FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年8月号 7月26日発売
AKB48Group新聞 2019年8月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年8月号 セブンネットオリジナル生写真セット new2.gif

NGT48 感動の手紙 『山田野絵 生誕祭』編

山田野絵 生誕祭で読まれた手紙一覧です。涙あり、笑いあり…

ママから山田野絵へのお手紙全文 (2016年10月8日)


のえピーこと野絵ちゃんへ

野絵ちゃん、17歳のお誕生日おめでとう。

1999年10月7日の朝、5時25分、3346グラムと大きな野絵ちゃんが産まれました。みんなが野絵ちゃんの誕生を心から喜んだんだよ。

あれから17年が経ったんだね。ママからしたら、つい最近のことのようです。

小さい頃から踊りや運動が得意で、毎年リレーの代表でしたね。

保育園でのポキポキ骸骨ダンスや、お姫様ダンスの決めポーズ、小学校の運動会での組体操、三段タワーのてっぺんで決めたボルトのポーズ。「野絵ちゃんはいつもニコニコしてみんなを楽しませてくれます」と保育園や小中学校の先生方、近所の方にも褒めていただき、「オーラが違うね」ってたくさんの人に言われたのを覚えています。

新潟でAKB48グループのアイドルの募集があるからオーディションを受けてみてもいい?と相談された時、高校生になってから、思い出の1つにと承諾しました。

「芸能人は目が命。大きくないとねー」とガラガラ声で小さい目を一生懸命開けながら(客笑) 写真を撮ったことを思い出します。

「将来何になりたい?」って訊くと、必ず「アイドル」と答えていた野絵ちゃん。高校生になっても夢の話をしている野絵ちゃんに不安でした。

実はオーディションに落ちたら自分の進路を考えるいいチャンスだと思っていたのですが、まさか受かるなんて思ってもいませんでした。(客笑)

新潟に行かせる想定もしていません。自分の物すら片づけられない、ただ愛犬の散歩するだけの甘えん坊の高校1年生なのにと心配と不安しかありませんでした。パパはもう大反対でした。

そんな中、「他の高校生より目標のある子はずっとしっかりしてきますよ」と強く背中を押してくださった今村支配人様の言葉の通り、この1年で本当に成長していく野絵ちゃんにただただ感心しています。

野絵ちゃんが野絵ちゃんでいられる居場所がこの新潟だったのですね。

山田氏、いい言葉を考えたのね。スーパーポジティブハイテンション精神でこれからもいてください。

つらい時こそ笑顔を絶やさずに常に感謝の気持ちを持ち、仕事と勉強との両立は大変だと思いますが、みんなのおかげで今の自分でいられることを意識してこれからも過ごしてください。

携帯を韓国に忘れてくる大失態や(客笑) 遅刻や寝坊、食べるのが相変わらず遅く、スタッフの皆様やNGTのメンバーにたくさん迷惑をかけてしまうこともありますが、野絵ちゃんを発掘してくださった今村支配人様には感謝の言葉しかありません。

またNGTメンバーを支えてくださっているスタッフの皆様と、切磋琢磨し合えるよきライバルでもあるメンバーにも御礼を言わせてください。いつものえピーを助けていただきありがとうございます。

そして、今回この場をお借りいたしまして、のえピーのためにこのような盛大なる生誕祭を時間をかけ計画し、そして実行してくださったファンの皆様に心から感謝申し上げます。

まだまだ未熟で生意気な娘ですが、皆様の応援のおかげで今こうしてここに立つことができています。更なる飛躍に期待するためにも温かく見守っていただけるとありがたいです。

でも、のえピーはアイドルではありません。江頭さんのモノマネがヘタクソすぎるバカドルです。(客笑)

私ものえピーファンの1人です。ファンの皆様に負けないように応援していきたいと思います。

ママより


姉らから山田野絵へのお手紙全文 (2017年10月9日)


山田野絵様

18歳のお誕生日おめでとう。

18祭り解禁ですね。

私たちは18年前に野絵の産声の瞬間に立ち会いました。

小さい頃は夏休みの宿題を胸張って「やっていない」と言ったり、部屋の片づけも1人ではできないし、いつも私たちの後ろをくっついてまわって、真似ばっかり。

江頭さんのモノマネだって誰よりも練習してたのに一番ヘタクソで。

小学生の頃はテストでいい点が取れたらダンススクールに通わせてほしいとママに自分から頼み込んで頑張ったものの、全然ダメだったよね。(客笑)

それでも諦めきれず、学校から帰ってきたらテレビの前でダンスをしている野絵はとてもキラキラと輝いていました。

いつだって我が家の中心は野絵で、いつだって我が家のアイドルは野絵で。だから私たちは生まれた時から野絵のファンなんです。

ホームシックで泣いていた時は寂しい野絵の気持ちもわかるけど、心を鬼にして背中を押していたママの気持ちも私たちは気づいていました。

だからこそ今支えてくださっているスタッフの皆さんやメンバーの皆さん、なんといっても野絵の魅力に気が付いてくれたのえピー隊の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

野絵、今たくさんの人に愛してもらって活動ができていることを忘れてはいけないよ。

野絵! 愛してるよ! なんちゃって(客笑)

これからもずっと応援しているかね。

ねーねーたちより
AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND