FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 販売中 new2.gif
※2019年4月28日の(生)映像の配信視聴をご希望の方は2019年4月19日18:00までに買い求めください。
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

【速報版】 上西怜 17歳の生誕祭レポート

2018年6月5日 NMB48劇場 チームBII「恋愛禁止条例」公演 18時30分開演

180605 0900

◆仕切り:清水里香

山田寿々からのお手紙 (代読:中川美音)
いーだへ

17歳のお誕生日おめでとう。

今年のお手紙はありがたいことにいーだのことが大好きな山田寿々でーす!

初めて生誕祭でいーだに手紙を書いてもらって、初めて誰かの生誕祭でお手紙を書きます。運命かな。

いーだと初めて会った時、「山田菜々さんの妹やんな。うち、上西恵の妹やねん」って、それだけ言ってどこかに行ってしまった(客笑) いーだを思い出すとついついニヤケてしまいます。

今では気づけばずっと隣にいる存在で、落ち着く存在です。

私がAKBのほうで握手会が2部制になった時、一緒に喜んでくれたり、またぎ出演してくれるM公演のメドレーで私が見えるように工夫してくれたり、本当にいい子で、自分のこともわかってて、人のこともしっかり考えてくれていて、こんなに素直で可愛い子に出会ったことない!

いーだになら何でも話せるし、1人になりたいって思う時でもいーだに会いたいって思ったりします。それぐらいいーだが大好き。

この前、ホテルに泊まっていた時、いーだと同じ部屋で私が先に寝てて、いーだがお布団に入ってきた時、ギューってしてきましたよね?

※メンバー「可愛い」
上西怜「寝てたんじゃないの?」

寝ぼけてたからよく覚えてないけど、現実だと信じています。

ほんまにほんまに可愛いいーだ。小さい体に溜め込まず、いつでも相談してきてね。

何があってもいーだのことが大好きっていうのは変わりません。寿々もいーだと一緒に選抜入りたいから頑張る。

これからもNMBの活動、そして勉強頑張っていきましょう。

改めてお誕生日おめでとう。

いーだのことが大好きな山田寿々より


父からのお手紙 (代読:水田詩織)
怜ちゃんへ

お誕生日おめでとう。

セブンティーンですね。

あと速報67位おめでとう。

ファンの皆さん、ほんまにありがとうございます。

そして今日はすみません、今日の手紙は恵ちゃんではなくお父さんになりました(客笑) 許してください。

恵ちゃん、お手紙書きすぎらしいっす。(客笑)

そして多分お父さんからの手紙と聞いて、一番不安やと思うのは怜ちゃんやと思いますが、ちゃんと書きます。

怜ちゃんはちっちゃいちっちゃい頃からお姉ちゃんやお兄ちゃんにくっついて、甘えることしか覚えがないくらい甘えん坊でしたね。

1人で何かするようなタイプじゃなくて、お姉ちゃんがやるならやる、お兄ちゃんがやるならやるって決めることが多かったと思います。

その怜ちゃんが今は大阪で暮らしていて、NMBとして活動したり、高校に通ったりしていることにお父さんはビックリしています。

まぁでも部屋はめっちゃ汚いけど。ちゃんと片付けと掃除しーやー。また泊めてもらいたいし!

と、あんまり小言を書くと嫌われるんでやめときます。

さて、怜ちゃん、突然ですがクイズです。怜ちゃんの漢字の怜の左側の部首は何か知っていますか?

上西怜「りっしんべん」
※客「おー」
沖田彩華「おーじゃない。普通、普通」

これはりっしんべんと言って、心を表しています。これはお父さんが誰にでも心を持って接してほしいと(いう)思いから恵ちゃんの漢字にも入れています。

ゴールデンウィークに全国握手会に突然行った時も、お父さんには全く愛想無かったですが(客笑) ちゃんとファンの人たちには心を持って接していて、怜という字をつけて良かったなーと思いましたよ。

セブンティーンになったらお父さんにも愛想良くよろしくお願いします。

今日はこうやって生誕祭を開催していただき、スタッフの皆さん、メンバーの皆さん、生誕委員の皆さん、本当にありがとうございました。今後とも上西怜をどうぞよろしくお願いします。

これ以上書くと多分ボロが出るんでやめときます。

お父さんの精一杯の手紙なんで、ちゃんと持っといてください。

また焼肉行こな!

お父さんより


◆メンバーより色紙のプレゼント


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
上西怜「まずは観に来てくださった皆さん、DMM配信、モニター観覧をしてくださっている皆さん、そして生誕委員の皆さん、メンバーの皆さん、スタッフの皆さん、こんな素敵な生誕祭を開いてくださり本当にありがとうございます」拍手

「16歳の1年はほんとに色んな経験をさせていただいて。NMBの選抜、そしてユニットメンバーに選んでいただき、自分の曲をいただいたり、コンサートではチームBIIへの昇格、そしてソロでのお仕事もたくさんさせていただいて、自分の活躍の場が凄い広がって、ファンの皆さんにも嬉しい報告が出来たんじゃないかなと思います。

でも、嬉しいことばかりではなくて、16歳後半にはワロタピーポーの16人選抜に初めて選んでいただいたんですけど、私はそこでポジションを上げることが出来ず、皆さんに探していただかないといけない場所になってしまって。ユニットメンバーに選んでもらった時は3番手になってしまったり、私が目指していたNMB48を引っ張っていける存在っていうのにどんどん遠ざかっていってる気がしてしまって。

だけど、そんな私をファンの皆さんがいつも優しい言葉で支えてくださって、ほんとに感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございます」拍手

「…忘れた」客笑

「でもそんな優しいファンの皆さんがいてくださるからこそ私はここで諦めたくなくて、もっと上に行きたくて。だからその一歩として今年の世界選抜総選挙にランクインして、名前を残したいです。

速報では67位という素敵な順位で呼んでいただくことができて、それは1日という短い期間で投票してくださったファンの皆さんのおかげで。

でも私はそこじゃなくて、もっとほんとに贅沢な話なんですけど、もっと上に行きたくて、皆さんと一緒に。だから49位、フューチャーガールズのセンターを、凄い高い目標なんですけど、大好きな皆さんとなら絶対に無理なことなんてないと本気で思っているので。

それからNMB48先輩方のような、NMB48を知っていただけるきっかけのメンバーに私もその1人になりたいです…はい。

そしてもう1つ17歳の目標があって。それは握手会でフル部数にすることです。今の私にはまだまだ遠いことなんですけど、でもフル部数にすることだけじゃなくて、完売させて、そして完売させることだけではなくて、いっぱいの方が並んでくださる賑やかなレーンにして、来てくださる方が笑顔で、そしてときどきニヤケ顔で帰ってくださるような、また来たいって言っていただけるような、そんな握手会をやりたいなって思います。はい、です」拍手

「こんなワガママな私なんですけど、17歳の1年もよろしくお願いします。ありがとうございました」拍手

※4分14秒

清水里香「怜ちゃんは本当に5期生でも、5期生を引っ張っていってくれる1人で。私も怜ちゃんはほんとに凄くて、総選挙や選抜とか凄く活躍ぶりを凄く刺激を毎回受けてまして、ライバル同士ではなきゃいけないんですけど、本当に怜ちゃんのことが好きだし、本当に尊敬しています。多分不安なこともたくさんあるんですけど、絶対怜ちゃんなら大丈夫です」
上西怜「ありがとう」
清水里香「なので、なんか困ったことがあればいつでもみんながいるので、みんなで力を合わせて頑張って、いこう」




















本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND



AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND