FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】吉田朱里 22歳の生誕祭レポート

2018年11月1日 NMB48劇場 チームM「アイドルの夜明け」公演 18時30分開演

Dq6hMaNU8AAwXHM (1)


◆仕切り:川上礼奈

ある方からのお手紙 (代読:川上礼奈)
アカリンさんへ

今日は生誕祭、やっとできて良かったですね。

8月に生まれたというのに、とっくに秋模様。私もアカリンさんと同じ8月生まれですが、まだ生誕祭ができていなくて、ソワソワしています。渋谷凪咲です。

今回アカリンさんのお手紙を書かせていただけると聞いて、とっても嬉しく思いましたし、書かせていただける関係性を築けたことを幸せに思いました。

ふと最近誰とよく一緒にいるかなーと考えると、そばにはいつもアカリンさんがいました。こんなに仲良くなれたのは同じチームになってからなのかな?

同い年で、でも同じなのは年齢と性別だけで、他は全て違う者同士。(客笑)

同い年とは思えないぐらいキレイでしっかりしているアカリンさん。2人、ホテルが相部屋になった時はもう地獄です。(客笑)

話し込みすぎて、どちらかが気絶するまで話は終わりません。いつもKOするのは私です。

でも何の話をしているかというと、NMB48のことやお仕事のお話ばかり。意外とプライベートのお話はしなくても、でもお互いよく言い合うのはプライベートは有るようで無くて、今はNMB48や自分のことでいっぱいいっぱいですねって話になります。

アカリンさんはファンの皆さんやメンバーや、もちろん私が思っているよりNMB48のこと、メンバーのこと、スタッフさんのことを考えてくださっています。

私が泣いているメンバーを見つけると、隣で肩をさすっているのはいつもアカリンさんでした。私が1人泣いている時、後ろからそっとティッシュを出してくれていたのもアカリンさんでした。

色んな子の悩みを聞いて、その子のしたいこと、夢を聞いて、知らないうちに大人の方に話をして伝えてくださっています。仲いいメンバーだから言うんじゃなくて、アカリンさんはその子の今を評価してくれています。

以前この子はこんなことがあったからもうダメだ、あの子にこんなこと言われたしなーとか、人ってダメだと思っていても、自分の私情をどうしても挟んでしまいます。

でもアカリンさんはその子の今を見て評価してくれています。それは私自身そうですし、アカリンさんが他のメンバーのことを私に話してくださった時に感じました。

私は人の上に立つべき人は、その子の今を評価できる人だと思います。だからアカリンさんは、その子を好きか嫌いかではなく、その子自身の今の努力や才能をちゃんと見ていて認めてくれる。なかなか難しいことです。

でもそれを出来るのが人の上に立つべき人であり、人がついてくる人なんだと私は思います。

いつも話していて、「あの子最近ここ頑張ってるねんなー。でもな、あの子の気持ちもわかるねんなー」とメンバーのいいところを私にたくさん教えてくれるし、立場が違うから全ての気持ちをわかることができなくても、アカリンさんなりにその子の立場になって寄り添って考えているんだなっていつも感心しています。

これは生誕祭だから、アカリンさんのYouTubeの登録者数が63万人だから言っているわけでも何でもありません。(客笑)

吉田朱里「最近そこいじってくるよな」

私がそばでアカリンさんを見て、素直に思った気持ちです。

でも、そんなに周りのことやグループのことを気にかけて、大人の人の意見や方針もちゃんと聞いて、自分なりに噛み砕いて、私たちにわかりやすく、納得するように話してくれて。

個人の仕事もたくさんあって、きっとどれもプレッシャーのかかるお仕事で、本当に大変だと思います。

そんな色んな所の真ん中に立っているアカリンさんは、いつか潰れちゃうんじゃないかと私は心配です。

でもそれをアカリンさんに言っても、いつも「朱里は大丈夫! なぎちゃんありがとう」ばかり。それ以外の言葉は言えないのか!といつも思ってしまいます。

どんな才能の持ち主も、どんなに強い人でも、1人きりで上り詰めた人はきっといないと思います。

(金八先生風に)人という字は、人は人に支えられ、初めて人になります。

吉田朱里「ほんまにそんな風に読めって書いてる」
川上礼奈「書いてんねん。「金八先生風に」(客笑) 合ってます。もうなぎちゃんひどい、本当に」

私はそう思います。なのでアカリンさん、頼りたいと思った時でいいので頼ってください。私はいつでもアカリンさんの横でおちゃらけてるし、口を開けて寝ますし、そばにいます。寂しい時、笑いたい時でもいいです。いつでも焼肉に誘ってください。悩みを話さなくたって、ただ日常の話をして、一緒にいて笑っているだけで嫌なことやつらいこともふと忘れられる時間もきっととってもいいものなので、大切な時間なんだと思います。私も美味しいお肉を食べれるし一石二鳥です。なのでいつでも誘ってくださいね。

アカリンさん、いつも本当にありがとうございます。そして彩さんが卒業する今、アカリンさんやもちろんNMB48メンバー、支えてくださっているスタッフさん、全ての人に自分から頼ってくださいと言わなくても、頼りたいと思ってもらわれるような存在に私自身ならなきゃいけないし、そうなります。

だからこれからも一緒にNMB48をもっと大きくしましょうね。絶対に絶対に。

もうダメだろうと言っている人をギャフンと言わして、ひっくり返してクルクル回してたこ焼きにしてやりましょうね。(客笑)

これからもどうぞよろしくお願いします。

アカリンさんのことをとっても尊敬していて、アカリンさんのことが大大大好きな凪咲より

吉田朱里「なぎちゃん、ありがとう。嬉しい。なんか、凄い、今の自分に凄く刺さる手紙でした。最近はなぎちゃんに支えられてばっかですよ、こんなこと言ってるけどね。ありがとうございます」


母からのお手紙 (代読:磯佳奈江)
朱里へ

22歳のお誕生日からは少し日にちが経ってしまいましたが、改めてお誕生日おめでとう。

こうして劇場で生誕祭をしていただくのも、もう8回目になるのですね。

最近は本当に家でもゆっくりしている時間がなく、毎年誕生日近くには家族で食事ぐらいは行くのに、今年はそんな時間も取れていないことに驚いています。

「忙しいことはありがたいこと」と、よく口にしているので、頑張っている姿を見るのはとても嬉しいのですが、椅子に座った状態での仮眠だけで、握った携帯のアラームで起きて出かける姿には体を酷使しすぎているのではないかと、とても心配になります。

時間のない合間を縫っての動画撮影。自分なりに予定を組み、必死で撮影を終えて、出かけたのも確認してみると、「商品にピントが合っていない」と、何事があったのかと思うくらい号泣して電話をかけてきた時はどうしてあげることもできず、ただただ気だけをもんでいると、最終新幹線で帰ってきて撮り直し、始発で東京に戻って何とかやり直せたり、撮影用の品物を持っていくのを忘れて、夜中にタクシーを飛ばして買いに走ったりして、「何とかこなせたから大丈夫」と驚かされることがこの1年で何度もありました。

ほんと、どこでもドアがあったらいいのになーと思ったことも何度もあります。そんなの私が思う以上に朱里は思っているよね。

自分でもよくわかっているだろうけど、睡眠不足は判断力も鈍ってミスも招いて更に自分の負担になってしまうので、寝れる時はなるべく睡眠を優先して体調管理できるようにしてください。

ここ数ヶ月前から8周年と山本彩ちゃんの卒業があって、NMB48結成当初の映像を目にすることが多く、振り返るととても感慨深いものがあります。

今思うと何もわからない14歳からのスタートで、ただただ我武者羅に走ってきたのだろうなーと思います。

8年を振り返ると、そこにはNMB48の歴史があり、彩ちゃんの偉大さ、グループの偉大さを、ここにきて更に感じています。

もちろん朱里も感じることは私たち以上で、これからの不安も大きいと思いますが、みんなが気負いすることなく、第一に楽しみながら進んでいける環境を願います。

21歳の1年間はフォトブック第2弾、Ray専属モデル、総選挙ランクインと、嬉しいお知らせをたくさん聞かせてくれました。全て応援してくださる、ファンでいてくださる皆様のおかげです。皆様がいてくださるからここまで来ることができました。本当にありがとうございます。

22歳もまたひとつでも多く素敵なご報告ができるように頑張ってほしいです。

ただただ身体だけは大切に労りながら、無理をしすぎないようにしてください。

最後になりましたが、関係者の方々、メンバーの皆さん、応援してくださる皆様に心より感謝申し上げます。皆様もどうかご自愛くださいね。

本日はどうもありがとうございました。

2018年11月1日 母より

吉田朱里「心配ばっかかけちゃうから気をつけます」


◆メンバーより色紙のプレゼント (イラスト:西澤瑠莉奈)


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
吉田朱里「まずは、本日お集まりいただいた皆さん、こんなに素敵な生誕祭を開いていただいて、本当にありがとうございます。そしていつも応援してくださる皆さんも、いつもいつも温かい応援、本当にありがとうございます」拍手

「既に、毎年私の生誕祭と言えば、ほんとに真夏の暑い日に皆さんにね、ほんとに開いていただいてたのに、今年はもうすっかり寒くなっちゃって、なんか不思議なんですけれども。でもそれだけ本当にお仕事が充実していたことだなっていう風にも思うし。

なんだろう、昨日21歳どんな1年やったかなと思って、1年間のスケジュールを見返してみたんですよ。そしたら本当に自分でもビックリするぐらい毎日お仕事が詰まっていて、本当にありがたい環境で恵まれた環境の中で、この1年過ごさせていただいたんだなっていう風に思って。それも本当に皆さんの温かい応援のおかげなので、本当に皆さんには感謝しています。ありがとうございます」拍手

「そうですね、22歳はまずアイドル、そしてYouTuber、そしてモデル、そしてプロデューサーとしても、この4つのね、武器を持って頑張ってきた1年だなと思っています。

まずYouTubeは本当に私の土台となったものなので、これからも皆さんに楽しんでいただけるような動画をどんどん更新していきたいなっていう風に思っていますし、あとRayモデルになってもうすぐ1年が経とうとしてるんですけど、ずっと目標にしている単独表紙も早く叶えたいなっていう風に思っていますし、ここは欲を持って、いつかはRayの顔って言ってもらえるぐらい、何月も連続で表紙を飾れるぐらいのモデルになりたいなって、モデルとしても成長したいなっていう風に思っています。

そしてアイドルとしては、んー、正直やっぱり卒業も私は考えます。やっぱりこの前とかも、同期とかに会うとやっぱ少し寂しい気持ちにもなるし、個人の仕事に追われ出すと、そろそろ考え出さなきゃいけないのかなって思うこともやっぱりあるんですけど。

でもなんかこの前、1期生に会った時に「朱里は頑張ってるな」と、「まだまだNMBで頑張るんやで」ってみんなが言ってくれて、凄い背中を押されたし、なんかさっきなぎちゃんが言ってたようにほんとに最近周りにいる後輩メンバーが「私もアカリンさんと一緒にNMB引っ張って行けるように頑張りたいです」って声をかけてくれたり、「まだまだ辞めないでくださいね」って声をかけてくれたりすると、やっぱり私は何よりもNMBがほんとに大好きだし、私が一番大事にしてきた場所だから、私自身もまだまだ居たいなっていう風に思ってるし、まだそうやって声をかけてくれるメンバーがいると、まだ居てもいいのかなとか、私にももうちょっとここで、いや、まだまだNMBで力を発揮できるんじゃないかなって思うことができるようになりました、最近は。

だからアイドルとしても、今このNMB48が、多分過去で一番変化しようとしているこの、まぁ今、彩ちゃんの卒業が多分一番大きくて、今一番グループがどうにか変わろうとしているこの大事な時期を、この大切な一瞬を、私はメンバー1人1人ともっと手を取り合って、大事に突っ走っていけたらいいなっていう風に思いますし、私がそのNMB48の道しるべの1つになれるくらい、みんなをこうもっとね、色んな場所に連れて行けるぐらい、私自身も頑張りたいなっていう風に最近は思ってます。

そして、プロデュース業ですね。この前8周年で、幕張メッセで発表させていただいたんですけど、アパレルブランドを立ち上げることにこの度なりまして。今それにね、準備期間中で、絶賛ほんとに毎日デザイン考えたりとか、ロゴ考えたりとか、ブランド名考えたりとかしてて、本当に早く皆さんが来てくれる日を楽しみにって、もうそれだけが一番楽しみで頑張っているので、皆さんそちらも少し待っていただきたいなっていう風に思うんですけど。実はあと1つ今日はご報告があります」

客「おー」

吉田朱里「なんとですね、12月3日にコスメ付きのムック本を発売することになりました。フォトブック第2弾からちょっと成長しまして。私、今まで本当に数多くの、もう何百個とコスメを試してきて、って色々試してきて、自分の理想のコスメをいつか作りたいっていう風に思ってたんですけど、本当に、自分が欲しいと思うリップが、そのムック本に付きます。

いつかコスメプロデュースしたいっていう風にずっと言ってたので、まずそれのスタートとして、一歩踏み出せたことは凄く嬉しいですし、それだけたくさんの方がYouTubeだったり、フォトブックだったりと支持してくださる方がいるからこそ出来ることだと思っています。本当にありがとうございます。

でですね、あの、今回はリップなんですけど、実は第2弾、第3弾と3ヶ月連続で出させていただくことも決まっていますので、皆さん是非楽しみにしていただけたらなと思っています」拍手

「ということで、この22歳の1年間はアイドル、YouTuber、そしてモデル、そしてプロデュース業とこの4つの武器と、あとは皆さんから普段たっくさん頂いている愛を1つも落とさずに突っ走っていきたいなっていう風に思っています。そして皆さんも私の愛に溺れてください。何で笑うの?(笑)

ということで本当に皆さんいつもいつも温かい応援ありがとうございます。22歳もまだまだ新しいこと始めて、いっぱい成功できるように頑張っていきたいなっていう風に思っていますので、これからも温かい応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」拍手

※6分17秒

白間美瑠「いやー、アカリン凄いわ。早く服ほしいね、毎日着るから。シャツ作ってな」
吉田朱里「美瑠が毎日毎日同じシャツ着るから、美瑠のためにシャツ作ろうと思って1個入れたんですよ」
白間美瑠「そうなんです。でもほんまアカリンの優しさにはみんな支えられているので、まだまだNMBいてや」
吉田朱里「いるいるいる」
白間美瑠「なんか寂しかったわ」
吉田朱里「ほんと?」
白間美瑠「あかんで、ほんまに」
吉田朱里「わかってるわかってる。だから美瑠もあかんで」
白間美瑠「わかってるわ!」客笑
吉田朱里「礼奈もやで」
川上礼奈「わかってるよ」
吉田朱里「1期生この3人が残るとは思わなかったし、かなり濃い3人が残っちゃったんですけどね、頑張りましょう」
白間美瑠「これからみんなで手を取り合って頑張っていくので、アカリンの応援そしてNMB48の応援をよろしくお願いします」













本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND





AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND