FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

ちょっと大人なデートプラン(12/12、おやつ公演、チームB 4th 130回目)

■出演メンバー
チームB → 浦野一美、多田愛佳、片山陽加、指原莉乃、田名部生来、仲川遥香、中塚智実、仲谷明香、仁藤萌乃、平嶋夏海、米沢瑠美

チームA → 中田ちさと

昇格メンバー → 内田眞由美、野中美郷
8期研究生 → 植木あさ香

■休演&アンダー
3名休演(柏木由紀、小原春香、渡辺麻友)

柏木由紀 → 野中美郷(M2~)
小原春香 → 植木あさ香
渡辺麻友 → 中田ちさと

小森美果 → 出演なし

■公演前の陰アナ
指原莉乃 → やや鼻声で「はい、みなさんこんにちは、指原莉乃です」客、拍手

「ありがとうございます。イェー。みなさん盛り上がってますか?」客、拍手
「盛り上がってますか? 盛り上がってますか? イェー、ということで指原は 鼻水が出てるのですが、テンションは全開です。みなさんも風邪には気をつけて、本日の公演楽しみましょう。 間もなく開演です。待っててね。バイバイ」客、拍手

◆M0.オーバーチュアー

◆M1.アイドルの夜明け (マーチングバンド)
◆M2.みなさんもご一緒に

間奏セリフ担当 → 仁藤萌乃

◆M3.春一番が吹く頃
◆M4.拳の正義 (衣装 → 特攻服)

■MC1(自己紹介)
特攻服衣装のまま、自己紹介。

仲谷明香 「みなさん、こんにちは!」
みんなで「AKB48、チームBです」客、拍手

仲谷明香 「アイドルの夜明け、みなさんもご一緒に、 春一番が吹く頃、拳の正義、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたか?」客、拍手

「ただいまAKB48公式モバイルサイトにて私たちに対する質問を募集しています。 その質問にお答えしながら1人1人自己紹介をさせてください。 今日のお題は牛乳王子さんからいただきました。 今年1年を表す漢字一文字が発表されましたが、みなさんの今年を表す一文字の漢字は何ですか?です」

1列目。上手側から順に。
内田眞由美 「はい、世渡り上手な生意気娘、研究生の内田眞由美です。よろしくお願いします」

「私は「夢」なんですけど、今年はAKB歌劇団とか、なんかいろいろと夢を見てるような気分になれたことが 多かったので、夢です。今日もみなさんと一緒に夢のようなひと時を過ごしたいと思います」客、ひゅ~ 「今日もよろしくお願いします」

中塚智実 「ハイ、埼玉県出身、高校1年、16歳の中塚智実です」

「私は充実という「充」の字。本当にこの1年充実してて、学校も楽しいし、AKBでも歌劇団とかコンサートとかいっぱいあったし、 チームBもほんとに大好きで楽しいし、もう言い切れないくらいほんとにこの1年はすごい楽しくて充実してました。 ということで今日も張り切っていきたいと思います。よろしくお願いします」

仁藤萌乃 「はい、17歳の仁藤萌乃です。よろしくお願いします」

「私は「溢れる」という字なんですけど、去年もそうだったのですけど、今年は周りにすごいいろんなことを 自然と教えてもらってたなと思って、溢れちゃうくらい教えてもらったなっていうのを含めて、溢れる っていう字です。今日の公演もみなさん一緒に楽しい時間を過ごしましょう。よろしくお願いします」

仲谷明香 「ハイ、私の半分は、優しさでできています。なかやんこと仲谷明香です。よろしくお願いします」

「私はですね、睡眠の眠の字。睡眠が好きなので、寝てたら身長が2、3センチぐらい伸びたっていう話です」

「ハイ、じゃ~、今日も二の腕のモチモチパワーで張り切っていくので、よろしくお願いします」

多田愛佳 「は~い、時にはツンツン、時にはデレデレ、ツンデレ王国の女王様、そろそろ甘えない方がいいかな?てへっ♪」客、軽く、え~  らぶたんこと多田愛佳です」

「15歳になったんで、そろそろね、ちょっと一人立ちしないといけないんでね」客、軽くw

「漢字なんですけど、汗と涙、どっちか迷ってて。なんか今年は渡り廊下とかでいろいろ活動してきて、 汗をいっぱいかいたのもあって汗なんですけど、 涙は悲し泣き?とか嬉し泣きとかいっぱいしてました。イェ~」客、拍手

