FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月12日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif

【速報版】 井上瑠夏 17歳の生誕祭レポート

2018年6月25日 SKE48劇場 チームS「重ねた足跡」公演 18時30分開演

180625 0885


◆仕切り:野村実代

北川綾巴からのお手紙
るーちゃんへ

17歳、おめでとう。

この1年はどんな1年だったかな?

熊本から愛知へ出てきて、慣れないこともたくさんあったよね。不安になることももちろんたくさんあったよね。

熊本が恋しくなったり、地元の友達に会いたくなることもたくさんあると思います。

こうして自分の青春を捧げて、愛知に来て、SKEで活動してることは勇気のいることだと思うし、生半端な気持ちでは出来ないことだと思います。本当にかっこいいよ。

チームSに昇格してからるーちゃんの中身を知って、この子は本物の天然なんだって知りました。(客笑)

意味わかんないこと言っても「面白い」ってケラケラ笑ってくれて、ふわふわしてて、ザ・アイドル。顔も可愛くて、声も可愛くて。そんなるーちゃんに気づいたらメロメロになっていました。

リハーサルの時から誰よりもビッショリ汗をかいて、公演中には前髪が無くなっちゃうくらい必死に歌って踊る姿にはSKE魂を感じます。その気持ち、忘れないでね。

この活動をしていたら、悔しいことたくさんあると思います。るーちゃんはあまり表には出さないけど、ちゃんと思ったこと、感じたことはファンの皆さんに伝えるんだよ。みんななら受け止めてくれるから。もちろん私たちチームSの先輩も頼ってください。

いい子すぎるところもるーちゃんのいいところだけど、いい子すぎると損することもあるからちゃんと自分を持って、まっすぐ前に進んでいってね。

まだ17歳、未来しかないよ。羨ましい!

るーちゃんがSKEに入ってくれて、チームSに来てくれて本当に嬉しいです。

これからも一緒に最強のチームSを作っていこうね。

るーちゃんにとって大きな一歩となる1年になりますように。

るーちゃんのことが大好きな綾巴より

井上瑠夏「綾巴さんだったんだ」
北川綾巴「えっ?気づかなかったの?」
井上瑠夏「はい」
北川綾巴「えー?」
都築里佳「ウソでしょ? なんて恐ろしい子」客笑


お手紙の感想や今年の抱負をお願いします
井上瑠夏「まずは、ここのSKE48劇場に足を運んでくださった皆さん、今DMM配信やモニターから観てくださってる皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「お手紙は綾巴さんだったんですけど、えー何だろうな、瑠夏入る前から普通にファンとして綾巴さんのことを見てたので、今なんか、「チューして」とか言ってくださることがまだ信じられないぐらい、本当に綾巴さんといる時間嬉しいし、私も本当にチームSに昇格できて良かったなって凄い思ってるので、これからも一緒に頑張っていきたいなって思います。ありがとうございます」拍手

「そして今日こんな素晴らしい生誕祭を開いて企画してくださった皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「去年の1年を、16歳の1年を振り返ると、まずは去年の10月にチームSに昇格させていただいてから活動の幅がグンと広がって、まずはSKE48の派生ユニットのラブ・クレッシェンドに新しく加入させていただいたり、香港でイベントをさせていただいたり、毎日がほんとに楽しくて、凄く充実してて、SKE48で良かったなって心の底から改めて感じた1年でした。

でも、それと同時に、なんか私はSKE48に入ってから研究生の公演でセンターをさせていただいたり、ほかにも凄いいいチャンスをいただいて、凄く恵まれている環境にいたのに、なかなかそれを結果につなげることが出来なくて、凄く悔しかったし、悩んだ1年でもありました。

私は人と比べて一番っていうものが無くて。歌やダンスも上手いわけじゃないし、喋りも上手いわけじゃないし、すぐ訛っちゃうし、あとは手足もそんな長くないし、なんか、ラブ・クレッシェンドっていう凄いところに選んでいただいたんですけど、それが本当に私で良かった(のか)なとか考えちゃって、凄い、ちょっと壁にぶち当たったりして、悩んだりしたんですけど、こんなに大きなチャンスは無いと思うので、17歳の1年は脱ポジティブ?」ざわざわ

メンバー「脱ネガティブ」

井上瑠夏「ポジティブを…ネガティブを無くして、脱ネガティブ? すみません。17歳の1年はもっと自分に自信を持って、脱ネガティブの1年にしたいなって思います」拍手

「ありがとうございます。そこで私は17歳の目標がたっくさんあるんですけど、その中でも3つを今日は発表したいと思います」拍手

「まず1つ目は、とにかく色んな雑誌に出て有名になることです。私は密かに雑誌に載りたいっていうほんとに密かな憧れがあるので、雑誌に載って、もっと新しい一面を知ってもらいたいし、自分の存在も知ってもらいたいなって思います。

そして2つ目は、地元でお仕事をすることです。私はSKE48で唯一の熊本県出身で、大好きな熊本県と大好きな九州の皆さんにSKE48のことをもっともっと知ってもらいたいなって思います。

私はチームSに昇格できて本当に良かったなって思ってるし、SKE48の先輩方やメンバーは面白くていつも笑わせてくれて、優しくて、あとは個性が凄くいっぱい詰まってるので、私も凄いSKE48に入って良かったなって思うので、この良さをもっともっと色んな方に広めていきたいなって思います。

そしてですね、もっとSKE48のことを地元・熊本とか遠く離れた県にアピールしていきたいなって思うし、愛知県とSKE48と熊本県を結ぶ架け橋の存在になりたいです」拍手

「ありがとうございます、ありがとうございます。そして最後3つ目は、SKE48の選抜メンバーになることです」拍手

「ありがとうございます、ありがとうございまーす。でも今の私はハッキリ言ってまだまだ16人の壁は超えられないし、選抜メンバーになるまでには凄く程遠いなって感じてるんですけど、選抜メンバーになるためには握手会とかSNSとかこの劇場公演とかを毎日毎日コツコツ頑張っていって、将来はSKE48のエースになれるくらい大きい存在になりたいです」拍手

「ありがとうございまーす、ありがとうございます。これからは、いつも私を笑顔にしてくださるファンの皆さんを大切にして、小さい頃からずっと目指してたこのアイドルの道を応援してくださる皆さんと一緒に進んでいきたいなって思ってます」拍手

「ありがとうございます。そして私はここの愛知県まで遠い熊本から愛知県までお母さんと犬二匹と車を運んでまで来て、凄いSKE48に自分の人生の全てを捧げる覚悟は誰よりもあると思ってるので、これからもその覚悟を忘れずにもっともっと上を目指していきたいと思ってますので、これからもずっと見ててください。今日は本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします」拍手

※6分51秒

野村実代「るーちゃんはいつもニコニコしてて、みんなから凄く愛されてて。でも自分の中に悩みだったり苦しみだったりを閉じ込めちゃうクセがあるなって私的には思ってて。1年前の生誕祭で私、仕切りやらせてもらった時に「もっと頼りにしてほしい」って言ったら凄く頼りにしてくれて、それが凄く嬉しかったし。だからさっき綾巴さんの手紙にもあった通り、もっともっとファンの方を頼りにして、これから17歳最高の1年にしてください」
井上瑠夏「ハイ! します」拍手


一列礼後、捌ける直前に
井上瑠夏「もし来年総選挙があったら絶対にランクインしてみせます! 今日はありがとうございました!」















本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND



AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND