FC2ブログ

【速報版】人見古都音 18歳の生誕祭レポート (卒業発表)

2019年3月18日 AKB48劇場 チーム8・湯浅順司「その雫は、未来へと 繋がる虹になる。」公演 18時30分開演

190318 0347


◆仕切り:服部有菜

17歳の1年はどんな1年でしたか?
人見古都音「去年は、凄い、なんかやっぱり一番印象に残ってるのは舞台、初舞台が決まったことで、チーム8だけが出演する「KISS KISS KISS」に出たのが初めての舞台で、その後にもう1個、濵とダブルキャストの舞台にも選んでいただいて。正直凄く嫌で(ざわ)。

私は一番苦手なのが演技なので、本当に毎日稽古に行ってる時に、凄いなんか、周りはみんな上手だから私だけ初めてだしどうしようかなって凄い考えながら毎日稽古に行っていて。

でも今思えばそれも凄い良い経験だったのかなって、凄い成長できたお仕事がその舞台でした。

で、もう一つはずっと憧れてたガールズアワードに出演させていただけたことがやっぱり一番嬉しかったことで。そうですね、やっぱり私は夢がモデルさんになることだからこそそういうファッションショーのお仕事とかに出させていただくことは一番本当に心の底から喜べてるんじゃないかなって思ってます」拍手

※1分45秒


18歳はどういう1年にしたいですか?
人見古都音「18歳になってやっぱり高校生じゃなくなったっていうこともあってお仕事の幅もこれから広がっていくんじゃないかなって凄くずっと考えていて。

そうですね、なんだろう、でも周りとは違う個性を1人で出していけたらいいなって凄い思ってるし、あと私はあれですね、あのー、色んな人から憧れられるような素敵な女性に18歳はちょっとそれを目指して、自分で努力して頑張っていきたいなって思っています」拍手

※42秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ

人見古都音「ちょっと手紙を書いてきたので、言いたいことがいっぱいあったので手紙にしてきました」

(手紙を取り出す)

「ファンの皆さんへ

いつもこんな私を応援してくれて本当にありがとうございます。

今までのことを振り返ると、もちろん嬉しいことも多かったけど、その分つらいこともたくさんありました。

私は感情を表に出すのがあんまり得意じゃなくて、ファンの人とかにも勘違いされることが多くて、1人で抱え込んでしまうことが多いけど、それでも今まで諦めずにアイドルを続けてこれたのはファンの皆さんの存在が大きかったからです。

常に会えるわけじゃないけど握手会とか劇場とかで会ってファンの皆さんの顔を見ると嫌なことも忘れるぐらいファンの皆さんには元気をもらっています。

たまに私は他のメンバーと自分を比べてしまって、やっぱりアイドル向いてないのかなって考える時期もあったんですけど、ファンの皆さんは今の本当の私を好きになってくれたと思っているのでこれから先も変わるつもりはありません。

前は私のことを推してくれてたのにお見送りとかで違うメンバーに「可愛いね」とか「好き」とか言って手を振ってたり、私じゃなくて違うアイドルに行っちゃったり、急に会わなくなったなって感じることだったり最近はよく見かけるので(客笑)、そうなってしまったファンの皆さんに「こっちゃんを推しとけばよかった」って後悔させれるぐらい素敵な女性になってみせます。

あと、いつもファンの皆さんには助けられてばかりなので、何が私からの恩返しになるかわからないけど、この先はモデルになるという夢を叶えることが私からの恩返しなのかなって思っているので、これからは「夢に近づきたい」じゃなくて「夢をかなえる」っていう気持ちで毎日を大切に頑張りたいと思います」

(手紙を仕舞う)

「そして最後にもう一つだけ私から皆さんにお話ししたいことがあります。私、人見古都音はAKB48を卒業します。

私はチーム8に入って5年間みんなと一緒に活動をずっとしてきて、正直凄く今の環境は幸せだし、メンバーとステージに立って踊るのが凄く楽しくて。なので正直凄く悩みました。

でも、私は初期の頃からモデルさんになりたいっていう夢をずっと持ち続けてきて、チーム8としてファッションショーにも毎回選んでいただけるようになって凄く嬉しかったんですけど、やっぱりその分私はアイドルじゃなくて夢であるモデルさんを本気でやっていきたいと思うようになりました。

なので、私がアイドルじゃなくても、モデルになった時はまた私のことを応援してくれると嬉しいです。そして最後の日まであと少しアイドルの私を好きでいてください。今日はありがとうございました」拍手

※4分42秒 (合計7分9秒)







本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより