FC2ブログ
IZ*ONE 1stアルバム BLOOM*IZ 2月20日発売 new2.gif
AKB48 57thシングル 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C | 長久玲奈 1stミニアルバム My Own Way [ミュージックカード]
NMB48 3 LIVE COLLECTION 2019 Blu-ray Disc / DVD | HKT48 8th ANNIVERSARY Blu-ray Disc / DVD

【速報版】 山内瑞葵 17歳の生誕祭レポート

2018年9月21日 AKB48劇場 チーム4「手をつなぎながら」公演 18時30分開演

180921 1798


◆仕切り:浅井七海

ある方からのお手紙 (代読:浅井七海)
大好きが止まらない瑞葵ちゃんへ

瑞葵ちゃん、お誕生日おめでとう。誰かわかるかな?

生誕祭のお手紙を初めて書かせていただくことになり、緊張しています。

初めて瑞葵ちゃんを見た時、小学校の参観で担任の先生がゴミ箱に足を突っ込んで以来の衝撃でした。(客笑)

顔の可愛さ、まつ毛の長さ、スタイルの良さ、綺麗でバキバキのダンス、そして何より自分を持っている瑞葵ちゃんに圧倒されました。

でも、そんな完璧な瑞葵ちゃんでも初期は後ろのほうのポジションにいたね。ダンスも歌も全て完璧やのに、きっと「どうしたらいいのだろう」って思っているのかな?って、見てるだけしか出来ませんでした。

それから3ヶ月経ったある日、最初の研究生公演で「シュートサイン」を披露することになった時に瑞葵ちゃんはセンターに選ばれました。斜め後ろで踊っていた私は1人でニヤニヤしてしまいました。すみません。

そこから瑞葵ちゃんの凄さは止まらず、たくさん努力して、選抜に入り、雑誌に載り、チームでセンターを務めていたり、こんな私が言える立場じゃないんですが、後ろの方のポジションにいた瑞葵ちゃんが色んなところに出ているのを見るとたまらなく幸せになります。

こんな風に幸せにしてくれる瑞葵ちゃんに私はたくさん助けられました。「レッツゴー研究生!」公演のレッスンの時に混乱していて泣いてしまった私にお話を「うんうん」って優しく聞きながら瑞葵ちゃんまで涙を流してくれました。そこから急激に距離が縮まったね。

そして一番忘れられないのは組閣の日。私が正規メンバーとして名前を呼ばれなかった時、どうしても泣きたくなくて歯を食いしばっていました。その時、隣にいた瑞葵ちゃんは泣きながら「ずんちゃん」と言ってくれました。絶対に声をかけづらいのに、昇格を喜びたい自分のことより私を気遣ってくれたのが凄く伝わって、涙が溢れそうになりました。

他にはたくさんお話はあるんですけど、書き出したら3メートルくらいの巻き物になって、ファンの方の帰りが遅くなるのでまたいつか。

いつも自分より他の人のことを考えられる瑞葵ちゃん。無理してない? 体壊してない?って思うくらい全力で覚えることがたくさんの日々。見ていて心配になります。

この前「雑誌のオフショットを見せて」って言ったら写真を見せてくれながら楽しそうにたくさんお話をしてくれて、とっても嬉しかったよ。

純粋で可愛くて、優しくて、とてつもなくキラキラしてて、同期思いの瑞葵ちゃんが大好きです。

これからも『ずんずっきー』広まるといいなー。

そして、お手紙長くなってすみません。

17歳の1年、瑞葵ちゃんが幸せでいられますように。

チームA研究生・山根涼羽

浅井七海「ずんちゃんからのお手紙どうでしたか?」
山根涼羽「まさかずんちゃんだと思ってなかったので凄い嬉しかったし、ずんちゃんも凄い私よりも全然ほんとに頑張り屋さんなので…何て言ったらいいんですかね、ほんとに16期の中でも凄い特に仲のいいほうなので、これからもずんずっきーを広めて、みんなに知ってもらえるように2人で頑張っていきたいと思います」


16歳の1年はどんな1年でしたか?
山内瑞葵「16歳は、何ですかね、2018年に入って、モバイルブログ、メンバーが1人1人毎日まわしてるブログに今年の目標みたいな書いたんですね。で、それが、まぁそんな全部覚えてないんですけど」客笑

「全部覚えてないんですけど、覚えてるのは総選挙ランクインだったりとか、選抜に入りたいって言ったりとかして、で、それでなんだろう、今年はランクインも選抜も叶って。初めて初ランクインだったし、初選抜だったし、ほんとに選んでいただけたことが凄い嬉しくて。初めてだらけの凄い幸せな1年だったなって思うし、でもやっぱり、これって1人では全然何も出来なかったけど、その世界選抜総選挙とかも選抜とかも全部、全部全部ほんとにファンの方がほんとに凄い応援してくれて、一緒に頑張ってくれて、一緒に熱くなってくれたりしたり、あとは家族とかもほんとに、常に全面に応援してくれてたので、それ以外も私のこと支えてくださった方すべての方がいたから今の私がいるし、16歳の私も一昨日ぐらいまでいたし」客笑

「ほんとに皆さんのおかげだなって思ってます。ほんとにほんとにありがとうございます」拍手

※2分8秒


17歳の1年はどんな1年にしたいですか?
山内瑞葵「17歳は、とにかくそうやって支えてくれてる方たちとみんなで笑い合えるというか、いっぱい、笑顔いっぱいの幸せな1年、アバウトですけど、幸せな1年に、みんなと笑い合える1年にしたいなって思うし、やっぱり支えてくれた方の恩返しとかも今年はいっぱい出来るように、いい報告というか、嬉しい報告もいっぱい出来るように私自身も頑張るし、なんだろう、16歳が一番いい年だったなーとか、そんなの思いたくないというか、日本語がわかんないんですけど」客笑

「16歳が一番いい年だったなじゃなくて、また17歳、18歳になっていくので、その1年1年もっともっと更に楽しい1年というか、私自身も進歩した姿を見てもらいたいし、なんだろう、進歩して頑張って、なんだろうなー、そうですね、んー、皆さんのイチ推しになれるように頑張ったりとかして、あとは、そうですね、私はずっと前から言ってた目標があって、AKB48にとって絶対に絶対に欠かせない、欠かせない存在になることを目標って昔から言ってて、それにまた近づける年にしたいなって思ったりしてます。話がまとまらないんですけど、んー、んーと、そうですね、とにかく楽しい1年にしたいです」拍手

※1分57秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
山内瑞葵「今日は、まずは、ほんとに私の生誕祭に応募してくれた方、今日来てくださった方もそうですし、ロビーで観てくれてる方もそうだし、オンデマンドで家で観てくれてる方もそうだし、都合が合わずにお仕事、今頑張ってくれてる方だったり、ほんとに皆さん、私の生誕祭というか、このチーム4公演に来たいって思ってくださってほんとにありがとうございます」拍手

「そして、今日ほんとにovertureの時から声が凄い大きくて、ビックリして。私の好きなリボンもこうやって見せてくれたりとか、そう、嬉しくて、あとそのね、黒板の紙? 見せてくれたりとか、あとペンライトの色揃えてくれたりとか、ほんとに全部全部凄い嬉しくて、幸せな公演でした。ほんとにありがとうございまーす」拍手

※1分1秒 (合計5分6秒)

浅井七海「言い残したことないですか?」
山内瑞葵「たぶん声いっぱい、大きい声出したと思うので、家に帰ったらいっぱい飴をなめて、喉を潤してください。ゆっくり休んでくれたら嬉しいです。今日は本当に本当に本当に本当にありがとうございました」拍手




















本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

Twitterより











メンバーTwitterより




遠征の交通手段、宿確保に…



dTVチャンネル