FC2ブログ

【速報版】中川美音 16歳の生誕祭レポート

2018年11月19日 NMB48劇場 チームBII「恋愛禁止条例」公演 18時30分開演

181119 1728


◆仕切り:石塚朱莉

武井紗良からのお手紙
美音へ

お誕生日おめでとう。

今年はありがたいことに私がお手紙を書かせていただきます。

何を書こうって考えた時に、美音の可愛いところを箇条書きでひたすら書いていこうとも思ったんですが、ここに集まってくれるファンの皆さんは私よりも可愛いところをたくさん知ってるかもしれないので、私は他のことを書きたいと思います。

今となってはファンの皆さんも驚くかもしれませんが、美音が加入したての頃、初めて美音が公演に出演することが決定し、振りを揃えるために休日にメンバーで集まってレッスンをすることになった日に、レッスン終わり私にブチ切れられたのを覚えていますか?

当時の美音はこの日までに覚えてこなきゃいけない振りを覚えられず、大きな声で返事もできなくて、「お仕事だから最低限の言われてくることは覚えてくること、聞こえるように返事をすること、しっかりお礼を言うこと」私も美音のためを思い、嫌われる覚悟で怒りましたが、中学生だった美音には言い過ぎてしまったのではないかとずっと気がかりでした。

でも美音は怒られた次のレッスンでは完璧に振りを覚えてきて、返事も大きな声でしていて、レッスン終わりにはしっかりとお礼を言えていました。私にとってはそれが凄く嬉しかったです。

そんな美音にも後輩ができて、休日返上してつきっきりで後輩に振りを教えてあげたり、「この子が久しぶりに公演に出演します。この子が久しぶりにポジションに入ります」誰が頼んだわけでもないですが先輩に言ってくれます。

加入当初は自分が久々のポジションで不安だとか、言い難かったりするので、このさり気ない優しさに救われた人がたくさんいると思います。

美音は凄く周りをよく見ていて、自分のことのように心配してくれます。簡単なことのようにも思いますが、さり気ない優しさで人を救うことは誰にでもできることじゃないです。

人の心配は凄くするくせに自分のことは後回しにしちゃう美音。そんな美音も今の現状だったり、自分の置かれている立場だったり、アイドルをしていると悩むことがあると思います。

もしかすると今は思ってないかもしれないですが、いつか絶対に嫌になって「もう辞めてしまいたい」って思うことがあると思います。

星の中には大きくキラキラしている星もあるし、小さく光っている星もあります。大きく光ってるのが一等星で、小さく見える星が六等星です。六等星は一等星に比べてまだ弱い輝きかも知れないけど、六等星だって輝いています。

六等星だって輝いていれば、見てくれる人は絶対にいます。前へ前へと近づいて、大きく光る、いつか一等星になれるように頑張りましょう。

頼りないおバカな先輩かもしれないけど、できる限りのことをしてあげたいと思っているのでいつでも頼ってくれると嬉しいです。

美音にとって素敵な1年になりますように。

改めてお誕生日おめでとう。



父からのお手紙 (代読:上西怜)
美音ちゃん、16歳のお誕生日おめでとう。

思えば昔から人に挨拶をするのが苦手で、隠れてるような子だったので、まさか自分からNMBに応募するなんて、初め聞いた時は冗談だと思いました。

ビックリ、受かっちゃったなんて。俺より先にアイドルになるなんて、もうビックリでした。

でもそこからがなかなか認めてもらえず、悔しい思いもいっぱいしましたね。同期のみんなは色々と活躍してる中、つらいこともあったよね。特に家族内では『最高』という言葉は禁止ワードになっちゃってたよね。

なんだかんだ悩んだこともあったけど、アイカブ選抜発表は家族3人で盛り上がりましたね。結果「9位」とか驚きの数字を叩き出して、飛び跳ねて喜んだよね。

美音はネガティブ発言が多いけど、少しは結果も出せたし、もう少しだけ自信を持ってもいいのかなって思う。

俺はね、美音のことはNMBのリーサルウェポンだと思ってるので、これからはポジティブに考え方を変えていった方がいいと思うよ。

努力は結果を裏切らないと思ってるので、これからも努力し、頑張ってください。

もっと書きたいことがあるけど、やばーい話になるので、家帰ってからねー。

最後になりましたが、NMB48のファンの皆様、生誕委員の皆様、運営スタッフの皆様、最高級のメンバーの皆様、本日は公演内で美音の生誕祭を開いていただき、ありがとうございました。これからもどうか美音のことは見落とさんといてな。

みんなのなっくんより(父)


◆メンバーより色紙のプレゼント (イラスト:井尻晏菜)


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
中川美音「繰り返しになってしまうんですが、こんな素敵な生誕祭を開いてくださった生誕委員の皆さん、そして劇場に足を運んでくださっている皆さん、DMM配信、モニター観覧をご覧の皆さん、そしてメンバーの皆さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「15歳は色々考える年だったんですけども、あんまり嫌な話をしたくはないので、嬉しい話だけに今回はしたいと思います。

まず1つ目嬉しかったことは地上波に出れたことです。これは皆さんも凄く喜んでくださって、反響があったので。ほんとにドッキリ番組に最初出れてほんとに嬉しかったし、私も凄くいい経験になりました。これもまた皆さんのおかげなので、ほんとにありがとうございます」拍手

「そして私の中で一番嬉しかったことはアイカブさんのユニット選抜決定戦っていう企画で9位をいただいたことです。私はアイカブをずっとやってて、この企画の話がきた時に凄く迷ったんですけど、やっぱりここまでいっぱいやってたからにはチャレンジしてみたいなと思って、どんな結果であっても私の中ではいい経験になるかなーと思って参加させていただいたんですけど、まさか9位なんてなると思ってなくて、調子に乗って「一桁狙いたいです」とか言っちゃって、本当に大丈夫かなって心配してたんですけど、皆さん凄く頑張ってくださって、わからないこともお勉強してくださったり、私のSHOWROOMで色々、私の苦手な説明を聞いて、理解しようとしてくださって、ほんとに皆さんがここまで連れて来てくださった順位だなと思ってほんとに感謝…感謝より上の言葉がほしいぐらいほんとにありがとうございますって何回、何回でも言いたいし、この想いが皆さんに伝わってほしいなと思います。

AKB48さんの54枚目シングルのタイプEに収録されています「夢へのプロセス」是非皆さんにチェックしてほしいし、聴いてほしいなと思います。よろしくお願いします」拍手

ほんとに、このアイカブさんの話が私の中で一番大きくて。皆さんも凄く喜んでくださって、握手会でも「おめでとう! 良かったね!」って言ってくださったんですけど本当に、本当に皆さんが頑張ってくださったからここまで来れたと思うし、私1人の力じゃないし、あの豪華な選抜メンバーさんの中に1人「誰?」って人が混じってると思うんですけど、本当に、私チーム曲除いてNMBのカップリング曲MVは1曲も参加してないんですけどAKBのMVは参加してるっていう、ちょっと変な感じにはなってしまうんですけど、皆さんAKBさんのCDも是非買ってください」

客「はーい」

中川美音「ありがとうございます。私の15歳は、ほんとに新しいことにチャレンジしたし、ほんとに新しいことしかなかった1年だなと思ったので、16歳もまた新しいことにチャレンジして取り組みたいなと思っています。

そして17歳の目標っていうか、これはアイドル人生を終えるまでの目標なんですけど、携帯で検索して、「11月16日誕生日の有名人」って調べて名前が出てくるぐらいにまで大きい存在になりたいなと思いますので、これからもずっとずっと応援よろしくお願いします! 今回は本当にありがとうございました!」拍手

※4分20秒










本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND





dTVチャンネル