【速報版】 岡田奈々 20歳の生誕祭レポート

2017年12月19日 AKB48劇場 井上ヨシマサ「神曲縛り」公演 18時30分開演

171219 (973)

◆仕切り:小嶋真子

ある方からのお手紙 (代読:小嶋真子)
親愛なる岡田奈々

憧れの奈々さんの生誕祭。そんな大切な公演で私のお手紙を読んでいただけるなんて嬉しすぎて何を書いていいのかわからないのですが、自分なりに奈々さんへの思いを書かせていただきます。

奈々さんと初めてお会いしたのはオーディションの最終審査。第一印象は凄く綺麗な方でした。あとイヤリングが大きいなーと思ったのも覚えています。(客笑)

オーディション真っ最中なのにずっと奈々さんの横顔を見ていた私。その頃から何かビビっときていたのかもしれないです。

それから約9ヶ月。だんだん一緒に過ごす時間が長くなってきました。楽しいことがたくさんある反面、つらいこと、悲しいこと、たっくさんたくさんありました。その度に奈々さんは笑ってくれたし、怒ってくれたし、一緒に悩んでくれました。

ずっと完璧だと思っていた奈々さんの悩んでいる姿を見て、いつもどうしていいかわからなくなります。自分なんかが声をかけていいのかなと。

それを奈々さんに言ったら、「声をかけてくれるのは嬉しいよ」と笑ってくれます。でもいつも優しく気を使ってくれる奈々さんに時々距離感を感じます。いつか奈々さんの気を使わなくてもいい存在になりたいです。

何事にも全力でやり切る奈々さん。次の日もお仕事があるのに夜中までダンスを教えてもらったことが何回もあるのは、よく周りに自慢をしています。こんな素敵なキャプテンがSTUにはいるんだよと。

奈々さん、STUに来てくださってありがとうございます。私たちにとって自慢のキャプテンです。私はずっとずっと奈々さんの背中を追いかけていきます。

これからもずっとずっと私の憧れの人でいてください。

改めてお誕生日おめでとうございます。

STU48 瀧野由美子

小嶋真子「どうですか? ゆみりんからでした」
岡田奈々「想定外でした。まさかゆみりんが書いてくれるとは思わなかったし…」
小嶋真子「奈々、いつも(レッスン)つきっきりで教えてるイメージ」
岡田奈々「そうやって頼ってくれる、積極的にね、来てくれる後輩がほんとに、ゆみりんほど来てくれる子ってなかなかいないから、逆にでも嬉しくて、それが。私、ガンガン来てほしいタイプだから、来てくれたらいくらでも可愛がるよと思うから、だからほんとにゆみりんには感謝してます。ありがとう、ゆみりん」


ある方からのお手紙 (代読:小嶋真子)
奈々ちゃん、二十歳のお誕生日おめでとう。

先日は私の生誕祭ではお手紙を書いてくれてありがとう。

実はこの間会った日よりも前にお手紙の依頼をいただいていて、私が言わなかったらバレるわけがないのに、バレないかヒヤヒヤしておりました。

奈々ちゃんと初めてお話したのはずいぶん昔のことで、お互いまだ髪も長く、幼かった頃だと思います。

こんな私の顔面を褒めてくれて、優しくて、お世辞が上手な方だ、凄いと思ってました。

岡田奈々 → 手を横に振る

数年間お互いに名前も存在も認識していながら深く関わることはなかったのに、今年奈々ちゃんがSHOWROOMの闇選抜に私のことを選んでくれて以来(客笑) 奈々ちゃんのことをよく見るようになり、なぜかはわかりませんが、分かり合えそうな気がしたんです。

そんな予感は的中でした。今となっては何でもっと早くかかわらなかったのか不思議なくらい。こんなにも自分のことを否定せずに真剣に受け止めてくれる方は初めてで、器の大きさに感動しております。つまらない話を聞いてくれてありがとう。

手を抜かないプロ意識の高いところ、いつも人の気持ちを考えているところ、まっすぐな目で話を聞くところetc、お仕事の面でも1人の人間としても尊敬するところたくさん見つけました。

