【速報版】 峯岸チームK千秋楽&田野優花 卒業公演レポート

2018年5月15日 AKB48劇場 18時開演
チームK「最終ベルが鳴る」公演 千秋楽・田野優花 卒業公演

※セットリスト後

田野優花 生誕祭

180515 (1313)


ある方からのお手紙 (代読:武藤十夢)
田野ちゃんへ

田野ちゃんと初めて会ったのはオーディションの時で、第一印象はダンスのうまい活発な子でした。

その日から今日までずっと田野ちゃんはいい意味で変わらないです。まっすぐで、絶対にウソをつきません。

だから、そんな田野ちゃんが私の初舞台を観に来てくれて、「泣いたよ」って言ってくれた時、本当に本当に嬉しかった。

知れば知るほど熱い部分がある田野ちゃん。楽屋で十夢と私の間に誰も割り込んでこなくなると思うと寂しくなりますが、これからも自分の気持ちに正直に、キラキラ輝いていてください。

大森美優より


優花へ

お誕生日おめでとう。

7年間本当にありがとう。

たくさんの思い出がありすぎて、ひと言でまとめることが出来ません。

出来ないことがあると親身になって教えてくれたり、私が泣いてしまった時はそばではげましてくれたり、面白いことを話して場を盛り上げてくれたり、優花は同期のムードメーカーで、本当に頼れる存在です。

映画や舞台で活躍している優花の姿はとても輝いていて、同期として誇らしくもあり、私ももっと頑張らなくちゃっていつも刺激をもらっています。

AKBのメンバーとしての時間は終わってしまうけど、優花が活躍する姿をこれからも応援させてください。

優しくてまっすぐな優花が大好きです。

卒業しても仲良くしてね。

佐々木優佳里より


優花へ

優花がステージに立っているところが大好きです。

もちろん、AKB48としてパフォーマンスしている時もだけど、女優としてミュージカルの舞台に立っている時の優花も大好きで、優花が出演しているミュージカルを見るとAKB48から一歩外へ出て、大人のキャストの方々と肩を並べ、周りに負けないパワーを放つ優花の姿があって、その姿に私は何度も救われてきました。

優花はもともとポテンシャルが高いけど、それ以上にたくさんの努力をするし、それをすべてじゃないけど知っていて。だから優花にしかもらえない勇気みたいなものが私にはあります。本当にありがとう。

思い出せば、オーディションの時から優花の背中をずっと見てきました。

優花がデビュー後、ステージで輝く存在になっている時、私は目が死んでいると言われていて(客笑) その対照的なスタートに焦りを感じた時もあり、ダンスに自信が持てなくなった時もあったけど、劇場で「風は吹いている」の初披露だった時にリハーサルを見ていた優花が私のダンスを褒めてくれて、それが何よりも嬉しくて。その時からダンスが少し楽しくなっていきました。

自分に無いものをたくさん持っている優花の存在は今までもこれからもずっとなくてはならない存在です。

これから同じステージに優花がいないのは寂しいけど、ここじゃないステージで輝く優花を見るのを楽しみにしています。

また勇気をもらいに見に行きます。

これからもよろしくね。卒業おめでとう。

高橋朱里より


優花へ

AKBに入って7年が経って、お互い大人になったね。

私のAKB48人生において、優花はなくてはならない人です。

いつも適当な話しかしないし、ずっと一緒にいるわけでもないけど、お互い心から信頼して、いざという時には支え合える、その関係が私はとっても心地よくて好きです。

優花との思い出は色々ありすぎて、どれから話そうかな。

ちょっと前のことで凄く印象的だったことがあるの、覚えてるかな?

私がハイテンションの選抜に落ちて、物凄く落ち込んで、どうしようもなくなっていた時のこと。帰り道に涙が止まらなくて帰れなくなっている時に真っ先に顔が浮かんだのは優花でした。気づいたら優花に電話してて、優花は私を家に泊めてくれて、夜遅くまで一緒に話してくれたよね。

あの時どれだけ優花に救われたことか。本当に本当に心から感謝しています。ありがとう。

他にも挙げたらキリがないので、思い出話はこの辺で。

そんなたくさん一緒に思い出を作ってきた優花がAKB48を卒業して、自分と別の道を行くのは、んー、寂しいのかな。正直よくわからないです。

でも、きっと優花とは一生の付き合いになると思うので、お互いが違う道を行っても嫌なこととかつらいこととかあったらいつでも頼ってください。いつでも駆けつけます。

たのとむは永遠!

長い人生、これからもよろしくお願いします。

武藤十夢より


ある方からのお手紙 (代読:峯岸みなみ)
21年前の3月7日午後2時50分、雲ひとつない晴天の日、愛しい宝が産まれました。

3055グラムの大きな赤ちゃん。この子はきっと大きく育つのだろうと思ってましたが、食も細く、食べさせるのに様々な工夫をしていたこと、ずいぶん懐かしく感じます。

小さくて、華奢な女の子でしたが、元気一杯で社交的。友達もたくさんいて、笑顔の絶えない幼少期でしたね。

今でもときどき思い出す忘れられない出来事があります。

絵本を読んであげている時、主人公が泣いている場面で優花が急にティッシュを持ってきて、その涙を「かわいちょー」と言い、拭いてあげていました。私の中にはない感性でしたので、驚きと感受性豊かに成長している我が子にハッとさせられました。

AKB48のオーディションに合格し、学業との両立を頑張っている頃、とてもつらいいじめに遭っていましたね。

仲良しだった友達からの裏切り。孤独の中、学校へは休まず通い、私は声をかけられないほど憔悴しているのに努力して、それを見せないように、心配させないように自分の中で解決しようとする性格と、ギリギリまで壊れそうになるまで進もうとしていた優花を自ら話してくれるまで待っていました。

表面的に強がっているけど、人一倍繊細で、寂しがり屋。そして気遣い。本当は毎日思いっきり泣きたかったでしょう。よく乗り越えたよね。

何事もストイックに走りすぎている時、私は敏感に気持ちの裏腹を心配しています。

1人プライベートで熊本の被災地へボランティアで伺ったこと。「明日行ってくるから」と自分の目で災害の凄さを目の当たりにし、どうしていいのかわからない、人間の小ささを嘆いていましたね。

AKB48に昇格させていただき、人間関係、演技、歌、ダンス、協調性などのスキルアップ。ファンの方々がそばで応援してくださるおかげで成し遂げられたことと思います。優花自身を豊かに成長させてもらいましたね。

揺れたり、もがいたり、○○にジレンマを感じることも多いでしょう。

自分で決めた芸能の道。恐れないで夢と共に自分を信じて進んでね。

優花のまっすぐな個性を活かして、人はそれぞれ同じ輝きはないから、チャンスは必ずくるはずです。

優花を応援してくださっているファンの皆様、関係者様の前にて母親として感じ、また娘に教えられた様々な驚きの一部をありのままに託させていただきました。乱文をお許しください。

今後も言葉足らずでまっすぐに進む優花をどうぞよろしくお願い致します。感謝しております。

愛する優花へ

おめでとう

母より

峯岸みなみ「お母さんからのお手紙でしたが、今日観に来てるんだよね」
田野優花「はい。あ~もうダメだ」
峯岸みなみ「たぶんメンバーもファンの皆さんも知らなかったようなこともお手紙に書いてありましたが、振り返ってみて、そしてお母さんへの気持ちはどうですか?」
田野優花「お母さんは、なんかお姉ちゃんみたいな感じで、もう誰よりも身近に私のことを一生懸命考えてくれて、救ってくれて。メンバーの方、ファンの方もちろん大事ですけど、それに比べらんないぐらいほんとに両親には凄く感謝してます。自分の好きなようにやっていいよって言ってくれたのも両親なので、今の私があるのはほんとに2人のおかげだと思います。ありがとう」拍手

安田叶「卒業する前に生誕祭が出来ていかがでしたか?」
田野優花「ほんとに生誕祭ないと思ってたよね、みんなね。私もさっき知ったんですよ。マネージャーに「今日田野さん生誕祭」って言われて「えっ?生誕?」みたいな(客笑) 生誕もあるの?ってなって。ファンの方戸惑わせちゃうかなって思ってたんですけど、こんな素敵な手紙もいただいて、こういう場で皆さんとメンバーの皆さんに祝っていただいて、遅れたけど、ほんとに嬉しかったです。ありがとうございました」拍手


■MC

◆Ex01.ジグソーパズル48

180515 (1439)

◆Ex02.だから君が好きなのか (田野優花武藤十夢)

180515 (1473)

180515 (1490)


※同期の高橋朱里佐々木優佳里大森美優が登場

◆Ex03.前しか向かねえ (田野優花武藤十夢高橋朱里佐々木優佳里大森美優)

180515 (1568)

180515 (1633)


田野優花「同期で何を歌うか、みたいな。で、12期ってこれと言ってね、パって思い浮かぶやつがなくて。最後しんみり終わるのは嫌じゃない?みたいな。で、「前しか向かねえ」だって思って。最初ワンハーフにしようと思ったんですけど、「お願い、最後暴れさせて」って言って、フルサイズで「前しか向かねえ」をお願いしました。凄い楽しそうだったね、みんな。十夢とみゆぽんの歌割り、一緒にしてあげたんですよ」
武藤十夢「ありがとうございました! 楽しかった」
田野優花「最後は譲ったよ」


◆アルバム贈呈

180515 (1664)


◆集合写真撮影

180515 (1684)


田野優花よりファンの皆さんにメッセージ
田野優花「約7年間ほんとに皆さん、まずはほんとにありがとうございました」拍手

「凄い私はほんとにこの7年間で色々あって、後半はね、ほんとに皆さんに迷惑かけちゃったり、いっぱいあったけど、凄いこれだけ自分らしさというか、自分をほんとにここまでさらけ出せる環境を作ってくれたこのチームK、そしてそれを受け止めてくれたここにいるファンの皆様、ほんとにかけがえのない宝物だなってほんとに思います。

自分は本当はアイドルに向いてなかったけど、誰よりもステージを楽しんでた自信はあったし、それが一番好きって言ってくれるファンの皆さんがほんとに私は大好きで。

なんだろうな、AKBの田野優花じゃなくて、田野優花の人間性が大好きなんだよって言ってくれる人がほとんどで、その言葉がほんとに私は嬉しかったです。

ここまで応援してくれて、見守ってくれてほんとにありがとうございました。そしてこれからはAKBを離れて、また自由にやらせていただくと思いますが、私の好きなことをして…。何? 最初っから自由?

私の好きなことを今後もやっていけたらいいなと思うので、皆さんにいい報告が出来るように、会える機会もたくさん作れるように頑張りますので、田野優花の応援を、そして私の大好きなチームKの応援、AKBの応援を今後ともよろしくお願いします。ほんとにありがとうございました」拍手


スピーチ後、客「田野ちゃんありがとう」の掛け声とともにメッセージを掲げる

田野優花「ありがとう! 最高。ほんとにいい人たちだよね。私も、みんなが優花の人間性が好きみたい言ってくれるように、私もファンの皆さんの人間性がほんとに大好きです。アイドルとファンって感じじゃなくて、なんて言えばいいのかな…あとでメールで送るわ」客笑

「ほんとに幸せです、私は。ありがとう」

峯岸みなみ「ほんとに最後まで田野ちゃんらしいセレモニーで、田野ちゃんはもう間違いなくAKBのベストパフォーマーとして名を刻むと思うので、みんなそのイズムを残してAKBもこんなに出来るよってところを、田野ちゃんの背中を見て学んだことをこれから活かしていけたらいいなと思います。田野ちゃん、そしてファンの皆様、本当にお疲れ様でした」拍手

「今日は田野ちゃんの卒業公演であり、このチームKの最後の公演ということで、今日のこの公演メンバーで最後に1曲歌わせていただきたいと思います」


◆Ex04.草原の奇跡

180515 (1819)

180515 (1828)


◆チームKを離れるメンバーよりメッセージ

久保怜音「私が初めて入ったチームがこの峯岸チームKだったんですけど、チームKでは同期が2人しかいなくて、けっこう寂しい時もあったんですけど、チームKのメンバーが凄い、布団を被せてくれるような感じで凄く楽しく、凄く優しく接してくださって、それが凄く嬉しくて、チームKのこともチームKのメンバーの皆さんもほんとに大好きで、この公演の楽しさも知ったのもこのチームKのメンバーさんのおかげだったので、組閣をしてチームBになることが決まったんですけど、チームKのことを忘れないで、チームBでも頑張りたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします」拍手


篠崎彩奈「私はチーム4からチームKに移籍するって決まった時にほんとにこのダンスバリバリの人たちの中でダンスバリバリの曲、セットリストでほんとに不安だったんですけど、不安通りに「最終ベルが鳴る」公演のダンスはほんとにみんなに追いつくのもやっとだし、田野さんに「もっとちゃんと踊ってください」って」客笑
田野優花「ごめんね。彩奈に一番言った気がする、私」
篠崎彩奈「たくさん怒られたり。でも自分が一番凄い成長出来たんじゃないかなって思います。チームAでは先輩が3人くらいしかいなくて、ほんとに上のほうなので、先輩の背中を見て成長するというよりは、このチームで先輩からたくさん学んだことを後輩に次は私が教えていかなきゃいけないなって思うので、しっかりしてしっかりダンスも踊って、このチームで学んだことをチームAで活かしていきたいと思います。ほんとにありがとうございました」拍手


向井地美音「凄い自分の話にはなっちゃうんですけど、今思い返せば2年半前のこの公演の初日の時に、自分がこれからチームKでやっていけるのかとか、ダンスがほんとにパフォーマンスのいい先輩たちに囲まれて、自分はほんとにこの公演に立って大丈夫なんだろうかっていうのが凄い不安で、怖くて、実は初日の前に1人で凄い、そこの裏で泣いてて、別のチームのメンバーに電話したりして、それをKのメンバーに言うのはどうなのかなって思ったので、そういう風に初日前は不安で泣いてたんですけど、でも今日の千秋楽では円陣の時にほんとに寂しくて、たまらなくて、このチームが大好きだったなっていう涙を公演前に流せたというか、2年半でこんなに変われたし、Kでの私を受け入れてくれたファンの皆さんにも、そして先輩や一緒にやってくれたメンバーの皆さんにも本当に本当に感謝しています。

ほんとに私はこの峯岸チームKが大好きだったなと今日の公演を通して改めて思いました。だから私はこれから、次はチームAに行くんですけれども、ほんとにKで学んだことはたくさんあったので、そのK魂をずっと忘れずにチームAでも持ち続けて、これからもAKB48を引っ張る1人になれたらいいなと思います。チームK本当にありがとうございました」拍手


藤田奈那「すみません、あの、今急にお手紙が届いて、読んでくださいってことなので、読んでいいですか?」

ある方からのお手紙 (代読:藤田奈那)
チームKの皆さん、千秋楽おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。

今そのステージにみんなと一緒に立っていないことが実は少し寂しいなって感じています。

でも自分で決めたことなので、何度も何度も兼任解除してから約2年間、自分に言い聞かせてきました。

そんな中、チームKのメンバーに話を聞くと、22人姉妹の歌でまだ私の名前を呼んでくれている(客笑) って聞いて涙が出るほど感動しました。

なので、今日は少しでもチームKのメンバー、チームKのファンの皆さんに、そしてAKB48のファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思って、久しぶりにAKB48劇場に行きたいなと思っていたんですが、SKE48の大事な撮影をしていて行くことができませんでした。

兼任解除した当時は余裕もなく、急に決めてしまい、感謝の気持ちや色々な思いを伝えることが出来なかったので、今日はこうしてお手紙を書かせていただきました。

ファンの皆さんにはもちろんですが、スタッフさん、メンバーのみんなに助けられて、兼任という2つのグループの活動ができました。

私がチームKにいた当時のメンバー、いなかったメンバーも今いると思います。本当に色んなメンバーに助けられました。

なぁなや十夢ちゃん、茂木ちゃんは年齢も近くてよく一緒にいることが多かったです。色々助けてくれてありがとう。何度も助けられました。

そして新しいチームKになって、みーおんが加入して、それをきっかけにみーおんがセンターのチームKを見てみたいなという気持ちにもなりました。

みぃちゃんがキャプテンになって、本当に偉大な1期生の背中を近くで見れる、一緒に劇場公演に立てるっていうことは凄く嬉しいことだし、もっと背中を見たいなって思いました。

そして、さや姉、はるっぴ、中野ちゃんと一緒にチームKを兼任することが出来て本当に楽しかったです。

そして最後に田野ちゃん。田野ちゃんは本当にダンスも歌も上手で、後輩メンバーだけど凄く刺激を受けるメンバーの1人で、田野ちゃんと一緒にステージに立つと私も120%、200%も出せるような、そんな刺激をくれるメンバーでした。

今日卒業するということで、一緒にユニットもしていたので、本当は直接卒業おめでとうとお疲れ様を言いたかったけど、直接伝えられなくてごめんなさい。

まだまだ思いはたくさんあって、手紙では書ききれないので、これからパフォーマンスで表現していきたいと思います。

AKB48チームKのファンの皆様、そしてスタッフの皆様、そしてたくさん支えてくれたチームKのメンバーのみんな、本当にありがとうございます。これからも48グループの一員としてよろしくお願いします。

松井珠理奈より


藤田奈那「ということで、珠理奈さんからお手紙が今急に本番中に届いたということで」
峯岸みなみ「ありがたい。やっぱりチームKを語る上では兼任メンバーの存在も欠かせないですし、今こうやって手紙を聞いて、「あっ、嫌だったからじゃないんだなって思えて(客笑) 安心しました。

改めて珠理奈、そしてさや姉、はるっぴ、いくみんにもね、兼任大変な日々だったと思いますが、本当にありがとうございました」拍手

◆最後に、峯岸キャプテンよりコメント
峯岸みなみ「そうですね、このチームの、チームKのキャプテンをやらせていただいて凄く思ったのは、みんなはほんとにとっても優しくて、とっても真面目なメンバーが集まったチームだったなと思います。

その真面目さとか優しさって、けっこう芸能界ではなんの役にも立たなかったりするパーツだなって悲しいけど思うこともあったりもして。

でも、この優しさに私は間違いなく救われたし、この真面目さがあったからこの「最終ベルが鳴る」公演がこうやって完成したんじゃないかなと本当に心から思います。

私個人的には同期や上のほうの期のメンバーがどんどん卒業していってほんとに寂しくて、けっこう。で、塞ぎ込みがちな日々もあり、そうですね、思うように自分をさらけ出せない時期もあったんですけど本当にこのチームKのメンバーのおかげでほんとに改めてAKBとか劇場公演の楽しさを、そして先輩が後輩がって関係なく仲良くなれるこのチームという概念が改めて好きになりました。

ほんとにみんなどのチームにいても、卒業して女優さんになっても、タレントさんになっても、アイドルを続けていくにしても、どこの世界でもその優しくて真面目なみんなが幸せになればいいなとキャプテンとして心から願っています。

出来れば女としての幸せは私が一番に掴みたいので、その時は是非…いや、無理って。お前(茂木)も無理だぞ」客笑

茂木忍「ひどい」

峯岸みなみ「なので、是非その時は、もしそんなことがあった日にはみんなで何か歌いに来てください。ということで、これにて峯岸チームK解散となります。皆さん、これまで応援本当にありがとうございました!」
みんなで「ありがとうございました!」





本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND











52nd Single「Teacher Teacher」TypeI(仮)初回限定盤 52nd Single「Teacher Teacher」TypeI(仮)初回限定盤

5月30日発売
※小栗有以 初センター
※選抜総選挙投票権 付き
[Amazonでレビューを見る]
52nd Single「Teacher Teacher」TypeII(仮)初回限定盤 52nd Single「Teacher Teacher」TypeII(仮)初回限定盤

5月30日発売
※小栗有以 初センター
※選抜総選挙投票権 付き
[Amazonでレビューを見る]
52nd Single「Teacher Teacher」TypeIII(仮)初回限定盤 52nd Single「Teacher Teacher」TypeIII(仮)初回限定盤

5月30日発売
※小栗有以 初センター
※選抜総選挙投票権 付き
[Amazonでレビューを見る]
52nd Single「Teacher Teacher」TypeIV(仮)初回限定盤 52nd Single「Teacher Teacher」TypeIV(仮)初回限定盤

5月30日発売
※小栗有以 初センター
※選抜総選挙投票権 付き
[Amazonでレビューを見る]