FC2ブログ
特典ブロマイド付き「新体感ライブ」1月7日発売! 予約受付開始 new2.gif

中塚智実 16歳の生誕祭(6/20、夜公演、チームB 4th 74回目)

IR。

09062001.jpg  09062002.jpg

■出演メンバー
チームB → 浦野一美、多田愛佳、片山陽加、小原春香、指原莉乃、田名部生来、仲川遥香、中塚智実、仲谷明香、仁藤萌乃、平嶋夏海、米沢瑠美、渡辺麻友

研究生 → 内田眞由美、小森美果、野中美郷

■休演&アンダー
2名休演(柏木由紀、佐伯美香)

柏木由紀 → 野中美郷(M2~)
佐伯美香 → 小森美果

■公演前の陰アナ
片山陽加 「みなさん、今日は何の日かわかっていますよね?最高の夜にしたいと思っています」

◆M0.オーバーチュアー

◆M1.アイドルの夜明け (マーチングバンド)
◆M2.みなさんもご一緒に

間奏セリフ担当 → 平嶋夏海

◆M3.春一番が吹く頃
◆M4.拳の正義 (衣装 → 特攻服)

■MC1(自己紹介)
特攻服衣装のまま、自己紹介。

仲谷明香 「みなさん、こんばんは!」
みんなで「AKB48、チームBです」客、拍手

仲谷明香 「アイドルの夜明け、みなさんもご一緒に、 春一番が吹く頃、拳の正義、4曲続けて聴いていただきましたが、みなさんいかがでしたか?」客、拍手

「ただいま公式モバイルサイトで私たちに対する質問を募集しています。 その質問にお答えしながら1人1人自己紹介をさせてください。 今日のお題はタカヤさんからいただきました。 いつも見ていたものなのに、今まで気付かなかったものは何ですか?

1列目。上手側から順に。
内田眞由美 「はい、みなさんこんばんは。研究生の15歳、内田眞由美です」

「私はしょっちゅう鏡で自分の顔を見ているのですが、その時にまゆ毛を見たら、 けっこう私、まゆ毛濃いんだなって改めて気付きました。今日も応援よろしくお願いします」

中塚智実 「ハイ、埼玉県出身、高校1年、16歳の中塚智実です」客、声援&拍手

拍手続く。

「嬉しいです。ありがとうございます。本題に入りますと、私は首のここらへんにホクロがあるのですけど」客、ひゅ~ 「全然知らなくて、はい、それが最近かな?発見しました。ということで、今日の3公演ラスト公演、 燃え尽きたいと思います。よろしくお願いします」

渡辺麻友 「ハイ、み~んなの目線をいただき~、まゆゆ~。高校1年生、15歳のまゆゆこと渡辺麻友です」

「私は携帯にストラップがすごいたくさん付いてるのですが、けっこういいものを見つけたら 付けるのですけど、最近気付いたら仮面ライダー電王のリュウタロスが付いていて、ほんと電王最高だなと 思ったので、今日は最初から最後までクライマックスな感じで盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

仲谷明香 「ハイ、私の半分は、優しさでできています。なかやんこと仲谷明香です」

「最近鏡を見て気付いたのですが、私、上のまつ毛より下のまつ毛の方が長いっていう、ワサワサワサって 感じな、悲しい現実に気付きました」

「ハイ、じゃ~、今日も二の腕のモチモチパワーでがんばっていくので、よろしくお願いします」

多田愛佳 「は~い、時にはツンツン、時にはデレデレ、ツンデレ王国の女王様、今日はクリスに萌えっ、てへっ♪」客、ひゅ~ 「らぶたんこと多田愛佳です」

「わたくしは机には飾ってないのですけど、リビングにガチャガチャのフィギュアがすごい溜まってて、 ホコリ被ってて、あ~私の大切なフィギュアがーと思って、明日、日曜日で学校もお休みなので、 お掃除しようと思いまーす! ということで今日も盛り上がっていきましょう。よろしくお願いします」