「全然イェーじゃないです。次のなっちゃんに代わります。よろしくお願いします」

平嶋夏海 「ハイ! なっちゃんに代わりました、、(咳き込む)」客、ざわ
「すみません、もう大丈夫です。なっちゃんに代わりました。 今日も、1に努力、2に根性、3、4がなくて、5になっちゃん! なっちゃんこと平嶋夏海です」

「私は「温かい」という字が今年の漢字です。理由はですね、今年始まってから渡り廊下走り隊がデビューしたのもあって、 月1ぐらいで握手会をけっこうやらせていただいてて、今までにないくらい多く、みなさんとお話できたりする場面があって、 ほんとにみなさんの温かさというか、しかも周りのスタッフさんの方や、舞台にも初挑戦させていただいて、 劇団の方の温かかさとか、いろんな方の温かさを身に染みた1年でした。 ということで今日の公演は私たち1人1人みなさんと心と心が通じ合えるような公演にできるように がんばりなっちゃん!しちゃいます。よろしくお願いします」

2列目。上手側から順に。
米沢瑠美 「ハイ、泣く子も笑う、スマイル番長、笑顔を届ける18歳、米ちゃんこと米沢瑠美です」

「瑠美はですね、初めての「初」っていう字ですね。今年は初めて舞台に出させていただいて、 あと、初オリコン1位を獲ったり、初武道館。ほんと初めてのことだらけで、 とても充実した1年を過ごせたなと思います。次はですね、来年は「実」という字を名乗ろうかなと。 実力を付ける年。いろんなことに、2回目とか初めてまた挑戦させていただいたりとかして、 実力をどんどんどんどん付けて、みんなでレベルアップしていけたらと思います。 今日は少しでもレベルアップした米沢を見せれるようがんばります。よろしくお願いします」

中田ちさと 「はい、ふんわりわたあめのような甘い女の子になりたい、チームAのちぃちゃんこと中田ちさとです」

「私は「愛」という漢字なんですけど、今年はすごく大切で大好きなメンバーや、スタッフさんとか、ファンの方など、 たくさんの方の愛を感じた年だったので、来年もそんな愛を大切にしていきたいなと思います。 今日の公演は、そんな愛を届けられるような公演にしたいと思います。よろしくお願いします」

浦野一美 「ハイ、目指せ大女優、シンディこと浦野一美です。よろしくお願いします」

「私はですね、やっぱり今年は絆、これだったんじゃないでしょうか。。あれ?あんまり頷いて。。」客、拍手

「ありがとうございます。絆って感じたのは運動会でたくさんの方の応援だったりとか 絆隊だったりとか、メンバー同士の絆、そしてその運動会がテレビで放映されたりして、 それでまた知って、絆が増えていったりするっていうのが、すごい素敵だったなと思いました。 今このステージからみなさんとたぶん絆で繋がってるんじゃないかなって思っています。 最後まで楽しい絆を深めていける、この会にしていけたらw。。親睦会か!みたいな」客、軽くw

「そんなわけじゃないのですけど、今日は実は1人3公演ということで気合が入っています」客、拍手
「最後まで楽しませたいなと思います。よろしくお願いします」

仲川遥香 「ハーイ、こんにちは」客「こんにちは」
「ありがとうございます。高校3年生のはるごんこと仲川遥香です」

「私はですね、「多い」って字なんですけど、ほんとにいろんなこと、たくさんのことを やらせてもらって、しかもたくさんのことを学ぶことができて。。やっぱすごいなんか。なんで「多い」にしたんだろう?」客w

「チームYJでも活動させていただいて、週刊ヤングジャンプにも載せてもらって、キレイな女性になれるように がんばろうかなと来年は。はい、ということで今日も楽しんでいきましょう。よろしくお願いします」

3列目。上手側から順に。
片山陽加 「はい、艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ。アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「私も米ちゃんと同じで初という漢字なんですけど、米ちゃんがほとんど言ってくださったのですけど、 歌劇団、初の舞台、そしてオリコンチャート1位のRIVER、初武道館、あとはですね、 今年はたくさんたくさん握手会をさせていただいて、 たくさんの方と初めて来てくださった方とか、ほんとたくさんの人と出会えたことがほんとに嬉しかったなと思います。 今日もよろしくお願いします」

植木あさ香 「はい、チーム研究生の14歳、中学2年生、あさぽんこと植木あさ香です」

「私はですね、友達の友という字なんですけど、2つ理由があって、1コはAKBに入ることができてメンバー内の 友達が増えたのと、学校の友達にわからない勉強を教えてもらったり友達な、、1年でした。 今日も応援よろしくお願いします」

指原莉乃 「ハイ、私の性格って、白いですか? 黒いですか?」客「黒!」
「私の性格は限りなく白に近い灰色。大分県出身、高校2年生、さっしーこと指原莉乃です」

「私はですね、「飛ぶ」という漢字です。「飛ぶ」というのは、今年はいろいろと飛躍できた1年だったなと思います。 アンダーガールズだったりとか、いろいろあるのですけど、バンジー飛べなかったりとか」客、ざわ 「そういう意味での飛ぶも含めて、飛びました、いろいろ。飛んでないか。バンジーは飛んでないのですけど、 今日は張り切っていきたいと思います。よろしくお願いします」

野中美郷 「はい、研究生の高校3年生、18歳の野中美郷です。よろしくお願いします」

「私は歌う、歌っていう字なんですけど、劇場公演やGロッソ公演でたくさん歌ったり、歌劇団に出演させてもらって 歌ったり、普通に寝る前とかもずーっと歌ってるので、歌うことがほんとに大好きなんだなと思った1年でした。 今日も楽しみます。よろしくお願いします」

田名部生来 「ハイ、ネッツアイに火の用心 あなたのハートをロックミン♪ たなみんこと田名部生来です」

「私はですね、味っていう漢字です。美味しいものをたくさん食べたっていう意味でも味だし、 あとすごく今年1年、味のある深い1年だったなっていう意味でもあります」

「はい、今日も嬉し~、楽し~、たなみんCな公演にしていきますので、よろしくお願いします」

指原莉乃 「はい、みんなで力を合わせ、レッスンをしてきたチームB4th「アイドルの夜明け」公演、その成果を見てください」
片山陽加 「あ~っ! 東の空が明るくなってきた!」

みんなで「アイドルの夜明けだ~!」客、拍手


◆M5.残念少女(中塚智実、仁藤萌乃、内田眞由美)
◆M6.口移しのチョコレート(多田愛佳、仲谷明香、平嶋夏海)
◆M7.片思いの対角線田名部生来、仁藤萌乃、米沢瑠美)
(BD → なし)
◆M8.天国野郎(浦野一美、仲川遥香、植木あさ香、仲谷明香)

浦野一美 → 巫女、 仲川遥香 → ロリータ(ピンク)、 植木あさ香 → 婦人警官、 仲谷明香 → GS店員

バックダンサー、
中塚智実 → 学ラン、 多田愛佳 → ランドセル、 平嶋夏海 → おそば屋さん、 内田眞由美 → ナース、 中田ちさと → セーラー服、 野中美郷 → JK

間奏セリフ担当 → 浦野一美

「ハーイ、シンディこと浦野一美です。2009年、今年の漢字は?「新」です。そうです、新ですよ。 今年はね、新チーム体制とか、シンディ新選抜? やっぱりこれだよね」
みんなで「天国野郎!」

◆M9.愛しきナターシャ(田名部生来、指原莉乃、片山陽加)

■MC2
田名部生来、指原莉乃、片山陽加

ドリアン指原 「はい、残念少女、口移しのチョコレート、片思いの対角線、天国野郎、愛しきナターシャ、5曲続けて 聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

ディーバス片山 → 笛を取り出し、吹き出す(客、手拍子)

ドリアン指原 → 最前列の前付近を指差す。

最後に「オレっ♪」

ドリアン指原 「後でサルオバサンにでも拾ってもらうとして」
ディーバス片山 「それでは自己紹介をさせてください」

「オレに惚れたらケガするぜ。ディーバス・セニョリータ・片山です。よろしくお願いします」客、拍手

「センキュー、センキュー」
ドリアン指原 「ここでお知らせがあります。お願いですので、 こちらに落ちているアクセサリは絶対に持って帰らないでください。ドリアン指原です」客、拍手

「センキュー、センキュー」
グロリアス田名部 「グロリアス田名部です。グロちゃんって呼んでくだっさい!」客、拍手

「センキュー」
ドリアン指原 「オレたち、チーム」
3人で「狩人。です」客、拍手

「センキュー、センキュー」
ドリアン指原 「アリーナのみんな、センキュー!」

ディーバス片山 「はい、というわけで本日のお題は、この季節に食べたくなるおでんの話をしようと思います」
ドリアン指原 「いい話!」
ディーバス片山 「何の具が好き? おでんだと」

グロリアス田名部 「あのね、セブンイレブンのね」
ドリアン指原 「いい気分」
グロリアス田名部 「鎌倉はんぺんっていう」
ドリアン指原 「あー、美味しいよね」
グロリアス田名部 「お鍋を完璧に占領してる感じの白い物体」
ドリアン指原 「浮いちゃってる」
グロリアス田名部 「浮いちゃってる感じの。あれがすっごい美味しい」
ドリアン指原 「美味しいね。えっ?知らない?」
ディーバス片山 「はんぺんはあんま食べないから」
ドリアン指原 「うそでしょ? 食べた方がいいよ」
ディーバス片山 「オレね、大根とうずらの卵オンリーなの」
ドリアン指原 「うわー。人生の4分の3損してる、マジで」
グロリアス田名部 「損してる」
ドリアン指原 「マジで。かわいそうだもん」
ディーバス片山 「たまにつくねとか」
ドリアン指原 「いや~、わかってない。おでんの何を知ってておでんの話題にしたの?」客、軽くw
ディーバス片山 「おでんの大根がすっごい美味しいんだよっていう話を」
ドリアン指原 「知ってるよ!みんなそんなの」
ディーバス片山 「何でキレるのよ」
ドリアン指原 「重々承知の上ですよ、こっちはそんなの」
ディーバス片山 「何がオススメなの?じゃ~」
ドリアン指原 「ローソンの讃岐うどん」客、反応
「わかりますか? あれめっちゃ美味しいよ」
ディーバス片山 「讃岐うどんって何?」
グロリアス田名部 「さっしーはちくわぶがいいって言ってたけど」
ドリアン指原 「あのね、さっしーとドリアンの違いかな?そこは」
ディーバス片山 「讃岐うどんって何?」
ドリアン指原 「うどんだよ。だから」
ディーバス片山 「普通のうどん?」
ドリアン指原 「そうだよ」
ディーバス片山 「おでんにうどんなの?」
ドリアン指原 「そうだよ。めっちゃ美味しいの」
ディーバス片山 「何それ?」
ドリアン指原 「今ね、100円だから、食べた方がいいよ」
ディーバス片山 「へー、そうなんだ」
ドリアン指原 「そう。今だけ」
ディーバス片山 「おでんうどんみたいな。うどんおでん?」
ドリアン指原 「どっちでもいいわ」
ディーバス片山 「進化してるね」
ドリアン指原 「でも美味しいのでぜひぜひ食べてみてください」

「ということでみんな、準備はいいか!?」客、反応「準備はいいか!?」客、反応

「それでは次の曲、聴いてくれ」
3人で「女子高生はやめられない」


◆M10.女子高生はやめられない

ジャンケン → 優勝は平嶋夏海(準優勝は仲川遥香

◆M11.好きと言えばよかった
◆M12.そばかすのキス

■MC3
前半:片山陽加、多田愛佳、仁藤萌乃、平嶋夏海、田名部生来、仲川遥香、指原莉乃、野中美郷

平嶋夏海 「女子高生はやめられない、好きと言えばよかった、そばかすのキス、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがだったでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

田名部生来 「はい、今日のお題はですね、二十歳を超えたらしてみたいちょっと大人なデートプラン」客、ひゅ~
他メン「おー」
指原莉乃 「まさにSDNのようなお題ですね」
田名部生来 「そうですね」
平嶋夏海 「そうだよね。まだみんなここは二十歳超えてないよね」
片山陽加 「超えてないんだよね」
指原莉乃 「マジで? はーちゃんは?」
片山陽加 「まだだし!」
他メン「えっ」
片山陽加 「えーじゃないし。まだですよ。ピチピチの19です」
仲川遥香 「昭和生まれなのに二十歳超えてないの?」
平嶋夏海 「おかしいね」
片山陽加 「すみませーん。昭和生まれじゃなくて平成生まれなんですけど」
指原莉乃 「なんかはーちゃんってさ、ビックリ・・・」
多田愛佳 「それで時間食うとあれだからさ~」客w&拍手
他メン → w
片山陽加 「ごめんね、ごめんね」

