FC2ブログ

【速報版】 西澤瑠莉奈 19歳の生誕祭レポート

2018年8月6日 NMB48劇場 チームM「アイドルの夜明け」公演 18時30分開演

180806 2872


◆仕切り:川上礼奈

ある方からのお手紙 (代読:川上千尋)
るりちゃんへ

るりちゃん、お誕生日おめでとう。

誰かに手紙を書くなんて凄く久しぶりなので、支離滅裂だったり、語彙力が足りなかったりがあると思いますが愛情でカバーしてください。

ところで私が誰かわかりますか?

西澤瑠莉奈「井尻さんかな?」

昨日見事にソシャゲで爆死した井尻晏菜です。財布がピンチです。どうしよう。

未来のことは未来の私が何とかしてくれると信じて、今を生きようと思います。

さて、私の話はこれくらいにして、今からるりちゃんについて語っていきますね。長くなっちゃうので、トイレに行きたい方は今のうちに。

るりちゃんの出会い、実はちゃんと覚えていません。でもおそらく百年物語の時かな。NMBに入ったばかりの3期生は右も左もわからないまま先輩方に混じり、その大きな舞台に立たせていただきました。その時にるりちゃんが話しかけてくれたのはよく覚えています。

なんやかんやで数年経ち、帰り道が途中まで同じということに気づき、一緒に帰っていた気がします。まだ特別仲がいいわけではなかったけど、たくさん私に話しかけてくれました。内容は全く覚えていないけど。

あっ、今少しだけ思い出しました。るりちゃんあの時、私にウザ絡みばかりしていました。正直「なんだこの人、少しウザいぞ」とさえ感じるほど。

今となってはあの絡みをしてくれたから、こんなに仲良くなれたんだよね。本当にありがとう。

それから、またしばらく経ってから、「るりりんさんって言いにくいやろ? るりちゃんでええで」と言ってくれたね。いや、ぶっちゃけ、『る』と『り』が隣同士な時点で無茶苦茶言いにくいけどなーとか思って。

西澤瑠莉奈「それはごめん」

あの言葉、本当に嬉しかったです。照れくさくてずっと呼べなかった分、これからもたくさん名前を呼ばせてもらいます。

るりちゃん、たくさん話しかけてくれてありがとう。るりちゃん、ダンスが苦手な私に付きっきりで教えてくれてありがとう。るりちゃん、私の絵を好きって言ってくれてありがとう。るりちゃん、生まれてきてくれてありがとう。るりちゃん、NMBに入ってくれてありがとう。

るりちゃんの言葉で救われた人はきっとたくさんいるよ。私もその1人です。素敵な言葉を投げかける人は投げかけられた人だけじゃなく、その周りの人も幸せにしてくれます。

るりちゃんが私たちを幸せにしてくれた分、今度は私たちがるりちゃんを幸せにさせてください。プロポーズみたいになったけど違います。るりちゃんの夢をいっぱい叶えてください。

個人的にやけど、夢って見たり、願ったり、叶えて手に入れたり、叶えられなくて手に入れられなくても夢を見続けることに変わりはないから、あってないようなものだと感じています。

叶えられることも、夢を見ることも、凄く素敵で素晴らしいこと。悪いことなんて1つもない。

「努力は必ず報われる」たかみなさんが私たちに残してくれた言葉です。賛否両論ありますが、私はできれば報われてほしい派の人間です。

人によって捉え方も、考え方も、感じ方も、やり方も違って、一概に何とは言えないけれど。ただそれを指差して笑う人が出てきたり、無駄だと否定する人が現れるのは事実で、それに負けちゃうことがあるのも事実です。

でもね、そういうのは頑張っていない人達のあがきだから気にしないでください。

私の大好きな声優さんの本に「声が裏返ったいいじゃないか。だって必死なんだろ?」というのがありました。その通りだと思ったよ。どれだけ練習しても、どれだけ経験を積んでも、うまくいかない時はある。人間らしくて素敵だと私は思います。完璧な人間なんて1人もいないし、なれるとも思わない。みんな必死なんだよ。だから笑うな。

人の失敗を笑うな。これは確かに次に繋がる道なんだ。私はそう思います。だからSHOWROOM選抜で、るりちゃんとファンの皆さんの努力が認められた時は心の底から嬉しかった。本当におめでとう。いつか生で見られるのを楽しみにしています。

長くなっちゃったけど、要約すると私はるりちゃんが大好きってことです。

るりちゃんにとって素敵な時間が続きますように。

井尻晏菜


お母さんからのお手紙 (代読:石田優美)
るー、19歳のお誕生日おめでとう。

昨年、高3の夏の三者懇談では「進学しない」と何だか投げやりな言い方で先生の提案を断っていたよね。

それがいつだったか「やっぱり進学したい」と真剣に相談してきて、自分の中で何か変化があったのかなーと思った。

前からお父さんとお母さんは進学してほしかったから良かったのだけど、進学するとなるといくらお仕事優先といっても、NMB48の方々にご迷惑をお掛けしないように時間をやり繰りしないといけなくなるのできっと大変になるだろうとは思っていました。

志望校に合格して、春には入学し、忙しい毎日が始まって、そして総選挙での立候補。毎年総選挙で立候補しているものの、ファンの方に負担をかけているのではないのかと毎回悩んでいる姿を見ていたから、今年もちゃんと立候補したんだとほっとしました。

お母さんはAKB48グループのメンバーでいる限り、グループを盛り上げていける人でいたらいいなと思っているので、総選挙ではしっかり上を目指していってほしいです。

ずっと続けているSHOWROOMでも総選挙イベントが始まり、やっぱりファンの方に負担をかけていると心配して、前向きでなかったよね。

でもファンの方の温かい意見に心が動かされたようで、一気に本気になり、いつもにも増してファンの方と絆が深まったように思いました。

スタートが遅れた上にマイペースな性格で、そんなにいい順位ではなかったのが、どんどん押し上げてくださったおかげで、毎日のように順位が上がり、本気度が高まったのがわかりすぎるくらいでした。

自分が色んな提案をしたり、スケジュールを立てたり、食べ物以外にあんなに貪欲なところは見たことはなかったかもしれないよ。

早朝5時から配信を始めるようになって、学校へ行く直前までから授業の合間の時間まで惜しんで配信するようになり、送り迎えは本当に大変でした。

夜は深夜12時まで1時間刻みでの配信。そんな大変さも見に来てくださった方が楽しそうな話題を振ってくださり、苦労とかじゃなくて楽しんでいたのが驚きでした。

終盤に差し掛かる頃、色んなものがたまってきて声が出なくなったり、配信中にあってはならない居眠りをしてしまったり(客笑) 周りの方に心配かけたりもしたね。

それでも前向きだったのはファンの方の応援があったからで、「西澤瑠莉奈推しの方って凄いな。これは総選挙ランクインするな」と勝手に思い込んでしまいました。

現実はそんなに甘くなかったけど、それでもSHOWROOMイベントでの8位という結果を残せたのは凄いです。

ファンの方も早朝から夜遅くまで時間を潰してくださって、大変な思いをされたでしょうから本当に感謝しないとね。

結果が出るまでどれだけドキドキしたか。でも8位になったものの、昨年同様のいいことがあるかどうかもわからず、どこまで喜んでいいのか、喜ぶタイミングを逃してしまったような気がする。

幾日が過ぎて、SHOWROOM選抜というMV撮影に呼ばれたみたいだけど、凄くクールに見えたから、どうしたのか心配だったけど、撮影が終わってからのテンションがもの凄く高くて、凄く嬉しそうで、そこでやっと実感したんだなーと思ったよ。

2018年になってから月刊エンタメさんやHJメカニクスさん、そしてアームズマガジンさんには表紙として掲載していただいたりして、その雑誌の付録をアニメイト大阪日本橋店さんには折り目のなしのポスターを用意していただけたりと本当に嬉しいことが続いています。

東日本大震災での被災地でのイベントにも呼んでいただいて、以前からそういった方面の活動もしてみたいと言っていたので、本当に嬉しかったよね。

自分でコツコツ積み上げてきたことが始まりだったとしても、ファンの方や周りの方が結んでくださった縁でもあるので、大切にしていってほしいです。

これからの自分のあり方について考えることも多いだろうけど、大学進学して、今のNMB48にいないキャラクターを確立していけたらいいと思っていたし、もっと先の未来に、番組で色んな業界の偉い人を言葉巧みに操れる人になっていたら頼もしいなーと勝手に夢見ています。本人はどう思っているか知らないけど。

NMB48メンバーの皆様、スタッフの皆様、そして温かいファンの皆様、いつも娘、瑠莉奈が大変お世話になり、感謝申し上げます。8年目という長きに渡って活動を続けてきましたが、本人同様ゆっくりとした時間が流れるばかりで、きっと歯がゆい思いをさせていると思います。まだまだ未熟な面が多く、至らない点が多々あるかと存じますが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

母より

加藤夕夏「24回ぐらい噛んでたで」客笑


◆メンバーより色紙のプレゼント(イラスト:岩田桃夏)


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
西澤瑠莉奈「今日は生誕祭を開いてくださった皆様、そしてスタッフの皆様、そしてメンバーの皆さんも本当にありがとうございます」拍手

「そうですね、まずは生誕祭が27日だと、きっと皆様予想されてお休み取られていたと思うんですけれども。今日にずれ込み、ほんとに来られなかった方も多分いらっしゃるんではないかなと思うんですけれども、皆さん、無理に、そうですね、今日来てくださって本当にありがとうございます」拍手

「そうですね、私は今年に入って凄い嬉しいことがたくさんありまして。まず1月に入ってからアニメイトさんでワロタピーポーの発売記念としてアニメイト大阪日本橋店さんであんたんとまおきゅんとイベントをさせていただいて。そして月刊エンタメさんでも、まおきゅんと初めてのグラビアもさせていただいて。

そうですね、で、東北震災の復興イベントのメンバーとしても選んでいただけて、凄いそれもずっと何か震災でお手伝いできたらなと思っていたので、なんかSHOWROOMでガンプラを続けてきて、それを見ていただけて、ファンの方もご協力いただいて選んでいただけて凄い嬉しかったですし、それがまた実を結んで、HJメカニクスさんというですね、ガンプラの雑誌にも選んでいただけたり、あとアームズマガジンさんも選んでいただけて、SHOWROOM選抜も皆さんの応援のおかげで。私のファン方ももちろんなんですけれども、NMB48のファンの方、そして他のグループの方も、普段から続けてて応援したかったからって言ってくださって、凄いたくさん皆さん、早朝から深夜までご協力いただいて本当にありがとうございました」拍手

「そのおかげでですね、SHOWROOM選抜、皆さん、お持ちしていたMV撮影も、収録、MV撮影、撮影させていただいて、そしてこの前、先日なんですけれどもレコーディングも無事終了しました。皆さん、待っててください」拍手

「まだなんですけどね、公開は。凄い私は、何て言うんやろうな、中毒性のある、何回も聴きたくなる曲だなと思うので、是非是非発売されたら、是非聴いてください。よろしくお願いします」拍手

「そしてですね、2018年になってから凄い、自分で叶えたかった夢や目標を口に出していくことによって、凄い皆さんのご協力のおかげもあって、叶えていけて凄い嬉しかったです。やっぱり言っていかないと誰も気づかないし、叶わないなって実感したので、これからもどんどんどんどん自分の夢や目標を口にして、もちろんそれを言うだけじゃなくて自分の行動に移して頑張っていきたいなと思います。これからもご協力よろしくお願いします」拍手

「そうだな、言うことあるかな…。そうですね、やっぱり、言っても難しいものはたくさんある中で、やっぱり48グループにいるメンバーとして、まずNMB48の選抜を目指して今年も頑張りたいなと思います。

やっぱり簡単じゃないなっていうのはあるし、みんな目指してるものだから難しいんですけれども、そうですね、やっぱりNMB48にいる中で、選抜だけが全てじゃないっていうのもあるんですけれども、やっぱりそれを目指してみんなで競い合うことで、よりNMBが盛り上がっていくんじゃないかなと思うので、その中で盛り上げていける1人のメンバーとして、彩さんもね、卒業発表されて、凄い不安が多いかなと思うんですけれども、そこはみんなで頑張っていけたらなと思います。頑張ります。よろしくお願いします」拍手

「以上です、ありがとうございました」

※5分9秒

川上礼奈「瑠莉奈は19歳で、入った歳は…」
西澤瑠莉奈「11歳」
川上礼奈「11歳が19歳になるって凄い大人になったなと思うんですけど、メンバーの中ではほんとにまだまだ若くて、学生さんなんですけど、でもほんとにどのメンバー以上にも気を使えたりとか、あとメンバー1人1人のことを気にかけてくれてる瑠莉奈が凄く見ることが多くて。私もキャプテンで全然まだまだな部分もあるんですけど、そういうのを後輩とか年下のメンバーが支えてくれて凄い嬉しいなと思うので、これからも瑠莉奈には一緒にMで…」
西澤瑠莉奈「盛り上げていきたいですね」
川上礼奈「がんばりましょうね、ほんとに」








本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND






AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND


AKB48 53rdシングル「センチメンタルトレイン」 9月19日発売