんなまちゃりんからのお手紙で凄い嬉しくて、私が涙がちょちょぎれました」客笑

「泣かされました。本当にまちゃりんありがとうございます。これからも大親友でいてください。ありがとう」拍手

「あっ、さともありがとう。なんかネイルお揃いなんだね」


久保怜音「では、18歳の1年はどんな1年でしたか?」
樋渡結依「まず最初にちょっと御礼だけ。すみません」

樋渡結依「皆さん本当に今回の生誕祭こうやって用意してくださった皆さん、こうやって劇場に足を運んでくださった皆さん、オンデマンドで見てくださってる皆さん、本当にありがとうございます。楽しい生誕祭です。ありがとうございます」拍手

※14秒

18歳の1年はどんな1年でしたか?
樋渡結依「そうですね、18歳の1年は、えーと、すいません、ちょっとど忘れしたので見ていいですか? 今日ちょっとおかしくて。もうほんとに、なんか手がずっと震えてて。2年ぶりの生誕なんですけど、なので皆さんお待たせしたんですけど、はい、ちょっと見ながら喋ります。ごめんなさい。

(紙を落とす)

ヤバイ、今日のひーわたんヤバイ、すいません。

あの、18歳の1年は、まず最初に8ヶ月休業させていただいたことで皆さんのことを心配させてしまったりとか凄い皆さん待っていてくださって本当に温かい皆さんだなって本当に実感できた8ヶ月でした。

私はあの休業前に凄く落ち込んだりして皆さんのことを不安にさせてしまったかなと思う1年ではあったんですけど、そのおかげで皆さんとの絆も感じられた1年でした。

でも私、休業を運営の方に認めていただけてなかったら卒業も考えていたので、本当にあの、させていただいて良かったです。

休業して8ヶ月間、自分の将来の夢とか、あとアイドルっていう仕事について一度考え直すこともできて凄く私にとっては凄く、なんだろうな、大切な時間になりました。

それで、もう1回言うんですけど、ずっと待ってくださっていた、こうやって皆さんのね、前にこうやって皆さんが来てくれるのも凄い信じられないぐらい嬉しいんですけど、そんな優しい皆さんがいるんだなってことを実感できた1年でした。ありがとうございます」拍手

※1分55秒


19歳の1年はどんな1年にしたいですか?
樋渡結依「19歳の1年は、ずっと待ってくださっていた皆さんにきちんとお礼を伝えるのと、あとは楽しい時間を、また思い出を作れたらいいなと思ってます。

あとですね、学業の方も、自分の将来なりたい夢に向かってまだまだ諦めずに努力を続けたいと思っています。

あとチームBに途中から参加する形に私はなってしまったんですけど、凄くメンバーの皆さんが優しくて、公演に出てる時も凄く目が合ったりとか凄く凄く楽しくて、あー、なんかチームBが一番チームワークがいいチームなんじゃないかなって今では一番思ってます。

はい、だからそんなチームBを皆さんに「チームB箱推し」って言っていただけるように私自身もその箱推しのね、理由の一つになれるように、魅力の一つになれるようにこれから19歳頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」拍手

※59秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
樋渡結依「あの、まず皆さん、私、生誕…なんかみんなキラキラした棒とか(客笑) 棒って言ったら悪いですね。キラキラしたペンライトだったりとか。ペンライト作ってくださったのたぶんね、初めてですか? なんかそんな感じがしちゃうんですけど。あとは団扇もめっちゃ可愛くて。なんか触れてなかったなと思ったんでまず触れます(客笑) はい、すいません。すみませんね、本当に。

今日焦ってるんですよ、私。貧血で倒れそうなぐらいです、はい。

じゃあひと言って言いながら凄い書いてきたので、皆さんに読ませてください。

えっと、まずは今回休業していて皆さんにずっと心配をかけてしまった私なのに、こんな素敵な生誕祭をしてくださって、本当に皆さんありがとうございます」拍手

「今日はですね、ずっと応援してくださっている皆さんや、ずっと仲良くしてくれてる親友も来てくれているので凄く凄く嬉しいです。本当にありがとうございます。

私を応援してくださっている皆さんは、私が普通の学校に通っていることや私の仕事に対するちょっと頑固なところもわかってくださっていて、いつも「ひーわたんが思うようにしたらいいんだよ」と背中を押してくださいます。

私がAKB一本にできないことで皆さんにもとても悔しい思いをさせてしまってますよね? よね? すいません。本当にすいません。

それでも、でもそれでもずっと優しく見守って応援してくださる皆さんが本当に本当に、本当に私は大好きです。ありがとうございます。

休業してから私は何のためにアイドルをやっていたのかなと考えることが何度かあって。

でも何度考えても私を応援してくださってる皆さんに元気をあげたいとか、あとは楽しんで欲しいっていう考えしか出てこなかったです。はい。

だから休業中もずっと見守って、待っていてくださる大切なファンの皆さんにきちんとお礼がしたいと思って、楽しい思い出を増やしたいと思ってここに戻って来させていただきました。本当にすいません。

私の夢は以前言ったの覚えてるかな? 覚えてるかわかんないんですけど、以前言った「会社員」から変わっていません。はい(客笑) あっ、笑ってくれてありがとうございます。

でも何十年か経った時に「AKBって楽しかったな」って思えるように今皆さんと一緒に楽しむことが今をもう一つの目標です。だから大好きな皆さんともっと一緒に楽しみたいです。これからもよろしくお願いします。

今日は本当に本当にありがとうございました。すいません、手紙で。ありがとうございます」拍手

※2分48秒 (合計5分56秒)

樋渡結依「いやー、本当に、なんか伝えたいことが多すぎて、はい、すみません」
久保怜音「でも凄い伝わったと思うよ、みんなに」
樋渡結依「ほんとですか? 凄い不安。ほんと? ありがとう」














本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより









AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND