FC2ブログ
AKB48Group新聞 2019年9月号 8月23日発売
AKB48Group新聞 2019年9月号 Amazonオリジナル生写真セット

【速報版】 谷真理佳 22歳の生誕祭レポート

2018年1月13日 SKE48劇場 チームE「SKEフェスティバル」公演 13時開演

DTZi-BRVoAAEZFZ.jpg

◆仕切り:熊崎晴香

鎌田菜月からのお手紙
谷真理佳さんへ

お誕生日おめでとう。

この1年で私たちの周りではたくさんのことがありました。

こうして今周りを見てみるだけでも去年と比べるとだいぶ顔ぶれが変わったと思います。仲良しのメンバーやずっと支え合ってきたメンバーが続けて新しい道へ進んでいく姿に寂しさや不安、色々なことを考えさせられました。

谷さんにとってはきっと名古屋での家族みたいな人たちばかりで、そのたびに涙が枯れないと言いながら泣く姿に胸が痛くなりました。

卒業公演などでは泣くからと、最初からアイメイクはしないという荒業には本当にビックリさせられました。(客笑)

その空いた穴をその人たちの変わりにと埋めることは私たちにはできません。それくらいその人たちは特別だし、きっと大切な存在だったと思うんです。

だけれど、忘れないでいてほしいです。谷さんが思っている以上に周りの人は谷さんのことが大好きです。

今年の誕生日に「こんなに連絡をくれるなんて思わなかった」、そんなことを言っていたけれど、そうなんです。それは谷さんの面白いところはもちろん、無自覚かもしれないけど、谷さんの何気ない優しさに集まった人たちです。もっともっと自分を好きでいてあげてください。そして、周りの人を頼ってみてください。私含め、嫌な顔する人は誰もいないよ。

「意外にマンゴー」のMV撮影があるとなんとなく聞いた夜に電話をかけてきてくれたこと、その数日後にガシガシとマンゴーを一緒に食べたこと、懐かしいです。あの時、誰かに電話する勇気が私にはありませんでした。電話越しに隠しちゃったけれど、私も泣いていたんだよ。あの電話があったから気持ちを整理して折れずに、進むためにと前を向けました。

今回の選抜のことも凄い早さで連絡をくれてビックリしました。いつも私が怖気づいて動けない時に谷さんはそっと連絡をくれたり、動いてくれます。本当にありがとう。

ずっと最初の癖が抜けなくてさん呼びだったんですが、これを機に「まりかちゃん」とか「にーたー」とか「まりか」って、どれかしらで良かったら呼ばせてください。

谷真理佳「呼んで。今呼んで(客笑) どれでも」
鎌田菜月「まりかちゃーん」
谷真理佳「にーたーがいい」客笑
鎌田菜月「じゃー、にーたーって呼びます」
谷真理佳「ありがとう」

そして、SKEで期ごとに集まる時はドカーンと6期のところに是非来てください。みんなで待ってます。

これからも自分らしく、自分だけの、谷さんだからこその道を是非開拓していってください。道を作っていくのは本当に大変なことだし、ときどき疲れちゃう時もあるかもしれません。そんな時はまたプラっとご飯でも行きましょうね。いつでもどこでも鎌田は飛んでいきます。

チームE 鎌田菜月より

谷真理佳「いい文章書くね(客笑) 危なかったー」
鎌田菜月「まりかちゃんは気持ち悪かったですか?」
谷真理佳「まりかちゃん(呼び)ちょっと気持ち悪い」客笑


ある方からのお手紙 (代読:須田亜香里)
真理佳へ

22歳のお誕生日おめでとう。

真理佳と出会って6年目になるねー。

私は真理佳に出会えて本当に良かったなって思います。

凄く凄く凄く努力家で、レッスンの時、ダンスが覚えれなくて、踊れなくて、1人でずっと自主練していたり、泣きながら必死にみんなで夜遅くまで頑張ったよね。

そんな真理佳がHKT48からSKE48さんに移籍を決断し、計り知れないくらいの努力をしてSKE48としてステージに立っている姿を見ると、私も頑張ろうと凄く思います。

気遣いが凄くて、みんなに優しくて、テンションが高くて、時には頑張りすぎちゃう、無理しすぎちゃう、そんな真理佳が私は大好きだよ。

どこにいても私たちは同期だよ。

大切なHKT48 2期生の仲間です。悩んだり、迷ったり、苦しい時は頼ってほしい。みんな待ってるから。頑張りすぎずに頑張ろうね。

大好きだよ。ご飯一緒に行こうね。

HKT48 朝長美桜より

谷真理佳「えー? 待って、美桜ちゃんそんな文章書けるようになったの?(客笑) えっ?衝撃。えー美桜ちゃん文章書けたんだね(客笑) 馬鹿にしてはないよ」


お手紙の感想やファンの皆さんへ伝えたいこと
谷真理佳「じゃー、まずは皆さんへの御礼からで。まずは生誕祭を開いてくださったファンの方、そしてDMMで応援してくださってるファンの方、そしてロビー観賞で応援してくれてるファンの方、そして谷のことを好きでいてくださってるファンの方、本当にありがとうございます」拍手

「そしてじゃーまず美桜ちゃんから手紙の感想を言うかな。まさか美桜ちゃんがこんな文章書くとは思ってなかったから、正直渕上舞ちゃんかなとかりこぴかなって思ったんですけども、いやー衝撃ですね。

やっぱり美桜ちゃんとはなんだかんだ、美桜ちゃんは年下なんですけども、一番悩みを話す仲というか、美桜も美桜で谷に対して心から話してくれて、凄くなんでしょう、頼りがいがある頼もしい同期だし、やっぱり自慢できる同期なので、本当に手紙もらったの凄く嬉しいです。文章では噛まないんだねと思いました」客笑

「ありがとう。それで、鎌田!」
鎌田菜月「何ですか」
谷真理佳「いやもうー嬉しい。あー、泣かない。いやほんとに、私ね。これ言うと泣いちゃう。ほんとに鎌田が、選抜入り前もそうだけど、選抜入りした時、凄く嬉しかったからやっぱこうやって手紙書いてくれて本当に嬉しい。ありがとう」
鎌田菜月「本当にこちらこそ感謝してます」
谷真理佳「早く生肉食べに行こうね。あー、泣いちゃった。今日ちょっとね、密かにね、泣かないっていう目標を立ててたんですけど、やっぱりメンバーからの手紙は弱いですね。じゃーまずちょっと。どうしよっかな」 → 手紙をメンバーに預ける

「まずちょっと。久しぶりだな、こうやってファンの皆さんの前でお話するの、1人でね。まず私は16歳でHKT48に入って、SKE48に18歳で来て、気づいたら22歳になってました。

私は凄く改めて22歳になった今思うことがあって。ファンのみんなと出会えて、このファンのみんなに応援されることがとても幸せです。ここで私から皆さんに聞きたいです。皆さんは谷を応援していて楽しいですか?」

客「楽しい!」

谷真理佳「良かったー。楽しくないって返ってきたらどうしようと思いました」客笑

「じゃー、ちょっと酷なこと聞きますけど。私は3年連続ありがたいことに総選挙にランクインさせていただいてます。だけど残念なことに順位が下がり続けてます。そして先日、選抜も落ちました。こんな谷を応援してて楽しいですか?」

客「楽しいよ!」

谷真理佳「ありがとう。どうしてこんなこと聞いたかっていうと、握手会なんですけど。この前の握手会で谷のことをずっと大好きだって、「谷ちゃん、大好きだ」って言ってくれるファンの方がいたんです。だけどある日を境にその人は「谷を応援してても楽しくない」って言われたんです。私はその時ちょっとムカついちゃってので、「じゃー、違う子を応援したらいいじゃん」って言ったんです。その人本当に違う子応援してました」客笑

「その人だけじゃありません。「谷のこと大好きだ。谷ちゃんだけ応援する。谷ずーっとずーっと大好きだからね」って言った人。違う子にも同じこと言ってました」客笑

「それ見た瞬間、私はその人の心の中に入り込めてなかったんだなって、すぐ簡単に持ってかれちゃうんだって思いました。私はその時、アイドルに向いてないのかなって、魅力的じゃないから向いてないのかなって思いました。でも、こうやって応援してくれるファンのみんな、そしてチームEのメンバーが…。あかりん大丈夫?」
須田亜香里「(涙) みんな笑ってるけどこれ全然笑えないんだもん」客笑
谷真理佳「ありがとう」
須田亜香里「谷頑張ってるから」
谷真理佳「ありがとう。でね、やっぱり向いてないのかなって思っちゃったんですけど、やめたほうがいいのかなって思ったんですけど、やっぱファンのみんな、そしてチームEのみんながいるからみんなとまだ会えなくなるのは寂しいって、まだそれにこの活動を中途半端で終わらせたくないなと、手放したくないなって思ったので、それに、今こうやって応援してくれるみんなのおかげで頑張ろうと決心しました。

それに、21歳は正直どうなるかなって凄く不安な年でした。だけど自分が思ってた以上に恵まれてました。お仕事も凄く凄く充実してました。今までの中で一番充実していました。大好きなアニメの番組に出たりとか、それにずっとしたかったイベントでのMCのお仕事、今させていただいてます。

でもこうやってお仕事できてるのはファンの皆さんが次につなげてくれたからなんです。ファンの皆さんが、谷が1人じゃできなかったことをつなげてくれたから、今、谷はちょっと泣いてるけど、こうやって笑顔でお話できてるんじゃないかなって思います。

ほんとに、今日何言おうって思ってたんですけど、こうやって自分のことをちゃんと話せて、1人1人の目を見てお話できてることがとても嬉しいです。

22歳はですね、私凄く今目標があって。その目標は個人の目標は、いやSKEの目標だ。SKEの目標は、与えられる仕事を取るんじゃなくて、自分から仕事を取れる人間になりたいなって思います。そして、今は選抜じゃないんですけど、こだわることも必要だと思うんですけども、選抜じゃなくても「谷さんってこんな仕事あるんだ」じゃないけど、少しでも希望を持たせるような人間になれたらいいなって思います。あとは、なんだろう、何してほしいですか?」
客「グラビア」
谷真理佳「グラビア? うるせー黙れ(客笑) お前帰れよ。ウソです、ウソです。こういうのが原因でね、やっぱファンの方も色んな子にいくんじゃないかなと思うんですけども、やっぱり私も人間なので、やっぱウソはつけないんですよ。なのでこれからも自分を出しつつも、そしてファンの方を愛しつつ、そしてメンバーを愛しつつも、この1年また頑張っていけたらいいなって思います。終わり?」

熊崎晴香「もう言い残したことはないですか?」
谷真理佳「えー? 無いかな。もう大丈夫だよね?みんな」拍手 → 「良かった。拍手したから大丈夫。なので今日は本当に皆さんありがとうございました!」

※9分ちょうど

熊崎晴香「にーたーはいつもほんとにメンバーを、ほんとに助けてもらってるし、ファンの皆さんもほんとににーたーのこと…」
谷真理佳「涙が出る、涙が出る」客笑
熊崎晴香「やめて、ほんとに。ほんとににーたーの明るさにはいつも助けられています。だけどにーたーが今ほんとにイベントとかMCとか頑張っていて、帰ってきた時に私たちが休められる、にーたーが休められる場所をちゃんと作っておいておけるようにこれからもよろしくね」
谷真理佳「噛まずによく言えました」客笑
熊崎晴香「にーたーほんとにSKEに来てくれてありがとう。そして出会ってくれて本当に本当にありがとう」
谷真理佳「こちらこそありがとう」































本日23時よりアーカイブ配信開始
SKE48 LIVE!! ON DEMAND





AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND