AKBグループリクアワ2020 ランクイン記念Tシャツ 再販中

順位別 Tシャツ一覧

【速報版】本田そら 20歳の生誕祭レポート

2019年3月10日 AKB48劇場 研究生「パジャマドライブ」公演 17時開演

190310 2185


◆仕切り:大竹ひとみ

19歳の1年はどんな1年でしたか?
本田そら「はい、えーと、えーと、凄く泣きそうなので、泣いても何も言わないでください。えーと、あと皆さんもつられないでくださいね。

えーと、私は生誕祭のこのスピーチを、あのーやばいね、私が参加した生誕祭の一番最初は大竹ひとみちゃんだったんですけど、その大竹ひとみちゃんの生誕祭の時からずっとずっと考えていて、6月ぐらいだったんですけど、その頃からね、ずーっと楽しみに待ってたんですよ。

で、なんかその時に考えた内容は、今思うと全然内容の薄いただ「公演が楽しいです」とか「アイドルになれて良かったな」っていう感じだったんですけど、この期間で、なんか凄く、まだ1年も…活動始めてから1年ですけど劇場始めてから1年は経ってないんですけど、この短い期間で凄く貴重な体験をたくさんさせてもらって。だから今から話すことは凄く長くなっちゃうかもしれないんですけどちょっと聞いてください。

私が、去年はもうこの時期にはもう東京に出てきて1人暮らしを始めてアイドルをやってたんですけど、「アイドル修業中」公演というものがあって、私はそのアイドル、AKB48に入ってすぐからあまり、なんだろうな、誤解されたりしてたくさんの人に嫌な印象を持たれたりとか、誤解されて思われたりすることが多くて、それがもどかしくて、なんかAKBに入ってもうちょっと役に立ちたいなと思って。だから絶対にアイドル修業中にはスタートメンバー、初日メンバーとして出たいなってずっと思って頑張ってたんですけど。

それで初日メンバーに選んでもらって、たくさん回数を出れば認めてもらえるかなとか…」

客「頑張れ」

本田そら「とか、ダンス上手くしたら認めてもらえるかなってずっと頑張ったんですけど、やっぱりアイドル修業中ではずっとね、あの下手の3列目が多くて、なんかファンの皆さんにこう、なんだろう、恩返しできてないなってずっと思っていて」

客「そんなことないよ」

本田そら「で、なんか初日メンバーじゃなくて、アンダーでセンターに立った方が目立つのかなとか、なんか最初の頑張りは無駄だったのかなってずっと思ってたんですけど、なんか今日ここで生誕祭やった時にパジャマドライブ公演は色んなとこにぐるぐる行くんですけど、全部の所に自分の団扇を持ってくれてる人がたくさんいて、凄くなんか応援していただいてるなって思って、なんかそれは、でもアイドル修業中公演がなかったら見つけてもらえてなかったこともあるし、自分の気持ちも後ろだったから前に出るぞって、頑張るぞっていう気持ちがあったので本当にアイドル修業中があって良かったなって凄い今になって思います。

で、私は本当に入る前はただの大学生で、本当に普通で、なんかアイドルっていう非日常の世界が今はもう日常になって、なんかアイドルじゃない大学生の自分が非日常になって、なんかその大きな変化にたくさん悩んで、凄くたくさん、なんだろう、心が弱いのでちょっとの言葉でも傷ついたりしてたんですけど、そんな時にこうやって応援してくれるファンの皆さんとか、あとはもうここにいる同期が本当に支えてくれて、本当に、ドラフト3期生として入れて良かったなって思います。

私の、よくね、一緒にいる大竹ひとみちゃんとかはもちろん話を聞いてくれるんですけど、最近はパジャマドライブ公演に出るようになって、めぐみんとか夏凪とか年が離れてる子達からもなんか悩みを言ってなくても、なんかレッスン場でちょっと落ち込んでたりすると後ろからただ抱きしめてくれたりとか「そらちゃん大好きだよ」って言ってくれて、なんかこんなメンバーがいるから頑張れてるなって思います。

なので19歳は本当に素敵な人たちに出会えて、本当につらいことも苦しいこともいっぱいあったけど、凄い、なんか大人になったなと思います」拍手

※4分49秒


20歳の1年はどんな1年にしたいですか?
本田そら「二十歳はですね、私は今やりたいことがたくさんあって。ラジオが大好きなのでラジオ番組に出たいとか、いま動画見るのが好きだから動画編集してドラ3チャンネルを更新したいとか、なんかそういうこと考えてるんですけど、でもこういう個人の夢もですけど、今は一番やりたいのは、なんかドラフト3期生って16人で同期なんですけど、なんか16人であまり活動ができてないんですね。

なので、16人で何か今年中に1つ何か企画でもいいし、一番大きい目標は曲をいただくことだったり、コンサートをすることって言ってるんですけど、もっとドラフト3期生は本当に素敵な子がいっぱいいるので、そういうのをみんなに知ってもらえるための活動を個人としてももっとできるように頑張りたいなって思います。はい、20歳はあんまり泣かないようにしたいです」拍手

※1分3秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
本田そら「本当にありがとうございます。なんか最初から泣いてる方がいたりとか、なんかペンライトを見て私も泣きそうになったんですけど、なんだろう、私、このね、たくさんいる中で私を選んでくださって、私がわがままに、なんか私って他のね、メンバーに比べてもそんなにたくさんファンがいる方じゃないんですけど、でも、なんかそれでも私が「アイカブで1位取りたい」とか「SHOWROOM選抜入りたい」とか言ったらみんな「無理」とか言わないで、本当にただただ応援してくれて、私の体調まで気を使ってくださって、本当に皆さんがいるからたくさんの夢を叶えられてるなと思います。

で、私はね、これは絶対言うって決めてたんですけど、あの、やっぱ物語のうさぎと亀の話にしたら多分亀の方だと思うんですよ。ピョンピョンとうまく全部がいくタイプではないんですけど、こうゆっくりゆっくり地道に進んでるなって自分の中では感じていので、皆さんもこのゆっくりのスピードですが私のことを追い越さずに一緒についてきてくださったら嬉しいです。今日は本当にありがとうございます」拍手

※1分10秒 (合計7分2秒)

大竹ひとみ「言い残したこととか大丈夫ですか?」
本田そら「いっぱいあったんですけど、言いたいこと。なんか意外と立つともうなんか頭真っ白になりますね。なので言いたいことはまた見つかったら随時SHOWROOMでお話しします。はい、また見てください。はい、ありがとうございます」

大竹ひとみ「じゃー最後に。私がちょっと潤んできちゃった」
本田そら「嬉しい。ちゃきが泣いたら泣いちゃう…」
大竹ひとみ「泣かないよ、泣かない、大丈夫。こんな素敵な本田そらちゃんの生誕祭を開いてくれた皆様に相方の私からも御礼申し上げます」拍手

「ありがとうございます。そうですね、素敵な同期がいるって言ってくれた本田そらちゃんは本当に真面目で、だけど緩いところもあって素敵な子なのでずっと応援してあげてください」










本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


Twitterより















カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