FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】田北香世子 22歳の生誕祭レポート

2019年3月24日 AKB48劇場 チームB「シアターの女神」公演 13時開演

190324 0310


◆仕切り:谷口めぐ

ある方からのお手紙 (代読:谷口めぐ)
かよよんへ

22歳のお誕生日おめでとう。

かよよんと出会ってから6年目になります。でもお手紙を書くのは初めてなので、ちょっと緊張していますが、私の気持ちを書かせていただきます。

かよよんは覚えているかわからないけど、5年前のオーディションの合宿の時、お姉さん組だったかよよんにたくさんダンスを教えてもらったのを覚えています。その時はしっかりしていて綺麗なお姉さんだなーとずっと思っていました。

その印象は今も変わりはないけど、5年間で他にもかよよんの色んな一面を知ることができました。

同期の中でもお姉さんということもあるかもしれないけど、あまり弱音を吐いているところを見たことがないし、たくさん努力をしていたり、パフォーマンスが凄く上手だったり、尊敬するところもたくさんあります。

それだけじゃなくて、いまどきの言葉をいつも使っていて、グレープフルーツのことを「グレフル」って略していたり、可愛い女の子やアイドルのことを話す時の熱量とかかよよんにしかない面白い一面を持っていたり、そういうギャップも凄く好きです。

同期だからこそ集まるとくだらない話とかをしがちで、真面目な話をすることは少ないけど、一緒にいると落ち着くし、頼っている存在です。

いつも会うたびに話すように、6年目ということが自分たちが一番驚いているけど、これからも一緒に頑張っていこうね。いつもありがとう。

改めて、お誕生日おめでとう。かよよんにとって素敵な1年になりますように。

AKB48チーム4 川本紗矢より

田北香世子「ありがとうございます。嬉しい」
谷口めぐ「同期のさややからのお手紙でしたが、どうでしたか?」
田北香世子「嬉しいです。さややとは、凄いさややがほんわりしてるから2人でいると、同期っていうのもあって凄い落ち着くので、これからもね、いいお友達として、貴重なお友達なので、少ないので、貴重なお友達を大事にしていきたいと思います。ありがとう、さやや」


21歳の1年はどんな1年でしたか?
田北香世子「21歳の1年はですね、二十歳の時の1年に比べたら自分の気持ち的にも凄いポジティブになれたかなっていうのもあって、本当にAKB48の活動が毎日楽しくて、凄いやっぱりアイドルでいる幸せを改めてこう、ずっと思ってたんですけど、21歳の1年は改めて自分の気持ち的に感じられたなっていうのが大きかったなと思います。

あとは夏に、8月と9月に初めて舞台のお仕事をやらせていただけて、ずっと舞台の仕事は興味はあったんですけどなかなかやる…本当に興味しかなかったんですけど、初めてね、なかなか機会がなくて、初めて、やっとお仕事で舞台をやらせていただいて、AKB以外の現場っていうものを凄い身をもって実感して、凄い良い経験になったなーって思いますし、あと11月には映画の撮影もあって、その舞台の続編で映画の撮影もあって、それは6月のほうに公開なので皆さん是非見ていただきたいなと思うんですけれども。

そういう風に新しい経験をさせていただいたりして、凄い自分的にはこう色んなことを考えるきっかけというか見るきっかけにもなったし、その上でそれをまた成長に繋げられたらいいなって思える1年だったかなって思います」拍手

※1分25秒


22歳の1年はどんな1年にしたいですか?
田北香世子「22歳はですね、もう本当に大人なので、22歳って世間的にも大学を卒業して社会人になる年だったりもするので、色んな意味で内面的にも色んな面で大人になれたらいいなーっていうのは凄い思ってますし、その上でそのAKB48の活動に対しても、もう6年目になってけっこう思ったよりも長いことやってるなーって思ったので、その中で6年やってきて、自分が何が成長できたかなって思うと凄いはっきりと言えることが思い浮かばなかったりもするので、もっともっと自分の色んな意味で成長できる1年にしたいですし、自分にできることを増やしていきたいなって思って。

本当にあの、何もできないので、自分の色んなスキルというか、できることとか得意だと言えることを増やしていける1年にもしたいなって思ってますし、やっぱりこうAKB48の中では凄い先輩になってきて、後輩もたくさん増えているので、その中で先輩として私ができることとか、後輩のために何かこう支えになってあげられることとか、そういうことをできるメンバーでありたいなって思うので、もっともっとこう自分の存在価値というか、私がAKB48にいる理由というものをもっともっと見いだせていけて、成長できるような1年にしたいなと思っております」

※1分36秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
田北香世子「まず今日は本当にこんな素敵な生誕祭をありがとうございました」拍手

「もう本当に、本当に私のファンの皆さんは優しい人しかいなくて。やっぱりファンは推しに似るって言うので、私が優しいからかなーって思ったりもするんですけど。でも本当に何でこんなに優しい人しかいないんだろうってぐらい優しい人が多くて、私は本当にアイドルとして皆さんに応援していただけて凄い幸せな日々を過ごしております。

皆さんがこうして生誕祭を盛り上げてくださったりとか、色々私の今日のね、この生誕祭のために準備してくださったりとか、もうその一つ一つのことが本当にもう愛しいですし、感謝の気持ちしかありません。

私は本当に自分に何か誇れるものとかが無いんですけど、皆さんが私のことを応援してくれて、私のことを肯定してくれるから私がアイドルでいられるんだなって思える自信になりますし、本当に凄い不安になる時もあるですけれど、皆さんが「かよよんが大好きだよ」とか「かよよんは素敵なアイドルだよ」って言ってくれるその言葉があるから本当に私は今アイドルとして活動できることができてるなって凄く思います。本当にいつもありがとうございます。

あと、やっぱりこう歳とかかわかんないんですけど、いっつも生誕祭とかのたんびにかよよんが卒業しないか心配って凄い言われるんですけど、私は本当に今アイドルとしてAKBとして活動をしてる今が一番幸せですし、アイドル以上に夢中になれることとか、好きになれるものとかは今自分の中には無いと思っているので、22歳のかよよんもこれからも安心してずっと応援していただけたら嬉しいなと思います。

本当にたくさん可愛いメンバーがいる中で私のことを応援してくださってありがとうございます。今日は本当に本当にありがとうございました」拍手

「あと、そうだ。言おうと思ったのが、私は割とさっぱりしてるというかあんまり愛が重くないタイプなので、けっこう推し変されたりとか、二推し三推しって言われたりすることも多いんですけど、それを本当はやっぱり嫌だなって思っているので、みんな推し変しないでいてくれたら嬉しいです。これからもかよよん推しでいてくれますか?」

客「はーい」

田北香世子「ありがとうございます。その返事が聞けて大満足です。ありがとうございました」

※2分36秒 (合計5分37秒)






















本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより






AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND