FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】 宮崎美穂 25歳の生誕祭レポート

2018年9月15日 AKB48劇場 チームA「目撃者」公演 17時開演

DnIKXyKVYAEth_n.jpg


◆仕切り:横山由依

◆みゃおが選んだ今年のバースデーソングは、ヘビロテ


ある方からのお手紙 (代読:横山由依)
敬愛する宮崎美穂さん

美穂さん、お誕生日おめでとうございます。さー、私が誰かわかりますか? 絶対わからなそう。あえて「美穂さん」って書いてみました。やーいやーい、誰かわからない状態だろうから何言っても大丈夫そう。

美穂さんにお誕生日のお手紙を書かせていただくということは昨日の我が家の一大ニュースでした。

研究生当時の私からしたら、ごめんなさい、みゃおさん、めちゃくちゃ怖かったです。

数年経って、ご飯にも行かせていただいたこともあったけど、私がめちゃくちゃビビっていたので距離を縮めることもできず、何年も経ってしまいました。

そんな私が遂にこの数ヶ月でたくさんみゃおさんの魅力を知れて、心おきなくお話ができるようになりました。

韓国のプロジェクト中、日本と韓国の子の通訳をしながら、年下の子たちの表情も伺いながら、グループのリーダーを務めるみゃおさんを階段や練習室ですれ違うたび見ていました。

競い合いの環境に来たのに、前に出て自分のことばかりアピールするのではなくて、まず人のために行動している姿は人としてなんて素敵なのだろうと思っていました。その時からみゃおさんは私にとっての一番の鏡でした。

みゃおさんと次の評価で同じチームになることが出来ました。とは言っても、やはり7年前の印象の名残がまだあって、実は内心とってもビビっていました。

でも、一緒に時間を過ごしていくうち、1人で読書をしていたり、小さい頃の習い事の話、実はめっちゃ乙女な部分など意外な一面をたくさん知ることができて、完全にイメージがいい意味で序盤でぶち壊されました。

そして何より、みゃおさんは心の痛みをわかって寄り添ってくださる愛情深い先輩でした。

韓国期間中、みんなそれぞれ傷つく瞬間がたくさんあって、私もありました。そんな時、みゃおさんの言葉によって我慢してた心が溶けて、泣くことが出来ました。一緒に流してくださった涙に何度も救われました。

みゃおさんの韓国語能力は日本と韓国の架け橋であるこのPRODUCE48にとって一番重要なことで、たくさんの人に伝えるべきことだと私は今でも思っています。

みゃおさん無しでは成立できなかったことも韓国生活の中で本当はたくさんありました。

この努力や愛情が日韓メンバーをたくさん助けたのだから、これこそPRODUCE48において重要なポイントだったのだと私は凄く思います。

誰でも真似できることではないみゃおさんの行動を知らず、無責任な言葉を言っている人に反抗したい気持ちでいっぱいですが、本気で長くなりそうだし、そろそろ私、叩かれそうなのでこの辺にしておきます。

とにかく、世界の皆さんに知っていただきたいのは、みゃおさんは誰よりも韓国語、日本語を話して、伝えたいことを通訳してくださって、みんなを繋げてくれたキーパーソンです。

ブンリョウチュセヨ(?)

そんなみゃおさんを本気で頼っていたんだと感じたのはラストステージが終わった後でした。みゃおさんも私も苦しみの中、最後のステージに立っていたことはわかっていましたが、私はずっと強がっていました。

番組が終わった後にみゃおさんの顔を見て抱き合った時、「あーっ、全部わかってくださっていたし、みゃおさんも本当に本当に苦しくてたまらなかったんだろうな。私はみゃおさんに何か出来たかな」と思いながら大号泣しました。

私にとっては誰よりも痛みを共有できたと勝手に思っています。一緒に戦うことが出来て本当に幸せでした。

今の私にとってみゃおさんはAKB人生の中で最初で最後の本心を伝えることができた先輩です。

私は今年いっぱいで卒業してしまいますが、これからプライベートでたくさん仲良くしてほしいです。

そして、今後別の場所で一緒にお仕事できるようになれたらまた幸せです。

今日はゆっくり休んでください。

お誕生日おめでとうございました。

長文失礼しました。

AKB48 竹内美宥

横山由依「ということで、美宥からの長い長いお手紙でしたがどうですか?」
宮崎美穂「ありがとうございます。まさか美宥ちゃんからお手紙もらえるなんて全然思ってなくて、今年も北原さんか大家さんあたりだろうなって」客笑
横山由依「安定のね」
宮崎美穂「思ってたんですけど、凄い嬉しいですね。やっぱりあの、美宥ちゃんも私も歴が長かったから、どこかしらこう引っ張っていかなきゃみたいなプレッシャーとかもあって、もちろんこう番組中ね、いい言葉以外にも悪い言葉もたくさん受けてきて、で、2人でそういう話をして、負けないで最後まで戦おうっていう話をいつもしてたので、その終わった後に抱き合って大号泣しましたって文があったんですけど、ほんとにその通りで、一緒に戦えて良かったなって思って、PRODUCE48を通して美宥ちゃんとは凄く仲が良くなったから、卒業しても、卒業した後も個人的にも応援してるし、付き合いできたらいいなと思ってます。ありがとうございます」拍手


24歳の1年、みゃおにとってどんな年でしたか?
宮崎美穂「あのー、ほんとにね、PRODUCE48に関しては私が、ファンの方はご存知の方もいるかもしれないですけど、私がずっと、やっぱ韓国が大好きで、韓国で活動したいなっていう夢はいつもあったんですけど、その夢に凄く近づけるチャンス、機会だったことなので、このAKB48人生において一番大きい自分でのチャレンジだったなと思います。

あの、ほんとにファイナルまで行けたことと、あのー、何て言うんですかね、やっぱ韓国で活動してる期間が長かったので、日本のファンのかた置いてけぼりになっちゃうんじゃないかとか、私も凄く心配はしてたんですけど、全くそんなことなくて、ほんとに皆さんの支えがほんとに大きかったんですよね。

そう、だから、凄くいい経験だったなと思いますし、PRODUCE48以外にも今年プロレスとかやって、ほんとに色々マルチに活躍させてもらって、ほんとにもう先輩メンバーですけどこういうチャンスをくれたスタッフさんに凄く感謝しています」

※1分19秒


25歳の1年はどんな1年にしていきたいですか?
宮崎美穂「25歳の1年は、あのー、私の中で大きく変わる年だと思います。やっぱりあの、何て言うんですかね、このプロジェクトも凄く大きなことだったし、AKB48においても、なんか、昔よりももっとやる気が出てしまったというか、もうね、私も10年ぐらいいるので、「早く辞めちまえよ」っていう感じの声もたくさん聞くんですよ。「いつまでいるんだよ」っていう声もたくさん聞くんですけれども、ほんと辞めればいいんですよ、別に。辞めたらもうそれで終わりなんで、全然辞めれることは出来るんですけど、なんか、その今回のPRODUCE48もそうですけど、AKB48が私に「もうダメかな」って思う時にいつもチャンスをくれるんですよ。

だから、PRODUCE48もだし、チームAで「目撃者」公演もそうだし、プロレスもそうだし、ラジオのDJもそうだし、私がこう下がってる時に、なんか神様がこうチャンスをくれるような気がしてるので、私はこのまたチャンスで凄くやる気に満ちあふれてしまったので、絶対に売れます(笑)」拍手

横山由依「25歳の1年はひと言で言うと、売れると」
宮崎美穂「はい、売れる」客笑
横山由依「いいですね」
宮崎美穂「やっぱり多くの方に知っていただく機会になったなと思いますし、やっぱSHOWROOMとかやってても日本のファンの方もきっと感じてくださると思うんですけど、やっぱほんと、日本語じゃない言葉でのコメントとかも凄く増えてきたので、絶対にそれを無駄にしないように次に繋げていきたいです」拍手

※2分4秒


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
宮崎美穂「まず私、7月30日生まれなんですけど、ちょっとほんと2ヶ月近く遅れてしまった生誕祭なんですけれども、こうやって開いてくださったことにほんとに感謝してます。ありがとうございました」拍手

「やっぱりあの、私もね、違うところで活動することも増えて、その時もやっぱり日本のファンの方がほんとに支えになってましたし、やっぱりつらい時に支えてくれたのは皆さんだったなって、その時に凄く思い返したんですよ。だから、これからも支えていってほしいなと思いますし、たぶん近々? 皆さんにいいお知らせも出来る…」

客「おー!」
横山由依「何? 教えて」

宮崎美穂「出来ると思うんですよね。だから、是非今後もね、宮崎美穂へのご声援よろしくお願いします。ほんとに今日はありがとうございました」拍手

※59秒 (合計4分22秒)

横山由依「言い残したことは大丈夫ですか?」
宮崎美穂「うん、あのー、ほんとにもう10回目? 11回目ぐらいの生誕祭なんですよ。なんですけど、こんなに真面目に語っちゃったの初めてで(客笑) いつもふざけてばっかりだったんで、今年はもうあの、今年の目標「真面目に」っていう」
横山由依「いいですね。5分前行動で」
宮崎美穂「5分前こう…。ほんと真面目人間になりたいんで、よろしくお願いします。ありがとうございました」拍手

























本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

Twitterより




宮崎美穂Twitterより


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND