FC2ブログ
IZ*ONE 1stアルバム BLOOM*IZ 2月20日発売 new2.gif
AKB48 57thシングル 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C | 長久玲奈 1stミニアルバム My Own Way [ミュージックカード]
NMB48 3 LIVE COLLECTION 2019 Blu-ray Disc / DVD | HKT48 8th ANNIVERSARY Blu-ray Disc / DVD

【速報版】 角ゆりあ 18歳の生誕祭レポート

2018年6月24日 NGT48劇場 研究生「PARTYが始まるよ・えちご雪椿」公演 12時30分開演

180624 0013


◆仕切り:髙橋真生

18歳になってみてどうですか?
角ゆりあ「そうですね、この時期いっつも新公演とかで忙しくて、あんまり誕生日を迎えたっていう実感が誕生日当日あんまりもてなかったんですけど、でもやっぱりこうやって生誕祭をやると、「あっ、ひとつ歳を取ったんだな」って実感しました。ありがとうございます」


◆ファンの皆さんからのメッセージ (VTR)

180624 0227


ある方からのお手紙 (代読:中村歩加)
角へ

かどー! 18歳、お誕生日おめでとう。

ハッピーセットの菅原りこ小熊倫実です。

今回、角の生誕委員の方からりこと倫実にお祝いのお手紙を書いてほしいと言っていただけた時、すぐに「ハッピーセットだ!」って思いました。

私たちと角はオーディションに合格してからの合宿で仲良くなって、何をするにも、どこへ行く時もいつも3人で一緒にいたね。

1つのお部屋に集まって音楽を聴いたり、テレビを見たり、色んな写真を撮ったりして、今でもたまにその時の写真を見たりして、色んなことを思い出すよ。

角は本当に頑張り屋さん。りこと同い年の角が石川県に住んでいる家族と離れて一生懸命頑張っている姿をずっと見てきました。

どんな時も前向きに頑張る角は本当に凄いなって思います。

そしていつも劇場公演を支えてくれて、その姿を劇場でずっと見てきました。どこのポジションでもかっこいい曲も可愛い曲も完璧にこなす角をほんとに尊敬しています。

今ではステージでキラキラな笑顔をたくさん見せてくれてる角だけど、始めの頃は緊張とかでステージの上で角の笑顔が見れないことがとっても心配でした。

3人でいる時の角の笑顔を知っているからステージでもあんな笑顔で笑ってほしいなってずっと思っていて、クールな角も好きだけど、私たちはやっぱり一緒にいる時に見せてくれる角の笑顔が大好きです。

恥ずかしくて今まで角に言ったことがなかったけど、一緒に出演させていただいたテトフェスのステージ、あのステージで初めて角の笑顔を見て感動して、家に帰ってから何度も録画で角を見て泣きました(客笑) そのくらい角の笑顔が嬉しかったです。

そして倫実も恥ずかしくて今まで角に言ったことがなかったけど、いつもそばにいてくれて、一緒に全力でふざけてくれて、NGT48に入れてこうして出会えて仲良くなれて凄く幸せです。

でも陰で角が悩んでたり、凄く努力していて頑張り屋さんな角を知っているからいつでも相談してほしいし、こんな倫実だけれど、いつでも連絡でも電話でもしてきてね。

今では私たちのほうが頑張らないとと思っているくらいだけど、7月からはハッピーセット揃ってチームG。新公演のこととか一緒に話せてる今がとってもとっても幸せだよ。これからもお互いに支えながら成長していけるように頑張ろうね。

そして、今日こうして角に気持ちを伝えるチャンスをくださった生誕委員の皆様、本当にありがとうございました。角が今こうして笑顔でいられるのはどんな時も応援し、支えてくださる皆さんがいるからです。角を笑顔にしてくれて本当にありがとうございます。これからも一緒に角の笑顔を守っていきましょう。

ハッピーセットのりこと倫実より

髙橋真生「お手紙どうでしたか?」
角ゆりあ「なんか、そのりことつぐって最初言われた時に「大丈夫かな? 変なこと書かないかな」と思ったけど凄い真面目なこと書いてあって逆にビックリしちゃって。でもなんか嬉しいです。めっちゃ心に響きました。今日つぐに「つぐ生誕委員?」って聞いたら「倫実違うよ」ってニヤニヤしながら言ってくるから絶対この人関わってるなとか思いながら。りこも、りことは合宿で一番最初に話したのがりこだったので」
菅原りこ「そうだね」
角ゆりあ「一緒にね、喋って。私けっこう人見知りなんですけど、りこにだけは人見知りせずに自分から声をかけられたメンバーなんですよ、唯一。だから、ねぇ、なんなんだろうね」
菅原りこ「なんか凄いね。ほんとに、おめでとう」客笑 → 拍手
角ゆりあ「だから、そんな大好きな2人からお手紙をもらえて凄く嬉しいです。ありがとうございます」


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
角ゆりあ「まずは素敵な生誕祭を開いてくださってほんとにありがとうございます」拍手

「4月に行われた単独コンサートで昇格が発表されたんですけど、2年前の生誕祭で私は10人全員で昇格したいっていう目標を挙げて。でもなかなか達成出来ずにいたんですけど、やっと2年越しに、人数は減ってしまったんですけどみんなで昇格することが出来て凄く嬉しいです。

研究生として活動を2年半ぐらいしてきて、やっぱり私は、何回も言ってるんですけど、やっぱり研究生のメンバーが凄い大好きだなっていうのをやっぱり感じて。今日も夜公演が千秋楽なんですけど、踊ってるとなんか、こうやって顔合わせたりするのも最後なんだなとか思ったりする場面が凄くあって、ねぇ…(涙目)」

メンバー「生誕祭で泣かない、私泣いたことないからって(裏で言ってた)」

角ゆりあ「だから凄い研究生が大好きだから、今までは1日も早く昇格したいと思ってたけど…いざ昇格が決まって千秋楽が近づくと、やっぱりたくさん思い出があるからこそ終わって欲しくないなーって思いも強くて。ちょっと私、言うこと考えてないから日本語変だと思うんですけど。

でもなんかほんとに、研究生のファンの皆さんはいつも凄い温かいなと思っていて。今年のリクエストアワーでも「下の名」が3位に入ったり、そのみんなでランクイン、入ったらいいねっていう話はしてたけど、正直トップ3に入るのは無理だろうと思ってたから、事前にランキングをもらうんですけど、トップ3位内の曲は順位わかんないんですけど、もらった時に「下の名」がトップ3の中に入ってた時に凄いファンの皆さんの温かさを感じて。

やっぱりずっと昇格できずにいたけど、でもこうやって見てくださってる方はいるんだなっていうのを改めて感じることが出来たし、皆さんの応援のおかげでこうやって今このステージに立ててるんだなっていうのをほんとに改めて感じました。ほんとに応援してくれてありがとうございます」拍手

「それと、私のファンの皆さんも凄い温かいなと思って。私は初期からずっと一番後ろの列の一番端っこで踊ってて。お披露目の時とかも、私だったら前にいる子たちを見ちゃうと思うのに、私のファンの人は後ろにいる私を見つけて、今こうやって応援してくれてるっていうのが凄く嬉しいし、ありがたいことだなと思っていて。なので、何の魅力もない私ですけど見つけてくれて本当にありがとうございます。凄く感謝の気持ちで一杯です。

皆さんにこうやってたくさん支えてもらっているから私も今こうやってめげずに活動できています。本当に嬉しいです。ありがとうございます」拍手

「7月からはチームGとしての活動が始まって、研究生は半分ずつで分かれてしまうんですけど、またそれぞれでたくさん成長して、またいつか研究生で集まってパフォーマンスする時に、それぞれが「成長したね」って思えるくらい私もチームの活動で成長出来るように頑張りたいと思います。なので皆さんもこれからも応援よろしくお願いします」拍手

「今日は生誕祭を、ありがとうございました」拍手

※4分56秒
















本日23時よりアーカイブ配信開始
NGT48 LIVE!! ON DEMAND



















遠征の交通手段、宿確保に…



dTVチャンネル