仕事熱心だからこそ考えすぎてわからなくなってしまうこともあるかもしれないけど、奈々ちゃんがこの世に存在しているという事実が毎日のエナジーになり、頑張れる方が世の中にたくさんいらっしゃいます。だから安心して奈々ちゃんの道を歩んでください。

とは言ったものの、私も気にしすぎる人間なので、わかりますともわかりますとも。

その上に奈々ちゃんは頑張り屋さんです。だから「頑張りすぎないで、無理しないで」と言われても自分でも気づかないうちに限界まで頑張ってしまうと思います。なので自分が満足するまで頑張りすぎてしまった時はよかったら私のことを頼ってください。

力になれないかもしれないけど、私が奈々ちゃんに助けられている分、私も助けたいです。弱音でも暴言でもどんなことでも受け止められる体、心あります!

ちょっとやそっとじゃ動かないし、ずっと変わらないのでご安心を。

奈々ちゃんの20歳が素晴らしい1年になるよう、私も奈々ちゃんの生き方を全力で肯定します。

出会えたこと、神に感謝。でも何より生まれてきてくれてありがとう。

いつかチョコミントのお仕事ができるように頑張りましょう(何を?)

太田夢莉より

小嶋真子 → 「肯定」を「かてい」と読んでしまい、客席から笑い声

岡田奈々「本当に、19歳の時にめちゃめちゃ仲良くなって。なんか凄いね、似てるんですよ。おこがましいけど、自分と似てるところあり過ぎて、ほんとに何言っても受け止めてくれる大きな器を持ってるお方です」

※先日太田夢莉で、岡田奈々太田夢莉に送ったお手紙はこちら


19歳の1年について
岡田奈々「19歳は、やっと、なんというか、自分にできることを見つけられた年だったなって思うのと、一番に体調がめちゃめちゃ良くなった年だったんですよ、19歳は。だからそれが本当に皆さんに一番伝えたいことだったし、元気だよ!って言いたかったし。今言いました、だから」客笑

「19歳めちゃめちゃ元気になりました。で、そのSTU48との兼任が決まって、最初キャプテンって言われた時はやっぱり戸惑ったんですけど、キャプテンっていう明確な自分の役割を与えてくださって、それがやっぱり自分にとっては、具体的に何かやることがあると、それに集中して頑張れる自分がいたので、凄くやりがいを感じて、今兼任をさせてもらってます。

あと19歳はやっぱり総選挙で第9位っていうほんとに一桁っていう凄い順位を皆さんがくださって、それはほんとに皆さんのおかげだし、より皆さんとの絆が深まった1年だったなという風に思ったし、色んなメンバーにも出会えて、こうしてこの演目でエースをやらせていただけて、凄い幸せで。やっぱメンバーが好きだなって思ったし、このグループも好きだし。

AKBとSTUを兼任してから思ったことが、もちろんAKBが好きでAKBに入ったんですけど、この48グループ全体を通して好きなんだなって思ったから、だから色んなグループの子と仲良くなりたいって思って積極的に話しかけたりだとか、ちょっと勇気を出してみたりとかもして、今日もお手紙がこうしてSTUのゆみりんとNMBの夢莉ちゃんからきたことも、この1年を通して自分ができた何かなのかなって思って。

だからこの1年はもちろんなんか、つらい時もいっぱいあって、755にね、スタンプを押して言い逃げしたり」客笑

「泣いてるスタンプだけとりあえず送って。でもそうやって何が言いたいのか全然わかんないけどつらいんだろうなって察してくれる皆さんがいて、それが凄い、今までだったらたぶん「どうしたの? 何?何?」ってなってたけど、たぶん今の自分を色々理解してくれる方が増えて、「嗚呼、じゃー今は大変なんだね」みたいな温かい目で見てくださる方が凄く増えたことで自分自身もあんまり気を張らずにこの1年活動できたかなって思います」拍手


二十歳の1年のお話を
岡田奈々「二十歳は、ソロコンがあるですよ」
小嶋真子「おめでとう」
客「おめでとう!」拍手

岡田奈々「だから、もうね、ずーっとソロコンやりたいって言ってて。19歳の時に改めて歌が好きだってことに気づいたんですよ。だから、二十歳でソロコンをやることが一番の夢で、その夢がもう既に叶う間近にあるってことで、まずはそのソロコンを成功させることを目標にしているんですけど、今まで選抜に入りたいっていう目標とか、こうやってエースをやりたいっていう目標とか色んな目標が今達成できていて。

でもそれはきっとこうやって応援してくださる皆さんとか、周りでこうやって私を笑顔にしてくれるメンバーさんたちとかがいるからだと思うし、だからもしかして今まで目標って言ってること基本的に叶ってるから、何言っても叶うんじゃないかなと思い始めてて。言うだけタダだし、言っとこうと思って。

だからやっぱ二十歳はすっごい大きい夢を叶えられたらいいなと思って。自分にとって凄く大きい夢なんですけど。AKBのシングルのセンターになりたいっていう思いがあって」

客「おー!」&拍手

岡田奈々「なんか、こう自分はSTUのキャプテンだし、割りとAKBでも今先輩のほうになって後輩が増えて、自分が目指す場所ではないんじゃないかっていう風に考えたんですけど、でもなんか、いいじゃんと思って、1回ぐらい本気で目指したっていいじゃんと思って。

だからもし、それこそ自分がいつかセンターになれたら、きっと努力したら選抜にもなれるし自分のやりたいこととか目標とかも達成できる、やりたいことできるんだよっていうのをこれから入ってくるであろう後輩の子たちとか今いる後輩の子たちとかに背中で教えられる人になれたらいいなっていう風に思います、二十歳は」拍手

小嶋真子「私がね、幸せだなと思った。奈々って人間年齢ってあるじゃないですか」
岡田奈々「何?」
小嶋真子「人間年齢。何回も生まれ変わってる人は人間年齢が高いの」
岡田奈々「そういうこと?」
小嶋真子「たぶん奈々はもう千ぐらいいってる」客笑
岡田奈々「千歳かな」
小嶋真子「ほんとに素晴らしい人が同期で私は世界一幸せだと思う、ほんとに」
岡田奈々「私もだよ、唯一の同期、こんな素敵な人がいて」

岡田奈々「でね、20歳になって思ったことが何も変わらないだろうって思ったんですよ、20歳。でも1つだけ変わったことがあって。この20年めちゃめちゃあっという間だったなって感じて。だから20年があっという間だったらこの先もっとあっという間だから、とっくの、もうすぐ寿命きちゃうから」客笑

「だから絶対に悔いのない毎日を過ごさなきゃなっていう風に思ったので、もう明日死んでもいいっていうぐらい毎日を大事にしたいし、皆さんが長生きしたいって思えるような毎日を作りたいです」拍手


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
岡田奈々「今日は本当に楽しい生誕祭をありがとうございます。なんか、始まって見渡した時に、「あっ、ヤバイ、知ってる人しかいない」と思って」客笑

「だから安心感もあったし、なんか見てると、「この人何年ぶりだろう」みたいな人とか見つけて。でもこうやって来てくれたんだと思ったら嬉しいし、最近好きになってくれた方とかもちらほら見つけることができて、なんか幸せだなって思ったので、んー、だから人生はやっぱ1回キリなので、応援したい人を応援してほしいし、悔いのないアイドルオタク活動?」客笑

「悔いのないオタ活を是非してくれたら嬉しいです。やっぱアイドルって寿命短いし、やっぱ皆さんもね、色々事情があって応援できなくなっちゃりすることもあると思うから、だから、そんな日がいつ来てもいいぐらい悔いなく私に会いに来てくれたら、応援してくれたら嬉しいので、これからも元気でいてください。ありがとうございます」拍手

小嶋真子「凄いね。(ファンの方)やっぱ似てる。なんか顔も似てきたね」
岡田奈々「顔?」
小嶋真子「みんな優しい顔してるんだよね」
岡田奈々「優しいでしょ?」
小嶋真子「優しいの。私がさ、奈々のレーンに、自分のレーンがガラガラの時に奈々のレーンにちょっかい出してもみんな嫌な顔ひとつしないでずっと喋ってくれるの。いつもありがとう」客笑
岡田奈々「(真子に)ありがとう。仲良くしてあげて、これからも」
小嶋真子「こちらこそありがとう」














本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND




2017年 AKB48生誕祭一覧


最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