FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

【速報版】 堀詩音 22歳の生誕祭レポート

2018年5月31日 NMB48劇場 チームN「目撃者」公演 18時30分開演

DehYYYTUwAAlxGQ.jpg

◆仕切り:本郷柚巴

内木志からのお手紙
詩音、22歳のお誕生日おめでとう。そして詩音チャレンジもお疲れ様。

22歳になる瞬間、一緒にいれて、お祝い出来て嬉しかったよ。

誕生日プレゼントがちっひーと被っちゃったのはビックリしたけど、使ってください。

SHOWROOM 22時間配信、去年よりレベルアップしてて、ずっと準備してる詩音を見てたから、成功して良かったなー。

去年の19時間配信の時はそこまでまだ仲良くなかったけど(客笑)

堀詩音「そうね、まだちょっとね、距離感ありましたからね」
内木志「でもハンバーグ作って」
堀詩音「ハンバーグ美味しかった」

気がつけば毎日のように一緒にいるのが当たり前の存在になってたね。

詩音が北海道に帰ってる時とか少し寂しいけど、連絡くれるからいつも嬉しいです。ありがとう。

21歳の年は「まさかシンガポール」でシンガポールに行ったり、アジアツアーでは香港と台湾に一緒に参加出来て嬉しかったです。またタピオカ飲みに行こうね。

今年は詩音の北海道のお家に行くのが目標やから北海道案内してください。

詩音とは将来もずっと友達でいたいと思っているからこれからもよろしくやで。

22歳は一緒にシングル曲の選抜に入ろうね。

堀詩音 → 涙

詩音大好き! これからもいつでも相談してな。

内木志より

堀詩音「泣き顔ブスでごめんなさいね」


おじいちゃんからのお手紙 (代読:谷川愛梨)
詩音、22歳のお誕生日おめでとう。

誰かわかりますか? おじいちゃんです。

この間まで手を繋いだり、車に乗って一緒に遠出していた小さな詩音でしたが、月日が経つのも早く、もう22歳になったことにビックリしています。

小さい頃は家でダンスを見ながらよくダンスをしていたり、また外で遊んでいる時も手や足を大きく上げていたのを思い出します。

おじいちゃんはそんな様子を見ていて、この子は好きなダンスの道へ進むのかなと感じていました。

小学生の頃、地元のお祭りで一生懸命踊って、個人賞のメダルを毎年もらったことやチアダンスを中学生まで習い、上のクラスへ進むことも出来ましたね。

そして、おじいちゃんの知らないうちにドラフト会議へ応募し、NMB48に指名を受けてビックリしました。そんな詩音の活動を本当に嬉しく思います。

今の詩音があるのは周囲の方々の応援があってだと思います。

先日の22時間生配信でもメンバーの皆様、スタッフの皆様に支えられ、多くの方に見てもらうことが出来て完走できましたね。

そうした皆様への感謝を忘れずに、これからも努力を重ねて、もっと皆様に好かれる詩音になってください。

そして、本日の生誕祭の開催にあたり、色々準備してくださった関係の方々にありがとうの言葉をたくさん伝えてくださいね。

これからも健康に気をつけて、元気に頑張ってください。

おじいちゃんとマルコムより

堀詩音「犬。おじいちゃん犬のマルコムくんなんです。きっと北海道でボーっとしてると思います。私と似てるんです」

素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
堀詩音「今日は私のお誕生日を劇場で祝うと決めてここに来てくださった皆さん、DMM配信で祝うと決めて観てくれてる皆さん、ロビーで堀詩のことを観てくれてる皆さん、観てくれてない皆さんも今日もありがとうございまーす」拍手

「最初からしおんコールが大きくて、目撃者って凄いクールな表情をした楽曲なのに、もう笑っちゃいそうなぐらい嬉しくて、ほんとに嬉しかったです。たくさん大きな声出してくれてありがとうございます」拍手

「21歳の1年は、最初はけっこう右肩上がりと言いますか、勢いのあるスタートを切ることが出来て。去年の生誕祭の後に「まさかシンガポール」の選抜発表があって、凄い最高のスタートダッシュを切ることは出来たんですけど、その後はなかなかいい1年だったとは言い難かったかなと思います。

やっぱり、それは自分の実力不足だったり、が一番大きいと思います。

やっぱり最初選抜に選んでいただいた時は嬉しかった反面「えっ?私ですか?」っていう風に受けてしまいました、内心は。凄く皆さんにはほんとに「やったー!」みたいな感じで言ってましたけど、今私でいいのかなっていう風に凄く思っていて。

私にはあの頃は武器がほんとに何もなくて、このままじゃほんとに一発屋で終わるから一発屋では終わりたくないと何度も色んな場面で言わせいただいたんですけども、やっぱり自分の実力のなさを感じる1年でした。

やっぱり、自分の中では一生懸命やっていて、全力で毎日色んなことに立ち向かっていこうっていう気持ちはあったんですけど、それがやっぱり周りの人には伝わらないと意味がないんだなっていうことを改めて感じた1年でもありました。

ちょっと待ってください。鼻水が出ちゃって。

はい、そんな感じで、最初は良かったけどどんどん失速していった1年でもあって。やっぱり選抜に入るには相応しい人間にもっとなりたいなって強く思いましたし、そうですね、最近だとやっぱり1人でお仕事することもちょっとずつではありますけど増えてきたり、大好きな北海道のお仕事も少しずついい方向に行ってるのかなって思ったら、それが凄く唯一の…鼻水出ちゃった(客笑) めっちゃ汚い女じゃん、私。ごめんなさいね」

谷川愛梨「ちょっとティッシュ持ってくるわ」
堀詩音「ごめんなさい、ほんとに汚くて」
谷川愛梨「はい、いっぱい出しな(客笑) いっぱいあるからな、ティッシュは」
三田麻央「鼻水タイムです」
谷川愛梨「初めてですね、鼻水タイム」
堀詩音「すみません、ほんとに。ほんとに汚い私、ごめんなさい。ほんとに下品ですみません。

何言おうとしたか忘れちゃったんですけど、凄いそんな1年だったんですよ、ほんとに。でもいつも毎日15分とかですけど、SHOWROOMで、半分詩音も寝かかってる時もありましたけど、いっつも毎日皆さんが「詩音元気かい?」みたいな感じで凄く明るく皆さんが握手会でも「元気ない? 大丈夫?」っていう声を凄く聞いて、私もここで折れるわけにはいかないなと思いました。

メンバーの皆さんも凄いその時期、察してたみたいで、凄い相談乗ってくださって。ありがとうございました。今は元気です。

はい、そんな感じなんですけども、22歳の目標は、やっぱりシングルの選抜に入ることです。やっぱり、まだちょっと今の段階では厳しいと私でも思ってるし、実力が足りないっていうことも十分わかってるので、この1年で必ず相応しいね、選抜に相応しいと言っていただける実力をどんどんつけていって、22歳では絶対にシングルの選抜メンバーになりたいなと思います。っていうか、なります」拍手

「そして、先ほども言いましたけど、北海道のお仕事をもっともっと増やしていけたらいいなと思ってます。もちろん大阪でもね、お仕事も東京とか、日本全国各地行けるぐらい、それはもちろんなんですけど、やっぱり私は北海道の観光大使になりたいっていう目標が今あるので、それに向けてどんどん前へ進んでいけるように頑張ります。

そして、もう1つは、今は凄くね、選抜総選挙で凄くやっぱり皆さんも色々ね、色んな感情を抱いてるかと思うんですけど、けどやっぱり速報で、やっぱり今年は速報でまずランクインしたいっていう目標が凄くありましたし、やっぱ色んな番組のほうに行くと、「去年の結果踏まえてどうですか?」みたいな、いう風に聞かれることも少しずつ増えてきて、その度に「ずっと圏外なんです」っていうことを前置きに言う自分がほんとに悔しくて。

何だろう、やっぱりアイドルのことをあまり知らない方からしたら「あっ、圏外の子なんだ」みたいな、そういう印象をもたれるんじゃないかなっていう恐怖と最近はよく戦っております。

なので、昨日は残念ながら名前は呼ばれなかったですけども、されど昨日です。今日は、私は今を生きてるわけですから、昨日のことを振り返ってもしょうがないと思うので、6月16日の開票日には名前を呼んでいただけるように私も精一杯アピールしていきたいなと思いますし、速報で呼ばれなくても当日ランクインした方ってやっぱり今までたくさんいらっしゃるじゃないですか。

だから、私もそのね、1%でもあるのであれば、もうその1%にかけて、どんどん、どんどんどんどん前へ向いていきたいなと思います。

そして今はSHOWROOMのイベントも行われてまして、今17位ですかね、17位でまた惜しいとこじゃないですか。いっつもですよね、ほんとに。自分が惜しいところでいっつもこうなの、ほんとに情けなくて、ほんとに自分のね、実力不足を感じる瞬間であるんですけど、やっぱりSHOWROOMは私の原点じゃないですけども、SHOWROOMをきっかけに私のことを知ってくださった方もたくさんいると握手会でよく聞きますし、やっぱりね、一昨日もたくさんメンバーの方にご協力していただいて、スタッフさんにも助けていただいて、本当に支えられて22時間SHOWROOMをやることが出来たので、やっぱりSHOWROOMのイベントも負け腰でいくわけにはいきません。

一桁順位を目標にしてるからには、やっぱりね、今日寝坊しちゃったんですけど(客笑) ほんとに申し訳ございません。

寝坊してしまったんですけど、でも私が目指しているのはほんとに一桁順位なので、まだまだちょっとね、厳しい戦いになるのは十分わかってるんですけど、皆さんと一緒に、もう這い上がって、もう這い上がりましょう。はい、よじ登りたいと思います。

そんな感じで22歳の目標をざっくりにはなってしまいましたが言わせていただきました。

今年も皆さんと一緒にどんどん前へ、もう目標で今言ったことを全部達成して、みんなで「よっしゃー!」って言い合える、そんな1年にできたらいいなと思います。

今日はほんとにたくさんたくさんしおんコールや準備やね、色々、水色と白のペンライトだったり、1人1人目合わせてくれたりとかほんとに嬉しかったです。今日はありがとうございましたー!」拍手

※9分24秒

本郷柚巴「詩音ちゃんは私と同期でドラフト2期生なんですけど、この間詩音チャレンジで22時間生配信をしてる姿を私もずっと見てたんですけど、ほんとに詩音ちゃんは行動力があって」
堀詩音「いやーそんなことないよ」
本郷柚巴「でも同期でもほんとに見習わないといけないとこがたくさんあるなと思いましたし、やっぱり今ドラフト2期生はまだまだ下なので、誰か1人でもいいから上に行けるように」
堀詩音「ゆずも一緒にね」
本郷柚巴「はい。でもまずは誰かね、ドラフト2期生がね、上に行けるように私たちも頑張りたいと思いますので、これからもNMB48チームNそして堀詩音ちゃんの応援をよろしくお願いします」












本日23時よりアーカイブ配信開始
NMB48 LIVE!! ON DEMAND

Google+より
金子剛 2018/5/31 23:41

5月31日(木)
チームN『目撃者』公演
本日は、堀詩音 22歳の生誕祭!!


(略)


何事も全力に取り組む姿と、満面の笑顔に、みんなを癒してくれる堀。
22時間 SHOWROOMでは沢山の名場面が生まれましたね。
おめでとう~!!

本日はチームN「目撃者」公演へご来場くださった皆様、生誕委員の皆様、
誠にありがとうございました。

DeiGccCV0AETHqY.jpg

DeiGdmTUQAA0qab.jpg

DeiGflkV0AEPyp4.jpg

DeiGpcOV0AAd8nP.jpg




dTVチャンネル