FC2ブログ

【速報版】岡部麟 22歳の生誕祭レポート

2019年5月4日 AKB48劇場 チーム8・湯浅順司「その雫は、未来へと 繋がる虹になる。」公演 13時開演

D5s39RgVUAACIb1.jpg


◆仕切り:髙橋彩音

去年の1年間(1年半)はどんな1年でしたか?
岡部麟「そうだな、あのキャプテンになってからもしかしたら初めての生誕祭ですよね。なんか凄いこと語らなそうないけない、そんな感じだけれども。

この1年間で私がこのグループに入って叶えたい夢っていうものは本当にたくさん叶えられた1年…1年半になりました。イェー!」

客「イェー!」拍手

岡部麟「そうやって自分が加入する前にこの夢、例えばですけど選抜に入るとか、それだけじゃなくて選抜に入り続けるとか、あとは雑誌の表紙を飾るとかドラマに出たいとか、そういう一つ一つの夢を一個一個叶えられて良かったなーって思いました。

そして、だいたいこの1年の中でもっともっと大切なことに気づけて。入った時って芸能界って怖いところだと思ってたからチーム内で群れたりしたり、相談事しちゃうのって自分にとって不利なんじゃないかとか、あんまり群れない方がこの世界では成功するんじゃないかって加入した時は思ってたから、そういう風に行動に、なんだろう、移っちゃってたかなと思ってたけど、でもAKBってめちゃくちゃ温かいところで、そういう勘違いというか、私の冷え切った心を(客笑) 冷え切ったというか勘違いしていた部分をこのチーム8のメンバーだったりとか、今はキャプテンとかやらせていただいてますけれど、先輩たちとかの熱い思いを受けて、どんどんみんなと一緒にいられるこの時間が本当にかけがえのない、ファンの皆さんもそうですけど、この時間が本当に大切なんだなっていうのをアイドルとしてだけじゃなく1人の大人の女性としてそういうことに気づけた本当に貴重な時間を過ごせたなと思います」拍手

※2分6秒


これからの1年どうしていきたいですか?
岡部麟「これからの1年? でもそんなねぇ、特別に変わることはなくて、やっぱり今まで自分がやってきたやり方とかにももちろん自信があるし、こうしてファンの人が当たり前のようにこの劇場に、岡部麟の生誕祭だって集まってくれたのはやっぱり今まで自分が信じてきた道をゆっくり、地道だったかもしれないけどゆっくり来たから今こういう結果につながってるのかなと思うから、基本的には今までの姿勢とは変わらないのかなとは思います。そして、一つ大きな目標言うんだったら、AKBの顔になりたい」

客「おー」拍手

岡部麟「それがどういう形かはわからないけど、例えば外の世界にどんどん自分で挑戦していったりとか。あの、オーディションが凄い嫌いなんですね、私。絶対オーディションで緊張して頭真っ白になってわかんなくなっちゃったりするから。

でもそういうオーディションとか自分の苦手だったもの、最初だったらMCとかもそうだけど、でも今は「りんちゃんのMCが面白いから」って言ってファンになってくれた人もいるし、自分が苦手としていたもの、コンプレックスだったものっていつの間にか自分の武器になっていたりもしていたので、どんどんどんどん嫌がらずにそういうものに挑戦していって、自分の武器をどんどん増やしていく、そしてAKBの顔になっていくという目標をこの1年で少しでもいいから近づけたらいいなと思います」拍手

※1分36秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
岡部麟「大好きですよ」

客「オレも」

岡部麟「皆さんに? 大好きだし、これからもし私が卒業しても、私はこの表現する世界がやっぱり大好きだなと思って、自分が何かをして評価して、で、その良くも悪くもどっちの評価でもいいからそれをもとに伸ばしていったり、何か物を作ってみんなに見てもらったり、人の前に立ってステージに立ったりっていうのが大好きなんだなーっていうのがこの5年間で本当にわかったから、私は多分きっとどういう形であれ、この世界に残っていると思うから、みんながりんちゃんのことを卒業してもちょっとでもいいから「この子のこと見守っていきたいな」と思ってもらえるように、皆さんが、なんて言うのかな、カッコつけた言い方すると「アイドルを見てお仕事頑張ろう」とか皆さん思って、た、り、する?(笑)

握手会で何か話してると、皆さん私たちをモチベーションに何か色々頑張れてるのかなって感じる瞬間がたくさんあるから、んー、私もずっとそういう、アイドルじゃもしなくなっても皆さんにとってそういう存在で居続けたいから、これからもよろしくねーという感じです(照笑)」拍手

「皆さんが不安になったりとか傷ついたりということはぜーったい(絶対)しないようにしようって今約束します」

客「おー」拍手

岡部麟「だから皆さん、ほんとは私だけ見ててほしいなっていう気持ちが90%だけれど、でもチーム8のことも好きでいてもらいたいし、もちろん兼任先であるチームAもそうだし、AKBもそうだし、このグループもそうだから、ずっーと、皆さんも誰かを傷つけることのないように、そしてみんなでもっともっとあったかいグループとして、皆さん含めてのAKB48グループですので、皆さんと一緒にこれからも活動できていけたらいいなと思います。皆さん、よろしくです」拍手

※2分25秒 (合計6分7秒)

岡部麟「もう出てこないかな。満足。もう言い切ったよ」




















本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより