FC2ブログ

【速報版】塩月希依音 13歳の生誕祭レポート

2018年12月19日 NMB48劇場 チームBII「恋愛禁止条例」公演 18時15分開演

181219 0873


◆仕切り:中川美音

南羽諒からのお手紙
希依音へ

お誕生日おめでとう。

お手紙を書かせてもらえるって決まった時、希依音との記憶を思い返していたら、手紙に書ききれないくらいたくさんのエピソードが出てきて、なぜか1人でずっとニヤニヤが止まりませんでした。

希依音とはドラフト会議が終わった後の控え室で初めて話したね。その時「希依音だけ小学生や」って不安そうに言っていたのを覚えています。

初めの時はそんなことを言っていたのに、今では誰よりも羽諒のことをいじってきて、元気よく突進してくる希依音の変化にビックリしています。

いつも希依音らしく私のところに来てくれるのは凄い嬉しいです。でも突進してくる時は前もって言っておいてください。私はそこまで若くないので、いつも心臓が止まりそうになります。

チームが同じで、ホテルの部屋も一緒になることが多くて、気づいたら希依音がいつも隣にいて、テレビの笑うタイミングは全然違うのに、こんなに気が合って笑えるのがほんとに不思議です。

「羽諒の方が希依音より年下みたい」とよく言われるのは、私的には「あれ?おかしいなー」と思うけど、希依音とだからこそ作れた関係性だと思います。

ファンの方の目に姉妹みたいに映っていることが凄く嬉しいし、もっと希依音と深い仲になりたいなーと思っています。

ふざけて遊んでいる時も多いけど、私がしんどくなったり、落ち込んだりしている時はいつも声掛けてくれて、何も言わずに隣にいてくれてありがとう。

希依音には自然と頼ってしまいます。けど、希依音も私に頼ってほしいです。希依音が泣いているところを見たことがないし、いつも元気にみんなと話していて、気使ってないかな?とか、ほんとはしんどかったりしてないかな? 居心地悪くないかな?って考える時もあります。

誰かに助けを求めたい時、私のことを思い出して頼ってくれたら嬉しいです。

希依音らしくこれからも一緒に頑張ろうね。

まだまだ若い、希依音の未来は明るいぞ。希依音にとって、いい1年になりますように。

誕生日おめでとう。

羽諒より


ある方からのお手紙 (代読:石塚朱莉)
希依音へ

13歳のお誕生日おめでとう。

ファンの皆様、マネージャーさん、スタッフさん、そしてメンバーの皆さん、希依音がいつもお世話になり、ありがとうございます。

私は希依音のパパの従兄弟で、パパの会社の社長をしています。希依音からは社長さんと呼ばれているので、そう呼ばせていただきます。

当初アイドルには全く興味がなく、小さい時から可愛かった希依音に「私が好きなNMB48に入ってみないか?」と劇場や握手会に連れ回し、少しずつNMBに興味を持たせていき、次は「ダンスのレッスンやってみる?」と誘惑して、知人のアーティストに個人レッスンを頼み、徐々にアイドルの世界へと導きました。(ざわw)

体を動かすことが大好きな希依音はどんどんダンスを覚えて、踊ることが楽しくなってきたと、気持ちが変化してきたので、じゃー社長さんが全力でサポートするからNMB48を目指してオーディションを受けてみようと申し込んだのが第3回ドラフト会議。書類審査を通過し、東京へ一次審査を受けに行った時に、一次面接の自己紹介の挨拶では「大阪からてっぺんとりにきました!」と宣言し、そのあと次々に審査を通過し、候補生に選ばれました。

SHOWROOMでは普段喋らない希依音が、まーペラペラと喋るのには家族みんなでビックリしましたが、それが希依音の居心地のいい場所だったのですね。

それから一生懸命努力し、最年少が年上のお姉さんたちに混じり、小さな体で大きなパフォーマンスを見せ、ファンの人たちから自分が希望するNMB48チームBIIに指名していただき、憧れのNMB48に入ることができました。

NMB48に入ると、社長さんから「挨拶を誰にでもちゃんとする、日々努力しファンを大切にしなさい、受けた恩は絶対に忘れない」と言われたことをしっかりと守り、努力をし続けた結果、先輩にチャンスを与えてもらったのをきっかけに、福岡公演やチーム公演、研究生公演でいいポジションをいただき、そして彩さんのシングル選抜に大抜擢され、皆様のおかげで普通の中学1年生では経験できないことをたくさん経験させてもらえていますね。日々感謝です。この気持ちを忘れずに。

でもこれから挫折も経験するでしょう。涙をこらえ、歯を食いしばり、調子に乗らず、常に初心を忘れずひたむきに努力して、自分が目標にしている「見てる人をワクワクさせるアイドル」となり、てっぺんを目指す覚悟を持って前を向いて進めば、挫折もいい思い出になるはずです。

社長さんはこれから希依音をサポートするので、ファンの皆様や先輩メンバー、同期の仲間、スタッフさんに支えられ、後輩を支え、さらに成長してください。

今日は素晴らしい生誕祭を準備してくださった実行委員の皆様、NMB48のファンの皆様、先輩メンバー、ドラ3同期、マネージャー、スタッフの皆様、本日はどうもありがとうございます。家族一同心より感謝しております。

まだまだ幼く世間知らずで自分勝手な振る舞いも多々あるとは思いますが、打たれ強い子なので、ダメな時はダメと叱ってください。どうぞこれからも希依音をよろしくお願い致します。

社長さんより

あっ! 最後に。私は生涯さえぴぃ推しです(客笑) 希依音ごめんねー。


◆メンバーより色紙のプレゼント (イラスト:井尻晏菜)


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
塩月希依音「本日は劇場に足を運んでくださった皆さん、DMM配信、モニター観覧をご覧の皆さん、スタッフの皆さん、メンバーの皆さん、そして今日生誕祭を開いてくださった生誕委員の皆さん、ありがとうございます」拍手

「私は2018年の1月21日の第3回ドラフト会議で、このチームBIIに指名させていただけました。今年は初めてのことばっかりで、少し大変だったり、不安だったりもしたんですけど、それ以上に私の中では楽しかった思い出が多かったと思ってます。

理由はまぁ色々あるんですけれど、あんちゅさんのソロ公演や、りなっちさんのソロ公演に出させていただいたり、選抜の方とツアーを一緒にまわらせていただいたり、研究生公演の初日メンバーに選んでいただいたり、そして19枚目シングル「僕だって泣いちゃうよ」のシングル選抜に選んでいただいて、凄く楽しい1年を過ごせたと思ってます。

シングル選抜に選んでいただいた時は、入ったばかりの私が選んでいただいてもいいのかなとか不安になったこともあるんですけど、でも握手会やSHOWROOMで、あとブログのコメントとかでファンの皆さんが自分以上に喜んでくださって、で、応援してくださって、凄い楽しく活動することができました。いつもありがとうございます」拍手

「そして、今年の目標は、「1月1日の大組閣で昇格したい」と言いたいのですが、まだちょっとそこには届いてないかなと思うので、まずはこのNMB48のことを深く知りたいと思います。そのNMB48を深く知るということが私の中ではまずはじめにやらないといけないことかなって思うので、このNMB48のことをよく知る1年にしたいなと思ってます。これからも元気に頑張りますので、応援よろしくお願いします!」拍手

※2分11秒

中川美音「希依音は凄いいつもニコニコしてて、でも凄く頑張り屋さんで、みんなのこといつも見てくれてて、ほんとにまだ加入して1年も経ってないのにこんなにしっかりしてて、ほんとに尊敬することばっかりで、私たちも頑張らないとなっていつも思っています」

森田彩花「社長さんがさえぴぃ推しって?」
村瀬紗英「希依音がドラフト会議に立候補する前に握手会に一緒に来てくれてて。ドラフト会議の間も来てくれてて。「希依音がんばれ!」ってずっと応援しててん」










本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND



AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND