FC2ブログ

【速報版】菅原りこ 18歳の生誕祭レポート

2018年11月27日 NGT48劇場 チームG「逆上がり」公演 18時30分開演

DtAYgftVYAASc8l.jpg


◆仕切り:角ゆりあ

ある方からのお手紙 (代読:本間日陽)
りったん、生誕祭おめでとう。

そうか、りったん18歳になったんだね。

初めて会った時は何だろう、不思議な子って印象だったよ。

まぁ、そういう私もかなり不思議だけど。

今回りったんの生誕祭でのお手紙のお話をいただいた時は正直ビックリしました。

最初、マネージャーさん(諏訪さん)から連絡いただいて、いきなり何事かと。だって、新潟のNGT48に行かれたマネージャーさんからの連絡ですから、また怒られるのかと思いましたよ。何かやらかしたかなって一瞬心配になりました。

でも、内容が生誕祭のお手紙のことでほっとしました。でも、よく考えたら正直私でいいのかと思ったよ。

たしかりったんと初めて会ったのは加藤玲奈さんのプロデュースされてるれなっち総選挙、2017年劇団れなっちの舞台メンバーに選ばれた時だったよね。

りったんって私から見てすっごくほんわかしていて、マイペースで、不思議なザ・アイドルっていうイメージでした。あっ、私とは真逆のタイプの子だと確信しました。

そんな子がどんな役を務めるんだろうと思っていたら、なんとりったんはまったくタイプの違う、小難しくて、悪だくみをするマキューシオ役。しかもマキューシオは台詞が多い!

稽古中、うまく台詞をスラスラ言えず、凄く悔しそうな表情を見て、こんな表情もするんだとビックリしました。

それからきっかけはわからないけど一緒にお喋りしたし、お互い台本を読み合ったり、ご飯を食べに行ったり。

りったんとご飯と言えば、初めてりったんとラーメンを食べに行った時、食べきるのに30分ぐらいかかって麺が伸びてしまったのを覚えています。(客笑)

さすがマイペースな子だなと感心してしまいました。

あっ、そうだ、りったんと知り合ってからりったんのことを調べたりはしなかったけど、昨日初めてエケペディアを覗いてみて笑ってしまったことがあったよ。

性格、趣味のところで長所が天然、明るいってあって、その通り!って思って。短所は人との距離感が掴めないところと書いてあり、「えっ?私と同じやん」ってなり笑ってしまいました。お互いにそこのところは成長したいね。

私はつい最近やっとのことで研究生から昇格させてもらいました。りったんはNGTの1期生としてみんなを引っ張る立場だよね。これからも持ち前の明るさとなんとも言えない空気感を活かして頑張ってね。

私もりったんとお仕事したいから実力つけるために頑張るから待っててください。

この度はりったんの大事な生誕祭のお手紙を書く機会をくださった生誕委員の方々、ファンの方々に感謝しております。本当にありがとうございました。

りったんにとって18歳の1年が素晴らしい1年になりますように心から願っています。

最後に。りったんのファンの皆さんへ。皆さんの推しは最高です!

SKE48 深井ねがい

角ゆりあ「お手紙どうでしたか?」
菅原りこ「なんかまさか、ねがいちゃんから手紙が来るとは思ってなかったのでとっても嬉しいです。本当にありがとうございます」拍手

「そうですね、ねがいちゃんとはれなっちさんの劇団で、舞台の中で仲良くさせていただいたんですけども、ねがいちゃんがSKE48のチームEに昇格できた時に私はほんとにもう嬉しすぎて涙が出てしまいました。本当にこんな風に手紙を書いてくれたねがいちゃんにはほんとに感謝してるし、今までのこの、一緒にラーメンとか食べても、私が時間をたくさん取ってしまって、麺も伸ばしてしまって」客笑

「ほんとに協力して食べてもらったんですが(客笑) 「もうゆっくりでいいよ」って待っててくれたねがいちゃんは本当に優しいなと思って、ほんとに私の、ほんとに一番の、ほんとにSKE48の友達です。本当にありがとうございます」拍手


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
菅原りこ「こんなにもたくさん本当に応援ありがとうございます。生誕祭もこんなに素敵なところで開いてくださり本当にありがとうございます。本当にありがとうございます」客笑 → 拍手

山口真帆「みんな一緒」

菅原りこ「ありがとうございます。そうですね、17歳ではたくさん悔しかったことや嬉しかったことがありました。その中で私の一番の支えになってくれたのはファンの方々で、私が総選挙で悔しい思いをして、ほんとに皆さんにもほんとに悔しい思いをさせてしまいました。

SHOWROOMでちょっと泣いてしまったりと皆さんには本当に、凄いご迷惑をおかけしたなーと本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけども、皆さんと一緒に新しいチームさくらんぼの輪という意識を私、今年の18歳は私の目標に決めて、そして私の力だけではチームさくらんぼの輪が1万人にならないなと思い、 皆さんにSHOWROOMなどで一緒に協力してチームさくらんぼの輪を一緒に広げてくださいと言いました。

そしたら皆さんが温かく「協力するよ」って、「一緒に頑張ろうね」と声をかけてくださいました。本当に私はそれを聞いてとっても私は幸せ者なんだなと改めて凄い感じることができました。

私を応援してくださる方がいつまでもいつまでも幸せで笑顔いっぱい溢れる、そんな年にできたらいいなと思います。

そして、やっぱり感謝することは、総選挙、楽天の推しメンさんで1位という順位をいただけたことです。本当にありがとうございます」拍手

「ありがとうございます。私はこの推しメン総選挙で1位をさせていただいて、それから凄いなんか幅広くお仕事がもらえるようになって、そして舞台など、そしてたくさんのちょっとした演技のお仕事とかにも選ばさせていただいたりととっても大きな経験ができています。本当に皆さんありがとうございます。

そしてやっぱり私が一番嬉しかったのはじゃんけん大会での温かい、とっても大きな声援でした。私が、そうですね、私がこう1回戦で負けてしまってすみませんと皆さんに握手会やSHOWROOMなどで言ったのですが、皆さんはほんとに「僕たちをこの場所に連れてきてくれただけでほんとに感謝の気持ちでいっぱいだよ」って言ってくれたことがほんとに嬉しかったです。

私はこう1回戦負けてしまったことを悔やんで、ずっとずっと泣いていました。ですが皆さんのその温かい言葉で私はまた立ち直ることができました。本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。そして、はぁ~~」

客「頑張れ」

菅原りこ「…はい、そして、皆さんが私に温かい言葉を何十回、何百回とSHOWROOMや握手会などでたくさん言ってくださって、私はとっても感謝の気持ちでいっぱいです。そんな皆さんに私ができることは、やっぱり皆さんに笑顔や元気をいっぱいいっぱい届けられる1年にして、皆さんと一緒にたくさんのいい思い出が作れるように、この18歳1年間頑張っていきたいと思います。本当にいつも応援をありがとうございます」拍手

「この私が目標としているチームさくらんぼの輪という輪が1万人に、ゆっくりでも、1つずつでも、ちょっとずつでも近づいていけるように本当に頑張りたいと思っています。

そして、私の18歳は絶対に夢に負けず、そしてずっとまっすぐに進んでいけられるような素敵な素敵な年にして、やっぱり私の絶対に叶えたい夢であるソロコンサートを」

客「おー」

菅原りこ「絶対に時間がかかってもやりたいと思っています。まだまだ程遠い私の夢ではあるのですが、一緒に追いかけてくれたら嬉しいです。まだまだの私なのですが、これからも応援よろしくお願いします」拍手

「ありがとうございます。それでは私がSHOWROOMで言っていた英語で一言言いたいと思います。

チームさくらんぼ is my precious treasure!」拍手

「チームさくらんぼの皆さん、とっても大好きです。本当にありがとうございます」

山口真帆 → 涙

菅原りこ「本当に皆様、いつも応援ありがとうございます。これからもよろしくお願いします」拍手

「ありがとうございます。17歳ではとても皆さんにご迷惑をおかけしたり」

客「そんなことないよ!」

菅原りこ「いやいや、ほんとに。そしてメンバーのみんなにもちょっと迷惑かけてしまったり」

メンバー「そんなことないよ」

菅原りこ「あとはスタッフさんにもご迷惑をおかけしてしまったりと、とても反省する点もたくさんあるので、18歳では感謝の気持ちいっぱいで、笑顔いっぱいにできる、そんな年にできたらいいなと思います。これからも一緒に私の夢を一緒に追いかけてくださると嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします」拍手

※7分52秒

山口真帆「ほんとにいい子だなと思って(涙)」



















本日23時よりアーカイブ配信開始
NGT48 LIVE!! ON DEMAND















遠征の交通手段、宿確保に…
dTVチャンネル