田名部生来 「何かある人?」
平嶋夏海 「は~い。私まだ17歳なので、11時過ぎっていうのは外に出られないじゃないですか。 なので、一緒に、例えば大晦日とかで、お家じゃないところで深夜を越してみたい」
他メン「おー」
平嶋夏海 「今年一年明けましておめでとう~、みたいな。0時を超えた瞬間に」
田名部生来 「大晦日いいね」
平嶋夏海 「ちょっと大人な感じじゃない?」

仲川遥香 「ハイ。あと2年後なんですけど」客、反応
指原莉乃 「ウソでしょ?待って」
仲川遥香 「2年後なんですけど、私は、夜、ドライブに行きたいです」
指原莉乃 「パジャマドライブ」
仲川遥香 「やっぱり、二十歳以上じゃないと、夜遅いとあれじゃないですか。ドライブとか できないじゃないですか。なんで、レインボーブリッジとか東京タワーとかドライブで」
平嶋夏海 「はるごんからそんなロマンチックな話が出てくるとは思わなかった」
他メン → 反応
平嶋夏海 「はるごん、そんなのどこで知ったの?」
仲川遥香 「なんか、うち、車が好きなんですよ、家族みんな。 だからパパによく連れて行ってもらってたんですけど、いつも寝ちゃうんですよ。 パパとじゃつまんないじゃないですか。だから、そういう機会があったら」
平嶋夏海 「寝ちゃうってところがかわいいね」

「たなみんのを聞いてみたいんだけど」
田名部生来 「なんだろう? 車じゃなくて、ヘリコプターで」
他メン「おー」「いいね」
多田愛佳 「セレブ、セレブ」
田名部生来 「ブーって。お台場とか東京タワーを逆に見下ろす感じで」
指原莉乃 「やるねー」
田名部生来 「憧れる」
平嶋夏海 「なんかそこでシャンパンとか飲んでみたくない?」
仲川遥香 「ヘリコプターに乗りながら?」
多田愛佳 「怖い」
田名部生来 「パイロットさんがいるから。パイロットさんがいて、2人でね。いいね」
指原莉乃 「大人だね」

仲川遥香 「愛ちゃん、何年後?」
多田愛佳 「私、5年後?二十歳なんですけど、船がいい」
他メン「おー」
多田愛佳 「ダンサーみたいになってるやつ、ハハハw」突然笑い出す(客w)
他メン → w
仁藤萌乃 「何がおかしかったの?今」
多田愛佳 「わかんないけどなんかおかしくなっちゃった。それでなんかちょっと夜景見ながらレストランで」

田名部生来 「ちょっとロマンチストと言えば、萌乃ちゃんに聞きたい」
他メン「そうだね」
仁藤萌乃 「私、あんまりデートとかしたくない派なんだ」
片山陽加 「何で?」
平嶋夏海 「じゃ~、萌乃がもし大人になって、ダンナさんになった人どうすればいいの」
仁藤萌乃 「わかんないけど、私、家から出たくないから。けっこうメンバーから誘われても断っちゃうよね」
指原莉乃 「断られるね」
平嶋夏海 「ドタキャンするんでしょ?萌乃って」
仁藤萌乃 「ねぇ、なっちゃん、そういうこと言わないで」客w&拍手
他メン → w
平嶋夏海 「みなさん、ここだけの話ってことで」
仲川遥香 「ドタキャン?」
仁藤萌乃 「まぁね、気を許してるからだけどね」

「で、だから私は逆に家で、夕飯を一緒に作りたい」
他メン「いいね」
仲川遥香 「お料理や」
田名部生来 「妄想膨らむね」
平嶋夏海 「でもチームBの中で料理上手なメンバーと言ったらやっぱり、シンディー」

次のメンバー入場。

浦野一美 「ありがとうございます」客、軽くw
「ただいま出てまいりました、浦野一美でございます」
他メン「新しいお菓子待ってる」客、軽くw
浦野一美 「クリスマス間近ということでね」

メンバーチェンジ。

後半:浦野一美、植木あさ香中田ちさと、米沢瑠美、仲谷明香、中塚智実、内田眞由美

中塚智実 「後半MCはですね、年末がもう近いじゃないですか。だから、それまでにやりたいこと。 いろいろあるんじゃないでしょうかね?」

米沢瑠美 「瑠美は、マイPCを大学で使うから、買ってもらえることになったんですよ」
浦野一美 「ラッキー」
米沢瑠美 「そう、ラッキーなんですよ。だから今年初めて自分の年賀状をPCで作ってみようと思う」
他メン「へー」
浦野一美 「教えようか?」
他メン「できるの?」
中塚智実 「機械音痴っぽいよね、シンディ」
米沢瑠美 「っぽいよね」
浦野一美 「去年20枚ぐらい失敗しちゃって」
米沢瑠美 「やっぱやめとく、シンディに教わるの」
浦野一美 「持ってる、ピクサー」
米沢瑠美 「じゃー、それ貸してもらえばいいのかな?」
浦野一美 「いいよ、いいよ。すっごいんだよ、うちの。一昨年か去年買ったんだけど、 なんか手書きで、年賀状作れるの。写真と一緒に」
米沢瑠美 「あー、やってた、CMで」
浦野一美 「すっごいんだから。高機能。ねぇ、あさ香ちゃんもどう?」
植木あさ香 「。。。」
浦野一美 「小森みたいに黙るのやめてよ」客w&拍手

「ここ、魔のトラップみたいだね、毎回」
米沢瑠美 「ビビってるんだよ」
浦野一美 「ちょっとやめてよ、そういうの」

米沢瑠美 「あさ香ちゃんはさ、年末までにしたいことある?」
植木あさ香 「遊園地に全然行ってないんですよ。なので絶叫系に乗って、叫んできたいと思います」
米沢瑠美 「得意なの?絶叫系」
植木あさ香 「大好きです」
米沢瑠美 「そうなんだ。チームBってさ、得意な子いなかったっけ」
仲谷明香 「私、得意になったよ」
中塚智実 「大丈夫」
浦野一美 「私も得意になった」
米沢瑠美 「じゃ~さ、あさ香ちゃんさ、ぜひチームBを連れて」
植木あさ香 「連れて行くんですか?」客w
浦野一美 「そういう時だけ立場逆転みたいな」

米沢瑠美 「うっちーは?」
内田眞由美 「ありますよ。私、今月の27日誕生日なんですけど」客、拍手
他メン「おー」「いいねー」
内田眞由美 「27日です。とか言って。その年で16歳になるんですね。16歳って世間一般で言うと結婚できる年じゃないですか」
浦野一美 「そっかー」
内田眞由美 「そうなんですね。結婚できると言えば料理をできなくてはならないんですね」
浦野一美 「そうだ。花嫁修業」
内田眞由美 「だから、眞由美も肉じゃがとかそっち系を作れるようになりたいなーと」
他メン「おー」
内田眞由美 「肉じゃがですよね?」
中塚智実 「男の人は肉じゃがでは喜ばないんだってよ」
内田眞由美 「今の時代違うの?」
浦野一美 「私知ってる。男は、生姜焼き」
中塚智実 「そう。それとか、普通のお肉が好きなんだって。だから肉じゃがじゃないらしいよ。 別にそんなに、らしいよ」
米沢瑠美 「でも肉じゃがも肉入ってるじゃん」
浦野一美 「違う違う。そんなんじゃないんだって。男はとりあえず、生姜焼き」客、軽くw
「これもう絶対」
米沢瑠美 「いいよ、どっちでも」
仲谷明香 「生姜焼きぐらいだったら簡単に作れるから」
浦野一美 「そうそう。揉んで焼いて終わり」
米沢瑠美 「タレ売ってるじゃん、生姜焼きのタレ」
中塚智実 「そういうのに逃げちゃダメだって~。だからダメなんだよ、米ちゃんは」客w&拍手
米沢瑠美 「なんでよー」
浦野一美 「米ちゃん、揉み揉みはダメだよ」
米沢瑠美 「最後美味しかったらそれでいいんだよー」
浦野一美 「おっかしーw」
米沢瑠美 「次、次」

中塚智実 「私、いろいろ、メンバーとかって「今度遊ぼうね」って言って遊ばないじゃないですか」
浦野一美 「社交辞令」
米沢瑠美 「(ここのメンバー?)社交辞令巧いんですよ」
中塚智実 「違うよ。そんなことない。だから、そういう口約束っぽくなってるから、全員と遊びたいなと思って」
浦野一美 「そうだ、今年クリスさ、25日のクリスマスに何も予定ない人はチームB全員集まって宴会をしようって言ってた」客、反応
中塚智実 「宴会じゃない」
浦野一美 「クリスマス会か」
中塚智実 「そう」
他メン「全然違うよ」
米沢瑠美 「ちょっと」
浦野一美 「クリスマス会をしようって言ってたよね」
米沢瑠美 「もし公演がなかったらね。でも何よりやっぱりさ、クリスマス、公演なのが一番嬉しくない?」客、拍手
浦野一美 「それが一番いいね」
他メン「その通りです」
浦野一美 「ねぇねぇ、Mステって何日なの?」客「25日」
仲谷明香 「じゃ~、Mステ全員出演で。どなたか、お願いします」お辞儀
他メン「それすごいね」
仲谷明香 「そんな感じで、Mステでもいいですし、公演でもいいですし」
浦野一美 「Mステでもいいって。Mステすごいぞ」客w
仲谷明香 「知ってますよ、知ってますよ」
浦野一美 「ハードル高いぞ」

前半チーム、次の曲の衣装に着替えて再登場。

仲谷明香 「でも何千回とかいってるんですよね?千回ぐらい。だからじゃ~Mステ目指してみんなで がんばりましょう。。あれっ?」
他メン → 軽くw
仲谷明香 「がんばろう」客、拍手

「私たちはいろいろ悩んだり、迷ったり、失敗したりしていますが、この劇場でみなさんと出会えて、 本当にたくさんの勇気をいただいています。いただいた勇気を持って、私たちは前へ進みます。 聴いてください、最後の曲。タンポポの決心」客、拍手


◆M13.タンポポの決心

緞帳締まる。

■アンコール


■EC明け
一発芸なし。

◆EC1.B Stars
◆EC2.横須賀カーブ

■MC4(全員)
片山陽加 「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」

片山陽加 「B Stars、横須賀カーブ、2曲続けて聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「今日はみなさんのおかげですごく楽しい時間を過ごすことができました。 ありがとうございます。最後に感謝の気持ちを込めて、歌わせてください。アリガトウ」客、拍手


◆EC3.アリガトウ

メンバー名担当 → 浦野一美

横一列挨拶。公演終了。

BGM → アイドルの夜明け

■公演後の陰アナ
指原莉乃 「すみません、ちょっとヘロヘロで。今日気合入り過ぎて。 とってもとっても楽しい公演でした。みなさんまた会いましょう」

■率直な感想
BKSS氏など、4連番にてチケット購入。
抽選呼び出しシンちゃん → 24順。優勝だったらしい。

そういやBKSS氏、劇場4周年イベントにてプレゼントされた300MVP・Tシャツを早速着用(笑)  それ着て劇場に入った人は、初めて見たような。

「口移しのチョコレート」ゆきりん休演でセンター代役は、なかやん。
メガネ着用。そういやちょっと前も、メガネをかけて歌ったことあったような。
メガネ着用してたのは、その曲だけだったように思う。

夜がSDN公演なので、今日のB公演はこのおやつ公演まで。
3公演続きだった昨年の春休みとか夏休みの頃と比べて、表情がだいぶ違うように思う。 3公演のおやつの時よりも、だいぶ余裕を持ててるというか。 3公演と2公演では、体力面だけではなく、気持ち面でも違うのかも。 もうちょっとパフォーマンスも上がってくれればいいんだけどね。

ドリアンが話していたローソンおでんの讃岐うどん、気になったので帰宅前に購入。
店員さんが、レンジでチンした讃岐うどんをおでんつゆに入れてくれた。 以前から、コンビニおでんの締めに、うどん入れたりご飯入れたりしていたが、 それの手間が省けたといった感じかな。柚子コショウ風味、なかなか美味しかった。


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND