FC2ブログ
IZ*ONE 1stアルバム BLOOM*IZ 2月20日発売 new2.gif
AKB48 57thシングル 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C | 長久玲奈 1stミニアルバム My Own Way [ミュージックカード]
NMB48 3 LIVE COLLECTION 2019 Blu-ray Disc / DVD | HKT48 8th ANNIVERSARY Blu-ray Disc / DVD

【速報版】竹内彩姫 19歳の生誕祭レポート

2018年12月5日 SKE48劇場 チームKII「最終ベルが鳴る」公演 18時30分開演

181205 1234

◆仕切り:北野瑠華

ある方からのお手紙 (代読:高木由麻奈)
彩姫ちゃん、19歳おめでとう。

18歳はどんな1年でしたか?

同じタイミングでSKEに入った私たちだけど、ここ1年くらいかな? こんなにも距離が縮まるなんて思ってなかったよ。知れば知るほど好きになって、いつの間にか私にとって数少ない本音を話せる存在です。

でも、彩姫ちゃんを見ていていつも思う。我慢してるんじゃないかな? 無理してるんじゃないかな?って。

「私はポジティブなんですー」ってニコニコ明るく彩姫ちゃんだけど、こんな彩姫ちゃん見たことないってくらいに静かで元気がない姿をなんだか見かけました。

それでも自分の理想とするアイドルの姿、アイドルはこうじゃなきゃいけないって自分を押し殺して、苦しかったことなんて山ほどあると思う。

そんな中でも「あっ、ブログ書かなきゃ」って、SNSの更新を怠らない姿や「あっ、新ポジだ」ってダンスの練習をする姿、何の弱音も文句も言わずに頑張り屋さんで我慢強くて尊敬するところばかりです。

頑張り続けること、継続することは簡単なことじゃない。それをずーっと続けてる彩姫ちゃんは凄い。だからたまには自分を褒めてあげてね。

6期生ももう後輩のほうが多くなり、色んなことを任されることが多くなってきたけど、まだまだこれからだし、彩姫ちゃんはまだ19! 若い! 素敵! 未来しかないよ! 若い子に負けず頑張ろう(笑)

そしてまた一緒にお芝居したいね。刀使ノ巫女、またやりたいね。その日までお互いの場所で頑張ろう。

最後に。手紙を書かせてくださった彩姫ちゃんファンの皆様、ありがとうございます。

あっ、彩姫ちゃん泣かすようなことしたら許さないからねー(宇宙人・ハート・笑)

ずっとずっと彩姫ちゃんを守ってあげてください。

北川綾巴より

竹内彩姫「嬉しい。今年は交換ということになりましたね。私、綾巴のお手紙書いたので。ありがとうございます」

北野瑠華「普通ならここで終わりなんですけど、実はまだあるんです。さー、読んでくれる方」
松村香織「はーい!」拍手
竹内彩姫「ビックリ」
松村香織「もう遺言になりますね」
高柳明音「やめてやめて」


松村香織からのお手紙
彩姫へ

お誕生日おめでとう。

去年これがほんとに最後の生誕祭だと思って参加したのに、今年もなぜか参加をして、こうしてお手紙を読んでいます。でも本当に今年が最後。悔いのないように書きたいと思います。

ちょうど2年前の彩姫の生誕祭でお手紙を書いた時を思い出します。その頃、初めて「金の愛、銀の愛」の選抜に選ばれたばかりの頃でしたね。

そしてこの期間をどう過ごすかでこれからのSKEでの立ち位置が変わってくると思いますと私はお手紙に書きました。

2年経った今もこうやって彩姫は実際に選抜に入り続けています。

これは彩姫が頑張った結果であり、ファンの皆さんが離れずに支えてくれていたからだと思います。

私から見ると彩姫はもう選抜安定なイメージだし、ファンの方も昔ほどそこまで危機感があるわけではないと思います。

※客「そんなことないよ」

でも、こう安定になってしまうと彩姫自身もファンの方もなかなかモチベーションも上がりづらくなりますし、ファンの方に対しても色々と煽りづらくならないかなと思っています。私はたぶん煽りづらいなと個人的には思ったりもします。

そしてですね、ここ最近の彩姫を見ていると、彩姫にとって色々と難しかったり悩む時期にきているのかなーと思います。

ちょうどこの間ゆっくり2人で話す機会があって、彩姫の今の考えとかを聞く時間がありました。

自分が本当に思っていること、悩んだりしていることも隠さずに伝えたりしてもいいんじゃないかなって思います。

握手会にも彩姫のファンの方がたくさん私の所に来てくれるから思いますが、どんな竹内彩姫でも愛してくれるし、ついてきてくれる素敵な人たちです。もっと甘えてもっとワガママになっていいと思います。

あと、自覚もあると思うけど、他の6期生が「私たちがこれから引っ張っていきます」っていう意思表示をしている中で、一歩下がった位置に自ら行っているなって感じます。

みんながみんなグイグイしている必要はないと思うし、意見を言う必要はないと思うけど、ここぞっていう時には言いづらいかもしれないけど自分の見え方とかを気にせずにちゃんと言えるようになってほしいです。

先輩にも後輩にも挟まれていて、両方の意見や考えを聞いて大変だったりすると思います。

いい意味で先輩と後輩を繋ぐ役割を彩姫にはきちんとしてほしいと思います。

そして、そのうち入ってくる9期生のこともしっかりと、古参じゃなくて6期生たち、新しい子が見てあげてほしいなと思っています。

今までのアプローチの仕方プラスαで安定の位置からもう1つ上のステージへチャレンジして、今日いるファンの方たちと共にまだまだ上を目指してほしいと思います。

彩姫のやりたいことができる1年、そしてこれから先に繋がる、そんなような素敵な年にどうかしてください。

松村香織より


お手紙の感想や今年の抱負をお願いします
竹内彩姫「まずはこんな素敵な生誕祭を開いてくださったファンのすべての皆様、本当にありがとうございます」拍手

「今年は今までで一番スピーチが思い浮かばない年だなって思いました。何でかなって考えたら、一番、よくも悪くも安定した年になったからなんじゃないかなって思います。

相変わらず、初選抜からはずっと選抜に入れていただいているけど、ずっと立ち位置は3列目、4列目、一番後ろで、んー、入れていることはありがたくて、未だに自慢でもあるけど、そこから抜け出せない、ずっと同じ位置にいるなって凄く思いました。

選抜総選挙は去年の56位から今年は51位っていう順位をいただいて、去年より票数も順位もアップして、初めて私自身、曲のフロントに立つことができました。今年の、それはほんとに自慢だなと思いました」拍手

「ありがとうございます。フロントに立てるかどうかはやっぱり運っていうところもあると思うんですよ。だから、私はじゃんけんが意外と強いので、そういうところは推しに似たのかなって思いました。本当にありがとうございます。

えーっとですね、去年私が目標を提示したものとしては舞台にもう一度出るっていうのは、冬に舞台「オサエロ」っていうのが大阪公演に出場…出場じゃない、出れたり、「Passion For You」の企画で刀使ノ巫女っていう舞台に皆さんが投票してくださったから出ることができました。私の目標を叶えてくれたのはファンの皆さんです。本当にありがとうございます」拍手

「ありがとうございます。でも、12人選抜に入りたいって言ってたけど、それは叶わなくて、愛知トヨタ選抜だったり、そういうチェーン店のね、広告の選抜だったり、そういうのには入ることはできなくて、何て言うんですかね、んー、これもまた安定して入れないんだって思ったりしたので、そこは悔しいなって思いました。

来年の目標を聞かれると、私は今凄く悩みますし、困ります。

今まではわかりやすい目標があったから、「選抜に入りたい」って言ったら総選挙でファンの方が押し上げてくださったり、「総選挙で上目指したい」って言ったらファンの方がランクアップさせてくださったり、ファンの方のおかげで私の目標はどんどん叶っていくなって思ったんですけど、なんですかね、今年はもちろん選抜には居続けたいし、前にも行きたいし、総選挙があって私が出るっていう決断をするならば今の順位よりかはアップしたいんですけど、でも今年はそういう目標じゃなくて、せっかくアイドルになれたんだから、もっとアイドルらしい活動をもっと大切にしていきたいなと思ってて。

総選挙とか選抜とかはもちろんのこと、何だろう、やっぱりアイドルになれたので会いに来てほしいんですよね。会いに来たり、遠くにいてもSNSでコメントしてくださったり、何だろうな、もっとファンの方に思い、私は思う、なんですか、思い思われる関係になったらいいなって思ってます。

こういう目標を提示したらファンの皆さんは今までの具体的な目標ではないので戸惑ってしまったり、「なんだよコイツ」って思うかもしれないんですけど、私は、今の私は「センターになりたい」とかそういう目標じゃなくて、アイドルとしての自分をもっと磨いて、アイドルとしての私をもっと応援していただきたいので、そこを尽くしていきたいなと思ってます。

あとは、舞台に出演できたことで、もっと舞台に立ちたいっていう思いが芽生えたり。入った時は女優さんとか全然興味がないっていうのはあれなんですけど、夢とか全然なかったんですけど、今は私は舞台にもう1回立って、来てくださる皆さんをアイドルのとき同様、何か思ってくださったり、何か心を動かせるような人になれたらいいなって思ってます。

なんか、こんな目標で戸惑う方ばかりだと思うし、こんな私についていきたいって思ってくださるかは不安だけど、難しいことをいっぱい聞かれる1年で、「これからのSKE48をどうしたい?」とか「こうするためには何が必要だと思う?」とか、番組とかメンバーとかスタッフさんとか色んなところから聞かれる1年になって、それの答えは、正解はないと思うんですけど、イマイチわからなくて。

でも一番はファンの方が笑顔でいればそれでいいと思うんですよ、私は。なんか、こうしたほうがこうなるとか難しいことを考えるよりかはファンの方の笑顔のために動くのがアイドルとしての第一の感情っていうんですか? 第一の目標なのかなと思うので、誰1人悲しい思いをさせないように、私は私のアイドル像の理想があるので、なんか、「見せてよー」とか「内側もっと見せてよ」って言われるんですけど、けっこう内側見せてて。

ほんとに裏ではそんな悩むこともなく平凡に過ごしているので、皆さんのおかげで。なので、なんですかね、表で出てくる私を信じてこれからもアイドル竹内彩姫についてきてほしいなって思ってます」拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます。なんか、私、最近凄く不安になりつつあるんですよ。なんか、私のファンだと思ってた人が握手会で違うレーンに行ってたり」客笑

「あとは、755とかそういうツールのアイコンが今まで私だったのに全然知らない方になってたり」客笑

「何て言うんですかね、なんか、言葉で言っても行動に出ちゃってるんですよね。だから、そういうところで不安になったりしたんですけど、なんかもう私のファンは数人しか、ほんとのファンって言ってくださる方は数人しか残っちゃいないんじゃないかって思ったりもしたんですけど」

客「そんなことないよ!」

竹内彩姫「言ったな!」客笑

「違うんです。それで、でも今日の生誕祭がくるのは凄く嫌で不安でありつつも、来てくださったら安心に変わるだろうなって思ってた生誕祭なので、今日来てくださって、ピンク2本のサイリウムを振って「私推しだよ」って意思表示をしてくださる皆様を見ると凄く安心します。

あとはDMMだったり、色んな関係で来られなかったさきぽんずのみんなもいるんだよって、色んなところで握手会で聞いたりだとか、SNSで「明日は行けないけど」ってコメントしてくださった方がいたりだとか、なんか、1人じゃないんだなってちゃんと思いました。

だから、今年は初めて9期生が入ってくるって言ってもあんまり不安じゃなくて、今まではきっとSHOWROOM配信してたら覗きに行ってたと思うんですよ。誰がどの子チェックしてるのかなとか。だけど今年はそれを1回もしたことがなくて。たぶん私は心底ファンの方を信じてるんだなって思うので。

でも可愛い子がいて好きになるのわかります。一緒ですね。だけどその中でもやっぱり私が好きで一番であったらいいなっていうワガママを私は持ってます。何で笑ったの?」客笑

「どうですかね? アイドルとしての私をこれからも見てほしいし、内面、彩姫の中の中を知りたいじゃなくて、アイドルの竹内彩姫をこれからも応援してくださったら嬉しいなって思います。

はい、なので、来年の目標はアイドルで居続けることと、卒業を悩まないようにしたいなって思ってます。

香織さんとかには正直に言ったんですけど、卒業を凄く考えていて。いつからかなー。もう卒業したいっていうか卒業したほうがいいんじゃないかなって思う瞬間が何度もあって。でもその度にファンの方の存在だったりとか話を聞いてくださる先輩だとか仲間が引き止めてくれたり、「まだいたほうがいいよ」みたいな。「まだいるべき存在だよ」って言ってくれるのが救いで。そういう存在の方がいなかったら私は今日ここで卒業発表してたのかなって思います。

だけど、いったん気持ちがストップされてるので、今、今年いま現在。なので、今年は卒業を考えないような1年にしたいなって思ってます。

今の現状は幸せだし安定してるんですけど、この一歩先を行けるアイドルになれたらいいなと思ってます。これからも私についてきてくださると嬉しいです。これからもよろしくお願いします」拍手

※10分17秒

竹内彩姫「ありがとうございました、今日は」
北野瑠華「そうですね、ポジティブなさきぽんでもやっぱり悩みとか不安に思うこととかあると思うけど、さきぽんはファンの皆さんからもメンバーからも愛されてる人なので、きっと19歳の1年も幸せな1年になると思うので、楽しいSKE人生を一緒に歩んでいきましょう」

竹内彩姫「あっ、さっき言おうとしてたとこ1個忘れた。やっぱり今年中に6期でZeppやりたい。具体的な目標あったよ。個人はアイドルとしての私をもっと…なんですけど」
北野瑠華「今年は無理だ」
日高優月「ちょっと押さえられないかもしれないです」
竹内彩姫「じゃー来年の誕生日あたりまでには」
北野瑠華「さきぽんの19歳の間にってことだね」
竹内彩姫「そうですね、やりたいのよ」拍手

「あの、私推しじゃなくても6期推しって言ってくださる方もたくさんいるので、6期にしかできないって、今の6期にしかできないって言ってくださる方もいるので、近々ね、できたらいいなと思いますので、いっぱい皆さんも発信してくださったら大人の方も動きやすいかと思いますので。言うのは凄く大切だと実感しました。なので言います、6期生でZeppをやらせてください。よろしくお願いします」拍手

小畑優奈「彩姫さんはいつも周りを見ていて、思ったことは言ってくださるし、でも悩んでたら一緒に考えてくださって、そうですね、私みたいな後輩は特にだと思うんですけど、ダンスとか苦手なことがあると彩姫さんはできるまで一緒にやってくださったり、本当に頼りになる優しい先輩です。そんな彩姫さんと共にチームKII 20名、もっともっと支え合い成長していきたいと思います」


一列礼後、捌ける直前に
竹内彩姫「今の私にはこんなにも私を笑顔にさせてくれるファンの皆さんがいて、こんなにも私を笑わせてくれるメンバーがいて、凄く幸せだなと思います」拍手

「ありがとうございます。私は、さきぽんずのみんなが幸せじゃないと私も幸せじゃないので、みんなが1人1人が幸せな1年になったらいいなと思ってます。これからもそばにいてください。いつもありがとうございます。今日はありがとうございました」拍手













本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND







遠征の交通手段、宿確保に…



dTVチャンネル