FC2ブログ

【速報版】 白雪希明 20歳の生誕祭レポート

2018年10月9日 SKE48劇場 チームE「SKEフェスティバル」公演 18時30分開演

DpEBdsHVsAA_HAH.jpg

◆仕切り:菅原茉椰

ある方からのお手紙 (代読:鎌田菜月)
希明へ

20歳のお誕生日おめでとう。

いつもならいるはずのその場所に今日という日に限っていられないことをもどかしく感じながら手紙を書いています。

今年に入ってすぐ、たしか2月くらいのこと。ふとTwitterのタイムラインを眺めていると目に飛び込んできた、「夕方くらいからずっと寝てた、オワタ」の文字。

以前からよく「狩りに行こうぜ!」などと意味のわからない単語が並ぶツイートが目立ち、何を考えているんだろう、何がしたいんだろうと疑問に思っていた気持ちがついに爆発。指が勝手に動き、「いい加減チームE公演覚えて」とリプライを送ってしまいました。あー、嫌われるだろうなーって覚悟はしていました。

SNSなんて自分の好き勝手書いてもいい所。そこで先輩に公開処刑のように口うるさく言われたらたまったもんじゃないもんね。

でも、その後すぐにTwitterのダイレクトメッセージが届きました。「今からやります」って。言っとくけどこれ、深夜2時半ね。マジ相変わらずだなーって思ったよ。

そこからアンダーデビューまで時間はかからず、有言実行の女だなと思いました。出来るなら最初からやれっつーの。(客笑)

希明は本当に自由人。いい、悪いという話ではなく、私には出来ないことだから凄いなーって思ってしまいます。

挑戦することって覚悟がいるし、何でもいいわけじゃないってこと。時間はかかるだろうけど、希明はちゃんと証明してくれそうな気がしています。

だから、その明るい髪色だって、派手なネイルだって、深夜の謎ツイートだって、不規則な生活だって、全部全部その時のために目をつむっています。

あっ! あとね、まだ希明のことをチャランポランだと思ってた頃、楽屋で眉間にシワ寄せながら一生懸命スマホと睨めっこしてる時があって、話を聞いたら驚きの回答が。「発射されたミサイルの行方が気になって」って。(客笑)

いやいや、真面目か! まさかのギャップに驚かされた瞬間でした。

希明を知っているファンの人もこんな感覚なのかな?

先日の握手会に「生誕祭のお手紙よろしくお願いします」って希明のファンの人が来てくれました。えー?私が?って何度もドッキリだと思って冗談で返してたんだけど、何度も足を運んでくれるもんだから、なんだかこっちも胸が熱くなっちゃって。素敵なファンの人を持ったね。

ファンの皆さんとの絆の築き上げ方なんて本当に人それぞれだけど、頑張ってることを表に出さない希明だからこそ、これからたくさんの悩みが出てくると思う。

努力を見せることが恥ずかしくて、情けないことだという気持ち、心の底から共感できる。なんてたって、私もまだその壁にぶち当たってる途中だからね。

いい意味で自分勝手で自由奔放なわが道歩んでも、それでもついてきてくれる人を精一杯愛してあげてください。その人たちのために命がけでアイドルを全うしてください。

先日、「ラムネの飲み方」公演のウイニングボールで見せたあの笑顔が忘れられません。いつかチームE公演でもあんな顔が見られるようになるといいな。

後輩みんなが楽しくて楽しくて仕方ないって、そう思える環境づくりをしてあげたいなって、あの瞬間にハっとさせられました。気づかせてくれてありがとう。

運良く今日のそのステージに私はいないし、遠慮することは何もありません。普段から秘めてる自分の気持ち、ファンのみんなとチームEのみんなに話してみてください。私は…エゴサで追います。(客笑)

っていうのは冗談で、近々ご飯でも行って、ちゃんと話そうね。

記念すべき20歳、素晴らしい日々が過ごせますように。

斉藤真木子より


※花束は…北斗七星


お手紙の感想や今年の抱負をお願いします
白雪希明「まず、こんな素敵な生誕祭、遅くなってしまったんですけど、開いてくださった運営の方とか、協力してくださった生誕委員の方とか、他のメンバーのファンの方とかありがとうございます」拍手

「お手紙は佳穂か谷さんか真木子さんだろうなと思ってたので、2月頃ら辺のやつで「あーもうこれは真木子さんだな」と思って(客笑)

何を言われるのかとちょっと内心ドキドキしてたんですけど、いいことばかり書いてくれたので嬉しかったです。

ほんとにスピーチ何も考えてないので、今年19歳の年であった嬉しいことを話していきたいと思います。

一番嬉しかったのは何だと思いますか? 私が一番嬉しかったのは昇格とかじゃなくて、実はアイカブさんのアプリで、秋葉原のビジョンで1位を取ったら自分の顔が流れるっていうやつがあったんですけど、それにたくさんの人が協力してくれたことです。

私は今までけっこう自分にほんとに自信がないタイプなので、そういうやりたいことがあっても協力してくれる人はどうせ10人にも満たないだろうと思って。

ほんとにそうやって思ってたので、私はやりたいことがあっても、私はこれは大丈夫って言って避けてきたんですけど、やっぱり東京に遊びに行った時に絶対秋葉原は行く場所だったので、これはやりたいと思って、勇気を出して言ったら、もうほんとに何百人の方が支援してくださったりとか、Twitterで「協力してください」っていうツイートをたくさんしてくださったりで、結果的にはダメだったんですけど、ずっと1位と2位をキープさせていただいてて。

もうほんとにそれで、その時に「あっ、やりたいことはちゃんとやろうって言ったほうがいいんだ」とか「こんなにも協力してくださるファンの方がいるんだなと思って、それが1年で一番嬉しかったことです。本当にありがとうございます」拍手

「あともちろん昇格も嬉しかったし、アンダー制覇できたこと、あと真木子さん勘違いしてるんですけど、アンダーデビュー私もっと前にしてるんですよ、真木子さんに言われる半年ぐらい前に。まぁその次に空いちゃったんですけど。でも、はい、真木子さんのおかげでアンダー制覇できたと思うので嬉しいです。

あと「青春ガールズ」公演でユニットも8期生で一番最初に全制覇させていただいて。なんか色んな自分になれるんだなっていうのがその時わかったので、凄い嬉しかったです。ありがとうございます」拍手

「あとは、去年の生誕祭の時は胸を張って、その時はたぶんセンターがもし来たとしても、来ることはないだろうけど、来たとしても断ると思うから来年にはちゃんと胸を張って、来た時にセンターを出来てる人になりたい
って言ったんですけど、「青春ガールズ」公演のパンチラインのほうとか、「青春ガールズ」公演全体でセンターをさせていただくことがあって。

一番最初に来た時はそれを断ったんですけど、断ってしまって、「嫌だ」って言ったんですけど、それでもやったら割と反響が良くて、ファンの方が凄い温かく「良かったよ」って言ってくださるので、その去年の目標は達成できたんじゃないかなって思ってます。嬉しかったです。はい、これからレベルをもっと上げていきたいと思います」拍手

「ありがとうございます。あとは、なんか言おうとしたんだけど何だっけ、忘れちゃった。何だっけ? あと、センターやって、去年…あれっ?何だっけ。あっ、今年の目標を話したいと思います。

今年の目標は、まずやっぱ選抜に入りたいとか総選挙にランクインしたいっていうのはあるはあるんですけど、やっぱりそれまでの握手の部数が少ないとか、そういうことがあるので、やっぱり目の前のこなさなきゃいけないことを少しずつこなしていって、少しでもそれに近づけるような人になることを今年の目標にして、来年の生誕祭には「もうここまで近づけました」って言えてるように1年頑張りたいと思います」拍手

「あと、もう1つやりたいことがあって。これもほぼ初めて言うと思うんですけど、私、プロフィールのところに将来の夢「ソロアーティスト」って書いてあるんですね。実はそれ最初「歌手」にしてて。でもそれを恥ずかしいからって言ってやめてもらってソロアーティストにしたんですよ。

で、私は歌うことが大好きで、アイドルからちょっと離れてた時に歌手になることが凄い目標で、そのボイトレとかも行きたいみたいな話をけっこうしてたりして。

で、このお仕事に就かせてもらって、ソロで、ソロというかソロの歌割りのとこで、例えば「禁じられた2人」って曲があるんですけど、そういうのとかで聴いてくれたファンの方が「こはぴの歌声いいね」って凄いたくさん言ってくれるようになって、もうこれはそろそろ言ってもいいんじゃないかと思ったので(客笑) 私は歌手になりたいです」拍手

「でも、難しいことだと思うし、SKEのメンバーは凄いみんな歌が上手いので、凄い遠い夢だと思うんですけど、それも。でも少しでも何か歌に関わるお仕事に就けたら、お仕事に関わらせていただけたらいいなと思って、これからの目標に、それがあるっていうのを皆さんちょっと覚えといてください、お願いします」拍手

「今年1年たくさん不安にさせた時期もあったりとかしたんですけど、もう今はほんとにやる気満々ですし、全然そのSKEしかないので、今の私には。だから精一杯、んー、40ぐらいまで頑張りたい。その間に何かがあるかも、なんか「もういいや」ってなっちゃうかもしれないんですけど、40ぐらいまでを目標にSKE人生楽しみたいと思います。今日は本当にありがとうございました」拍手

※6分53秒

菅原茉椰「ほんとにこはは見た目だけで判断されがちなんですけど、ほんとに根が真面目なので。超真面目なんですよ。絶対に表に出さないけど、裏で人一倍努力してる子で、ストレスとかも抱えることとかがあるんですけど、そういうのなかなか言ってくれずに1人で抱え込んじゃうことがあると思うんですよ。だけどそういうのをチームEのメンバーだったり、ファンの皆さんだったり、言ってくれたらいいなって思います」


一列礼後、捌ける直前に
白雪希明「皆さん、チームEのこと好きですか?」

客「はーい」

白雪希明「これからも好きでいてください。今日はありがとうございました」拍手










本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND













AKB48ネ申テレビSKE48 ZERO POSITIONSTU48イ申テレビなどdTVチャンネルにて配信中
dTVチャンネル