FC2ブログ
AKB48全国ツアーファイナルdTVチャンネルにて独占生配信決定! new2.gif
dTVチャンネル
12月9日:チーム4(18時30分~)、12月10日:チームB(10時~) チームK(14時~) チームA(18時~)

【速報版】 安田桃寧 17歳の生誕祭レポート

2018年6月8日 NMB48劇場 チームM「アイドルの夜明け」公演 18時30分開演

DfKlyCkUcAAdlip.jpg


◆仕切り:安藤愛璃菜

あるからのお手紙 (代読:山田寿々)
ももちゃんへ

17歳のお誕生日おめでとう。

今年の手紙は山奥に住んでいるおじいちゃんが書いています。

ももちゃんは小さい頃からダンスが上手くて保育園の発表会でも輝いていて、いつも見るのを楽しみにしていました。

たくさんの努力をして、踊る場所があの保育園の小さな舞台からNMBの劇場になったんですね。

最近はどの公演にもももちゃんが出演していると聞きました。

可愛い衣装を着て、一生懸命踊るももちゃんは小さい頃から親戚みんなの自慢のアイドルです。

公演以外でもドックトレーナーをしたり、メイドさんになったり、カッパになったり、ラジオのパーソナリティをしたり、色んなお仕事をさせてもらえるようになりましたね。

好奇心が旺盛で、何でもやりたがる性格だから楽しんでやっているんだろうなと思って見ています。

歌番組にもまた出られたらいいね。

おじいちゃんはももちゃんがいるととても明るい気持ちになります。

子供やお年寄りにも優しいところが大好きです。

きっとファンの方々もそんなももちゃんだからついてきてくださっているのでしょう。

これからもみんなに優しく笑顔で周りを明るくして、ファンの皆さんを大切にしてください。

またおじいちゃんの家にも遊びに来てください。家にはももちゃんのうちわとかキーホルダーとか写真がたくさんあるけど、そろそろ本物に会いたいです。

桃色クッキングもしてくれたら嬉しいです。今年も自然薯(じねんじょ)作ってるよ。

家の周りには何もないから歌の練習を思いっきりしてもいいよ。

おばあちゃんと待っています。

まだまだ達成したい目標があるみたいだから大変なこともあるだろうけど、前を向いて進んでください。遠くから見守っています。

TwitterもブログもSHOWROOMも毎日楽しみにしています。

体に気をつけて頑張ってください。

おじいちゃんは通信速度制限と戦います。(爆笑)

安田桃寧「山奥やからな(笑)」

最後になりましたが、生誕委員の皆様、スタッフの皆様、メンバーの皆様、素晴らしい生誕祭をありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

おじいちゃんより


東由樹からのお手紙
桃寧へ

やっほー! まさかのまさか、私がお手紙を書かせていただきます。ビックリしたかな?

安田桃寧「いやーもう癒し。可愛い」

私はビックリです。

いつもこんな私を可愛がってくれてて、私からは先輩として何も教えてあげられるようなことをしていないからなーと思っています。

なので、今日は私から見た桃寧を少しお話しようかなと思います。

正直、初めの頃の桃寧の印象は覚えてなくて、ドラフト2期生としてチームBII指名で、NMB48に来てくれて、私はチームMだったこともあって関わることすらほんとに少なくて、会話すらすることもなかったなーと、今の関係性が不思議に思えるけど、私は凄く凄く嬉しいです。

今も変わらずだけど、ぶりっ子キャラなのかキャラじゃないのかわかんないけど、鏡で自分を見るなり「うん、可愛い!」と自分で自分を褒めてあげる姿だったり、パフォーマンスにおいてもそうだけど、研究熱心なのが伝わってきます。

最近では公演終わりの反省会でダンスの先生に「ちょっとぶりっ子抑えて」と言われたりしてて(客笑) 私にはそんな「抑えて」と言われるほどにぶりっ子にはなりきれないから、変かもしれないけど羨ましい反省点です。

そして、今日で17歳になるんだね。高校生という時期はきっとたくさん壁にぶち当たり、立ち止まってしまい、悩んだり、答えが出なかったり、そんな感情に向き合っていかないといけないことが増えてくるんじゃないかなと思います。

今、桃寧自身がやりたいことに対して「向いてる、向いてない」ではなく、「好きか嫌い」で見極めてほしいです。

向いていなくたって好きな気持ちがあれば、それはいずれ「向いてる」になる時が来ます。

その途中経過で逃げ出したくなったりするかもしれない。でも、諦めないという気持ちが自分を強くし、輝かせてくれるんだと私は思っています。

だから、どんな壁があろうと諦めるという道を選んで欲しくないです。

諦めはあとになって後悔として残ります。

何十年先を見据えて考えて進むのも大切だけど、今、目の前にある明日という人生も大切に。

間違った道に進みそうになってもそれは「違うよ」とちゃんと教えてくれる人が周りにはたくさんいます。

決して1人じゃないってことをわかった上で、これから先も桃寧が決めた道は桃寧推しの皆さんが応援して、支え、助けてくれると思うから怖がることなくやりたいようにやってほしいです。

長々と書いてしまったけど、改めて17歳のお誕生日おめでとう。

今度桃寧とお出かけしたいと密かに思っています。100%私から誘うことはないからお誘い待ってます。(客笑)

あと、これからも飽きることなくゆきつんしゃんのことを可愛がってあげてください。

ビッグラブ!

由樹より


ある方からのお手紙 (代読:岩田桃夏)
ねぇねへ

あーちゃんが俳句を書きます。

ももねちゃん 今日も公演 出ているよ

安田桃寧 → 笑
※メンバーたち「可愛い」

学校で俳句習ったから書いたよ。

今度お休みの日に一緒にジェイボーしようね。

あーちゃんより

ポッポッポッポ~ン

安田桃寧「あーちゃん推しが多いんですよね、なぜかね」
岩田桃夏「オナラの」


◆メンバーより色紙のプレゼント (イラスト:西澤瑠莉奈)


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
安田桃寧「まずは、本日劇場へ足を運んでくださった皆さん、DMM配信やモニター観覧をしてくださっている皆さん、今日出演してくださったメンバーの皆さん、協力してくださったスタッフの皆さん、本日はこんな素敵な生誕祭を開いていただき本当にありがとうございます」拍手

「16歳の1年はとても皆さんにいい報告をたくさん出来た1年だったなと思います。

「ここにだって天使はいる」リバイバル公演でソロ曲をさせていただいたり、グラビアの経験をさせていただいたり、ラジオのお仕事をさせていただいたり、この劇場公演ですべての公演に出演させていただいて、劇場を守る、支える1人のメンバーとしてなれて、音楽番組にも出演させていただいて、ずっとずっとしたかった「なめくじハート」のセンターをライブでさせていただけてほんとに色んな経験をさせていただけた、充実した1年だったなと思います。

その中でも一番大きかったのは公演でセンターを任せていただけるようになったことと、AKB48さんのカップリング曲の選抜に選んでいただけたことです。

凄くたくさん叶えられた夢もあったんですけど、叶えられなかった夢もたくさんあって。NMB48のシングル曲の選抜に入ることが出来ませんでした。

先日あった総選挙の速報にも名前を呼んでいただくことが出来ませんでした。

同期や後輩の名前が呼ばれていくにつれてとても悔しい気持ちになって。はい、凄く悔しい気持ちでした。

でも、そんな私を皆さんはずっと応援してくださって、関西の握手会だけじゃなくて、関東の握手会もすぐに完売させてくださったのは本当に皆さんの力以外何ものでもないなーと思います。本当にありがとうございます」拍手

「この出来事があったからこそ私は自分に自信を持つことができました。なので17歳はこの自信を力に変えて、絶対に選抜入りをして、皆さんの期待に応えたいです」拍手

「ありがとうございます。あとInstagramも始めたので、皆さんフォローよろしくお願いします」拍手

「毎日たくさん発信することは大変なんですけれども、ブログやSHOWROOMを通してもっともっと自分の名前を広げていきたいと思いますので、また毎日欠かさず更新していきたいと思います。

こんなワガママな私なんですけれども、これからも応援よろしくお願いします」拍手

※3分10秒

安藤愛璃菜「私はももっちと同期なんで、一緒にいる時間長いんですけど、常にずっと上を目指してて、ずっと色んなことを研究熱心で、どうしたらもっとファンの方に見てもらえるかとか、握手会とかも色んな工夫をしているのを見て、アイドル性とか、まぁぶりっ子過ぎるとこあるんですけど(客笑) 尊敬するとこもあるので、これからも同期として一緒に頑張っていけたらいいなと思います」拍手
安田桃寧「ありがとう、りんりん」
安藤愛璃菜「めっちゃ恥ずかしいねんけど」
安田桃寧「可愛い。いつも毒しか吐かれてないからほんまちょっと恥ずかしい」
安藤愛璃菜「恥ずかしすぎて泣けてきた…(涙)」
メンバー「可愛い」
安田桃寧「皆さん、こういう可愛さにやられたらあかんねんでって(客笑) 最近DD増えてきて。誰が誰のこと好きっていうか、全部覚えてるんで…」





















本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND