FC2ブログ
新体感ライブ 指原莉乃 卒業コンサート 販売中 new2.gif
※2019年4月28日の(生)映像の配信視聴をご希望の方は2019年4月19日18:00までに買い求めください。
予約受付開始!
AKB48Group新聞 2019年5月号 Amazonオリジナル生写真セット new2.gif
AKB48Group新聞 2019年5月号 セブンネット限定生写真セット new2.gif

あっ、ヲタ芸(8/28、チームB 4th 90回目)

■出演メンバー
チームB → 浦野一美、多田愛佳、片山陽加、小原春香、指原莉乃、田名部生来、仲川遥香、中塚智実、仲谷明香、仁藤萌乃、平嶋夏海、米沢瑠美

チームA → 中田ちさと

昇格メンバー → 内田眞由美、小森美果、野中美郷

■休演&アンダー
2名休演(柏木由紀、渡辺麻友)

柏木由紀 → 野中美郷
渡辺麻友 → 中田ちさと

■公演前の陰アナ
仲川遥香 「ハイ、ということでみなさんこんばんは。1日空いてBの公演、 今日は2人だけお休みなんですけど、Bと力を合わせて楽しい公演にしていきたいと思います。 もうちょっと待っててね。仲川遥香でした」客、拍手

◆M0.オーバーチュアー

◆M1.アイドルの夜明け (マーチングバンド)
◆M2.みなさんもご一緒に

間奏セリフ担当 → 指原莉乃

◆M3.春一番が吹く頃
◆M4.拳の正義 (衣装 → 特攻服)

■MC1(自己紹介)
特攻服衣装のまま、自己紹介。

仲谷明香 「みなさん、こんばんは!」
みんなで「AKB48、チームBです」客、拍手

仲谷明香 「アイドルの夜明け、みなさんもご一緒に、 春一番が吹く頃、拳の正義、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたか?」客、拍手

「ただいまAKB48公式モバイルサイトにて私たちへの質問に対する質問を募集しています。 その質問にお答えしながら1人1人自己紹介をさせてください。 今日のお題はタカヤさんからいただきました。 最近涼しくなってきましたが、もう夏も終わりだなと思う時は どんな時ですか?です」

1列目。上手側から順に。
内田眞由美 「はい、みなさんこんばんは。研究生の15歳、内田眞由美です」

「私はちょっと前までクーラーの設定温度を18度にしてまして」客、反応
「でも、ちょっと最近省エネの28度に設定しても満足できるようになったので、 夏も終わりかなと思います。今日も応援よろしくお願いします」

中塚智実 「ハイ、埼玉県出身、高校1年、16歳の中塚智実です」

「私はですね、電車に乗った時にクーラーがついてるじゃないですか。 それがちょうどいいとかじゃなくて、寒いと思った時が秋になりかけてる んじゃないかなと思います。ということで今日も張り切っていきたいと思います。 よろしくお願いします」

仁藤萌乃 「はい、17歳の仁藤萌乃です。よろしくお願いします」

「私はつい最近というか、昨日思ったのですけど、朝とかお昼ってすごい 暑いじゃないですか。だから今日も家出てくる時はすっごい暑かったのですけど、 公演とか終わって帰る時に、夜だとすごい肌寒く感じたので、もうそろそろ秋が やってくるなーって思いました。今日の公演もみなさん一緒に楽しい時間を 過ごしましょう。よろしくお願いします」

仲谷明香 「ハイ、私の半分は、優しさでできています。なかやんこと仲谷明香です。よろしくお願いします」

「私はですね、公園の近くを通るとセミさんがこう、パタっ、デレレレ、デレレレ、、って なってると、もう、、」
多田愛佳 「悲しいよ」
仲谷明香 「夏も終わりだなと思います」

「ハイ、じゃ~、今日も二の腕のモチモチパワーで張り切っていくので、よろしくお願いします」

多田愛佳 「は~い、時にはツンツン、時にはデレデレ、ツンデレ王国の女王様、でも今は甘えたいお年頃、てへっ♪  らぶたんこと多田愛佳です」

「そうです、7月とかはタオルケットで寝てたのですけど」客、フ~
「なんでフーなんですか?」客、軽くw「で、なんか最近は寒くて、 布団で寝てるんですよ」客、フ~「でも結局朝起きたらなんかママがタオルケット掛けてて、 布団がなんかそこらへんにバーンって置いてあるみたいな、ハーイ、ということで 今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

平嶋夏海 「ハイ! 今日も、1に努力、2に根性、3、4がなくて、5になっちゃん! なっちゃんこと平嶋夏海です」

「私は昨日、高校のお友達が私の家にお泊りに来まして」客、反応
「一緒に夜、別にそんな徹夜はしてないのですけど、夜一緒に宿題をやって、 お母さんとかから宿題やんなよ、やんなよって言われて、追い込みで ちょっとずつ宿題をやらなきゃなっていうプレッシャーがかかってきたのが、 もう夏も終わりだなっていう毎年恒例の出来事です」

「ということで今日も がんばりなっちゃん!しちゃいます。よろしくお願いします」

2列目。上手側から順に。
小森美果 「はい、愛知県から来ました、中学3年生、研究生の小森美果です」

「私も仲谷さんと同じなんですけど、なんか、もう夏が、アレっ? 違う  セミがもう聞こえないなと思って、もう夏が終わりだなと思いました」

「はい、ということで今日も、、精一杯自分の力が発揮できるようにがんばっていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

米沢瑠美 「ハイ、泣く子も笑う、スマイル番長、笑顔を届ける18歳、米ちゃんこと米沢瑠美です」

「瑠美はですね、夏休みの始め、ちょっとけっこう入ってたんじゃないかなって 思ったお財布が空っぽになってる時ですね。夏休みってお出かけに行ったりとかも するじゃないですか。AKBで一緒にお仕事でお出かけさせていただくことが 多かったので、どこかへ行ってお金を使ったりとかあんまりなかったのですけど、 最後の最後にバーゲンセールの誘惑に負けまして、使ってしまったんですね。 もう寂しくなりましたね。そうなんですけれども、私のお財布は今ちょっと 寂しいのですけど、今日はみなさんにお腹一杯で幸せ一杯で帰っていただけるような、 そんな公演をしたいなと思います。よろしくお願いします」

中田ちさと 「はい、ふんわりわたあめのような甘い女の子になりたい、チームAのちぃちゃんこと中田ちさとです」

「私は最近お買い物に行くと、ブーツとかニット帽とかけっこう秋服のものが増えている ので、そういうのを見るとやっぱり夏が終わっちゃうのかなと思います。 今日は久々のチームBさんの公演なんですけど、すっごく楽しんでいきたいと 思います。よろしくお願いします」

浦野一美 「はい、シンディこと浦野一美です。よろしくお願いします」

「私はですね、やっぱり8月の後半って言ったらこれしかないんじゃないかなと。 24時間テレビ。やっぱりすごい楽しみですよね。私は去年出させていただいたのですけど、 初の24時間テレビっていうことで日本武道館でなんか歌を歌わせていただいて、 今年はどうかなと。今年は行けるのかなと。ちょっと心待ちにしております。 なんなら募金持って行こうかなと。並ぼうかなと。期待しております。 ぜひ行きたいです。今年の夏も終わりはやっぱり24時間テレビ、そしてAKB48 出れたらいいなと思ってます。よろしくお願いします」

仲川遥香 「ハーイ、こんばんはー!」客「こんばんはー」
「ありがとうございます。高校3年生のはるごんこと仲川遥香です」

「私はですね、スーパーとかコンビニとかに焼き芋って秋になると売ってるじゃないですか。 でも今年の夏にいつも夏終わりで秋から焼き芋屋さんとかが車で来るんですけど、いろいろ。 でも今年はなんか夏にコンビニとかに焼き芋が売ってるところがあって、 あれ?なんか時代が変わったのかなと思いつつ、やっぱり秋は焼き芋だなと思います。 ということで今日はここにいる全員の方が熱くなって帰ってもらえたらなと 思います。よろしくお願いします」

3列目。上手側から順に。
片山陽加 「はい、艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ。アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「片山はですね、森山直太郎さんの「夏の終わり」とか、井上陽水さんの「少年時代」を 聞くと」客「昭和」 「夏終わると思って。思いません? みなさんだって昭和じゃないですか?  そんなことないか。ちらほら平成混じって。私、平成ですし。 あとですね、線香花火がポタっと落ちた時。思いません?夏終わったって。 あっ、違う、私だけだ~。ハイ、というわけで今日も精一杯盛り上がっていけたらなと思います。 よろしくお願いします」

小原春香 「ハイ、広島県出身、きゅるるんこと小原春香です。よろしくお願いしま~す!」

「私はですね、川とか草とかがあるところに行ったら、もうトンボが飛んでたり するんですよ。そういうトンボとか見たら、あ~、もう秋が近づいてきたんだな~って すごく感じます」

「ハイ、今日はみなさんに幸せを届けられるような公演にしたいと思います。よろしくお願いします」

指原莉乃 「ハイ、私の性格って、白いですか? それとも黒いですか?」客「黒!」
「私の性格は限りなく白に近い灰色。大分県出身、指原莉乃です」

「私はですね、お母さんがすごくチューブさんがすごく好きで、夏になると すごい勢いで聴き出すのですけど、秋が近づくとアンジェラアキさんに 推し変するんですよ。最近アンジェラアキさんを聴いてる機会が多いので、 そろそろ秋なんだなと思います。今日もがんばります。よろしくお願いします」

野中美郷 「はい、研究生の高校3年生、18歳の野中美郷です。よろしくお願いします」
「私は一昨日ぐらいクーラーつけてなかったのに、寒いって思った瞬間、 ちょっと夏終わっちゃうんじゃないかなって思いました。今日は チームBさんの公演、久しぶりなので楽しみたいと思います。よろしくお願いします」

田名部生来 「ハイ、ネッツアイに火の用心 あなたのハートをロックミン♪ たなみんこと田名部生来です」

「私はですね、夏休み絶対必ずスラムダンクを全巻読むんですよ。 なんですけどもう昨日読み終えちゃって、オレの夏終わったって感じです」

「はい、今日も嬉し~、楽し~、たなみんCな公演にしていきますので、よろしくお願いします」

指原莉乃 「はい、チームB、みんなで力を合わせ、レッスンをしてきたチームB4th「アイドルの夜明け」公演、その成果を見てください」
小原春香 「あ~っ! 東の空が明るくなってきた!」

みんなで「アイドルの夜明けだ~!」客、拍手


◆M5.残念少女(中塚智実、仁藤萌乃、内田眞由美)
◆M6.口移しのチョコレート(多田愛佳、仲谷明香、平嶋夏海)
◆M7.片思いの対角線(小森美果、仁藤萌乃、米沢瑠美)
(BD → なし)
◆M8.天国野郎(浦野一美、仲川遥香、小原春香、仲谷明香)

浦野一美 → ガードマン、 仲川遥香 → 板前、 小原春香 → 婦人警官、 仲谷明香 → メイド

バックダンサー、
中塚智実 → GS店員、 多田愛佳 → ランドセル、 平嶋夏海 → ケーキ屋さん、 内田眞由美 → セーラー服、 野中美郷 → ナース

間奏セリフ担当 → 浦野一美

「シンディーでーす。私って1人で3チームも渡り歩いてる、唯一の人なんですよ。 チームAの時はAだし、Bの時はB、そして今度SDN48、やっぱりシアターの守り神」
みんなで「天国野郎!」

◆M9.愛しきナターシャ(田名部生来、指原莉乃、片山陽加)

■MC2
田名部生来、指原莉乃、片山陽加

ドリアン指原 「はい、残念少女、口移しのチョコレート、片思いの対角線、天国野郎、愛しきナターシャ、5曲続けて 聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

3人とも基本、ロック口調でトーク。

ディーバス片山 → 笛を取り出し、吹き出す(客、手拍子)

最後に「オレっ♪ 今日は大量か」
ドリアン指原 「今日はいっぱい」→ 帽子を裏返しにして、中にアクセサリーを入れる
グロリアス田名部 「なんか募金みたいだね」
ドリアン指原 「24時間テレビだから」

ディーバス片山 「それでは自己紹介をさせてください」

「オレに惚れたらケガするぜ。ディーバス・セニョリータ・片山です。よろしくお願いします」客、拍手

「センキュー、センキュー」
ドリアン指原 「まさかの、靴のチャック開けっ放し。ドリアン指原です」客、拍手

「センキュー、センキュー」
グロリアス田名部 「グロリアス田名部です。グロちゃんって呼んでくだっさい!」客、拍手

「センキュー」
ドリアン指原 「オレたち、チーム」
3人で「狩人。です」客、拍手

「センキュー、センキュー」
ドリアン指原 「アリーナのみんなー! センキュー」
ディーバス片山 「センキュー」

「はい、というわけで、今日はですね、今日はもう8月28日ということで、もう夏も終わりですよ」
グロリアス田名部 「そうですね」
ディーバス片山 「というわけで、今年の夏の思い出を語っていこうかなと思います」
ドリアン指原 「おっ、いいね」

グロリアス田名部 「昨日ね、ディーバスと駄菓子屋に行ったんですよ」
ドリアン指原 「わ~。昭和」
ディーバス片山 「昭和じゃないよ」
グロリアス田名部 「なんかね、はーちゃんじゃないんだけど、なんかすっごい駄菓子に詳しくて、 これが美味しいよ、これが美味しいよって、すごいオススメしてくるから楽しかった、なんか」
ドリアン指原 「えっ、ほんとに?」
ディーバス片山 「オレ、駄菓子の常連だから」
グロリアス田名部 「常連?」
ディーバス片山 「そう、常連だからね、たいがい食べてるから、任せて」
ドリアン指原 「ほんとに? 詳しいの?」
ディーバス片山 「詳しいよ、割りと」
ドリアン指原 「へー。だっていっつも「ふがし」食べてるんだもんw」
ディーバス片山 「何そのなんか。しかも駄菓子、かわいい感じじゃなくて、ふがし。ちょっと地味~な感じのね」
ドリアン指原 「よく食べてる」

「はーちゃんは?」
ディーバス片山 「オレはね、何だろうな」
ドリアン指原 「はーちゃんじゃなかった。ディーバス」客、反応
ディーバス片山 「そうだよ!」
ドリアン指原 「ディーバスだったよ。ディーバスは?」
ディーバス片山 「オレは何だろうな。ん~、やっぱりね、愛ちゃん? 愛ちゃんとやっぱりいろいろ絡めたことかな」
ドリアン指原 「ビッグサイト?」
ディーバス片山 「違う」
ドリアン指原 「握手会じゃなくて?」
ディーバス片山 「オレ、ビッグサイト、ちょっと行けてないんだ」
他メン「あ~」
グロリアス田名部 「お願いしますよ」
ディーバス片山 「ちょっと、ファンとして失格か?これ」
ドリアン指原 「失格じゃないの?」
ディーバス片山 「でもね、まだ9月20日だっけ? ビッグサイトでまたやるらしいじゃん」
ドリアン指原 「マジで? 行っちゃうんじゃない?」
ディーバス片山 「ちょっと行きたいね」
グロリアス田名部 「愛ちゃん~」
ドリアン指原 「愛ちゃん、愛ちゃん、いいね~」

「私はね、今日実は原宿にお買い物に行って、で、電車の前に学生がいて、 学生が大島優子さんについて話してたんですよ。「コリスがなんとかなんだよね」って。 もしかしてこれ気付かれちゃうんじゃね?ドリアンってバレちゃうんじゃね?と思って。 で、前の人と目が合った時に「あっ」って顔したの。 これ聞かれちゃう感じ?と思って急いで髪の毛直してたりしたら、 「あっ、ヲタ芸」って言われた」客w&拍手
他メン → w
ディーバス片山 「あれあれ?」
ドリアン指原 「お~、ヲタ芸だよっつって。そんな感じでございます。じゃ~、みんなで今から駄菓子屋に行くか」
ディーバス片山 「行こうか」
ドリアン指原 「みんな、準備はいいか!?」客、反応「準備はいいか!?」客、反応

「それでは次の曲、聴いてくれ」
3人で「女子高生はやめられない」


◆M10.女子高生はやめられない

ジャンケン → 優勝は平嶋夏海(準優勝は中田ちさと

◆M11.好きと言えばよかった
◆M12.そばかすのキス

■MC3
前半:片山陽加、多田愛佳、仁藤萌乃、平嶋夏海、田名部生来、仲川遥香、指原莉乃、野中美郷

平嶋夏海 「女子高生はやめられない、好きと言えばよかった、そばかすのキス、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがだったでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

田名部生来 「ハイ、今日のお題はですね、自分が元気がない時に自分の元気の源になってくれるもの!」
他メン「イェー」客、拍手

指原莉乃 「なんだろう。源か」
平嶋夏海 「さっしーとはーちゃんって一緒なんじゃないの?」
指原莉乃 「待って待って。言うと思った。私はひと括りであるんだよ。私ね、美少女。違うよ、はるごんじゃない」
片山陽加 「私もね、愛ちゃんって言おうと思ったけど」
指原莉乃 「被ると思ってたから」
片山陽加 「かわいい子と言おうと思ってたのね、私も。ちょっとね、増えてきたの、かわいい子が」
指原莉乃 「でしょ?」
多田愛佳 「え~、ヤダ~」客、反応
指原莉乃 「あ~、かわいい愛ちゃん。ごめんね」
平嶋夏海 「なんか今のこの状況を嬉しがってる人とひいてる人とけっこう」
片山陽加 「違うよ。あの、ファンとかそういうのじゃなくて、好きなんだよね」
指原莉乃 「いとおしい存在」
片山陽加 「そう、いとおしい存在なの」
多田愛佳 「推しは愛ちゃんだけ?」
指原莉乃 「クッキングアイドルも好きなんだよ、最近。まいんちゃんが好きでしょうがないんだよ」
多田愛佳 「それはいいよ。私も好きだもん」
指原莉乃 「ほんとに? やったー」
多田愛佳 「いいよ、いいよ」
平嶋夏海 「クッキングまいんちゃんは」
指原莉乃 「クッキングまいんちゃんじゃない。クッキングアイドルのまいんちゃん。ちゃんとして」
片山陽加 「教育テレビの番組の?」
指原莉乃 「そうそうそう。かわいいのよね~」
平嶋夏海 「萌乃、なんか言ってやって、もう」
仁藤萌乃 「ちょっとね、いい加減ね、しつこいよ」客w → 拍手
指原莉乃 「ひどいよ~。萌乃ちゃん、ひどいよ~」
平嶋夏海 「よく言った、萌乃」
仁藤萌乃 「もうわかりきってるから。絶対ね、それ言うとわかってたから」
指原莉乃 「萌乃ちゃんは何が?」
仁藤萌乃 「私はやっぱりね、犬と枕を半分コしながら寝ることです」
他メン「かわいいね」
仲川遥香 「さっしーと違ってかわいいね~」
指原莉乃 「ふざけんなよ~」
平嶋夏海 「なんか、萌乃、イメージ通りのまんまの感じの」
指原莉乃 「鹿に似てるんだよね、その犬」
平嶋夏海 「鹿に似てんの?」
仁藤萌乃 「ねぇ、そうやって叩くのやめてもらえるかな?」客w
指原莉乃 「萌乃ちゃんが自分で、なんだっけ?トナカイか鹿に似てるって」
仁藤萌乃 「成長期の段階でちょっとチワワから鹿に似てきて大丈夫かなこの子、チワワかなって 思ってた時期もあったけど、無事ね、チワワに成長したから大丈夫です」
指原莉乃 「よかった」
多田愛佳 「よかったね~」客、拍手

仲川遥香 「ハイ! 私はですね、やっぱり、いっつもいろんなところで「はるごーん!」って叫んでくれる声が 元気の源になります」客、反応
指原莉乃 「アイドルですねー」客、拍手
他メン「アイドル」
田名部生来 「嬉しいね、それね」
仲川遥香 「もうね、やっぱこれが一番の元気の源になるよね、みんなね。ねっ。何かある?」
野中美郷 「久しぶりですね」客w
多田愛佳 「なんかかわいそう」

指原莉乃 「野中は?」
野中美郷 「野中は、あの~、遊ぶことですね、なんか。疲れるハズなのに、夜とか遊んだ帰りは寝れない、逆に」
指原莉乃 「ほんとに?」
野中美郷 「興奮して」
多田愛佳 「公演の次の日のディズニーランドって楽しいよね~。ディズニーランド大好きなの」
指原莉乃 「かわい~ね~」
片山陽加 「じゃ~、愛ちゃん一緒に行こう」
多田愛佳 「うん、一緒に行こうね~」
片山陽加 「やったー」
指原莉乃 「絶対、適当に言ったよ、今」

仲川遥香 「なっちゃんとかないの?」
平嶋夏海 「私は、元気の源は、寝る」
指原莉乃 「なっちゃんどこでも寝てるよねw」
多田愛佳 「うん、なっちゃんはいつでも寝てる。だって今日もストレッチ前にステージの上で寝てようって」
他メン → 軽くw
平嶋夏海 「いやいやいや。公演で出すパワーを」
他メン「充電したんだよね」
平嶋夏海 「この劇場に来るまでの車の中でも寝てたし」
他メン「すごいね」
仁藤萌乃 「なっちゃんさー、隣に座ってて、話し掛けてさ、あれ?返事ないと思ったら寝てるもん」
指原莉乃 「寝てるよね、常にね」
多田愛佳 「おもしろい!」

田名部生来 「なんかね、疲れて帰っても家でコアリズムしてるの、最近」
指原莉乃 「えっ? それこじはるさんが最近やってた」
平嶋夏海 「何? コアリズムって」
田名部生来 「なんかね、ビリーズブートキャンプの女版みたいな」
平嶋夏海 「これ?これ?」
指原莉乃 「いくわよ~、みたいなやつでしょ?」
平嶋夏海 「こんなの前やってたよね」
片山陽加 「あれさ、社交ダンス的な感じの」
田名部生来 「腰。腰を使った」
指原莉乃 「涙サプライズ!のメイキングでこじはるさんがやってたやつですよね?」
多田愛佳 「わかんないよ~」
仲川遥香 「さっしー、やってみてよ、ちょっと」
指原莉乃 「いわくよ! ハイ! みたいな。オイ、何か。。」
平嶋夏海 「さっしーじゃない人がやったらもっとかわいかったと思うよ」
指原莉乃 「じゃ~、誰かやってよ」
他メン「誰か~」
仲川遥香 「一番かわいい、あの」
指原莉乃 「一番かわいい人~?」
仲川遥香 「やってください~。一番かわいい人やってください~」

次のメンバー入場。
多田愛佳 「そこシンディでしょ?」
浦野一美 「ごめんね、なんか」
指原莉乃 「シンディでしょ?そういうの」
仲川遥香 「そこシンディ出なきゃ」
浦野一美 「子供たちはね、やらせて、怖いもんだね、ほんとに」

メンバーチェンジ。

後半:浦野一美、小森美果、小原春香、中田ちさと、米沢瑠美、仲谷明香、中塚智実、内田眞由美

浦野一美 「ごめんねなんか、怖かった?」
小森美果 「怖かったです、ちょっと」客w
他メン「あ~、シンディー」
浦野一美 「ごめんね。でもあんまり公共の面前で怖いって言わないで」客、軽くw

中塚智実 「ハイ、今日のお題は、この夏やり残したことをみなさんに発表してもらいましょう」
他メン「イェー」客、拍手

米沢瑠美 「出し忘れたものがある」
他メン「何?」
米沢瑠美 「あの、私の家は家でカキ氷を毎年作ってたの、瑠美が。 で、瑠美が作っておじいちゃんとかおばちゃんとかに振舞ってたんだけど、 それをね、し忘れた」
他メン「あー」
米沢瑠美 「カキ氷機を家で出し忘れたのがね、今ね、すごい心残りですね」
小原春香 「まだ夏あるから出そうか」
他メン → 軽くw 「そうだね」
米沢瑠美 「ほんとはこの劇場に持って来て、みんなで作りたかったのよね~」
他メン「いい」
米沢瑠美 「そうそう。今でも間に合うかね?」
中塚智実 「30日に期待してるよ」
米沢瑠美 「じゃ~、持ってくるね。ということで」

仲谷明香 「私も出し忘れたものがあって。花火?」
他メン「あー」
仲谷明香 「押し入れに閉まったまま、しけってしまいますね」
米沢瑠美 「それもやろう、これから」
小原春香 「30日に」
仲谷明香 「全部30日に済ます気?」

浦野一美 「こもりんは今年花火した?」
小森美果 「花火してないです」
浦野一美 「じゃ~、海行った?」
小森美果 「海、行きました」
他メン「おっ」「いいな~」
小森美果 「いつか忘れたんですけど」客、軽くw
「夏なんです」
浦野一美 「どこに行ったの?」
小森美果 「えっとですね、あそこですね、何でしたっけ?」
米沢瑠美 「神奈川の方とか? 千葉?」
小森美果 「千葉です。千葉の、何ですかね、あれ」
米沢瑠美 「それは何で行ったの? プライベートで?」
小森美果 「プライベートで」
他メン「へー」
浦野一美 「いいな~」
他メン「楽しかった?」
小森美果 「楽しかったです、すっごい」
米沢瑠美 「小森、水着?」
小森美果 「水着じゃないです、全然」
他メン「何着てたの?」
小森美果 「えっと、何か、長い」
浦野一美 「長袖の?」
小森美果 「長袖のを着て」
浦野一美 「たしかに全然焼けてないね」
米沢瑠美 「海か。他に海行った人いるの?」
他メン「いない」
米沢瑠美 「小森、この夏の勝ち組だよ」
浦野一美 「ほんとだよ、ズルイ~」
他メン「羨ましい~」客、拍手

米沢瑠美 「うっちーは、何かサマーランドに4回行くって言ってたじゃん。結局どうなったの?」
内田眞由美 「言ってたのですけど、1回も行けなかったです」
他メン「あ~」
内田眞由美 「すごいチクショーって感じですよね」客、軽くw
浦野一美 「そう言えばさ、9月にさ、富士急ハイランドに行くんだよね」
米沢瑠美 「そうや!」
浦野一美 「サルオバサン祭り!」
仲谷明香 「何それ?」
浦野一美 「お祭りでしょ?」
米沢瑠美 「お祭りだよね」
他メン「富士急ハイランドで」
誰か「行くの?」
米沢瑠美 「行くんじゃないの? メンバー全員ですか? ほらー!」
他メン「やったー」
浦野一美 「○○に乗るぜー! 。。何、何?」
他メン → 軽くw
浦野一美 「1人タカまりみたいなのやめよう」
米沢瑠美 「でもね、富士急は行きたいね」
浦野一美 「私、それが武道館の次に楽しみ。。」
米沢瑠美 「武道館の次ね」
浦野一美 「武道館の次の夏の思い出」
米沢瑠美 「シンディって絶叫系平気な人なんだ」
浦野一美 「あっ、、。絶叫系、苦手です」
米沢瑠美 「やっぱり? だってさ、前すいエンサーでさ、すごい顔してたよ」
浦野一美 「そう、すいエンサーっていうNHKの番組で絶叫マシーンに乗せられて、どうしたら 怖くなくなるかっていう実験をさせていただいて」
仲谷明香 「私も行きましたけども」
米沢瑠美 「結局コツはわかったの?」
浦野一美 「わかった。大声を出すんだって。ねぇ、なかやん。詳しくはなかやんから」
仲谷明香 「事前に落ちる前に、落ちる!落ちる!落ちるよ~!」

前半チーム、次の曲の衣装に着替えて再登場。

仲川遥香 「ワ~~! って感じでしょ?」
指原莉乃 「ごめん、なんかはるごん、やらせちゃって。ごめんねはるごん」
仲川遥香 「それね、その放送見たらね、みんなワーって言ってね、ジェットコースター乗ってたから真似してみたんです」
米沢瑠美 「でもさ、そしたらさ、富士急に行った時にさ、みんながさ、絶叫系乗ると思うから、 違うかな? でもファンの人も乗るかもしれないじゃない。その時に役立つね」
浦野一美 「ちぃちゃんはどうなの?」
中田ちさと 「ダメです、私。失神しますよ、たぶん」
他メン → w
浦野一美 「逆に見たい」
仲谷明香 「じゃ~、サルオバサン祭りね、お楽しみにしておきましょう」

「私たちはいろいろ悩んだり、迷ったり、失敗したりしていますが、この劇場でみなさんと出会えて、 本当にたくさんの勇気をいただいています。いただいた勇気を持って、私たちは前へ進みます。 聴いてください。タンポポの決心」客、拍手


◆M13.タンポポの決心

緞帳締まる。

■アンコール
暗転後、
客(Iwsw氏)「小森~! 小森~! 小森~! セーラー服~!」客w


■EC明け
一発芸なし。

◆EC1.B Stars
◆EC2.横須賀カーブ

■MC4(全員)
片山陽加 「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」

片山陽加 「B Stars、横須賀カーブ、2曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「今日はみなさんのおかげですごく楽しい時間を過ごすことができました。 ありがとうございます。最後に感謝の気持ちを込めて聴いてください。アリガトウ」客、拍手


◆EC3.アリガトウ

メンバー名担当 → 浦野一美


曲終了後、
多田愛佳 「本日はご来場ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

多田愛佳 「8月26日に私たちのニューシングル「言い訳Maybe」が発売されましたが、 みなさんもうチェックは済んでますか?」客、拍手

「ありがとうございます。本日はその「言い訳Maybe」を私たちチームBバージョンで披露させてください!」客、拍手

「最後まで楽しんでいってください」


メンバーたち所定の位置へ。


多田愛佳 「みなさん、準備はいかがですか?」客、拍手

「それでは聴いてください」
みんなで「言い訳Maybe」


◆EC4.言い訳Maybe


曲終了後、
多田愛佳 「いかがでしたか!?」客、拍手

「ありがとうございます。ただいま聴いていただきました、私たちの新曲「言い訳Maybe」ですが、 みなさんの応援のおかげで、ハァ、すみません。ちょっと今歌ったばっかりですね」

「で、オリコンデイリーチャートなんと! 2位でした!」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」客、拍手

多田愛佳 「ほんとうにすごいことだと思います。本当にありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

多田愛佳 「これからもAKB48、そして「言い訳Maybe」をよろしくお願いします」
みんなで「よろしくお願いします」客、拍手

多田愛佳 「それでは挨拶をしましょう」

横一列挨拶。公演終了。

BGM → アイドルの夜明け

■メモ
1日支配人。

■公演後の陰アナ
仲川遥香 「みなさん、今日は楽しかったですか? ありがとうございます。 今日もお客さんと私たちでみんなで盛り上がれる公演ができたかなと思います。 また来てください。はるごんこと仲川遥香でした」

■率直な感想
公演前、抽選待機中に、なんかものすごいものを見てしまった、、。
通称、女装公演で、Iwsw氏のを見て以来だったかな。いや~、2つ結びまで。すごかった。

そういや先日、その方の某SNSのプロフを見たら、性別が女性になっていたので、ある意味間違いではないんだけど。。。 聞いた話によれば、メンバーたちを元気付けるためだったとか。身を持って実践するとか、ほんとアクティブだと思います。


今日の公演は、いつも通りだったかなと思う。


新体制後、チームAへ移籍するはーちゃん。
ユニットは、新しいメンバーと一緒に組むのも楽しみではあるのだけれども、 どちらかというと、赤いスイトピー風な80年代のアイドルソングを「ソロ」で歌うところを見てみたいかなと。 フリフリの衣装で。

はーちゃんに限らず、メンバーが日替わりでソロ曲を歌うコーナーなんてのがあったら、おもしろいかも。

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後のインタビュー → 片山陽加&仁藤萌乃


AKB48 LIVE!! ON DEMAND

SKE48 LIVE!! ON DEMAND

NMB48 LIVE!! ON DEMAND

HKT48 LIVE!! ON DEMAND

NGT48 LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND