【速報版】 大森美優 19歳の生誕祭レポート

2017年9月17日 AKB48劇場 外山大輔「ミネルヴァよ、風を起こせ」公演 16時開演

武藤十夢佐々木優佳里がサプライズ登場!
メンバー「せ~の、せ~の」
上手袖から武藤十夢佐々木優佳里が登場 → 「ちょっと待った!」

武藤十夢「ということで、今日は9月3日に19歳の誕生日を迎えた大森美優ちゃんの生誕祭です! 美優、お誕生日」
みんなで「おめでとう!」

170917 (466)


◆仕切り:武藤十夢

ある方からのお手紙 (代読:佐々木優佳里)
みゆぽんへ

お誕生日おめでとう!

19歳とかヤバイね。大人になったね。

でも、二十歳のほうが大人だから、私のほうが大人ね。

これくらいしか十夢に勝てるとこないから意地張らせてください(笑)

おふざけは置いといて、本当に月日が経つのは早いなーと最近感じています。

同期がどんどんお酒飲める歳になっていって、二十歳なんてAKBに加入した時は「まだまだじゃん」って思ってたけど、来年みゆぽんもお酒飲めるんだね。

だから今年はラスト10代。今まで通りマイペースで更にキラキラしてね。

みゆぽんのアイドルオーラ、可愛らしいと思いきや、締めるところはちゃんとキメて、大人っぽくなる瞬間だったり、色んな表情や表現が見えるのが凄い好きです。

MCでふわふわ喋ってると思ったら、いきなりまぁまぁきついこと言うし、そこも好きです。

人間味がある人が魅力的だと思うんだけど、みゆぽんはそうだと思います。色んな感情があるのは誰でも同じだし、それを全部表に出す人もいるし、自分の立場を考えて、抑えて堪える人もいるし。

でもみゆぽんは全部出してほしいって思う。そこで新たな魅力が出るかもしれないし、もう出てるかもしれないし、それが舞台やライブの表現に繋がるはずだから。

まぁ私がこんなこと言わなくてもちゃんと成立させちゃうのがみゆぽんなんだけどね。

あっ、思い出した。みゆぽんの舞台観に行った時、ガチ泣きしたんだよ。芝居が自然で凄い感情移入した。だからまた泣ける舞台やって。恋愛モノはダメだよ。十夢がまた「ぽんちゃん愛してる!」って更になるから、これ以上見てられません。涙が出ます。(客笑)

あっ、今日出演メンバーに入ってないよね? 聞かれてないよね? この流れはちゃんと十夢がいるところでやるとして、そろそろ終わるね。

私はなぜか舞台をやって、AKBから少し離れて、また戻ってきた時に「まだいたの?」と言われるくらい卒業説が立つけど、まだいようと思っているから、これからも12期そしてAKB全体で頑張っていこうね。

あと、みんなで話してた12期で何かライブできるように動こう。やってみないとわからないからね。

最後になりますが、19歳、今まで通りのみゆぽんで、あとは自分の中で何か掲げてる目標があったらそれに向けて頑張ってね。

あとTwitterのあなたの毎日を応援動画、めちゃくちゃ癒されてます。それも楽しみにしてます。

本当におめでとう。

田野優花より


P.S. 智代梨、この後みゆぽんに何か面白い激励お願いします

中西智代梨「怖い怖い…。全然聞き入ってたんだけど」
武藤十夢「じゃー智代梨の激励まで、3・2・1」
中西智代梨「みゆぽん、大好き(変顔)…ほんとにダメ」客笑 → 「ほんとにごめんなさい」
大森美優「凄い元気出た」
中西智代梨「一番メンバーが好きなハンガーでちょっとコメント言ってみたんだけど。ちょっと優花どこにいるの? ほんとにひどい。ほんとに申し訳ございません、最後の最後に」

佐々木優佳里「優花からのお手紙でしたが」
大森美優「まさかすぎた。田野ちゃんがお手紙書いてくれるとは思わなかったよ。ありがたいですね」


武藤十夢「19歳になりましたけど今年の一年はどうしていきたいですか?」
大森美優「18歳の1年はじゃないの?」
武藤十夢「そっちからいく?」

18歳の1年はどうでしたか?
大森美優「18歳の1年は、私は何してたかなって考えてた時に、やっぱり舞台っていうのがたぶん観に来てくださった方も、観には行けなかったけど応援してくださってた方も多分舞台をやってたっていうことは知ってくださってるんだろうなと思うんですけど。

舞台を初めて出た時に凄い楽しいなって思ったし、お芝居って凄い勉強できるなって思ったんですけど、それ以上にAKBでの大森美優として出るから、どうにかしてAKBって素敵な子なんだなって思ってもらいたいっていう一心で実は舞台をやっていて。

もちろん、表現の仕方とか凄く学べたし、もちろん皆さんが凄い喜んでくださって、ほんとにやって良かったなと思ったのと同時に、今まで4つやらせていただいたんですけど、毎回毎回私の中で1つスタンスというか、のがあって。やっぱりAKBの子ってお芝居できるんだなって思ってもらいたいなっていうのと、AKBの子と一緒にお仕事すると気持ちいいなって思ってもらいたいっていうスタンスで今までずっとやってきて。

だから、毎回稽古毎に「あっ、この子はちゃんと練習してきたんだな」って思ってもらえるようにとか、そんなこと考えながら稽古も本番も、みんなのことをいつも思いながら、ファンの人のことも思いながら、「あっ、AKBの子ってほんとに凄いいい子だな」って。何回言ってるんだろう、これ(客笑) 思ってもらいたいなって思って、稽古場とかも「あっ、もうちょっと明るい雰囲気にしよう」とか色々考えたり、挨拶もいつも声ちっちゃいくせに挨拶しっかりもっと改めてしようとか、そういうことを考えて、今までずっと出てきて、それで4回重ねて出させていただいたのが、わかんないけど、ちょっとでも私が真剣に頑張ろうって思ったことが続いたのかなって思いますし、今後輩にもたぶん舞台やりたいって思ってる子いなくはないと思うので、またAKBに声をかけてもらいたいなと思ってやってきました。

だからやっぱり、1人で一歩外に出てみると本当に何もないんだなって凄く改めて思った1年でもありました。

やっぱり、一生懸命やるとかそういうことしか取り柄がなかったので。だからこそこのAKB劇場に表現力とかを持って帰ってくることができて、改めて劇場の安心感というか、劇場の有難みを知って。もともと劇場が大好きだったんですけど、舞台とか他のお仕事をすることによって改めて。嗚呼、AKB48ってほんとに私にとって大好きな場所ですし、ここで活かしていきたいなと改めて思えた1年ではありました。(武藤に)伝わってるかな?」
武藤十夢「伝わってる。私は伝わった」拍手
大森美優「言いたいことわかった?」
武藤十夢「うん」

大森美優「それで、やってきて。でもファンの皆さんも喜んでくださったし、でも舞台によって公演が出れない時とか全国握手会に行けない時もあったんですけど、そんな中でも少しでもAKBのためになりたいなと思って稽古とかをやってきて、で、私も成長できたし、ファンの皆さんもすっごい喜んでくださって。風の噂でそこのロビーのお花が舞台のやつっていう風の噂を聞いたんですけど。だからきっとファンの皆さんも喜んでくれたんだろうなって思ったし、だから舞台っていうのは凄いやってきて良かったなと思いました」拍手

「とにかく表現力が身に付いたというか、学べて、そして改めて皆さんへの有難みを知った1年でした」

※4分36秒


19歳の1年はどんな1年にしたいですか?
大森美優「19歳の1年は、そうですね、やっぱり、今までずっと自分はなんなんだろうとか、自分は何者なんだろうってずっと思ってて。自分は何がしたいんだろうってずっと自問自答してて。で、やっぱり私は7月の短冊にも書いたんですけど、劇場公演にいっぱい出たいって書いたんですね、その時。

普段はほんとに、凄い注目されるとキャーってなっちゃうし、ほんとにこんな大森さんなんですけど、ほんとに歌って踊ったり、劇場に立ってスポットライトを浴びて、ファンの皆さんの声援を浴びると一気に普通の人からアイドルになれるというか。逆に歌って踊らなかったら何ができる子なんだろうって思われてるんじゃないかなっていうのもあって。そうですね、やっぱり歌って踊るのが好きだから、劇場公演に今年もいっぱい立って、皆さんにいっぱい観にこれる機会を作りたいなと思います。

そして、私が今何ができるかっていうのをずーっと考えてて。そうですね、やっぱり、握手会とか。最近になってっていう言い方もおかしいんですけど、「初めてきました」っていう方が凄く増えて。意外と握手会とかで一対一で喋ると「元気なんだね」とか「意外と明るいんだね」とか言っていただくことが増えて。喋ることはほんとは好きなんだけど、みんながいるとあんまり伝わらなかったりして、勿体無いなって思ってる方ももしかしたらいるかもしれないんですけど、やっぱり握手会っていうのはずっとやってきてて、今後も大切にしたいなと思うし、でも、そうですね、握手会に人がいっぱい来てほしいから「来てください」っていうのは違うと思うし、私はそういう風には思ってないし、そうはして欲しくなくて。だから「みゆぽんに会いたい」って思ったら、その欲望のままに会いに来てください」客笑

客「はーい」

大森美優「ありがとうございます。そして、今私ができることなんだろうって凄く考えた時に、けっこう先輩になってきていて。この中でもたぶんだいぶ先輩なので、もっと後輩に何かできることをずっと心では思っていても、あんまり言えなくて。もっともっと人とかかわっていかなきゃいけないなって思いますし、そうですね、もっとみんなに、キャプテンまではいかないけど、その視野に入るぐらい今年はみんなを引っ張っていけるぐらい自覚を持って、もっとガンガン、ステージ上でももちろん、リハーサルとかでもっと自覚を持って前に出たいなと思います」拍手

「ありがとうございます。そして、やっぱり、でも自分らしさも忘れちゃいけなと思うので、もし誰かが俯いてたり、悲しそうにしてたらコソっと背中をさすってあげれるような、そんな人になりたいです。

そして、そうですね、他に自分にできること。先輩としての自覚、メンバーとしての自覚、あとはやっぱり今は外への発信力がやっぱ必要ってAKB48言ってて。もちろん舞台とかもあると思うんですけど、私が外に発信できるものって言ったらやっぱり野球のお仕事とか、もっともっとやりたいことあるんですけど、自分がもっとパワーアップしないとダメだなって、こないなって思うことも多々あったので、もっともっと自分にしかできないことをいっぱい広げていきたいですし、それによって、名前は知っているけど、今のAKBを改めて見てくださってくれる、見てくださる方も少しでも増やせたらいいなと思いますし、そうやってみんなのことを思ってAKBのためを思って活動していきたいなと思うし、そして、やっぱり自分が一番楽しむことを忘れちゃいけないなと思って、ずっと上を目指さなきゃとか、前に出なきゃとか、そういうことを考えてるとやっぱり窮屈というか、首を自分で絞めちゃう時もあるので、自分がやりたいって思ってるからこそ前に出るっていうことを忘れずに、私が楽しくしてればきっと皆さんも楽しくなるんじゃないかな~」拍手

「って思います。そうですね、あとは、やっぱり自分個人としては着実に一歩一歩今までの自分の結果を超えていくことが目標です。パフォーマンスとかもそうですけど、もっともっと「みゆぽん好きだよ」とか「みゆぽん推し」とか増やしていけたらいいなと思いますし、ファンの方にもメンバーにもみんなにもっともっと認めてもらえる1年にしたいなと思います」拍手

※6分27秒

大森美優「大丈夫かな」
武藤十夢「凄い伝わってるよ」
大森美優「凄い静かだから」
武藤十夢「みんな聞いてるの」


お祝いしてくださったファンの皆さんにひと言お願いします
大森美優「待ってました。皆さん、喉枯れてないですか? 大丈夫ですか? 本日は本当に皆さん、来てくださって、そして帽子? 皆さん着けてくださって。ミネルヴァ公演ってチームの公演じゃないからたぶんコールとかも難しかったと思うんですけど、皆さんで一体となって応援してくださって、改めてほんとにありがとうございます」拍手

「やっぱり、皆さんのことをいつも考えてるんですけど、年に一回の生誕祭って改めて凄い愛を感じるんですよ。で、もちろんここにいる方も、ロビーで観てくれてる方も、オンデマで観てくれてる方もみんなみんなほんとに自分の心の中で改めて凄く自信というか、愛を感じるんですね。だから、もっともっと皆さんにいい景色を見せてあげたいなって思ってます。

そのためにやっぱ自分自身がね、もっとスキルアップしていかなきゃいけないですし、色んな、やっぱ数字が、数字というか順位とかね、数字がつくじゃないですか。それはやっぱり、どんどん、今までの結果を超えたいです」拍手

「でもね、きっと私が「頑張ります」って言うのもそうですし、きっと皆さんにばっかり頑張ってもらってることがほんとに多くて、もう何回ありがとうって言っても伝わってるかなっていつも思っちゃうんですけど、やっぱりこれからの行動でどんどん皆さんへの愛を伝えていきたいですし、それを見て、もしもついていきたいなと思ってくださったらどんどん押し上げていただきたいです」拍手

「改めまして本当に、いつもいつも応援ありがとうございます。きっと皆さんいなかったら私はもうこんなにニコニコしてここで踊ってなかったかもしれないし、アイドルじゃなかったかもしれないし、本当に何かが違っていたら今皆さんと私は一緒に盛り上がってないので、これからも私の声に耳を澄ませながら一緒に歩んでください」

客「はーい」 → 拍手

大森美優「ほんとに口下手なので、けっこう耳を澄ませてないと「この子は何を思ってるんだろう」って思っちゃう時もあるかもしれないんですけど、お互いに寄り添いながら一緒にAKBを盛り上げていきましょう!」

客「はーい」 → 拍手

大森美優「今日は本当に本当にうちわとかも皆さん見えてて、あっ、いっぱい知ってる人がいるって凄く安心して、終わっちゃうのが凄い寂しいです。本当に改めて皆さん、今日のためにね、準備してきたこともあると思いますし、これからも、今までも、今日も本当にありがとうございます」拍手

※3分45分 (合計14分48秒)

佐々木優佳里「凄いカッコ良かった」
武藤十夢「頼もしくなったなって思いましたよ」

佐々木優佳里「みんな見てると思って」
武藤十夢「私もずっとオンデマンドで観てたの。だからね、美優がね、私に対してはね、ツンデレだって言ってたからね」客笑&ひゅ~ → 「それがね、嬉しい!ってなって」

大森美優「言い忘れたことは、もう本当に、私なんかのためにありがとうございますの一言です」拍手



































本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND



Google+より
大森美優 2017/09/18 0:29

こんばんぽん✨


ミネルヴァよ風を起こせ公演
二回公演。
女性限定公演、
そして大森美優生誕祭公演!
ありがとうございました😭✨✨✨✨✨

女性限定公演の時にお見送りで、この後の生誕祭も頑張ってね!ってたくさん言って頂けて…
二回公演分祝ってもらった感じがして嬉しかったなぁ(>_<)




大森美優生誕祭。
劇場の中でも、そうでなくても、本当にたくさんの方に今日の日を楽しみにしてもらえて幸せでした(>_<)
グッズとか、豪華なスタンドフラワーも😭感動😭
ありがとうございます!


今年の誕生日シーズンが終わってしまった気がして少し寂しいですが、
また次に向かって歩み始めるのみです!生誕祭を1つのポイントとしておもったけど、
また次へとどんどん進むのだ!



ミネルヴァよ風を起こせ公演
は、色んなみゆぽんがいます。
歌やダンスだけではなく、表現だったり全力の証の汗だったり!!💦
今日のオンデマンドは、みゆぽん推しカメラ!
ずっとみゆぽん!みゆぽん、みゆぽん、またみゆぽん…!!
絶対観てください(^^)


今回の公演では、いっぱい私の話題をMCにしてもらえたり、、
貴重な1公演を私に注目させてしまい申し訳ないって言ってたら、後輩達がなぐさめてくれたり…😭
先輩なのにダメやんって感じだよな。😭感謝。


ファンの方はもちろん、メンバースタッフさん、、、
周りの皆さんに、改めて感謝した一日になりました(^^)




最後にまさかの
とむ、ゆかるんが来てくれてびっくり!!!
サプライズ過ぎて素直にびっくりだった❣️
お手紙も、まさかまさかで…嬉しかったぁ。


楽しかったし、出し切れた〜〜!!




最後のスピーチ。
とにかく頑張って喋って、
今まで自分がしてきた事も含め、
言いたい事言えました。
伝わったのかな。。どう伝わったのかな。。どう思ったのかな。。。?。



後輩への思いというのは、最近改めて強くなっていて。。!!
私なんかが言っても…って思ってた部分があったけど、
それって逃げてるのかもなって思って。
人との関わりが成長させてくれる。それは、私がAKBに入ってとても感じた事です。。!
私自身が先輩にしてもらえた事、
嬉しかった事、未だに根底になっているほど学べた事、、あります。

年齢とか、立場とか、そういうの関係なしに…
たとえ少しでも、多くステージに立っていたものとして後輩に伝えられる事伝えたいなぁ。って。

そして誰かに嬉しい事が起きた時には一緒に喜ぶし、
うつむいていたらそっと背中をさすってあげたい。
口下手な私なりにメンバーの支えになりたい。。



そして、、
たくさんの方の
支えであり、活力になるような存在でありたいです。





改めてまして、
素敵な生誕祭をありがとうございました(>_<)✨


これからも皆さん…
よろしくお願いします☺️❤️

170917 大森美優

AKB48 53rdシングル「センチメンタルトレイン」 9月19日発売