FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】福士奈央 20歳の生誕祭レポート

2019年5月4日 SKE48劇場 チームE「SKEフェスティバル」公演 17時開演

D5tuc65UIAAZtWy.jpg


◆仕切り:髙畑結希

ある方からのお手紙 (代読:斉藤真木子)
奈央ちゃんへ

二十歳のお誕生日おめでとう。

今そこから見える景色はどうですか? 5年前と変わっていますか?

デビュー初日が生誕祭という強烈な日から5年。色々なことがあったね。

まさかの副リーダー就任を始め、佐野ブランド姫、未来大使、レギュラー番組等、そして去年は初めて速報43位に入った総選挙。圏外だったけど、103位と順位をいただきました。

それから何より芸人。香織さんと一緒に頑張った「女芸人 THE W」、「R-1」、「芸人もういっちょ」の番組。順風満帆そうに見えるけど、いつもいつも悩んだり、悔しがったり、苦悩に絶えない日の方が圧倒的に多いよね。

同期や後輩に抜かれる悔しさ、ポジションがいつも後ろの悔しさ、それでも負けじと笑顔で頑張って、夜中に泣いて電話してくることも何度かあったね。「もう十分頑張ったよ」と声を掛けても「まだまだ」と納得いかなかったり。

本当はつらい時に飛んで行ってぎゅっと抱きしめてあげたいけど、何度も何度も思ったけど、今周りを見てください。5年前とは違って周りにはたくさんの仲間たちがいます。素敵な先輩がいます。あなたは1人じゃない。同期だっている。つらい時こそ1人で背負い込まないで。

幸いなことに頼れる先輩がすぐそばにいるよ。真木子さん、そして須田さん、奈央をよろしくお願いします。

少し湿っぽくなってしまいましたが、普段表には出ていない部分を知っていただきたく書かせていただきました。

そして今日この記念すべき二十歳の生誕祭にお手紙を依頼してくださった生誕委員の皆様、本当にありがとうございます。ファンの皆様には言葉や文章ではなかなかうまく伝わらず誤解を招くようなこともたくさんあったと思いますが、これからも今まで以上にご声援を、そして時には見守っていただけたら幸いです。

今年は心から笑える楽しい1年にしてください。それから旅行も買い物も夢の国もたくさん行こうね。

本当に二十歳の誕生日おめでとう!

これからも奈央ちゃんの活躍を陰ながら応援しています

ママより


ある方からのお手紙 (代読:斉藤真木子)
どん子へ

記念すべき二十歳の誕生日おめでとう。

手紙を書くことになり、何を書こうか色々と考えたし、平凡な便箋も青いインクも選んでないけど、君に手紙を書きました。

今思えば小学生の頃、SKEの曲を流され握手会に連れて行かされた日々。知らぬ間に5期生オーディションに応募し、落選して泣き、悔しがっていたこと。アイドルになるのが、SKEに入るのが夢とか言われ、お前の本気を知り、家族みんなで力になれればと。

そして6年前のドラフト会議。指名されることすら難しい状況の中で「SKEじゃないと嫌だ」とか無茶苦茶なことを言っていたら(客笑) 奇跡的にSKEからの指名があり、衝撃が走る。

福士奈央「なんなの?その書き方。ちょっと恥ずかしいよ」

加入してみればドラフト生だ、研究生だ、ましてや即戦力だと何もわからないスタートだったよな。

あの頃何度も言ったろ? 当時は確かに悩み苦しんでいる姿を嫌なほど見たけど、それに腐らず努力すればそれに見合った答えは出るってさ。なんだかんだ言っても仕事をこなしてるお前にはいつも感謝してるから。

卒業された先輩、今一緒にいる先輩、先輩を慕うことは大切だけど、いつの間にかお前には後輩もできているんだよ。自分の立場を理解し、変化していく環境に対応できるか?

いつも言うことになるが、周りの人があってこその自分がある。周りの人への感謝の気持ちをおろそかにしていないか? 1人で悩むなよ。仲間や周りの人たちを忘れるな。まだまだやれること、あるんじゃね?

最近は仕事のことを話したり、愚痴や文句もあまり聞いていないが、まだ先はあるんだから仲間と一緒に今以上に頑張れよ。

また、本日は生誕委員の方をはじめ、関係者の皆様、面倒な娘の生誕を祝っていただき本当にありがとうございます。

最後に一言。手紙を書くのは初めてだけど、手紙は小さい頃からたくさんもらってたなー。ただ一通も読まずに仕舞ったままで申し訳ないですが。 (ざわざわ)

福士奈央「最低。えっ?うそ?」

以上、父&まーちゃんより

福士奈央「まーちゃんの話しましたよね?」
斉藤真木子「どんちゃんより可愛がられてる人形」
福士奈央「ほんとひどい。あれはひどい。嬉しい、ママとパパ」


ある方からのお手紙 (代読:斉藤真木子)
どんちゃんへ

二十歳のお誕生日おめでとう。

頼まれてないけど急に手紙を書きたくなったので書いています。

いつもSKEを愛してくれて本当にありがとう。

もともと応援していたグループに入るってどんな気持ちなんだろう。

どんちゃんをはじめ、最近ではそういうメンバーが多いと思います。

どんちゃんは入れたことで終わりじゃなくて、満足せずに更にSKEを良くするために考えてくれたり、SKEらしい全力パフォーマンスを常に心がけてくれたり、本当に素敵だと思います。

もしかしたら誰よりもSKEの歴史に詳しいかもしれないね。最初からいる私よりも。

※客「おー!」

これで誰かわかったかな?

「ずーっと好きでいてくれてありがとう」の感謝の気持ちを込めてお手紙を書いています。

これからもどんちゃんのように私のことを熱く応援してくれて、どんな時も味方でいてくれるファンの方を大切に活動していきたいなって思うよ。

一番近くに応援してくれる人がいる私は本当に幸せです。

このお手紙が二十歳の記念になりますように。

いつもありがとう。そして本当にお誕生日おめでとう。

最後に。令和も推し変せず、珠理奈推しでいてください。

福士奈央「もちろんです」

どんちゃんの永遠の推しメン、松井珠理奈より

福士奈央「えー? えー? めっちゃビックリ。こんな贅沢な」


お手紙の感想や今年の抱負をお願いします
福士奈央「まずは生誕祭を開いてくださった皆さん、そしてお祝いしてくださっている皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「まずお手紙から話したいんですけれども。お父さんとお母さんから歳を取ってからお手紙をもらったことがなかったので、凄いお父さんとお母さんからお手紙ほしいなって思ってたので、本当に今日こうして書いていただけて凄く嬉しかったです。

一番近くで支えてくれる大切な人だし、私の本当の、なんて言うんですかね、自分が悩んでることとかを全部言える人だし、もう夜中に泣きながら電話なんて何回もしたことがあって。

でもそれをちゃんと聞いてくれたりとか私がこういうことがあったよーとか嬉しい報告とか悔しい報告もいつもお家に帰ると聞いてくれる凄く素敵な両親です。だからこれからもずっと面倒かかる娘だと思うんですけれども、感謝をたくさん伝えていけたらいいなと思っています。ありがとうございます」拍手

「ありがとうございます。そして珠理奈さんはもう本当に嬉しいなーと思って。なんか今日パレードがあったんですよ、珠理奈さんの。で、その写真を自分でエゴサしてみて、あと、そしたらSKEのカメラマンさんが「珠理奈とこ行ってきたよ」って写真見せてくれて、「あー名古屋にいるんだ」と思って凄い嬉し、そこでなんか珠理奈さんが名古屋にいるから頑張ろうって思って。

だけどまさかお手紙を書いていただけると思ってなかったので凄く嬉しいですし、なんか珠理奈さんには1人のファンとしてじゃなくメンバーとしてたくさん尊敬する部分もあったりとかして、なんか今までは大好きな人だったけど、今はもう大好きな尊敬できる人って珠理奈さんのことは思ってるので、これからも珠理奈さんについていきたいなと思います。珠理奈さん本当にありがとうございます」拍手

「はい、というわけで長くなっちゃったんですけれども、私19歳の1年は嬉しいこととか楽しいこととかもたくさんあって。だけどその分悔しいこととかもあったんですけれども、変わらず栃木県のお仕事はさのまるとかとさせていただいたりとか、たくさんイベントに呼んでいただいたりとか、あとあの、その地元でラジオもやらせていただいていたんですけれども、そこでまさかの番組が終わってしまって凄く落ち込んでた時に「芸人もういっちょ」という番組の話をいただいて、そこで、まぁ芸人としてかな?頑張らせていただいていて、今も放送されてるので是非見ていただきたいなと思うんですけれども。

やっぱりそんな色々あった中で一番嬉しかった悔しかったのは世界選抜総選挙で、初めて速報で43位で名前を呼んでいただいて。でも本番は圏外で、103位という結果で凄く悔しくて。でもその分ファンの皆さんへの感謝の気持ちが大きくて。で、今年は絶対にランクインしたいと思ってそのために、そのためにというかそれを軸に1年頑張ろうと決めてたので、今年総選挙がないということで、もう正直今目標とかあんままだ見つかってなくて、それぐらい総選挙にかけてたし、ファンの皆さんにもあのステージでスピーチをしたかったなって凄く悔しいです。

でも私はこの1年は総選挙とかにとらわれず、とらわれずという総選挙がないということでもう羽を伸ばして、色々ね、劇場公演とか握手会とかいつも目の前にあるものをしっかりと正確にやっていけたらいいなと思っています。

最近は握手会もたくさんの人が来てくれて凄く嬉しいですし、SKEメールとかも送るのが最近趣味で、なんか趣味でいっぱい送ったりとかしちゃうんですけど、そういうのとかでファンの皆さんともっと楽しい時間を過ごせたらいいなと思っています。

そして今年の1年はもうとにかく楽しい1年にしたいなという気持ちです。本当に総選挙もないので、ねぇ、そう、もう楽しんじゃおうと思って。だから私らしく楽しんでいけたらいいなと思います。

あと、なんか前チームにいた同期の子がチームEのみんなにコメントを言ってたのを見て凄い羨ましくて、私もちょっと言いたいなって思うんですけれども。あの、いいかな、こっち向いていいのかな? すみません。

(メンバーのほうを向く)

なんかいつも本当に何もチームEのためにできてないなぁーって凄い思って。だけど、なんかみんな「円陣するよ」って言ったらやってくれるし(笑) そう、「円陣するよ」って言ったらやってくれるし、「反省会するよ」って言ったらみんな来てくれるし、本当にあの知らない子も多いと思うんですけど私、チームEに入った頃、本当に何もできなくて、先輩とも仲良くなれなくて。だけど私はそういう気持ちに後輩をさせたくないからたくさん話そうとか思うし、だけど人見知りだから話せないって思うけど、でも本当にチームEのことが大好きです。

いつもリーダーがね、忙しくて公演いないから、その穴を埋めるのは凄く大変だけど、でもみんながいつも支えてくれるから私はこうやって副リーダーをやることができています。だからなんか1人も欠けないで欲しいし、1人も自信をなくして欲しくないです。

大好きなチームだから、これからも頼りないけど一緒に頑張っていけたらいいなと思っています。この1年もよろしくお願いします」拍手

(客席を向く)

「はい、長くなってしまったんですけれども、本当にこの1年もファンの皆さんとチームEのみんなと頑張れる、笑顔になれる1年にできたらいいなと思っているので是非しつこいぐらいついてきてくださると嬉しいです。はい、今日は本当にありがとうございました」拍手

※7分21秒

髙畑結希「本当にどんさんはアイドルにとらわれず色んなことに挑戦する姿は本当にかっこいいなと思いますし、どんさんが珠理奈さんについていきますってさっき言ってたんですけど、もう私たちはどんさんについていこうと思います」拍手
福士奈央「ありがとうございます」
髙畑結希「なので、本当にこちらこそよろしくお願いします」


一列礼後、捌ける直前に
福士奈央「今日はさのまるも来てくれてありがたいです、本当に。たくさんの方にお祝いしていただけて20歳凄く素敵な1年になりそうな気がしていますし、みんなで素敵な1年にしていけたらいいなと思っていますので、是非また「SKEフェスティバル」公演に足を運んでいただけたら嬉しいです。今日はありがとうございました」拍手















本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND













AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND