FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

【速報版】 向井地美音 20歳の生誕祭レポート

2018年3月26日 AKB48劇場 「サムネイル」公演 18時30分開演

180326 (1061)

◆仕切り:込山榛香

ある方からのお手紙 (代読:込山榛香)
みーおんへ

お誕生日おめでとう! 拍手! パチパチパチパチ~

向井地美音「テンション高い。誰?」

みーおんの生誕祭でお手紙を書かせていただけるなんてめっちゃめっちゃ嬉しい! やったー! 大喜び!

お手紙を書くことができて大喜びしているのはNMB48のみるるんこと白間美瑠です。

向井地美音「えー!? 嬉しい。ビックリ」

みーおんと初めてお話したのは、えーっと、えっと、あっ! いつか忘れたのですが、みーおんから話しかけに来てくれたのは覚えてるよ。

まん丸なクリクリした目で見つめてきて「好きです」って言ってくれて、私は一瞬でメロメロになりました。

その時からみーおんの可愛さは爆発してました。最近では選抜のお仕事で一緒になることがあって、小悪魔な甘えたさんみーおんが爆発していて、可愛くて仕方ありません。

私がボーっと立っていると隣に来て「美瑠さん、美瑠さん」って上目遣いで言ってきて、参っちゃいます。(客笑)

私の話も笑顔で聞いてくれて、優しくて、かまってちゃんなみーおんが大好きです。

でもでも、かまってちゃんだけじゃなくて、みーおんがメンバーさんにアドバイスしていたり、相談に乗っている姿を見ることがあって、かっこいいなーって思いました。

小さくて、可愛いみーおんだけど、私にはたくましくて大きく見えます。みーおんから刺激をもらっています。

同じ20歳、同年代、刺激し合って、意識し合って、手を繋いで大きくなりましょう。大きくしていこうね。

みーおーん! ファイヤー!(客笑) ファイト!ファイト!

生誕祭のお手紙を書かせていただきありがとうございます。

最後にもう1度、お誕生日おめでとう。

白間美瑠より

向井地美音「ありがとうございます。ビックリ。テンション高い、美瑠さん。嬉しい」
込山榛香「その気持ちのまま読もうと思って、めっちゃ楽屋で練習したら関西弁になっちゃいました」
向井地美音「美瑠さんは最近ほんとにお仕事一緒になる機会が多くて、しょっちゅう、姉妹グループのメンバーさんの中でもたぶん一番仲いいのが美瑠さんなんじゃないかなって私は勝手に思っているので凄く嬉しいですし、私は最初に話しかけたきっかけ覚えてて。リクエストアワーで美瑠さんもいる時に、まだ私、研究生ぐらいだった時にファンだったんですよ、美瑠さんの。NMBさんの推しメン美瑠さんだったので話しかけて、そこから仲良くなれたので、こうやってお手紙をもらえて凄く嬉しいです。美瑠さん、ありがとうございます」拍手


19歳の1年はどんな1年でしたか?
向井地美音「そうですね、19歳は今までの人生の中でも一番自分と向き合う時間が長かった1年間だったなと思います。嬉しいことだけじゃなくて、悔しいこととかもたくさんあったし、やっぱり私の中では去年の総選挙は凄く大きくて。

未だに弱い自分に負けちゃって、そのことをまだ引きずってたりする部分もあるんですけど、でも逆にその分学べたこともたくさんあったというか、1つ1つチャンスだったりお仕事をいただけることがどれだけありがたいことなのかっていうのを学べたり、自分には何が足りないのかなっていうのを真剣に考えたり、そういう風に自分と向き合う時間が長かったなと思います。

そしてあとは何よりファンの皆さんが総選挙終わった後から今まで以上に私のことを真剣に考えてくださるようになったり、握手会で深い話をできるようになったり、皆さんとの距離が縮まった気がするのが凄く嬉しくて。

だからなんか、うまくいったことばかりではなかった19歳だったんですけど、自分の人生の中では凄く自分見つめ直せて必要な時間であったんじゃないかなと、そうであってほしいなと思います」拍手

※1分33秒

20歳の1年はどんな1年にしたいですか?
向井地美音「いやー、二十歳ですよ、皆さん。二十歳っていうよりも自分が20代女性っていう枠組みに入るのってけっこう衝撃じゃないですか。なんか、大人になったなって、その響きで、思うんですけど。

だからやっぱり大人になったっていうことは1人の人間としてもそうだし、アイドルとしてももっと自立しなきゃいけないなっていうのを最近凄く考えるようになって。

今まではグループの中でもっと前のポジションに行きたいとか、それだけを考えてやってたんですけど、もうそれだけじゃダメなのかなっていう風に思うようになって。

今までは外の世界に一歩出たりするのも凄く怖がっていたんですけど、去年事務所にも移籍させていただいて色々環境が変わったり、やっぱり大人になって、二十歳を迎えて、なんだろうな、今までのままだったらたぶん私はこれ以上、前には行けないのかなって思うし、もっとAKBに貢献できるメンバーになるためには今年の二十歳はですね、やっぱり外でドラマだったり、雑誌だったり、そういう活動をもっともっとできるようになって、向井地美音っていう名前を世間の方にも知ってもらって、それが結果的にAKBに貢献できたらいいなと思います。AKBのおっきな柱の1つに自分がなれるように二十歳は頑張りたいです」

客「なれるよ」

向井地美音「ありがとうございます!」拍手

「あと、やっぱね、今の時期はあれの時期じゃないですか。皆さんも凄くそわそわしてると思うんですけど。やっぱり総選挙は今年も開催発表されて。もちろん立候補します。まだ立候補届出せてないんですけど、立候補するんですけど、やっぱり去年あと一歩のところで選抜に入れなくて、今までの人生の中でも一番悔しかったし、その日から自分も変わっちゃったというか、のかなーって思ったり、皆さんの悲しい顔をたくさん見てしまったり、私も悲しい顔をしてしまったり、そういうことがたくさんあったんですけど、だからやっぱり今年はもう1度選抜に戻りたいです。

で、でもほんとはそれだけじゃなくて、もっともっと上をほんとは目指せる人でありたいので、目標は神セブンって言ってもいいですか?」

客「イェー!」&拍手

向井地美音「ありがとうございます。選抜でさえ凄く厳しい壁だとは思うんですけれども、やっぱりもう今年の夏は皆さんと笑顔で過ごしたいので、一緒に背中を押して支えてくださったら嬉しいです。二十歳の1年間もよろしくお願いします」拍手

※3分15秒

素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
向井地美音「本当に、今までの生誕祭の中でも一番ちょっと遅れての開催になってしまって、皆さんのこと凄くお待たせしてしまったと思うんですけど、楽しみにしてくださった皆さん、そして今日こんなに素晴らしい生誕祭を作り上げてくださった皆さん、本当にありがとうございます」拍手

「そうですね、さっきもMCの話であったんですけど、センター試験で1位になれたじゃないですか。その時に想像以上に周りの方だったり、ファンの方が喜んでくださったのがほんとに嬉しくて。やっぱり私はファンの皆さんの喜ぶ顔を見るためにアイドルをやってるというか、そういう風にもっと活動していきたいなと思ったので、これからも笑顔で、一緒に歩んでください。ほんとに大好きな「サムネイル」公演で大好きなメンバーさんと一緒に二十歳お祝いしていただけてほんとにほんとに嬉しかったです。素敵なグッズだったり、お花だったりも本当にありがとうございました」拍手

※1分9秒 (合計5分57秒)

向井地美音「あっ、おんちゃんペンライトが凄く嬉しかったです。しかも色がめっちゃ変わるんですね、高性能。凄い。おんちゃんのこともよろしくお願いします」




























本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND



dTVチャンネル