平嶋夏海 「ハイ! 夜公演も、1に努力、2に根性、3、4がなくて、5になっちゃん! なっちゃんこと平嶋夏海です」

「私は自分の部屋にある、ふと見た時に日焼けして茶色くなってた時が、毎日目にしてるハズなのに、 いつの間にかマンガを買ってから時が経ってるんだなと思いました」

「ということで今日の公演は、初めて来た方はまたチームBが見たいと、 そうでない方は、この前の平嶋夏海よりも成長してるぞと思ってもらえるような公演にできるように、 がんばりなっちゃん!しちゃいます。よろしくお願いします」

2列目。上手側から順に。
小森美果 「はい、愛知県から来ました、中学3年生、研究生の小森美果です」

「私は163センチなんですけど、背が。けど最近測ったら163.5センチになってました」客、反応

「ということで今日も目立つようにがんばっていきたいと思います。応援よろしくお願いします」

米沢瑠美 「ハイ、泣く子も笑う、スマイル番長、笑顔を届ける18歳、米ちゃんこと米沢瑠美です」

「米沢はですね、そこにいる指原莉乃ちゃん。この前の2回目の公演で気付いたのですけど、 指原莉乃ちゃんの公演中のウインクの数、すごいんですよ」
指原莉乃 「たぶん20回以上してますよ」
米沢瑠美 「そう。尋常じゃないくらいウインクをしまくってるんですよ。なんで私も今日の公演では たくさんウインクを飛ばしたいなと」客、ひゅ~ 「お客様はもちろん、メンバー間のアイコンタクトもどんどんしていこうと思うので、そこにも 注目してみてください。よろしくお願いします」

仁藤萌乃 「はい、16歳の仁藤萌乃です。よろしくお願いします」

「私は今のカレンダーって10月ぐらいから、カレンダーっていうかスケジュール帳は10月ぐらいから売ってるんですよ、 新しい来年の分が。10月くらいにそれを買って、2008年だったのですけど、2009年の10月から使い始めてて、 しばらくして「えっ」と思って、気付いて。もう使えないことになっちゃったので。よくありますよね?気をつけます」客、軽くw

「今日の公演もみなさんとたくさんの思い出が作れたらいいなと思います。よろしくお願いします」

浦野一美 「はーい、シンディこと浦野一美です」

「今キャッチーなキャッチフレーズ考え中です。乞うご期待ということで期待していただけたらいいなと思うのですけど。 私は最近というかちょっと前に気付いたのですけど、すごい汗かきなんじゃないかなって」客、あ~ 「やっぱ思われてたんだ。オープニングの曲だけですごい代謝が良くて、汗をかくんです。 だから、汗もしたたるいい女?みたいな?」客、ひゅ~

「今日も最後まで汗いっぱいかいて、みなさんと楽しんでいけたらいいなと思います。よろしくお願いします」

仲川遥香 「ハーイ、こんばんはー!」客「こんばんはー」
「ありがとうございます。はるごんき~た~、はるごんき~た~どこに来た~」客「ここ」
「ハーイ、静岡県からやってきました、はるごんこと仲川遥香です」

「私はですね、最近、歯並びを気にするのですけど、よく考えたら抜けてない歯がまだあって」客、反応&え~? 「なんか上から生えてきちゃってるので、ちょっとだけ。なんで、やっぱそろそろ抜きに行かなきゃと思いつつ、 やっぱ歯並びがキレイな女の子はかわいいなと思います。ということで、今日はみなさんに私に夢中になってもらえる ような公演にしたいと思います。よろしくお願いします」

3列目。上手側から順に。
片山陽加 「はい、艶女(つやおんな)と書いて、アデージョ。アデージョと呼ぶのは、あなた? あなた? それともあなた? はーちゃんこと片山陽加です」

「私はですね、意外にツインテールがこの歳でもガンガン似合うなっていう」客、ひゅ~
「あっ、受け入れてくれた。ダメかなと思ったのですけど、写真を見たら割りとイケルと思いましたね。 ちょっと笑い声聞こえたのですけど」客、軽くw「まだ10代、ピチピチだから」

「クリスこと中塚智実ちゃんが案外ツンデレでですね、普段はちょっとツンツンなんですけど、 普段からかわいいのですけど、デレっとされた時がかんなりヤバイです。たまんないです。 というわけでこれからもっともっとデレデレされるようにがんばっていきたいと思います。 はい、というわけで今日はアデージョでがんばっていきたいと思います。よろしくお願いします」

小原春香 「ハイ、広島県出身、きゅるるんこと小原春香です。よろしくお願いしま~す」

「私もですね、中塚智実ちゃん、いつも見てるのですけど、よーく見てもやっぱりハーフっぽいなと思って、 すっごいきゅるるんだなと思います」

「ハイ、今日はみなさんに幸せを届けられるような公演にしたいと思います。 一緒に思い出を作りたいです。よろしくお願いしまーす」

指原莉乃 「ハイ、私の性格って、白いですか? それとも黒いですか?」客「黒!」
「私の性格は限りなく黒に。あった、間違えた」客、拍手&ひゅ~

「違うの、誤解なの。今の誤解、ほんとに間違えたの。私の性格は限りなく白に近い灰色。大分県出身、指原莉乃です」

「最近気付いたことがあって。小原春香のかわいさ」
小原春香 「えっ?」
指原莉乃 「今までぶっちゃけ顔とかあまり見ないで、ただ絡まれるとちょっと厄介だなって思ってた程度だったのですけど」
小原春香 「ちょっとー」
指原莉乃 「なので、最近よーく見たら、めちゃくちゃかわいいんですよ。よーく見たらっていうか」
小原春香 「ワー! うっちーにも言われたよ」
指原莉乃 「でもかわいいけど推せないタイプ」客w
小原春香 「ヒドーイ!」
指原莉乃 「そういう感じでみなさんの共感が集まったみたいなので、今日は人よりもパワフルにがんばりたいと思います。 よろしくお願いします」

野中美郷 「はい、研究生の高校3年生、18歳の野中美郷です。よろしくお願いします」

「この前、指立て伏せをしていたら」客、ぅお~
「小指がこんな曲がっちゃうことに気付いて、それがちょっと。たまにできる人いるので、 あんまりやらないでください。あともう1つ。まゆゆさんに今まで大学生に思われてたことに 今日気付きました。はい、今日も楽しみます。よろしくお願いします」

田名部生来 「ハイ、ネッツアイに火の用心 あなたのハートをロックミン♪ たなみんこと田名部生来です」

「私はですね、最近よく片山陽加ちゃんと絡むせいか、物忘れがすごい激しくなりまして」客w
片山陽加 「ちょっとちょっとー。ちょっとー、どういうこと?」
田名部生来 「なんか昭和、昭和って言ってたから、こっちにも移ってきたみたい。ちょっと気をつけたいなと思います」

「はい、今日も嬉し~、楽し~、たなみんCな公演にしていきますので、よろしくお願いします」

指原莉乃 「はい、チームB、みんなで力を合わせ、レッスンをしてきたチームB4th「アイドルの夜明け」公演、その成果を見てください」
小原春香 「あ~っ! 東の空が明るくなってきた!」

みんなで「アイドルの夜明けだ~!」客、拍手


◆M5.残念少女(中塚智実、渡辺麻友、内田眞由美)
◆M6.口移しのチョコレート(多田愛佳、仲谷明香、平嶋夏海)
◆M7.片思いの対角線(小森美果、仁藤萌乃、米沢瑠美)
◆M8.天国野郎(浦野一美、仲川遥香、小原春香、仲谷明香)

浦野一美 → ロリータ、 仲川遥香 → セーラー服、 小原春香 → JK、 仲谷明香 → パン屋さん

バックダンサー、
中塚智実 → ガソリンスタンド店員、 渡辺麻友 → お掃除屋さん、 多田愛佳 → 婦人警官、 平嶋夏海 → 学ラン&メガネ、 内田眞由美 → 巫女、 野中美郷 → イケメン

間奏セリフ担当 → 仲谷明香

「なかやは今パン屋さんの格好をしてます。この格好をしてるのはなぜかと言うと、 夢でパン屋さんで世界一になる夢を見たんですよ。だから、私もこのままのノリで、 世界一のパン屋さんになれちゃうんですよね」
みんなで「天国野郎!」

◆M9.愛しきナターシャ(田名部生来、指原莉乃、片山陽加)

■MC2
田名部生来、指原莉乃、片山陽加

ドリアン指原 「はい、残念少女、口移しのチョコレート、片思いの対角線、天国野郎、愛しきナターシャ、5曲続けて 聴いていただきましたが、いかがでしたでしょうか?」客、拍手

3人とも基本、ロック口調でトーク。

ディーバス片山 → 笛を取り出し、吹き出す(客、手拍子)

ドリアン指原 「無くなった」
ディーバス片山 「オレっ♪ 大丈夫か?」
ドリアン指原 「後で探そう」

ディーバス片山 「オレに惚れたらケガするぜ。ディーバス・セニョリータ・片山です。よろしくお願いします」客、拍手

「センキュー、センキュー」
ドリアン指原 「お前だけを愛してるぜ、ドリアン指原です」客、拍手

「センキュー、センキュー」
グロリアス田名部 「グロリアス田名部です。グロちゃんって呼んでくだっさい!」客、拍手

「センキュー」
ドリアン指原 「オレたち、チーム」
3人で「狩人。です」客、拍手

「センキュー、センキュー」
ドリアン指原 「アリーナのみんな、センキュー」
ディーバス片山 「本日はですね、バーベキューに行ったら何を焼きたいかっていう」
ドリアン指原 「何を焼きたいか? おー、いいね、いいね」

グロリアス田名部 「もう焼いて、この姿になってるのですけども、クロコダイル?」
ドリアン指原 「え~? 食べれるの?」
グロリアス田名部 「私、ほんとガチで、食べたことあるんですよ」
他メン「うそー?」
ドリアン指原 「美味しかった?」
グロリアス田名部 「美味いっす」
ドリアン指原 「マジっすか?」
グロリアス田名部 「感触は鶏肉のような感じで。普通に美味しいですよ」
ディーバス片山 「味は?」
グロリアス田名部 「味、美味しいの、ほんとに。ワニの塩焼きっていうのを食べた」
ドリアン指原 「え~、やー」
ディーバス片山 「ちょっと、怖いけど食べてみたい。それはデビルーンだね」
ドリアン指原 「デビルーンだわ。いいわ」

ディーバス片山 「オレはね、過去の失敗を焼きたい」客、軽くw
ドリアン指原 「どうしてくれるの? どうしてくれるの?この感じ」
ディーバス片山 「さー、そんなことは。。過去の失敗を焼き去りたい」
ドリアン指原 「焦んないで、リーダー。落ち着いて」
ディーバス片山 「これ以上いくとヤバイから」
ドリアン指原 「じゃ~、ちょっと」

そして「オレは焼きたいっていうか、お前の心をあっためたいかな? 。。オイ!」
ディーバス片山 「わー、私よりちょっとやっちゃった感じで」
ドリアン指原 「恥ずかしい感じになっちゃった」

「みんなちょっとこれ以上やったらケガするから」
ディーバス片山 「帰ろうか」

ドリアン指原 「みんな、準備はいいか!?」客、反応「クリスに会いたいか!?」客、反応

「それでは次の曲、聴いてくれ」
3人で「女子高生はやめられない」


◆M10.女子高生はやめられない

ジャンケン → 優勝は片山陽加(準優勝は野中美郷

◆M11.好きと言えばよかった
◆M12.そばかすのキス

■MC3
前半:片山陽加、多田愛佳、仁藤萌乃、平嶋夏海、田名部生来、仲川遥香、指原莉乃、柏木由紀

平嶋夏海 「女子高生はやめられない、好きと言えばよかった、そばかすのキス、3曲続けて聴いていただきましたが、 いかがだったでしょうか?」客、拍手
みんなで「ありがとうございます」

田名部生来 「今日のお題はですね、自分に来た、もしくはこの後来るであろう、モテ期について」

多田愛佳 「愛ちゃんね」
仲川遥香 「愛ちゃん、話す前にごめん。モテ期って何?」

多田愛佳 「なんか、モテ期診断みたいなのがあって、登録するの。315円かけて」客w

「それやったら、あなたのモテ期は16歳から18歳って書いてあって」客、反応
他メン「おー」
平嶋夏海 「今何歳?」
多田愛佳 「今14で今年15だから、来年くるってことで」客、反応
田名部生来 「もっとモテるんだね」
多田愛佳 「これからなんだって!わたくし」タカまる(客、ひゅ~)
平嶋夏海 「しかもそれって高校生じゃん。。いいね」客w
仁藤萌乃 「これ以上モテてどうするの? 私たちが相当さ、愛してるのにさ」
平嶋夏海 「そうだよ」
仲川遥香 「そうだよ」
多田愛佳 「なんかさ、同姓にモテられても困るじゃない」客、軽くw
他メン「何で?」
指原莉乃 「私とはーちゃんは本気で愛してるよ、愛ちゃんのこと」
片山陽加 「ガチだよ」
平嶋夏海 「もしはーちゃんとさっしーだったらどっちがいい?」
多田愛佳 「さっしー」
指原莉乃 「イェー!」客、拍手
片山陽加 「。。もうダメだ~。愛ちゃんに干された」客w&拍手
平嶋夏海 「はーちゃんってさ、まだ好きになったことないんでしょ?人を。異性を」
片山陽加 「告白もしたこともなければ告白をされたこともないんです、私。いや、ほんとに。 モテ期というやつがこない」
平嶋夏海 「でもさ、18歳で初恋って」
片山陽加 「18じゃないって」客、あ~

「18って言ってくれた。18歳です」
平嶋夏海 「19歳だっけ?」
片山陽加 「19歳です。もう時期ハタチというのに、モテ期がこず」

指原莉乃 「はるごんはさ、モテ期なんてものは存在しないよね」
仲川遥香 「モテ期はね、毎日きてるよ」
多田愛佳 「はい、ありがとうございました」客、軽くw
仲川遥香 「何でだろう。はるかみんなに愛されてると思うんだけどな、、」

平嶋夏海 「もなかは? はるごんと同い年とは思えないよ」客、反応
他メン「えっ? 同い年」
仲川遥香 「同い年なんですよ」客、軽く、え~
野中美郷 「私はハタチぐらいにくると信じてる」
指原莉乃 「今何歳?」
野中美郷 「18になります」
指原莉乃 「18か。あと2年か。がんばれよ」客w
仲川遥香 「そんなさっしーは?」
指原莉乃 「そんな指原はですね、ちょっと前、1年前の研究生公演を見てた方はきっとわかるんですけど、 中塚智実は指原莉乃のことがすごく好きだったの。ほんとに。ほんとにね、ずっとさっしーさっしー 言ってたのに、最近全然愛されてないの」
仲川遥香 「最近ね、はるかのところに来る」
指原莉乃 「うそでしょ?」
仲川遥香 「ほんと」
指原莉乃 「それはウソだ」
仲川遥香 「なんかはるかが無駄に絡むから、向こうはウザがってるだけかもしれない」
平嶋夏海 「クリスから来るわけじゃないんだ」
指原莉乃 「取り合ってくれてるんだよ、ちゃんと。はるごんに」
仲川遥香 「そうなの? そっか」
多田愛佳 「クリスはね、愛ちゃんのとこにも来るよ」
指原莉乃 「そう、愛ちゃんに行っちゃったの。指原莉乃じゃなくて。クリスどういうことだよ?」
仲川遥香 「クリス、はるかだよね?」

次のメンバー入場。
中塚智実 「私はかおりんが好きなの」客w → 拍手
指原莉乃 「オイ~。ちょっとー」

メンバーチェンジ。

後半:浦野一美、小森美果、小原春香、渡辺麻友、米沢瑠美、仲谷明香、中塚智実、内田眞由美

渡辺麻友 「かおりんだよね」
中塚智実 「そう、かおりんです」
浦野一美 「チームKの卒業生ね」

中塚智実 「今日のお題は、告白に関することなら何でもヨシということで」
他メン「おー」
米沢瑠美 「今ここで初めて告白することでもいいし、自分がされた告白話でもいいし」
中塚智実 「告白したいことでもいいし」
渡辺麻友 「なるほどね」
米沢瑠美 「誰から行く?」
浦野一美 「やっぱ年の功で、はるちゃん」
小原春香 「えっ?」
他メン「シンディー」客、え~
小原春香 「シンディー、年の功ならシンディーだよ」
浦野一美 「いやいやいや、何言ってるの」

小原春香 「私はですね、こないだママが荷物を送ってくれたんですよ。 ちゃんとトマト入れとくけど、トマト受け取れなかったら腐るからねって言われたのに、 なんか、朝からレッスンとかいろいろあって受け取れなくて、腐っちゃった、、」
浦野一美 「あ~、勿体無い」
小原春香 「ママに言うと怒られちゃうから言ってないの」客、軽くw
仲谷明香 「秘密の告白」
小原春香 「言わないでくださいね」
浦野一美 「自分で栽培してお母さんに送り返しなよ」

「こもりんは告白の話ある?」
小森美果 「私ですか? 前に親戚にお菓子を届ける時があって、その時にあっちから届けてもらったのですけど。あっ、違う」
浦野一美 「いいよ、ゆっくりゆっくり」
小森美果 「私が届けたら、なんかあっちの人が、同じお菓子を届けてきて、なんかイジメられました」
浦野一美 「ごめんね、告白の話なの。あっ、こういう告白だよね。お菓子を受け取ったら同じお菓子っていう告白でした。 ありがとうございました」客、拍手
渡辺麻友 「素晴らしい」

内田眞由美 「私、1人カラオケよく行くって話は有名になってきつつあるのですが、 それイコール友達がいないみたい(に思われてるのですけど)、それは勘違いで、2、3人います、ちゃんと」客w
他メン「少なっ」「2、3人少ない」
米沢瑠美 「でもわかる、その気持ちは。友達の数と1人カラオケは比例しないよ」
浦野一美 「十分比例してるような感じがするんだけど」
米沢瑠美 「違うよ。だって瑠美も行くし、まゆも行くよ」
浦野一美 「まゆも行くの?」
渡辺麻友 「ちょっとー。ちょっと告白しようとしてたのに」
他メン「あー!」
渡辺麻友 「ちょっとー! 告白しようとしたのに先に」
浦野一美 「じゃ~、そこで、どんな曲を歌うのか告白してよ」
渡辺麻友 「いいの? マニアック過ぎて伝わるかどうか」
米沢瑠美 「聞きたい、聞きたい」
渡辺麻友 「基本ね、アニソンですけど」
米沢瑠美 「何の曲が好きなの?」
渡辺麻友 「ハルヒとか、あといろいろ「けいおん」とか」
浦野一美 「ちょっとマニアック過ぎて聞いて損した気分」
渡辺麻友 「そう。だからあまり言わない方がいいかなと思って」
米沢瑠美 「瑠美まだ「けいおん」わからないけど、ハルヒとかエヴァンゲリオンとかわかるようになってきたよ」
他メン「おー」
米沢瑠美 「私、仲谷としょっちゅうカラオケに行くんですけど、この人はすごいそういう曲ばっかりなんで」
仲谷明香 「私も俗に言うアニオタなんで」
米沢瑠美 「私も歌えるようになりました」
他メン「へー」
浦野一美 「意外な告白。じゃ~、なかやんはどんな告白があるの?」
仲谷明香 「小学校の6年生の卒業式の時に、男の子に、卒業式のアルバムに書くじゃないですか、いろいろコメントを。 それで、好きだよって」
他メン「ひゅ~!」「わー!」
米沢瑠美 「本物の告白だ!」
仲谷明香 「されたのが唯一の思い出かな」
米沢瑠美 「なかやんも隅に置けないな」
他メン「すごーい」
浦野一美 「みんな青春だね~」

前半チーム、次の曲の衣装に着替えて再登場。

指原莉乃 「もなかは何かないの?告白」
野中美郷 「私が好きなのは。。クリス?」
他メン「ひゅ~」
指原莉乃 「いい流れじゃん」
中塚智実 「私もね、もなか好きだよ」
仲川遥香 「クリス、はるかは?」
中塚智実 「うん、好き」軽く
指原莉乃 「普通かい」客、軽くw
誰か「みんな好き」
渡辺麻友 「みんな好き。みんな好き。DD」客w

「いわゆるクリス、DDということで」客w
「私たちチームBはいろいろ悩んだり、迷ったり、失敗したりしていますが、みなさんとこの劇場で出会えて、 私たちは本当にたくさんの勇気をいただいています。いただいた勇気を持って、私たちは前に進みます。 最後の曲、聴いてください。タンポポの決心」客、拍手


◆M13.タンポポの決心

緞帳締まる。

■アンコール
有志の方「今日は中塚智実さんの生誕祭です!」客、拍手

「アンコールはクリスコールでお願いします!」客、拍手

「クリスコール、いくぞー!」


「クリス」コール


■EC明け
一発芸なし。

◆EC1.B Stars
◆EC2.横須賀カーブ

■MC4(全員)
片山陽加 「アンコールありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」

片山陽加 「B Stars、横須賀カーブ、2曲続けて聴いていただきましたが、みなさん、いかがだったでしょうか?」客、拍手

「ありがとうございます」

「今日はみなさんのおかげですごく楽しい時間を過ごすことができました。 ありがとうございます。感謝の気持ちを込めて、最後に歌います。聴いてください。アリガトウ」客、拍手


◆EC3.アリガトウ

メンバー名担当 → 浦野一美


曲終了後、
渡辺麻友 「本日はご来場ありがとうございました」
みんなで「ありがとうございました」客、拍手

渡辺麻友 「ここでみなさんには6月24日にリリースされます私たちのニューシングル「涙サプライズ!」を 聴いていただこうと思います」客、拍手

メンバーたち所定の位置へ。

「それでは聴いてください」
みんなで「涙サプライズ!」

◆EC4.涙サプライズ!


曲終了後、
小原春香 「ハイ、今日は中塚智実ちゃんのお誕生日です。クリス、お誕生日」
みんなで「おめでとう~!」

BGM → 誕生日の夜

ケーキ、上手から片山陽加、仲川遥香

BGMの合わせて、客「クリス」コール

小原春香 「じゃ~、みんなも一緒に歌ってください。せ~の」
みんなで「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~トュ~ユ~ ハッピバ~スデ~ ディア クリスー」客、ひゅ~

「♪ハッピバ~スデ~トュ~ユ~」 → 「おめでとう」

中塚智実 → ロウソクの火を吹き消す(1フー)客、拍手
メンバーたち「おめでとう」

小原春香 「クリスおめでとう」
中塚智実 「ありがとう。なんかもうどうしていいかわかんなかった」
小原春香 「この1年どんな1年にしたいですか?」
中塚智実 「この1年は抱負とか、いっぱいあり過ぎて、1つに決められないのですけど、 どりあえず新しい子もどんどん入ってきて、ずっと甘えてはいられないので、 心身ともに大人になって、いろんな面で成長して、尊敬されるようなメンバーになりたいです」客、拍手

小原春香 「今日はこんなに素敵なお誕生日会を開いてくださったファンのみなさんにひと言お願いします」
中塚智実 「もうほんとに、残念少女の時から私、涙目だったのですけど、ほんとにもうすごい感動して、 サイリウムとかほんとにキレイで。去年はまだ研究生の時は正式な形では生誕祭できなかったのですけど、 今年はこうやってチームBのメンバーに囲まれて、こうやってみんなの前でお祝いできることが すごく嬉しいです。今日はほんとにありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします」客、拍手

拍手続く。

客「ひゅ~」
中塚智実 「ありがとうございます」

渡辺麻友 「この後、みなさんにはサーティーンマキシシングルの選抜総選挙の政見放送の映像をご覧頂こうと 思います。なお、選抜総選挙の政見放送終了後には、選抜せいそう、、」客、反応&軽く、え~

「選抜総選挙の投票の仕方を説明するAKB48・13thシングル選抜総選挙、投票解説VTRを上映致しますので、 ぜひそれもチェックしてお帰りになってください」

「ではいつものやりましょう!」
他メン「クリスよろしく」
中塚智実 → センタにて「せ~の」

横一列挨拶。公演終了。

BGM → なし

■AKB48総選挙・政見放送
メンバーがハケた後に、
山田澪花前田亜美間野春香 の順に上映。

■「AKB48・13thシングル選抜総選挙・投票解説VTR」上映


■メモ
中塚智実生誕祭ということで
・M5「残念少女」にて白サイリウム。
・M13「たんぽぽの決心」にて黄色サイリウム。
・EC1「B Stars」にてピンクサイリウム。
・アンコールは「クリス」コール。


■公演後の陰アナ
片山陽加

■オンデマンド関連

[ 公演後のメンバーコメント(DMM) ]

オンデマンド、公演後のインタビュー → 仁藤萌乃&片山陽加


dTVチャンネル