FC2ブログ

【速報版】外薗葉月 20歳の生誕祭レポート

2019年1月21日 西鉄ホール チームTII「手をつなぎながら」公演 18時30分開演


◆仕切り:坂本愛玲菜


20歳になった瞬間は何してました?
外薗葉月「家にいて、凄いLINEがめっちゃ鳴って嬉しかった」

坂本愛玲菜「(通知)どれぐらい溜まってますか?」
外薗葉月「今ヤバイんですよ、いま900。ヤバイと思って全部既読つけました。ほんとヤバイ。友達おらんくなる」
坂本愛玲菜「ほんとだよ。通知はちゃんと見てください」


集合写真撮影

DxblFG8V4AA9LD0.jpg


ある方からのお手紙 (代読:山内祐奈)
葉月へ

まずは成人、お誕生日おめでとう。

今まで自分の教え子にこんな風に改まってお祝いの手紙を書いたことがないので、少し戸惑いつつ、鉛筆を持っています。

葉月と初めて出会ったのは葉月が小学6年生の時。中学校での体験授業でしたね。コースター作りをしたのを覚えていますか?

早いもので、あれから8年が経とうとしています。

中学3年生の時、葉月が僕の学級になってからは本当にたくさんの思い出ができました。特に体育会ではダンスリーダーとして選曲から振り付け、隊形移動に至るまで、その全てを1人で考え、全校女子による素晴らしい発表を作り上げてくれました。

あのダンスはもちろん、みんなの努力があってのことですが、その礎に人知れず積み重ねた葉月の努力が無ければ成し得なかったことは間違いありません。

他にも毎日の学校生活の中で本当にたくさんの思い出ができました。

その中、つらい思い出もあります。僕との関係がうまくいかず、何週間も口をきかない時期もありました。

※メンバー「彼氏?」客笑

伝えなくてはならないことをちゃんと伝えられない不甲斐なさで歯がゆく毎日悩んでいました。でも時が経ち、葉月はちゃんと受け取ってくれました。

葉月はとても思いやりが深くて、信念が強く、何事にも屈しない強い心を持っています。

本当に友達思いで、誰にでも隔てなく接するその優しさは本当に素晴らしいと思います。

だから地元のみんなからも愛され、みんなが葉月のことを必要としています。

葉月がHKTに入ってからは大好きな友達と遊ぶ時間が減り、つらかったと思います。

でも、そんなつらさに負けず、しっかりと自分の夢を持ち、突き進むことができるのは葉月だからこそだと思います。

そして、そんな葉月だからこそ心から応援しています。

最後に。わざわざ僕が言わなくても十分わかっていると思いますが、これからもファンの皆さんや支えてくださるスタッフの方々、また葉月のために一生懸命頑張ってくれている家族への感謝の気持ちを忘れず、自分の夢に向かって努力し続けてください。

葉月のこれからの活躍を心から祈っています。

中学の先生より

村川緋杏「彼氏じゃなくて良かった。みんな一安心だよ」

外薗葉月「めっちゃ嬉しいです。凄いケンカしてた先生だったんですよ。だから凄い嬉しいです」

坂本愛玲菜「先生からの手紙って初めてかも」
外薗葉月「どうやって依頼したんやろうね」


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
外薗葉月「(靴下から紙を取り出す)だって入れるところが無いっちゃもん。まずはこんな素敵な生誕祭を開いていただき本当にありがとうございます」拍手

「まずはじめに、総選挙120位、本当に皆さんのおかげで、ランク外なんですけど、ランクインすることができたので、凄く本当に感謝してます。ありがとうございます」拍手

「2年連続で速報には呼んでもらったんですけど、ランクインすることが出来なくて、ファンの皆さんと…(涙目)

ファンの皆さんと…ファンの皆さんが凄い頑張ってくれたのも知ってるし、なんか凄い宣伝とかも握手会でやってくれたりとか、個人のTwitterとかでもやってくれたりとか、毎日ポスターを作ってくれたりとか、凄いやってくれてたのは知ってたので、私の力不足でランクインすることが出来なかったので凄く悔しかったです。

でも、頑張ったから凄い悔しかったし、だからそれを来年の活力にしたいなと思いました。

私はつくづくファンの皆さんに凄い支えられてるなって感じてることが多くて。総選挙ももちろんだし、ラビリンスのCM選抜とか広告選抜とかも全部ファンの皆さんに助けてもらって、凄い前に出ることが多くて。

私は1人の力ではみんなを喜ばせることがあんまりできてないなって凄く思ってるので、20歳は私の力でみんなを笑顔にできるように頑張りたいなと思っています。

で、最近では成人式で、成人式という凄く大きな舞台で注目を浴びさせていただいて。でもそれは一緒にいつも服作ってくれてるお姉ちゃんと、そしていつも私が毎部着替えるのを待ってくれるファンの皆さんのおかげだと思っています。本当にありがとうございます」拍手

「私は20歳にもなったので、アイドルとしても折り返し地点なのかなと思っています。でも今はHKT48にとっても凄く大事な時期だし、さしさんやはるっぴさんや咲良さんなど先輩方の背中を見続けてきた私たちTIIやF24がこれからHKT48を引っ張っていける存在になりたいなと思っています。

だからこれからもみんなで、仲良しこよしだけではなく、認め合いながら切磋琢磨して、これからのHKT48を引っ張っていけたらいいなと思っています。

そして20歳の目標は総選挙にランクインすることです。なので皆さん、20歳の私の応援もよろしくお願いします」拍手

※3分45秒

外薗葉月「ありがとうございます。以上になります」

坂本愛玲菜「葉月はいつも、何だろう、ほんとに継続は力なりっていう言葉がピッタリだなと思ってて。ほんとにコツコツ色々企画自分でしてたり、唯一無二の努力を続けていて、ほんとに同期としても刺激を受けてて。あと初期の頃にすっごい、葉月覚えるのが早かったんですね。どうやって新ポジ覚えてるの?って葉月に聞いて、葉月のやり方をまるまる教えてもらって公演覚えてたり、凄い色んな思い出があって、いまファンの方へのメッセージ聞いてても凄いうるっとしました。本当に大好きです」
外薗葉月「ありがとう」


手繋ぎ挨拶後、捌ける直前に
外薗葉月「そういえば、みんなにあげたいものがあるんですよ。たぶん配ってくれると思う、誰かが。そう、メッセージカード。1人ずつ手書きで300枚書いたので。ちゃんと番号振ってあるし、めっちゃ貴重だと思う。よろしく」











































本日23時よりアーカイブ配信開始
HKT48 LIVE!! ON DEMAND

















メッセージカードなど