FC2ブログ
IZ*ONE 1stアルバム BLOOM*IZ 2月20日発売 new2.gif
AKB48 57thシングル 初回限定盤A / 初回限定盤B / 初回限定盤C | 長久玲奈 1stミニアルバム My Own Way [ミュージックカード]
NMB48 3 LIVE COLLECTION 2019 Blu-ray Disc / DVD | HKT48 8th ANNIVERSARY Blu-ray Disc / DVD

【速報版】 杉山愛佳 16歳の生誕祭レポート

2018年3月8日 SKE48劇場 チームS「重ねた足跡」公演 18時30分開演

DXwzVEnVwAAPYIO.jpg

◆仕切り:犬塚あさな

ある方からのお手紙 (代読:都築里佳)
あいあい、お誕生日おめでとう。

7期生を初めて見た時に凄いダンスが上手い子がいるって思ったのがあいあいで、その時に私はあいあいに惹かれました。

まだあいあいが研究生だった頃、たくさんアンダーに出てくれたり、私が研究生公演に助っ人に行ったり、公演で関わることが多かった気がします。

マネージャーさんにお願いされたら何日前だって、何時間前だって「わかりました、できます」そう言って公演に出ている姿を見て、私は自分を見ているかのようでした。

「市野ならすぐできちゃうもんね」

私はこの言葉が凄く嫌いです。みんな同じ人間だし、ダンスも歌も覚えるのが簡単な人なんていないのに、スクランブルでの出演でも間違えることが少ないからみんなからはきっと「簡単にできちゃう人」って思われてるんだろうなって思ってました。

そう思ってても、ファンの方や誰か1人でも「よく頑張ったね。えらいね。本当に凄い!」そう褒めてくれるだけで頑張って良かったって思えるんだよね。きっとあいあいもそうだったと思います。

公演で共演しているうちにあいあいのことをたくさん知って、きゅうりが好きだということを知りました。

その時に私はあいあいのことをきゅうり会のメンバーに誘ったよね。

5、6人いたきゅうり会も、もう2人になっちゃったね(笑) ※客笑

都築里佳「ほんとは私もいたはずなんだけどなー」
杉山愛佳「2人ですね、これから」

私が会長のはずなのに、予定を立ててくれるのも、きゅうりを持ってきてくれるのも全部あいあいだったね。(客笑)

杉山愛佳「でした」

「なるさん、いつもなーんにも持ってこない」っていうあいあいの言葉に「会長は食べる気持ちだけ持ってこればいいんや!」って反抗してごめんね(笑)

美味しいきゅうりを持ってきてくれて感謝してました。ありがとう。

あいあいとお出かけしたこと、ご飯に行ったこと、全部全部楽しかったよ。

あいあいといたら2人でしょーもない話でずっと笑ってたよね。期生は違うけど、こんなにも仲良くなってくれてありがとう。

4月からはお友達になりたいです。なるちゃんって呼んでほしい。

私が卒業発表してからすぐに連絡をくれて会った時も「ねぇ、なるさん勝手に発表しないで。嫌だー、寂しい」って言ってくれて嬉しかったです。もうこんなにも近くであいあいの頑張りを見ることはできないけれど、ずっとずっとどこかで見守っています。

悔しいこと、悲しいこと、もちろん嬉しいことも私でよければいっぱい話してください。力になれるように頑張るからね。

あいあいのファンの皆さん、お手紙を書かせてくださって本当にありがとうございました。

あいあいの16歳の1年が笑顔で溢れる素敵な年になりますように。

大好きだよ。

チームE 市野成美より


お手紙の感想や今年の抱負をお願いします
杉山愛佳「まずは今日ここの劇場に足を運んでくださった皆様、そしてDMMをご覧の皆様、モニターのほうで、横で観てくださっている皆様、そしてこの素敵な生誕祭を開いてくださった皆様、本当にありがとうございます」拍手

「お手紙をなるさんから頂いて。全然知らなかったので卒業発表するってことを。なんかまた大切な先輩、大好きな先輩がいなくなっていって。でも、研究生の時から成美さんはずっと背中を、ずっと前に立っている先輩で。

私が他のチームの公演に出演していてもいつもなるさんが一緒に出演してくださっていて。でもなるさんがいなかったらここまで自分もたくさんもっともっと出たいっていう気持ちだったり、今こうやって出演回数1位を2年前に取れなかったんじゃないかなっていう思いがあって、凄い大切な先輩です。

3月で卒業されてしまうんですけれども、私はずっと成美さんとお友達になれたらいいなって思います。でもお手紙ありがとうございました、成美さん。ありがとうございました」拍手

「そして、15歳の1年を振り返ってみて。いいことも悪かったことも。悪かったほうがでも多かったんですけど、一番自分の中で大きかったのがチームSのポジションで一番後ろの一番端をずっと立っていたことです。

自分の後輩だったり、先輩がどんどん卒業していく中でどんどん追い抜かされていってるっていう気持ちが凄い大きくて。でも自分にとって何が足りなかったのか、あの時は全然わかんなくて、何でだろうっていう気持ちが凄い大きかったんですけど、そこに立ってみて、後ろからメンバーを見ていて、私に足りないものはああだこうだっていう、自分が学ぶことがたくさんあって。

でもそこに立ったからこそ自分がもっと前に立ちたいっていう強い気持ちを持つことができたし、一番端にいたからこそ周りを改めて見ることができて、これからもっともっとチームSをよくしていきたいっていう気持ちが凄く強くなりました。

それで、日々の生活を改めて、SKE MailだったりブログだったりSNSだったり握手会だったりファンの皆様に会うすべてのところでちゃんともう1回改ようと思って一からというかもっと頑張りたいなと思ってこの1年はでも成長することができたんじゃないかなって思います」拍手

「ありがとうございます。でもSKE Mailは凄い迷惑メールって(客笑) 皆さんに思われちゃうぐらいに」

客「そんなことないよ!」「ちょうだいちょうだい」

杉山愛佳「ありがとうございます。そう言ってくださるだけでほんとに嬉しいです。なんか他愛もない話だったり、たまには真面目だったり、悔しかったり嬉しかったり色んなことを皆様と共有できたらいいなという気持ちでもっともっと送ります(笑)」拍手 → 「ありがとうございます」

客 → 何か

杉山愛佳「自撮り撮らないので、あんまり」

客「えー」

杉山愛佳「撮ります、送ります。そして、でもこの15歳の1年があったからこそ16歳の1年ももっと、もっと前に立ちたいと思って。今年の目標は2つあります。1つ目はチームS公演のセンターに立つことです」拍手

「一から始めてみて、そして「無意識の色」のチームでのポジションは前のほうに立たせていただいて。前、研究生の頃に前に立っていた自分と、こうやって一番端からこの前のポジションに立たせていただいたこの重みは全然違って。後ろに立っていたからこそ絶対に気を引き締めるという気持ちが凄い強くなって、絶対に負けたくないなと思ったし、一番目立つ気持ちで踊っています。

そして、センターは難しいかもしれないんですけれども、研究生の頃に一番センターを急遽立たせていただいて。その時のブログでは「もうセンターに立つことはないかもしれない。だから私が立ちたいですと言いました」と書いたんですけれども、撤回させてください。私はS公演のセンターに立ちたいです」拍手

「でも、簡単に立てる場所ではないし、今の自分では絶対に立てない場所だと思うので、一歩一歩、みんなよりは遅いかもしれないですけれども、いつか絶対にセンターに立ちます」拍手

「そして、もう1つは、選抜総選挙にランクインすることです」拍手

「言うのも、どうしようかなと思ったんですけれども、ですけど、ここで一番総選挙っていうことがAKBグループで凄い大事なイベントだと思ってます。そしてそこに名前を呼ばれたら自分でももっとやっと認められたんだなっていう気持ちというか。去年7期生が3人ランクインして、悔しいっていう気持ちも凄いあって。だからこそ次はその4人目になりたいなっていう強い気持ちを持ちました。

なので、今年もしあるのであれば是非ランクインをしたいなという気持ちはあります。

去年のお話に戻ります。あんまりいいことがなかったって言ったんですけど、去年の生誕祭の目標、握手会の部数を増やすっていう目標があったんですけども、達成することができました」拍手

「本当に皆様のおかげでもあり、私の自信にもなりました。なのでこれからどんどん、もっともっと自分が成長していけたらなと思います。目標はこの2つです。

それと今日感謝の言葉なんですけども、みんなで私を応援っていうよりは今日ここに来て楽しかった、また来ようって思ってもらえるそんな公演に凄いしたくて。皆さん、楽しんでいただけましたか?」

客「イェー!」

杉山愛佳「ありがとうございます。劇場公演が私の一番だと思っているので、そうやって思ってもらえることがほんとに嬉しいです。今日は来てくださった皆様、見てくださった皆様、本当にありがとうございました!」拍手

※10分49秒

犬塚あさな「あいあいは一番最初に出会った時はダンスが上手で真面目な子っていうイメージだったのに、最近はいじられキャラになってね」客笑

「でもいじられキャラってけっこう悩むことが多いんですよ。ねぇ」
杉山愛佳 → 頷く
犬塚あさな「けっこう悩んでるなと思って、あいあい大丈夫?って声かけると…」
杉山愛佳「ぴよす」
誰か「悩むこと多いよね」
都築里佳「お互い頑張ろう」客笑
犬塚あさな「悩んでるなと思って声かけるともう大号泣で。そうやってね、泣けるのってやっぱりSKE48にほんとに真剣に取り組んでるからだと思います。だから16歳とはいえほんとにしっかりしてて、メンバーからほんとに頼りにされてると思うので、ファンの方はそんなあいあいのちょっと弱い部分を見てあげて、支えてあげてくれたら母としてはとても嬉しく思いますので…」


一列礼後、捌ける直前に
杉山愛佳「私若手なんですけど、期としては。でもやっぱ、若手選抜とかになると選ばれないのがちょっと悔しいなと思うので、貫禄はあるかもしれないですけど、私は7期ですので、これからも若手選抜の中に入れるように、そしてもっと成長していきたいなと思いますので。あとはブログに書きます。これからも応援よろしくお願いします!」










本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND







遠征の交通手段、宿確保に…



dTVチャンネル