【速報版】 柏木由紀 26歳の生誕祭レポート

2017年8月2日 AKB48劇場 「サムネイル」公演 18時30分開演

170802 (305)

◆仕切り:峯岸みなみ

■バースデーソング後
客 → うちわを掲げる
柏木由紀「年齢が大きいよ!」
峯岸みなみ「めちゃくちゃ26じゃん」
柏木由紀「ヤバっ。裏何?」
メンバー「伝統芸」
柏木由紀「伝統芸じゃない!」
峯岸みなみ「いいうちわだね。ほしいほしい」
柏木由紀「わざわざモノクロにしたの? 怖い」
峯岸みなみ「いいよね、なんか。ほどよくさ、甘やかしすぎないというかさ」
柏木由紀「そう、わかってるよね、やっぱみんな」
峯岸みなみ「甘やかされすぎてもちょっと困っちゃうんだけどなっていう年齢じゃん」
柏木由紀「そう? 確かに」
峯岸みなみ「いい具合でね、愛がありますけれども」
柏木由紀「ありがとうございます」


ある方からのお手紙 (代読:峯岸みなみ)
ゆきりんへ

お誕生日おめでとう。

26歳だって。おっとなー。うぇ~い、うぇ~い、ピーヒャラ、ピーヒャラ、ド~ン!

こうしてゆきりんの生誕でお手紙が書けるのも最後なんだと思うと寂しいです。

約11年間一緒にいたね、私たち。これって凄いことだよね。

まさか入った当初はこんなにも長くいるなんて思ってもなかったよね。

11年という長い間一緒にいたからこそ、今はもう言葉を発さなくても自然と心で通じ合える、すべて理解し合える、そんな関係だなーと思います。

ゆきりんは本当に優しくて優しくて、今まで生きてきた中で、出会った人間の中で一番優しいよ。ナンバーワン優しい。

どうして人に対してここまで優しくできるんだろう。凄いなーと、尊敬と勉強の眼差しです。本気。

今回の私の卒業に関しても、たくさん相談に乗ってくれて。というか最近は卒業のことに限らず、何でもわからないことを聞けば何でも教えてくれるから、ゆきりんは私のヤフー知恵袋だなーと(客笑) 先日確信しました。おめでとう。

そんなヤフー知恵袋りん、じゃなくて、ゆきりん、11年間そばでずーっと支えてくれて、本当に本当にありがとう。感謝してもしきれません。

これからどう恩返ししていこうか、今後の私の人生を通して恩返ししていきます。

私じゃ頼りないかもしれないけど、何かあったらいつでも助けます。

ゆきりんがいつも私のことを助けてくれたように、これからもずーっと、命果てるその日まで仲良くしてね。

この度は本当にお誕生日おめでとう。

それでは、さよなら。

あなたの愛する同期、渡辺麻友より

峯岸みなみ「愛する同期、唯一の同期」
柏木由紀「そう」
峯岸みなみ「まゆゆからのお手紙でしたけども」
柏木由紀「麻友ってこういうさ、めんどくさいことしないタイプじゃん。だから私、3割ぐらい期待してて。でも一番近くにいるからこそ、麻友が水くさくてこういうの今更書きたくないっていうタイプなのもわかってたから、最初の「ピーヒャラドッカーン」みたいなので麻友ってわかった時、凄い嬉しかった」
峯岸みなみ「正直、このお手紙ね、リハーサルの後にマネージャーさんから「まだ届いてない」と」
柏木由紀「やっぱり。でしょ?」
峯岸みなみ「まだ届いてないけど、本番はたぶん届くんで、ぶっつけで読んでくださいって言って。たぶん麻友は直前まで、どうなんだろう、考えたのか、ちょっとめんどくさかったのかわかんないけど」客笑
柏木由紀「どっちもだと思う」
峯岸みなみ「しっかり考えて書いてくれたと思うので」
柏木由紀「嬉しいですね。麻友から手紙なんてほんと、ほぼない。生誕祭はいつも一緒に出てたから基本的に。初めて手紙もらったから、記念にちゃんと持って帰ります。さよならって言われたけど」客笑 → 「ありがとう、麻友ちゃん」拍手

峯岸みなみ「麻友が言ったようにゆきりんはね、ねぇー、本当にね、優しいすぎるよね」
柏木由紀「そんなことないよ」
峯岸みなみ「人に優しい」


25歳の年はどんな年でしたでしょうか
柏木由紀「年々1年振り返れなくなってきてて。25歳何があったかな」
峯岸みなみ「総選挙に出なかったとかも」
柏木由紀「そうだそうだ」
峯岸みなみ「大きな変化というか」
柏木由紀「確かに。そうだね。毎年もう「初めて」ないんじゃないかって思うけど、去年も25なってすぐ、舞台初めて、ここにいるメンバーも一緒にやったりとか、NGTでデビューしたり、自分がデビューして10年とか節目だったり、スタートだったり、初めてのことだったり、選挙に出なかったのもそうだし、色んな「あっ、
未だに初めてのことってこんなにたくさんあるんだな」って発見が多かった1年だったかなと思います」

峯岸みなみ「なるほど。じゃー実りの多い1年でしたね」
柏木由紀「と、思います、けど」


今年26歳どんな年にしたいですか?
柏木由紀「けっこう最近色んな所で言ってるんですけど、AKBのメンバーでは最年長になって、同い年がしーちゃん、他のグループには上だったり、里英ちゃんとか同い年もいるけど、そういう意味では、みんなのよきお姉さんみたいになりたいなーって最近凄い思っていて。

だから頼ってほしいし、わからないことがあったら何でも聞いてほしいし、でも同じメンバーだから同じ目線とか、同じ立ち位置でみんなと一緒にもっと頑張りたいなって思うのと、あともう1つは、今日はいないけど由依ちゃんが「AKBでまた東京ドーム立ちたい」って凄い言ってるじゃない? 先輩はもうみぃちゃんだけで、麻友も辞めたら次は私で。やっぱり、NGTもやってるからNGTも凄い頑張りたいなっていう気持ちもあるけど、やっぱりAKBに入ってきた身として、あと10年やってきた身として、そのファンの方の中にはそういうドームとかをほんとに「行けるよ」って応援してくれてる人もいると思うし、もしかしたら「今から大変だな」とか色んなグループとか色んな新しい子が出てきて大変だなと思うかもしれないけど、私はもう1回みんなと一緒にほんとにAKBが好きだから、由依ちゃんを支えて、もう1回ドームに立ちたいとか、やっぱりAKBだねって言ってもらえるようなことをしていきたいなと思うので、先輩、最年長としてみんなを支えてみんなともう1回まとまって頑張りたいなっていう1年です」拍手

峯岸みなみ「かっこいい」
柏木由紀「っていう感じ。言葉が上手じゃなくて」
客「ドーム行くぞ」
柏木由紀「行きたい。だってさ、私たちがね、それをやっぱりできると思わなきゃファンは誰もついてきてくれないって思った、最近」
峯岸みなみ「だから自分たちが自分たちを信じることから」
柏木由紀「そう。私たちが最強だって思おう。私は1人でいつもそうやってヘラヘラしてきたけど」
峯岸みなみ「だからあのパフォーマンスは」
柏木由紀「どういうこと?」
峯岸みなみ「1人だけ違う世界にいるのかなっていう。なんだろうね、人とは違うなと思うし、あとはイチゆきりんファンとしては、ほんとに今のコメントにしても、人が良すぎるよっていう。自分はどうするの?っていう。AKBのゆきりんとしての意気込みはわかったから、柏木由紀としてはどうなっていくのかな?っていうのはたぶんファンの方も私も凄い気になる。それを考えられないぐらいAKBに今は取り組もうとって感じ?」
柏木由紀「あと最後にファンにひと言ってあったらそこで喋ろうかなって」
峯岸みなみ「なるほどね。あるある」
柏木由紀「でもやっぱAKBのことを、こういう場じゃないとさ、ファンの人にも聞いてもらえて、あと同じメンバーにも聞いてもらえるっていう機会ないじゃない? だから私、選挙も出なかったからスピーチもなかったし、言いたいことなんだろうと思ったら、「あっ、みんなでもう1回頑張りたいな」っていうことを言いたいと思ったんですよ」
峯岸みなみ「珍しく端っこの人まで目を輝かせて聞いてますよ」
柏木由紀「ありがとう」


素敵な生誕祭を開いてくれた皆さんにひと言お願いします
柏木由紀「そうですね、今回は11回目の生誕祭なので、その中でもこうやってたくさん色んなことを用意してくださったり、今日来てくださった方も、来れなかった方も、たぶん準備したけど入れなかった方たくさんいると思うんですけど、本当に皆さんの愛を感じれて凄く嬉しかったです。

私は、今回選挙に出なくって、ファンの方には色んな心配だったり、出てほしかったなとか言われたりしたんですけど、選挙関係なくてもやっぱりこういう公演とか、コンサートとか、AKBやってる中でファンの皆さんの今日みたいな笑顔を見れたり、近くで喜んでる顔を見るのがやっぱり一番凄い幸せだなと思ったので、今月ら辺、急に一昨日出て今日出て明後日も新潟行って、急に。でもやっぱり出たいって色々頑張ったら、「あっ、意外とこういう風に出れるんだ」って今更気づいたので、皆さんに会える機会をもっと増やしたいなと思いますし、こうやって最年長で、もう11年もやってる私のことを応援してくださって、肩身の狭い思いをしてる方も。あんまりみんな鈍感そうだから思ってないかもしれないけど(笑) 今後AKBにいるうちでも、卒業したとしても、皆さんがこうやって応援している日々が、応援してて良かったなと思ってもらえるような活動をグループとしてもソロとしても。なかなかソロライブとか難しくて、でも今月だったり、また近々皆さんの前で1人でも歌える機会をどうにか頑張って作っていきますので、皆さん私のように今後ともマイペースに、柏木由紀そしてAKB、AKBグループのことをい明るく元気に応援してもらえたら本望です。今後ともどうぞよろしくお願いします。今日はありがとうございました」

柏木由紀「もう満足です」
峯岸みなみ「ファンの人がやっぱ幸せそうだよね」
柏木由紀「ヘラヘラしてる人多いよね、私のファン(笑)」客笑
峯岸みなみ「なんかね、ほんとにゆきりんって、後輩からしたらほんとに、みんなからしたら完璧なパフォーマンス、そして神対応とか思ってるかもしれないけど、ファンの人はダメなところも受け入れてるんだなっていうのがわかる」
柏木由紀「わかる」
峯岸みなみ「もうゆきりん、ダメなんだからっていうところもたぶん、全部含めて好きなんだろうなって」
柏木由紀「そう、優しいの。だからこういう風に今日とかもやって、安心してステージに立てるし、いつも色んなグループでやったりすると気遣ったりするけど、ゆきりんだるまを見たりファンの顔を見ると安心して、「私は私」そういう曲あるよね?」客笑
峯岸みなみ「ありますね」
柏木由紀「よそはよそ、うちはうちってずっと言われたの、親に。っていうポリシーで頑張る、これからも」




DGNUttNUIAE3kX3.jpg

DGNUttOVoAE4_t_.jpg

DGNUttKVYAATEOf.jpg

DGNUttLUwAAG_IH.jpg



DGOd3gyUwAANODN.jpg




















本日23時よりアーカイブ配信開始
AKB48 LIVE!! ON DEMAND


最新商品

5月11日発売

NMB48 3 LIVE COLLECTION 2021

4月5日発売

UteenB NO.01 NO.01

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーリンク

検索フォーム

カテゴリー

グループ別トピックス
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

生誕祭レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

卒業公演レポート
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

誕生日
AKB48 SKE48 NMB48
HKT48 NGT48 STU48

LIVE!! ON DEMAND

REVIVAL!! ON DEMAND

楽天トラベル

RSSフィード

月別アーカイブ