FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】浅井裕華 15歳の生誕祭レポート

2018年11月11日 SKE48劇場 チームE「SKEフェスティバル」公演 18時開演

181111 1902


◆仕切り:髙畑結希

ある方からのお手紙 (代読:相川暖花)
ゆうかたんへ

15歳のお誕生日おめでとう。

「大きくなったね」と言うべきなのか、はたまた「まだまだ若いねー」と言うべきなのかは、どっちもということで(笑)

昔のゆうかたんの写真を見返してみると変化もよくわかる。踊り方、歌い方、立ち振る舞い、全部全部いい方向に向かってる。それでいてまだまだ進化の途中なんだもん。怖いよー(笑)

大きな別れを経験し、新たな挑戦に向かった14歳の1年。あの泣き虫ゆうかたんはいずこへ…というほど頼もしい姿が目立ったように思います。

とはいえ、まだまだデリケートなお年頃。需要と供給というものにさえ反抗的で、「ツインテールなんかクソくらえ!」なんて思ってしまう時期もあったでしょう。

でも意欲に溢れてて、負けず嫌いで、頑張り屋さんで、そしてきちんと自分の思いを伝えられる人だなーと思います。

最近は期の若い後輩の活動が注目される中、テレビやメディア向けの発信がどうしても目立ってしまうことがあるけど、自身のSNSではしっかりと自分の言葉で思ったことを、感じたことをファンの方に伝えていること、私はしっかりと見ています。

口数は決して多いほうではないけれど、ゆうかたんは努力を培った背中でみんなを引っ張れる存在だと思ってる。

最近ではその思いが劇場公演で活きていると知って、嬉しいです。

一番前の列からの景色、ステージ中央0番からの景色はどうですか? 誰もが憧れるフロントそしてセンターというポジション。もしかして私が劇場公演に帰ってきたら「♪カーブを曲がり 体が傾いたとき」

浅井裕華「ちょっと歌詞違いますよね」客笑

サビ終わりのハートポーズ、銭投げの後の移動、未来が目にしみる曲のアウトロで目が合う機会も減ってしまうのかなーと考えると少しばかり悲しい気もしますが、いま目の前にある焼きつけられるものを1つ残らず全部吸収して、もっともっと自分に自信をつけていってほしいな。

控えめで恥ずかしがり屋で超真面目なゆうかたん。誰もが認めるポテンシャルではあるが、いつも一歩後ろに下がってしまうような謙虚なところを含め、その姿勢がきっといつか唯一無二の形となり、大きく成長していく未来が私には見える。

一歩下がってしまったその後は必ず二歩、三歩と前進することができれば心配ない。焦ることは1つもないよ。誰がなんと言おうと、自分の信念を曲げることなく突き進んでください。もっともっとたくさんの夢を見よう!

感動や喜び、時には悔しさ、悲しさだって、ファンのみんなとその都度共有していけばいい。

15歳の1年もピュアではかなく、キラキラな笑顔の1年になりますように。

実は去年のゆうかたんの生誕祭、MCで「竹刀を振り回していて怖かったです」なんて怯えながら言われたことを思い出しました。それが驚き、1年経った今日、同じ時間に私は天王洲でお刀を振り回していると思うと、ゆうかたんは預言者なのかな?と身震いしました(笑)

離れた場所からでも同じ坂の上、精一杯のお祝いの気持ちを届けます。

お誕生日おめでとう。

SKE48キャプテン 斉藤真木子より


P.S.

この手紙を書きながら私なんかのお手紙をゆうかたん自身は望んでいることなのかなー?(客笑)と不安になることもありましたが、握手会で何度も私の元へ足を運び、頭を下げてくれたファンの方の顔を思い出しながらここまで書き上げることが出来ました。とても優しいファンの方を持ったね。ファンは推しに似るって本当のことかもしれないです。普段は怖がられてか、なかなか話す機会もないので、こうして私の思いを伝えられて、嬉しいです。ゆうかたんのファンの皆さん、貴重な機会をどうもありがとうございました。


お手紙の感想や今年の抱負をお願いします
浅井裕華「まず今日は私の生誕祭に足を運んでくださった皆さん、DMMで観てくださっている皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「まず真木子さんからのお手紙は、まさか真木子さんだと思わなかったんですけど、いつも怖がれてるって思ってると思うんですけど、思われてて。でも凄い真木子さんのこと尊敬してますし、何て言うんだろうな、そんな話さないですけど」客笑

「そんな話さないけど、でも話す内容だったりとかが凄い真面目なことが多かったりとか、凄い楽しい話もたくさんするのでこれからも、そうですね、いっぱい絡んでいけたらなと思います。ありがとうございます、ほんとに、私のために。ありがとうございます」拍手

「そして14歳の1年を振り返ると、私はその14歳の1年、凄いいっぱい挑戦をしたんですけど。まずは韓国でのPRODUCE48でSKEから2人で、その立候補したんですけど、向こうでは皆さんが知らないことだったりとか、つらいこととかもたくさんあって、早く日本に帰りたいって思った時もたくさんあったし。

だけど、なんか、心配しながらも待っててくださった皆さんがいたので頑張れました。なんか心配かけて、すみませんでした。でも、その、得たものも凄い大きかったですし、今では行って良かったって思ったし、その分注目も浴びたので凄い嬉しかったです。

でも、待っててくださる皆さんがいたので頑張れましたし、ほんとにたくさん心配をかけてしまって、何もSNSとかもできない時もあったりとかあったんですけど、でもそんな中でも待っててくださったみんながいたので頑張れました。ほんとにありがとうございました」拍手

「あとは、えーと、何に挑戦したっけな。でも、前はあんまり自分に自信がなくて、自信がなくて、顔も可愛いくないし、何もできないけど」

客「そんなことないよ」

浅井裕華「いや、そんなことあるんです。でも、皆さんが応援してくれるから頑張れたっていうのもたくさんありますし、ほんとに、何て言うんだろうな、何が言いたいんだろう、わかんないけど、とりあえずいつもほんとに感謝しています。ほんとにありがとうございます、皆さん」拍手

「あと、握手会とかで凄いたくさんの方が来てくださるようになって、今では「いきなりパンチライン」の握手会が全完売させていただいたりとか、部数は2部に増えて凄い嬉しいことばっかりだったんですけど、その分もっと皆さんと話す時間がほしいと思ったので、もっと3部、4部と少しずつでも私のペースでいいので増やしていけたらなと思います。だから皆さん是非会いに来てください。お待ちしてます」拍手

「あとは、14歳の1年は私にとって凄い大切な先輩が卒業されたりとか、色んな別れがあったりとかして、つらい時もたくさんあったんですけど、でも、その卒業された先輩とかが「託したよ」って言ってくださったので、その分凄い頑張れた分もあって、今の私がいるので、ほんとに「ゆうかたんにゃんお姉さん」には(客笑) 凄く感謝しています。

だから、今日来れなかったって言ってたんですけど、またほんとにすぐ会いたいなと思うし、ほんとに凄く凄く感謝をしています。

なのでこれからもずっと頼っちゃうかもしれないんですけど、皆さんにもたくさん頼っていきたいなと思うので、ずっと頼らせてください。よろしくお願いします」拍手

「あとは、15歳の抱負は、去年も言ったんですけど、選抜総選挙に、今年もしあったらランクインしたいなって思います。

15歳になって、高校生になって、活動の幅も広がるし、何て言うんだろうな、あの、やっぱり今年は凄い色んな同期とか後輩とか、もちろん先輩もたくさんランクインしていて、凄い嬉しい分、凄い悔しいなって思うこともあって。だからなんか、みんなに追いつくためにももっと、何て言うんだろうな、そういう結果を残していけたらなと思います。なので、今年は。来年か。15歳の1年は選抜総選挙がもしあればランクインしたいです。お願いします」拍手

「あと、もっともっと色んなことに挑戦したいなって思いますし、次、歌唱力No.1を決めるみたいなやつに立候補させていただいて、何で私が?って思う方もきっといると思うんですけど、私は歌とダンスが好きでSKEに入ったので、歌うまくないかもしれないですけど、自分が挑戦しないと何の意味もないなと思ったし、それはPRODUCE48でたくさん学んできたので、先輩が頑張って、それを見ているだけじゃなくて、私は今できることをやりたいなって思うので、たくさん挑戦したいなって思います、今年の1年も。なので皆さん是非温かい目で見ていてください。よろしくお願いします」拍手


※7分6秒

髙畑結希「凄い後ろから見てて、ほんとに裕華ちゃん、大きくなったなーって(客笑) 思う。ほんとに昔はずっと泣いてて、もじもじしてたけど、最近はほんとに自分の意見をハッキリ言うようになったり、公演の反省会とか自らね、ちゃんと手を上げて、周りのこともしっかり見れるようになって、大きくなったなって思うんですけども、今年の15歳の1年も色んなことにチャレンジして、そしてもっと自信を持っていいと思うので、ファンの方はずっと見てくれてると思うので、これからも自信を持って挑戦し続けてください」
浅井裕華「はい、あとちょっとチームEの皆さん、ほんとにいつもありがとうございます」
メンバー「可愛い」
浅井裕華「チームEでいる時間が一番楽しいので、これからのよろしくお願いします」
メンバー「よろしくお願いします」拍手


一列礼後、捌ける直前に
浅井裕華「14歳の1年はセンターやらせていただいたりとか、握手会にたくさん人が来てくれたりとか色んなことに挑戦したりとか、色んなことをしたんですけど、15歳の1年はもっと新しいことに挑戦したいなと思います。だから皆さん是非これからもずっとついてきてください。ありがとうございました」



本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND











AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND