FC2ブログ

【速報版】 佐藤杏樹 16歳の生誕祭レポート

2017年11月9日 NGT48劇場 チームNⅢ「誇りの丘」公演 18時30分開演

171109 (119)

◆仕切り:山田野絵&宮島亜弥

16歳の誕生日を迎えてどうですか?
佐藤杏樹「15歳、16歳どっちもそうなんですけど、握手会とかのネタが「杏樹さん今日直帰ですか?」みたいな。誰がどう言ってもOLっていうキャラになっちゃってて。でも15歳そうなってるってことはやっぱり16歳もこのいじりは続くんだろうなって思ってるんですけど、皆さん私のいじり方を一番知ってる方々なので、まぁちょっと、好きなんですよ、普通に。だから16歳は、そうですね、色んなことやっていけたらいいなって思ってます」


山田野絵からのお手紙 ※ある方からというていで
杏樹へ

山田野絵です。

※メンバー「早い」

16歳のお誕生日おめでとう。

杏樹の生誕祭でお手紙を書くことができて、本当に本当に嬉しいです。

自称OL顔の杏樹がまだ16歳か。人は見た目で判断できないね。

杏樹と出会った時はまだ13歳。若いですね。

第一印象はハッキリ言って苦手でした。大滝とタッグを組んで、凄い絡んできて、ほんとに怖かったし、しかもビックリするぐらいクソガキで、こんな絵に描いたようなクソガキが世の中にいるなんてっていう感じでした。

でも今は一番って言っていいほど仲のいいメンバーで、ほんとに不思議だけどとっても嬉しいです。

杏樹、15歳の1年はどうでしたか?

きっと杏樹の人生の中で一番大変で忘れられない年になったと思います。

嬉しかったこと、楽しかったことたくさんあったと思うけど、それ以上に悲しかったり、苦しかったり、時には反省をしなければならなかったことのほうが多かったんじゃないかな。

杏樹は本当にクソガキで、あまり頭良くはないけど、とってもとっても優しくて、人の痛みがわかる素敵な人だって知ってます。

野絵がつらかった時、いつもと変わらず接してくれました。杏樹の可愛いニコニコ笑顔にどれだけ救われたことか。本当にありがとう。

あれから杏樹がつらくなった時は野絵が絶対に支えてあげるぞって心に決めてます。

私が電話をかけた時、どんなことがあっても弱音を吐かなかった杏樹が「もうダメかもしれない」って泣きながら言った言葉、ずっと忘れられません。

「一番に気づいてあげられなくてごめんね」って言ったら「嬉しいよ、山田。こっちこそごめんね」って言って2人で大号泣しながらたくさん話し合ったよね。

今考えると笑えるくらいお互い泣いてたね。

杏樹のことを考えて泣いている自分がいて、杏樹のこと本当に大好きなんだなって思いました。

しかも、杏樹のママとも仲良くなれて、一石二鳥でした。

その時から「のえんじゅ」の絆は更に強くなったと野絵は思っています。

お母さんの作ってくれたお弁当を「めっちゃうまいからこれ」とか言いながら(客笑) 食べたり、いつも元気に「山田おはよー」って言ってくれたり、たくさんお話を聞いてくれたり、メンバーとやった合コンの妄想ゲームではイケメン役が神懸っていたり、NGT48のトップを争うぐらい手汗が凄かったり、野絵と同じぐらい足が臭かったり

佐藤杏樹「ねー、そんなことない」

全部全部、杏樹の全部が大好きです。

ここにいる杏樹のファンの方よりも大好きです。

※客「そんなことないよ!」
山田野絵「ごめんね、ごめんね」客笑

杏樹が野絵のことを好き以上にとってもとっても大好きです。

杏樹が泣いていた時、次の日の公演では凄いファンの皆さんの前で凄いニコニコ笑顔で踊っていて、とっても尊敬しています。

いつもありがとう。これからもよろしくね。

16歳の1年は一緒に楽しい1年にしようね。

杏樹が大好きな野絵より

佐藤杏樹「嬉しいー。ほんとに、今回手紙が誰書くのかほんとに予想つかなくて、誰だろうってね、ずっと山田に、「今日野絵、生誕委員のメンバーに入ってなかった」みたいな、最初から最後まで言ってきて、それを。ほんとに入ってないんじゃないかってほんとに思ったんですけど、やるよね、そういうの。そういうとこあるよね」
山田野絵「ごめんね」
佐藤杏樹「ほんとに野絵に何度助けられたかわからないぐらい、そうですね、野絵には凄い色々お世話になって。私がつらい時とかすぐ電話をかけてきてくれて、ずっと話聞いてくれたりとかしてくれて。野絵はムードメーカーだし、ポジティブだと思いきや、山田もけっこう傷つきやすいタイプの子なので、一緒に泣いて、助け合って、これからもいけたらいいなって思ってます。愛してるよ」
山田野絵「あー! 野絵もね。ありがとうね。おめでとう」


素敵な生誕祭を開いてくださった皆さんにメッセージ
佐藤杏樹「今日はほんとに皆さん、こんな素敵な、ほんともうクソガキに溢れた、何て言うんですか? クソガキフェスティバルでしたっけ? 最高で最強の生誕祭を開いてくださってほんとにありがとうございます」拍手

「私はあんまりファンの方々にですね、弱い一面とかを見せたくなかったっていうか、見せられてなかったんですよね。やっぱりアイドルっていうのはみんなに笑顔を与えるもので、本来つらい一面とかそんなに見せるものじゃないんじゃないかなってけっこう思ってて。みんなには毎日笑っててほしいし、私を推してることによって、ほんに、「杏樹推してて楽しいね」って、楽しいことしかないぐらいほんとに推してるメンバーでいたかったんですけど、でもそうですね、今後もそういう風にやっていきたいんですけど、たまにはちょっと弱音吐いたほうがいいですかね?」

客「いいよ」

佐藤杏樹「そうですね、でも、ファンの方はほんとに私の、さっきも言ったようにいじり方、みんな私のいじり方知っていて、握手会でも「ウェーイ」で会話できるぐらい、ほんとにコミュニケーション能力が凄く高い皆さんだと思うし、私のおかげでいつも元気になってるよとか、ほんとにそういう言葉が、杏樹がやっぱり必要だよとか言ってくれる言葉が凄く嬉しくて、やっぱり皆さんのおかげで私はNGTにいるきっかけが皆さんだなってほんとに思います。16歳は、目標はけっこうたくさんあるんです。けど、それはここでは言わないです」

客「えー」

佐藤杏樹「皆さんが握手会に直接来た時に1人1人に言います。いいですか? だからみんな、握手券買ってね」

メンバー「ストレートだね」

佐藤杏樹「なので、私はほんとにどこでも最強で最高の杏樹でいたいし、笑顔絶やさない最強のアイドルでいたいので。まぁ、弱音もたまに吐けるように頑張ります。でも、この姿の私、ありのままの私を応援してくれる皆さんが私はほんとにほんとに大好きです。これからもずっと大好きです。ミートゥー? ミートゥーって感じ?」

客「オレも」

佐藤杏樹「知ってた、知ってた。ほんとに今日はね、16歳、飛躍の年になったらいいなって思ってます。なので皆さん、その温かいノリと最強の私のファンの方の熱い熱で私をこれからも見守っててください」

客「はーい」

佐藤杏樹「よろしくお願いします!」拍手

「言ってることわかんないかな? でもありのままの私を好きでいてくれる皆さんが私も大好きです。ありがとうございます」

※3分16秒

































本日23時よりアーカイブ配信開始
NGT48 LIVE!! ON DEMAND





2017年 NGT48生誕祭一覧