FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

内田眞由美 16歳のプチ生誕祭(12/27、おやつ公演、チーム研究生 75回目)

09122702.jpg  09122703.jpg

■出演メンバー
4期生 → 大家志津香
5期生 → 石田晴香、内田眞由美
6期生 → 野中美郷
7期生 → 岩佐美咲、小森美果、佐藤すみれ、鈴木まりや、前田亜美、松井咲子
8期生 → 今井悠理枝、植木あさ香
9期生 → 島崎遥香、藤本紗羅、山内鈴蘭、横山由依

■公演前の陰アナ
小森美果 「ありがとうございます。おはようございます。じゃない、こんばんは?  こんにちは。チーム研究生の小森美果です。今日は2回公演ということで、 最後の公演なんですけど、みなさんと一緒に楽しんでいきたいと思います。 よろしくお願いします。小森美果でした。バイバイ」

◆M0.オーバーチュアー

◆M1.みなさんもご一緒に

間奏セリフ担当 → 佐藤すみれ

◆M2.春一番が吹く頃
◆M3.拳の正義 (衣装 → 特攻服)

■MC1(自己紹介)
野中美郷 「みなさん、こんにちは」
みんなで「AKB48 チーム研究生です」客、拍手

野中美郷 「みなさんもご一緒に、春一番が吹く頃、拳の正義、続けて3曲聴いていただきましたが、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「今日のお題は、もし学園を作るとしたら、どんな学園にしたいですか?です。 自己紹介と一緒にお願いします」

1列目。上手側から順に。

内田眞由美 「はい、世渡り上手な生意気娘、研究生の内田眞由美です。よろしくお願いします」客、声援&拍手

拍手続く。

「ありがとうございます、ほんとに。今日12月27日に誕生日を迎えました」客、拍手
「ありがとうございます」

「今さっき作ったんですよ。内田眞由美学園なんですけど、今のところ 生徒は私と今井ゆりはむと石田はるきゃんで、チビッコしか入れない学園です。 今日はみなさん素晴らしい人たちばかりなので、みなさんを生徒にしたいと思います。 生徒諸君、今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

横山由依 「ハイ、京都から来ました、横山由依、17歳の高校2年生です」

「私は音楽と体育が好きなので、国語とか数学はない、 音楽と体育だけの学校を作りたいと思います」

前田亜美 「ハイ、中学2年生、14歳、あーみんこと前田亜美です」

「私はですね、平和学園です。自由だけど、自由にするとみんな校則を守らないので、 ポイ捨てしちゃいけないとか、そういうことがわかってる人が入れる平和な 学園を作りたいと思います。伝わり難かったですね」

野中美郷 「はい、高校3年生、18歳の野中美郷です。よろしくお願いします」

「私はお祭り学園というもので、お祭りが好きなんですよ。文化祭とかの 空気が好きなので、いつもお祭りをやってるみたいな学園を作りたいです。 今日も楽しみます。よろしくお願いします」

岩佐美咲 「はい、中学3年生、14歳のわさみんこと岩佐美咲です」

「私は授業中にペン回しをしてもいい学園を作りたくて。 最近こっそりペン回しをしてたのですけど、遂に怒られてしまって、 でもさすがにペンは没収されなかったのですが、お手伝いみたいな先生がいて、 その先生が最近ずっと美咲の隣りにいるんですよ。それが嫌なのでペン回しをしてもいい 学園を作りたいです」

山内鈴蘭 「ハイ、中学3年生、15歳の山内鈴蘭です」

「私はカルピス学園を作りたいですね。蛇口からカルピスが出てきたりとか」客、反応
「プールがカルピスだったり。カルピスがとっても好きなので、カルピス学園を作りたいと思います」

以上、ハケる。
2列目。上手から順に。

小森美果 「ハイ、愛知県から来ました、中学3年生、研究生の小森美果です。よろしくお願いします」

「私はやっぱりあれですね。えっと、コスプレ学園。男の人になれる学園です。 今日もみなさんと一緒に楽しんでいきたいと思います。応援よろしくお願いします」

佐藤すみれ 「はい、何ごとにも全力投球ガール、すーちゃんこと佐藤すみれです」

「私もちょっと鈴蘭ちゃんに似てるのですけど、スイーツが好きなので、 スイーツ学園を作りたいです。机とか全部スイーツでできてるんですよ。 それが夢なんですよ。家でもしたいのですけど、ママに言ったら そのうちねって言われて、家でできたらやってみたいと思います」

島崎遥香 「はい、9期研究生の島崎遥香です」

「私は小森さん、、違います、すーちゃんさんと一緒なんですけど、お菓子で 学校を作りたいです。あと、居眠り学園を作りたくて、居眠りを一番した人が 一番成績が優秀という学園です」

大家志津香 「ハイ、知っている方は一緒にやってください。元気があれば何でもできる。 行くぞ! いち、に、さん、しーちゃん! ありがとうございます、できませんは言いません、福岡県から来ました、研究生の大家志津香です」

「私は耳栓禁止学園を作りたいです。私が高校受験の時、周りの友達頭良くて、 私は授業中よく喋るタイプで、周りの友達が耳栓をし出して、マイ耳栓を 持ってきて、されたんですよ。それが切なくて。なので耳栓なしでよろしくお願いします」

藤本紗羅 「はい、みなさんこんにちは。研究生の中学1年生、12歳の藤本紗羅です」

「私はデコ学園と言って、ノートとか机とかラインストーンとかでデコってて、 キラキラすごくて、まぶしい学校を作りたいと思います」

以上、ハケる。
3列目。上手から順に。

鈴木まりや 「はい、みなさんこんにちは。まりやんぬこと鈴木まりやです。よろしくお願いします」

「私はローマの休日学園って感じで。キャラじゃないこと言わせていただくのですけど、 ピンクのフリフリが好きなんですよ。とか、いろんなドレスとか校門に置いてあって。 時間割とか自分で決めて、映画鑑賞だったりペット飼育だったり、お昼寝タイプとかあって、 優雅な感じの、お昼寝ができたりする学園があったらいいなと思います」

植木あさ香 「はい、14歳、中学2年生のあさぽんこと植木あさ香です」

「私は犬が大好きなので、ワンちゃん学園を作って、犬と一緒に登校して、 犬の分の給食も出る学園を作りたいと思います」

今井悠理枝 「はい、埼玉県から来ました、15歳、中学3年生のゆりはむこと今井悠理枝です」

「私は内田さんの学園に入学するのですけど、その学園の校則を作りたいんですよ。 いろいろデコってキラキラさせるのOKだったり、髪をアゲ嬢にするのもOKだったり、 現代風な学園を作りたいと思います」

石田晴香 「ハーイ、16歳のはるきゃんこと石田晴香です」

「私もうっちーの学園に入ったのですけど、さっき挙手で。 でもそういう校則は嫌ですよね。だってサラちゃんも言ってたのですけど、 ラインストーンを付けたらお尻が痛いじゃないですか。目に悪いよ。 私はですね、午前中にアニメ観賞とか」客w「午後はアイドルDVDを観賞して、MIXの打ち方とか・・・」

松井咲子 「はーい、みなさんこんにちは。19歳の松井咲子です」

「私はですね、どんな学園じゃなくて、学校を勝手に作りたいです。 お笑いが好きなので、お笑いの笑をくっつけて、笑学校を作りたいと思います。。 今日はこの調子でいきたいと思います。絶好調です。よろしくお願いします」

鈴木まりや 「みんなで一生懸命練習したチーム研究生「アイドルの夜明け」公演、ぜひその成果を見てください」
石田晴香 「あ~っ! 東の空が明るくなってきた!」

みんなで「アイドルの夜明けだ~!」客、拍手


◆M4.残念少女 (横山由依、前田亜美、内田眞由美)
◆M5.口移しのチョコレート (岩佐美咲、野中美郷、山内鈴蘭
◆M6.片思いの対角線 (小森美果、島崎遥香、佐藤すみれ)
◆M7.天国野郎 (大家志津香、植木あさ香、石田晴香、藤本紗羅

大家志津香 → ロリータ(ピンク)、 植木あさ香 → メイド、 石田晴香 → GS店員、 藤本紗羅 →チャイドル

バックダンサー
前田亜美 → 学ラン、 野中美郷 → JK、 内田眞由美 →ロリータ(青) 、 岩佐美咲 → お花屋さん、 山内鈴蘭 → ランドセル、 横山由依 → 巫女

