FC2ブログ
IZ*ONE 1stアルバム BLOOM*IZ 2月20日発売 new2.gif
AKB48 57thシングル 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C | 長久玲奈 1stミニアルバム My Own Way [ミュージックカード]
NMB48 3 LIVE COLLECTION 2019 Blu-ray Disc / DVD | HKT48 8th ANNIVERSARY Blu-ray Disc / DVD

【速報版】 仲村和泉 18歳の生誕祭レポート

2018年4月2日 SKE48劇場 「青春ガールズ」公演 18時30分開演

◆仕切り:野々垣美希

井上瑠夏からのお手紙
仲村和泉ちゃんへ

いずちゃん! 18歳のお誕生日おめでとう。

いずちゃんのことを初めて目にしたのはSKE48 8期候補生だった頃のSHOWROOM配信。

どんな子が受けてるんだろうと思ってチラっと見たのがいずちゃんの配信でした。

その時のいずちゃんの記憶はそんなに覚えてないけど、唯一今でも印象に残っているのは肌が真っ白でよく風船を作ってる子でした。

でも、8期生の最終審査ではいずちゃんのことを一番に覚えてます。

合格発表があった時、合格した子は集められ、その時に下向いてめっちゃ泣いてる子がいると思ったのがいずちゃんでした。

集合写真を撮る時も肌が白いうえに、泣きすぎて目がとっても赤くなってたの自分で覚えてる?

瑠夏はこの日から泣き虫さんで、凄く大人しそうな子というのがいずちゃんの印象に変わりました。

それから研究生として一緒に活動してきて、いつ何がきっかけで距離が縮まったのかはわからないけど、今ではとっても仲良しで、いずちゃんが隣にいるととても安心します。

いずちゃんとは地方組という1つの共通点があって、活動以外で不安なことがあった時はお互い連絡し合ったり、お母さん同士も仲良くて、一緒にお出かけしたりもしたね。

あっ、ちなみに瑠夏のお兄ちゃんとお父さんはいずちゃん推しだよ(笑)

いずちゃんと言えばサバサバしててカワウソっていうイメージが強いと思う。

でも瑠夏はいずちゃんの新たな一面を知りました。それは普段は自分の気持ちを表に出さないクールないずちゃんの口から「悔しい」という言葉を聞くようになったことです。いずちゃんからポロリとその言葉が出た時はビックリしました。

瑠夏はいずちゃんに何も言葉を出すことができなくて、その時はごめんね。

全然頼りにならない瑠夏だけどいつでも話聞くので、本音で何でも話してね。

毎日のように一緒に帰ってくれるいずちゃん。帰り道に「いずちゃん、今日何時に寝る? 帰ったら何食べる?」とか超どうでもいいことを質問してもちゃんと考えて答えてくれる優しいいずちゃん。夜遅くまでアンダーの練習をして、集中力が切れると変なことや面白いことをして笑わせてくれてるいずちゃん。頑張った後に食べた牛丼は最高だったね。

いずちゃんは瑠夏にとってなくてはならない存在です。るーたんってたまに呼んでくれるのとっても嬉しいよ。

これからも是非是非仲良くしてください。

そして瑠夏がチームSに昇格した時、絶対に悔しいはずなのにそんな素振りを一切見せず、笑顔で「おめでとう。離れるの寂しいね」って言ってくれたいずちゃんと今度は正規としてステージで歌って踊れるのをずっとずっと願っています。

最後に。いずちゃんの生誕委員の皆様、私に手紙を任せていただき本当に本当に本当にありがとうございました。

いずちゃんのことが大好きな井上瑠夏より


お手紙の感想や今年の抱負をお願いします
仲村和泉「まずは生誕祭を開いてくださった生誕委員の皆さん、私のファンの皆さん、SKEのファンの皆さん、ありがとうございます」拍手

「そして今この劇場に足を運んでくださった皆さん、DMMを観てくださってる皆さん、モニターで観てくださってる皆さんもありがとうございます」拍手

「この17歳の1年は私の周りの環境が凄く変わった1年でした(涙) まずは、研究生公演が「PARTYが始まるよ」公演から「青春ガールズ」公演の変わったことでした。

その時はまだ全然私わかってなくて。ただ単に劇場に立てることが凄く楽しくて、劇場公演ができてればいいと思ってた時だったんですけど、その時に「青春ガールズ」公演に変わって、色々考えさせられていただいたし、もっともっと違う方向でも考えていかないといけないなっていう思いがありました。

そして、2つ目は同期の何人かが昇格したことでした(涙) その時、私は昇格発表があるだろうなっていう予想はしてたんですけど、自分が昇格するとはまったく思ってなかったんです。その通りに私は昇格できなかったんですけど、その昇格できないってわかってても、やっぱり悔しかったし、私のほうが先にアンダー出てたのにとか、そういう悪い考えばっかり考えちゃって、ほんとにみんなに申し訳ないなっていう気持ちがいっぱいでした。

でも、その時に昇格できなかったからかわからないんですけど、その時からアンダーに対する気持ちが凄く変わって。とにかくいっぱいアンダーに出たいって、いっぱいにアンダー出て皆さんに会いたいって思うようになりました。

それで、野々垣美希ちゃんとか坂本真凛ちゃんとかといつもレッスン場にこもってずっと練習して、今ではいっぱいアンダーに出させていただくことができるようになって凄い嬉しいです。

3つ目は、研究生公演が無くなったことです。その時は凄く悔しくて。研究生公演を守るっていう言い方はおかしいんですけど、無くしてしまったことが凄く申し訳ないなっていう気持ちでいっぱいでした。

その時、私は研究生公演でセンターをさせてもらってたのでやっぱり私の力が足りなかったのかなとか色々考えてたんですけど、でもやっぱりメンバー、周りを見てみるといっぱい同期や先輩やメンバーがいて、これから一緒に頑張ろうって思いました。

それでですね、私の今後の目標は、まず1つ目は昇格することです。これはずっとずっと思ってることで。昇格してもっともっとたくさんの人に私という存在を知ってもらいたいですし、もっともっとたくさんのお仕事がしたいから、まずは昇格を目指して頑張ります。

2つ目は選抜総選挙でランクインすることです。今の私だと凄く難しいことってわかっています。絶対無理だろうって思う人もいると思います。でも、少しでも、0.1%でも可能性があるならば私は諦めたくないです。なので、それに向けて皆さんと一緒に日々頑張っていけたらいいなと思います。皆さん、応援よろしくお願いします」拍手

※5分19秒


野々垣美希「いずりんは…(涙)」
仲村和泉「何で泣くの?」
野々垣美希「いずりんが泣いてるんだもん。いずりんはほんとにいつもアンダーにたくさんのポジションを出てたり、いつも開演前までギリギリまで練習してたり、色んな子にダンス教えてあげてたりほんとに努力家で凄い頑張ってるなって尊敬してて。これからも切磋琢磨していずりんと一緒に昇格を目指して頑張っていきますので、これからも仲村和泉ちゃんへの応援をよろしくお願いします」


一列礼後、捌ける直前に
仲村和泉「今日は本当に私の生誕祭を開いてくださってありがとうございました。そして観に来てくださった皆さん、ほんとにありがとうございました。これからも仲村和泉のこと応援よろしくお願いします」拍手















本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND






遠征の交通手段、宿確保に…



dTVチャンネル