間奏セリフ担当 → 石田晴香

「眞由美、誕生日おめでとう。オレは眞由美に言いたいことがある。 今日だけはオレの女でいてくれないか? 生まれてきてくれてありがとう。お誕生日おめでとう、眞由美」
みんなで「天国野郎!」

◆M8.愛しきナターシャ (松井咲子、今井悠理枝、鈴木まりや)

■MC2
松井咲子、今井悠理枝、鈴木まりや

松井咲子 「はい、残念少女、口移しのチョコレート、片思いの対角線、天国野郎、愛しきナターシャ、5曲続けて 聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

松井咲子 「自己紹介いきましょう」
鈴木まりや 「幻の深海魚、シーラカンス鈴木です。よろしくお願いします」客、拍手
今井悠理枝 「スピード感なら負けないぜ、スピード今井です。よろしくお願いします」客、拍手
松井咲子 「今日もあなたのハートを一本釣り、ルアー松井です。よろしくお願いします」客、拍手

「オレたち」
みんなで「チームサンダーバードです」客、拍手

松井咲子 「今日のここのMCはですね、私たちが驚いたことについて話したいと思います。 ある人? じゃ~、深海魚さん」
鈴木まりや 「私はですね、うっちーのお家にお泊りした時にすごいビックリしたことがあって。 アラームが不思議な感じで。「そのままの体勢で聞いてくれ、今お前が起きなくても 学校や会社を1日休むだけだ。それでいいのだ。でも今日のことは10年後、20年後に・・・」 ずっと喋ってて。「今日起きないということは、貴重な人生を無駄にすることだ。 起きれないのは、心に乱れがあるからなんだ。さあ起きよう、ハイっ」うっちもーそれに合わせて「ハイっ」って 起きるんですよ」
他メン「すごい」
松井咲子 「途中、バカボンが出てきたね。それでいいのだ、って」
鈴木まりや 「探してみてください」

今井悠理枝 「つい先日のことなのですけど、あさぽんと電車に乗ってて、そして到着して 降りたんですよ」階段とエスカレータがあって、 「普通に上りのエスカレータなのに、あさぽん、下ろうとしてて。逆走 しようとしてて。私が「反対だよ」って言ったら「えっ、やだ~」って言って」
松井咲子 「けっこう・・・」
今井悠理枝 「本気で逆走しようとしてて」
松井咲子 「しっかりしてるように見えるのにね」
今井悠理枝 「あさぽん、けっこう天然ですね」

松井咲子 「ということで、この調子で後半戦も盛り上がっていきましょう。せ~の」
3人で「女子高生はやめられない」


◆M9.女子高生はやめられない

ジャンケン → 優勝は内田眞由美(準優勝は横山由依

◆M10.好きと言えばよかった
◆M11.そばかすのキス

■MC3
前半:鈴木まりや、岩佐美咲、島崎遥香山内鈴蘭、松井咲子、藤本紗羅、今井悠理枝、野中美郷

松井咲子 「女子高生はやめられない、好きと言えばよかった、そばかすのキス、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがでしたでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

松井咲子 「ここでのMCはですね、もうすぐ今年も終わり、来年になるので、お正月の過ごし方について話したいと思います」
他メン「イェー」客、拍手

鈴木まりや 「今年はやらなかったのですけど、それまでやってたのは、前日の5時6時ぐらいから福袋の列に並んで、 福袋を買いに行ってました」

山内鈴蘭 「私はですね、毎年家族と海外に行ってたんですよ」客、え~!
他メン「えー!?」
松井咲子 「セレブ?」
山内鈴蘭 「わからないのですけど。でも来年は家族でのんびりしたいなと思います」
他メン「海外ってどこに行ったの?」
山内鈴蘭 「ハワイとかグアムです」
鈴木まりや 「暖かいよね」

野中美郷 「毎年じゃないのですけど、1回、ユニバーサルスタジオジャパンで過ごしました。すごい盛大でした」
他メン「いいな~」

岩佐美咲 「私はですね、家でお節を手作りします」
松井咲子 「美咲はお節作れるの?。。」客w
他メン「食べる方?」
岩佐美咲 「卵焼きは作れます」
鈴木まりや 「だて巻?」
岩佐美咲 「だてっぽい卵焼きです。基本食べる方だから」

今井悠理枝 「私は、小学校から海外に行ってて」客、反応
他メン「えー!」「セレブ?」
松井咲子 「今どきの子はそうなの?」客w
今井悠理枝 「去年はクリスマスからお正月にかけて、1人でオーストラリアに勉強しに行ってました」
岩佐美咲 「日本人だから、お正月ぐらい日本で過ごさないと!」客w&拍手
今井悠理枝 「今年はみんなと日付変更線を一緒に」客、ざわ
他メン「?」
鈴木まりや 「初日の出のこと?」
今井悠理枝 「そうです。ちゃんと日本で過ごしたいと思います」

藤本紗羅 「私も福袋を買いに行くのですけど、人が多くて埋もれそうになるんですよ。咲子さんは大丈夫そうですよね」
松井咲子 「どういうこと?」
鈴木まりや 「咲子さんは人ごみの中にいても(すぐにわかりそう)」
松井咲子 「みんなと力を合わせたら一杯買えそうだね」

「私は、お正月って言ったらお笑い番組がいっぱいあるので、毎年長野のおばあちゃん家に行って、見てます」
鈴木まりや 「咲子さん、お笑い大好きだからね」

松井咲子 「しーちゃんは?」

次のメンバー入場。

大家志津香 「お正月何もしたことないです」
鈴木まりや 「いつも通りなんだ」
大家志津香 「何も起きないよ」

メンバーチェンジ。

後半:大家志津香、小森美果、植木あさ香、前田亜美、佐藤すみれ、石田晴香、横山由依、内田眞由美

内田眞由美 「後半のMCは、私にとっての記念日について話したいと思います。 この日にこんなお題なんて、オチがわかりやすい」客、反応

前田亜美 「私は8月23日に昇格した日が一番の記念日かなと思います」客、拍手
佐藤すみれ 「私、その場にいなかった」
石田晴香 「私も」

小森美果 「私はですね、うっちーと美咲となんですけど、ユニットかな?作ったんですよ。でも名前を忘れちゃって」客、反応
内田眞由美 「信号隊でしょ? B公演の1曲目の衣装の色が、私が黄色で、小森が青で、わさみんが赤で、 信号と同じなんですよ」

大家志津香 「あさ香ちゃんは?」
植木あさ香 「私はですね、研究生になったことはありきたりなので。 最初ゆりはむと話さなくて、仲良くなくて。で、ある日を境に仲良くなって」
内田眞由美 「何かしらあったの?」
植木あさ香 「怖かったんですよ」客w

佐藤すみれ 「私は妹がいて、8歳離れた妹なのですけど、生まれたのが8月21日で、妹は私の宝物なので、 妹が生まれた日が記念日です」
大家志津香 「素晴らしい」
佐藤すみれ 「ケンカばっかりなんですけどね。でも愛情の裏返しということで」
大家志津香 「似てるの?」
石田晴香 「似てる。すーちゃんをそのまま小さくした感じ」
佐藤すみれ 「ミニすーです」

石田晴香 「一番最初、初めてこのステージに立った日が3月8日なのですけど、ほんとに みんなに迷惑をかけて」客w
他メン「何公演?」
石田晴香 「B公演です。名前を聞かれて、たぶん「石田さん」って言ったのかな? それから半年くらいずっと 「石田さ~ん、石田さ~ん」って呼ばれて。はるきゃんって名前が付いてたのに」

横山由依 「このステージに初めて立たせてもらった日もそうなのですけど、 小学6年生の時なのですけど、その時に友達と階段を自転車で下りる遊びが流行りませんでした?  階段を自転車で下りて遊んでて、一度、低めの階段があって、慣れてきて、 これは手を放したらできるんだろうかって思って」客、反応
内田眞由美 「ヤバイ」
横山由依 「階段を手放しで下りてみたんですよ。自転車ごと下りて行って。で、どうなったと思いますか?」 石田晴香 「ケガをしたか、無事だったか、ってことだよね。無事だった?」
横山由依 「そうなんですよ。ケガしなかったんですよ」
他メン「奇跡の日だね」

前半チーム、次の曲の衣装に着替えて再登場。

大家志津香 「うっちーは?」
内田眞由美 「なんかあるかな?」そして「今日ですかね」客、拍手
「去年も12月27日に舞台に立たせていただいたのですけど、その時はバックダンサーで(何もお祝いとか なかったのですけど)、なので今年はフル出演させていただいて、こんなにお祝いしてもらって嬉しいです」客、拍手

前田亜美 「いよいよ最後の曲になってしまいました」客、え~

「聴いてください。タンポポの決心」


◆M12.タンポポの決心

緞帳締まる。

■アンコール
「眞由美」コール

■EC明け
山内鈴蘭 「アンコールありがとうございます。山内鈴蘭です」客、拍手

「ありがとうございます。私の特技はゴルフなので」客、反応
「普通の人のスウィングと、私の憧れてる人のスウィングをします。よろしくお願いします」客、拍手

「まずは普通の人からいきます」→ 傘をクラブ代わりにして、スウィングを披露(客、おー&拍手)

「次は、私が憧れてるプロゴルファーのモノマネをします」→ 傘をクラブ代わりにして、スウィングを披露(客、おー&拍手)

「誰だかわかりましたでしょうか?」客「ジャンボ尾崎」w
「正解は、横峯さくらさんでした」客、拍手

「それではアンコール、どうぞ」


◆EC1.B Stars
◆EC2.横須賀カーブ

■MC4(全員)
鈴木まりや 「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

「B Stars、横須賀カーブ、2曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「みなさんのおかげで今日も本当に楽しい時間を過ごすことができました。みなさんへの感謝の気持ちを込めて 歌わせてください。最後の曲、アリガトウ」客、拍手


◆EC3.アリガトウ

メンバー名担当 → 大家志津香


曲終了後、
大家志津香 「本日はご来場、誠にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

大家志津香 「ここで私たちからお知らせがあります。AKB48出演の「マジすか学園」の速報VTRが完成しました!」
他メン「イェー」客、拍手

大家志津香 「この後みなさんに見ていただこうと思います。 「マジすか学園」はですね、私たちAKB48がヤンキーに扮して本格アクションなどに 挑戦していて、すごくかっこいい作品になっているので、ぜひチェックしてみてください」

「それではいつもの挨拶やりましょう」

横一列挨拶。公演終了。


■「マジすか学園」速報VTR上映


■メモ
内田眞由美プチ生誕祭ということで、
・M4「残念少女」にてピンクサイリウム。
・アンコールは「眞由美」コール

■公演後の陰アナ
小森美果 「今日は「マジすか学園」のVTRが今放送されたのですけど、 私も出るのでよかったら見てください。今日はすごい 楽しかったです。うっちーさん、お誕生日おめでとうございます。バイバイ」

■率直な感想
公演自体盛り上がってはいたが、昼公演もそうだったのであるが、だいぶゆる~く感じた。
「えっと何だっけ?」とか「忘れちゃった」とか、そういった発言がこのところ多いかなと思う。

チーム研究生公演はチームではなく、各期から数名ずつ集まって、
一緒のステージで公演やってるだけ、という風に感じた。今日に限って言えば。

今日の内容では、9期は育たないんじゃないかなと思った。
やっぱり9期に関しては、1つのチームとして見たいかなと。


はるきゃん「石田さ~ん」話。
「石田さ~ん」と呼ばれるようになったのは、昨年5月に行われた、初の研究生公演の時に、 某お方がアンコールにて、メンバーコール中「石田さ~ん」と独特な発音でコールしてしまったのが、きっかけだったような。

それ以降「石田さ~ん」と呼ばれるようになったが、その数ヵ月後、 石田さんがキャッチフレーズにて、「世界一かわいい!」と言い始めてから、 「石田さ~ん」は払拭されたように思う。世界一も、石田さ~んも、今となっては懐かしい話。


うっちー、プチ生誕祭。
少し前の公演から「27日は誕生日で」などと話していたうっちー。
合計7~8回くらい聴いたかな? こんなに自分の誕生日をアピールする人も珍しいなと思いつつ。

で、今日当日を迎えたわけであるが、タンポポ前のMCはちょっとクドかったかな、と思った。 昨年はバックダンサー出演で、生誕らしいことはできなかったと話していたので、よほど嬉しかったのでしょうか。

9期が入る前に昇格できて、ほんと良かったと思う。
来年の今ごろは、さすがに新チーム公演始まってると思うので、 きっと正式な生誕祭が行われていることでしょう。今年は歌劇団などに出演し、 来年はさらにどんな活躍を見せてくれるか、楽しみです。


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND